IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (300コメント)

  • >>No. 860

    <このヘッジ部分で原油先物の建玉を持って
    ロールオーバーするような事をしているのでしょうね>

    いろいろ、ありがとうございます。

    2038は月の第5営業日から5日間で20%ずつ、5番限から6番限にロールオーバーしていきます。
    今日は8月の第6営業日なので今週中にロールオーバー終了です。

    ですのでTOCOM原油の出来高は海外原油先物相場に大きな変動がない日は1万枚前後なのですがこのロールオーバー時は6,7万枚前後になります。
    今日なども出来高の8割~9割がラスト5分(15:10分~15分の板合わせ)での2038のロールオーバーによる出来高と思われます(笑)

  • >>No. 851

    <MMは大きなリスクは取らない>

    これも当然だと思うのですがETNのMMは野村がするのであって、引き受け手の投資銀行がするわけではないですよね?

  • >>No. 851

    <この仕組債が何故対象指数に連動するのかと言えば、 指数に連動するようにデリバティブが組み込まれているからです。
    原油先物、原油オプション、金利スワップ等々これらのデリバの引き受け手になるのはスワップハウスと言われる欧米の投資銀行が中心です。
    彼等が引き受けたデリバをヘッジするために大取の原油先物を利用する事は十分にあり得ます。>


    誠にありがとうございます。

    ETNの仕組み、商品設計を維持する為の基本的な流れを理解することが出来ました。

    今まで、独学で商品先物を鞘取り中心でずっとやってきた為に幅広い知識が全くなく、お蔭様でとても勉強になりました。

  • >>No. 833

    ご返答、誠にありがとうございます。

    ヘッジに関しては最近のざっくりとした計算なんですが受益証券の口数(時価総額)から計算して、2038(指数連動型のレバレッジ型ETN)を維持する為に必要なTOCOM先限建玉数が22万枚以上なんですが実際にTOCOMで公表されている2038らしき建玉数が15万枚前後です。(外資SGに運用を委託しているように思われます)
    そこから判断して、受益証券の3割強を自分達で抱え、MMに使っているのかと推察していたのですが・・・・

    追加設定基準はよくわかりませんが2038の人気、需給、NAV乖離などを鑑み、追加設定されていたと思われます。

  • 大阪金、14営業日連続陽線ならず、やっと大幅調整。

    それにしても原油は日本時間の9時~15時の間は動かないですね。
    これでは日計りも貴金属しか出来やしない。

    そして、相変わらず、東証営業時間が終わると動き出す!

  • >>No. 736

    <ただしここのETNの様にタイトにMM出来ない事情があるものについては
    信用残に限らず需給そのものによって、NAVと市場価格の乖離を生んでしまっているのは事実です。
    ずっと見ている訳ではありませんが、 乖離が10%以上になるとMMによって価格が抑えられているように見えます。>


    とても勉強になります。

    私はTOCOM原油などを主に取引していたのですがこちらと同じ野村のETN「2038」の影響力が大きいのでGW以降、2038を監視しております。

    4,5月は割安を好む一般大衆の大挙参入でNAVとの乖離がこちらのように常に5%~9%くらいのプレミアム状態でしたが7月以降は落ち着き(プレミアムはげ、ボックス相場の中での上下動による減価などで人気落ち)だし、現在は0%~3%くらいで推移しております。

    2038はTOCOM原油先限に連動する指数連動型のレバレッジ型ETNなのですがTOCOM原油の日々の売買、建玉の増減、ロールオーバー等を監視しているとヘッジしているのは7割弱でヘッジしていない残りの3割強は自分達で飲み込み、2038をMMしているように感じるのですがETNとはそういうものなのでしょうか?

    もし、ETNの実態として、感じるものがあればお返事いただけると幸いです。

  • >>No. 881

    もちろん、そうです。
    原油価格はドル建てですのでおっしゃる通り、原油価格自体が同じでも前日比で円安ならTOCOM原油は上がりますし、円高なら下がります。

  • 本日も先物の金は”史上最高値更新”、大阪金はなんと 13営業日連続陽線 の7000円で終える(@_@)

