ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 最近は株価を見るのも嫌です。
    日医工への非難は封印しました。
    起死回生の一手を考えています。
    社長、老獪役員が無能とは思いませんが、
    社長が毎月米国に行かれてるんであれば
    米国の優秀なゼネラルマネージャークラスの
    人財スカウトを是非ともお願いします。
    社長直轄として、副社長クラスの優秀な市場に
    精通しているマネージャーを片腕として
    おかれる事をオススメします。
    世界トップテンのジェネリック薬品会社を
    目指す企業としてはあまりにも人財が
    不足しています。
    銀行出身役員なんてプライドが高いだけで
    排除すべきと思いますが...

  • 日医工の大株主である株式会社TAMURAは東京に同名の会社があるんで、そちらと勘違いしてました。日医工の田村社長が社長を兼務している富山本社の不動産業の会社なんですね。
    何でそんな事してるんだろう!?
    自社株の保有比率の引き下げ目的でしょうか?

  • 経営陣殿

    6月21日の株主総会で大幅な経費削減策をご説明願います。

    また、薬価基準引下げ圧力等、環境が厳しい中、今後、どのようにして増収、増益を確保していくのかを丁寧に株主にご説明願います。
    アメリカでの収益増強に向けた経費削減も急務だと思います。
    株価底上げ向けた良い材料は沢山あると思います。
    株主をもっともっと大切にして頂き、株主利益、会社の企業価値を高めていく事を総会で宣言して頂きますようお願いします。

  • 6月7日日経記事です。

    日医工頑張れ

    日医工は、抗菌薬として使われる同社の後発薬「リネゾリド点滴静注液」について、先発医薬品と同様の効能・効果が認められたと発表した。新たにメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に伴う敗血症や肺炎の治療に使えるようになった。厚生労働省から承認を取得した。同社は「需要は多く販売拡大が見込める」と説明する。

  • 【増収増益】
    エルメッドエーザイの完全子会社化で200億円強の増収効果を見込む。経費削減も加速。薬価改定による悪影響を補う。

    【新中計】
    22年3月末までに米国市場にバイオシミラー(バイオ医薬品の後続品)投入して海外売上高を7割拡大。頭打ちの国内市場依存からの脱却急ぐ。

    上記は5月末の日経です。沢井、東和は薬価改定で今年度減収が予想されてますが、日医工は増収、増益見込との事です。

    日医工がんばれ〜

  • 本日の日経記事です。

    日医工の役員さんも是非ご検討願います。

    武田薬品工業の株主総会が注目されている。巨額損失や重大な不正会計など状況に応じ、役員報酬を会社に返還させる「クローバック条項」の導入を求める株主提案が出ているためだ。同条項は日本では珍しいが、欧米では導入例が多く海外投資家からは経営の健全性が保たれるとの声が多い。武田の外国人株主の持ち株比率は半分程度とされ、6月27日に横浜市で開く株主総会では同提案への賛成票が膨らむ可能性がある。

  • >>No. 846

    賛同します。

    老獪の役員さん、自分の老後の生活だけじゃなく、会社=株主の事もちゃんと考えてくださいね。

    >社長以下役員の皆さま。自分の事じゃなく会社の事を考えた行動しないと将来の自分はありませんよ

本文はここまでです このページの先頭へ