ここから本文です

投稿コメント一覧 (238コメント)

  • >>No. 1025

    ええ、確かに昨年はかなり頑張って改善したという印象ですね。
    しかし、それにもかかわらず、なんで今年度に営業利益率5%という保守的な立場に回帰するんでしょうかね?

    役員報酬を1.5倍にしたのなら、他の何かの数字も1.5倍にしてほしいです。株価1.5倍じゃつまらないですから、営業利益5割増しなんていいんじゃないでしょうか。株価は倍じゃきかないでしょうね。

    ところで、先日、カイカというところの社長の説明会をビデオで見ましたが、それによれば、ICT関連の業界規模拡大ペースは完全に頭打ちということです。お利口さんが書いていたような自動車部品メーカーTier 1の下請けが、売上に対してどれだけの営利を生むのかわかりませんが、ICT関連の人材不足の中、より利益率の高い仕事を引っ張ってくるという才覚が経営陣には求められると思います。Wi-SUN事業が本格化するのを心待ちにしています。

  • 26週線タッチまでの下押しはありうるでしょう。
    でも、それは絶好の買い時で、遅かれ早かれ切り返すのではないですか。

    年度内、遺伝子検査装置量産の引き合い増加と、予想される残留応力検査装置新製品発売のダブル効果を期待してます。

  • >>No. 1021

    こりゃまた失礼いたしました(笑)。
    確かに、金銭による取締役報酬とは別と書いてありますね。
    「発行または処分される」の部分で、「処分」に意味があるのでは、と思ったのですが、他の事例から見て、特に意味はなさそうです。一史の20万株は依然として謎ですが。

    ストックオプションみたいなものなんですね。譲渡制限付で需給に対しては当面ニュートラルとはいえ、年間5万株をフルで発行するなら、もっと頑張ってもらわないといけません。

    今期見通しの数字は、特に営業利益のところが保守的すぎるのではと思いました。売り上げ見通しに対し、単純に営業利益率を5%で設定して出してきただけの数字ではないかと思われるのですが、ここを10%程度に上げる努力をしてほしいです。営利が上がらなければ、のれんの負担も十分こなせません。

  • 一史氏や若尾商事が売らない場合には、役員報酬のために毎年3億円を上限として市場から株券を調達していくわけですから、株不足に陥ることは目に見えています。物言う株主の声に耳を傾け、「正しい資本政策」の在り方にようやく気づいたようで嬉しい限り。

    これだけ上がってもまだ35万株の出来。目先、2400は楽勝ですかね。
    売り上げ240億=時価総額(4300円)が中期的な目標でしょうか。

  • >>No. 524

    ということは、やっぱりしこり玉を抱えてるのかぁ。
    それで上がっても下がってもブー垂れてると・・・。

    リスクオンとかリスクオフとかわからない人は株などやらない方がいいのでは?

  • >>No. 448

    装置はCanonのものでした。

  • >>No. 991

    Momoさん、Kazさん、皆さま、こんにちは。1800円とかで買えた方に比べれば、まったく下手くそです。決算跨ぎは必ずしようと心に決めていましたが。

    今回出たIRでは、来期50円配当というのも大きいですけど、役員退職慰労金制度廃止と、譲渡制限付株式報酬制度創設というのが、かねてからこの掲示板に書かせていただいていたこと、つまり、経営陣が自社株を持っていないことの脆弱性を補おうとする試みのように見受けられ、たいへん高く評価できると思います。

    退職慰労金は、すでに2億円引き当てており、これは逸雄社長の退職金になるでしょう。おそらく、逸雄社長は、このお金の一定部分を、自社株買いに当てると思います。その一方、株式報酬制度は、年額3億円に引き上げた役員報酬(の一定部分?)を株式で支給するというものです。

    さて、思い出してみましょう。一史氏と若尾商事の株は、確か20万株、昨年2月から行方不明になっていました。当時の時価総額で4億円くらいだったと思います。私は、この20万株が、役員報酬、あるいは退職慰労金として役員に割り当てられるのではないかと見ています。毎年、3億円ずつ役員への報酬として、若尾商事から株式を購入し、役員に分配していくとすれば、株主構成は、大変バランスの取れた、よいものになるのではないでしょうか。さらにその先には、自社株買いだって見えてくるように思います。

  • Hamはいったいなにをのぞんでいるのか・・・。
    誰も買わず、100円割れとかになれば、「それみたことか」的な投稿をできて、留飲も下がるのかもしれないけど、そんなことにならないのは、百も承知のはず。

    下げて投稿すれば「へたな買い煽りはやめろ」といい、上げて投稿しなければ「上げているのに投稿しないのは変」という。

    さみしいのか?