    朝に残りの持ち分を利確後、50円調整したところでまた少しだけ買うが3連休を意識し過ぎて、身軽になったので3時頃に2038を買おうとするが刺さらず。

    今まで見逃していたのですが2038って、乖離も少なくなってきたし、先物と違って、凄く細かく買えるんで休み前など、ヘッジで使えそうですね。

  • >>No. 38

    すみません。2013年から税制改正になっているようでした。

    頭が古すぎましたm(__)m

  • >>No. 6

    CFDは税金面でメリットがないのでダメですが金・白金先物(パラはあまりにも流動性がないのでダメです)との乖離を狙うのは有ではないでしょうか。

    7/29日の1672なんかは狙っていた人にとってはとても美味しかったと思う。

  • >>No. 787

    今日までは12月限。

    その月の第5営業日から5日間にわたり、5番限から6番限にロールオーバーされるので明日からロールオーバーが始まり、来週末に完了、再来週から全て1月限。

  • >>No. 762

    <長くもつと損するといわれてるみたいですがいつ頃から損になるんですかね?>

    指数連動型のレバレッジ型ETNですので「期間の問題」というより、「大きな下落や上下動の繰り返しによる減価」が問題になります。

    長く持つと単純にその確率が高くなるので長期には向かないという事です。

    ですので逆に言えば金のように中長期的に渡り。上昇トレンドを保っていれば同じ野村、同じレバレッジ型ETN、同じ時期に同じ基準価額1万円で始まっている2036のように長期で持っていてもしっかりとブルって、2038の78.36倍の価格になっています。

  • >>No. 278

    なるほど狙っていたんですね。流石です。

    私なんかは商品先物のめっちゃ板の薄いところで桁数間違えて、ご発注して、大損なんてことが偶にありましたよ(;^ω^)

    割安に拘り過ぎて、流動性のないところで大失敗するのが悪い癖でした!

  • >>No. 275

    ご無沙汰です。

    「wisdom tree」は7/29日(水)寄り付きの1672(金投信)がそうだったように、寄りでとんでもなく、乖離することがあるようですね!

    ちょっと、流動性がないので直ぐ飛びますね。

    その時は特気で25分以上寄り付かず、9:27分に前日比20%以上で始まりそうだったで、売りたかったのですが売りから入れませんでした(^^)
    その後、翌日、翌々日で大きく修正されていきました。

  • ブレントtTOCOMは「高値」越えましたね♪

    あとはWTIですね!

  • 金はまさしく、”押し目待ちに押し目なし”

    長期的には上がるしかないと思っているのだが短期的にはいつ、大幅調整してもおかしくない程、上がり続けている(おそらく、今日で11営業日連続陽線となるだろう)と思う。
    それでも「2000ドル」を軽く突破し、またしても”史上最高値更新”。

    また、規制をしだした中国市場とは60ドル以上の乖離があるようだ。
    残りの半分を利確し、60円くらい調整したので、また、利確分だけ再購入。

    一方、原油は今朝発表のAPI在庫-860万バレル減の予想を上回る大幅減にも反応薄。先月から商品の関心は完全に原油→貴金属へ行ってしまった!

    原油の今後の注目点は8月以降のオペック+の減産縮小による影響かな?!

  • 先物の金はなんと10営業日連続の陽線。

    調整しそうで調整しない。多少、安くなると直ぐに買いが入って、なかなか安く買えない。
    それでも1/3利確し、残りを1/3にした。

    この10日間で6210円→6740円の +530円高。
    1枚で53万円増。原油に換算すると「10600円」相当。

    原油が今から10600円安かったのは4月28日、2038が138円で最安値を付けた3ヶ月ちょっと前。

  • ”原油15限月制”

    TOCOMのHPに7/28日付けで載っているが来年度にTOCOMでは”原油の15限月制”を考えているようだ。

    2038も多大なる影響を受けるがどのように「ルール変更」がされるのか注目!

    JPXのHPにてパブリックコメントの募集が行われているようです。

  • 役に立った本はいろいろありましたが特に初心者に分かり易く、お勧めなのは*パンローリング社の「投資苑」です。

    その中に永続的に成功するトレーディングに重要な「3つのM」があります。

    心理(MENTAL)
    戦略(METHOD)
    資金管理(MONEY)

    私のトレーダー人生は1000万を2日で2000万にし、その2千万を1週間で無くしたところから真剣且つ本格的に始まり、約20年になります。
    林輝太郎氏の鞘取りに光を見出しながらも試行錯誤で数々の痛い目にも合いましたがそれらが血となり、肉となり、その後、年単位でマイナスを出したことはありません。
    それはこの基本的な考え方が私の相場人生に非常に役に立ったからです。

    運よく儲けることは誰にでもあります。
    しかし、「勝ち続けたい」と思うのであれば人に惑わされず、自分で考え、自分のスタイルを構築していかねばなりません。
    もし、その気があるならば一読の価値があると思います。


    *パンローリング社
    投資に特化した出版社です。
    発行部数がそれほど多くないのでけして、お安くないですが相場で何百倍、何千倍と儲ければ十分に元が取れるでしょう。
    中古ならメルカリなどで安く探せるでしょう。


    <おすすめの勉強できる本あれば、アドバイスください😣>

本文はここまでです このページの先頭へ