  • 私も昨日、本日と買いました。買い戻したというには、間が空きすぎですが。

  • >>No. 568

    1Q発表は3月12日だそうです。
    もう一回15を叩いてくるかもしれないですね。

  • 私も昨日8割まで買い戻しました。
    今日はせっかく安く始まりましたけど、様子見。

    この位置で買っている人は、清原の利食いの餌食にはならないでしょう。
    餌食になるのはイナゴ、もしくは提灯ですね。

  • >>No. 261

    親会社の債権をまるごと引き取った再建支援企業、もしくはファンドがこの会社の株式を高く引き取ってくれるところを探すでしょう。

  • >>No. 871

    昨期の3Qまでの売上が16.7億。4Qに9.4億積んで、通期26.1億。
    今期3Qまでの売上14.1億ですから、会社予想達成のためには、4Qで残り10億弱の積み上げが必要。

    昨年の3Q時点での受注残高は、今期3Qとほぼ同じ17億でしたから、まあ、達成はできそう、といったところでしょうか。

    以下の記述に注目したいと思います。
    「ヘルスケア関連につきましては、遺伝子検査装置の受託開発やリピート受注に加え、新たな受託 開発・試作・量産等の引合いも大幅に増加いたしましたが、納入時期が第4四半期に集中していることから、売上高は1億94百万円(前年同期比17.5%減)となりました 」

    「量産の引き合い」、というのが、ちょっと期待させますね。

  • 昨年9月と同じ感じですね。
    再INを図ります。

  • >>No. 499

    はじめて投稿します。
    ご指摘の通り、確かに機関の空売りは、6日と7日に減ったのですが、日証金での空売りは7日、一気に8万株増えてます。

    日証協を見ると、1月末の時点で、機関全体では350万株を空売りしていますが、同じ時点の日証協の借り入れは277万株なので、機関投資家間では、株不足に陥っているような気がします。つまり、貸株料も高くなっているはずで、モルガンスタンレーあたりが、日証協を通じた借り株を返済して日証金に乗り換えたのではないでしょうか?

    以上、あくまで推測ですが、もし、当たっていれば、結構、貸借倍率妙味が出て来たような気がします。

  • 今の日本株には、こんな素敵な材料と美しいチャートを兼ねそなえた銘柄も少ないと思います。
    心配は、ダウナス、特にナスが天井を打つことですかね。1万行ったら叩き落されそう。

  • ナスの5年チャートを見ると、そろそろ祭も終わりっぽいですね・・・。

  • 社長の事業説明会のビデオを見たところ、なるほどと思ったのは、ICT業界自体が年率1パーセントの成長に停滞しているので、このまま二次請けをやっていたら完全にジリ貧、という自己認識の箇所と、技術実装に伴う過度な期待期(=参入企業数膨張期)とその後に続く幻滅期(=参入企業淘汰期)という曲線についての説明の箇所でした。

    ブロックチェーン分野は、カイカに限らず、怪しい企業がいくつも参入しているところを見ますと、参入コストが低いのだろうと推測します。その実装によって二次請けからの脱出を図り、イーワラント証券とフィスコ仮想通貨取引所で幻滅期を乗り切ろう、という戦略なんだそうです。

  • >>No. 97

    Sutさん、ありがとうございます。

    イーワラント証券のIRを見なければいけなかったんですね。

    この会社のヴァリュエーションとしては、現預金等25億、投資有価証券41億、イーワラントの買い値の9億、アイスタディの時価総額の6割の持ち株分16億で、まあ90億から100億といったところでしょうか。27円の株価で100億の時価総額ですから、この株価位置でヨコヨコしている理由も頷けます。

    しかし、事業説明会のビデオをみても、どうやって一次下請けにステップアップするのか、よく見えませんでした。私は、まだ株主ではありませんが(アイスタディは昨日前場に買いましたが)、今の株価位置で買うなら、投資資金の1から2%を回してテンバガー狙いでいくか、事業の将来性が見えて、株価が50円くらいになってから、もうすこし大きく張って、2から3倍を狙うか、そんな感じです。

    昼のにゃんこさんともうおひとりのバトルも拝見しましたが、75円で500万円張るのなら、総資金1億くらいないと難しいんじゃないかと思いました。やはり、100円以下の株ですので。

  • ほほう。二月続けて投稿者が現れるとは。
    かくいう私こそ、最近買ったばかりですが。

本文はここまでです このページの先頭へ