ここから本文です

投稿コメント一覧 (11コメント)

  • 金の卵を産むガチョウ
    小汚くて誰も見向きしない
    でも、今のそーせいは金のガチョウ。
    ヘプタレスというパイプラインを永続に産む会社を手に入れた。
    買収によりパイプラインを手に入れるしか無かった状況とは違いすぎる
    金色に輝くそーせい がヘプタレスからの金の卵を大量に生み出している。
    数字にならないと分からない素人が買いだす3Qにやっと次のステージなんでしょうか。大人の好き放題ですね、安く仕込んでレーディング上げて、それまでに買い戻しして、利益を出す
    今の内に焼き尽くしてやりたいけど難しいのか。残念で仕方ない。
    焼き尽くしてやりたい

  • 金のガチョウ、それがヘプタレス。
    開発力が創薬の1番の武器。導入もしくは買収でしか手に入らなかった卵が自分で産み出せるようになった。
    アナリストはレベルが低くてガッカリですね。それでも、それが仕事になるから楽で羨ましい。私はサラリーマンで、ただの社畜なので、アナリストと呼ばれる方のように適当な仕事では直ぐにクビになると思います。
    そーせいに詳しくても難しいですよ、全てを理解するのは。
    だから日本のバイオが育たない。
    理解してなくてもアナリストになれてしまう。数字にならないと分からない、潜在価値、バリューの面で分析出来ない。
    3Qから数字が出るのでそれを元に前から分析してましたとでも言ってレーディングでも上げるのでしょうか、羨ましい。

  • チャートは後付けの理論で、動かせる大人の動向を知るための後付の理論。
    ファンダメンタルは将来性を見越した長期目線。
    四季報はそーせい、もしくはその株を持ったこともないど素人が適当に書いた作文。レベル落ちましたよね、四季報。
    買い煽りだけど、良いように情報操作されてるわ、売上上がってるのに利益は同じだけも上がらず、適当に出してる。算数すらできない始末。
    金のガチョウ、それが今のそーせい 。昔の田村社長の買収の時の目利きが凄かった時から言われてたけど、今はヘプタレスがある。
    他者から取ってこなくて良い。自前で卵を産み続けられる。メガファーマーの提携の数、額を考えればその価値は。。。
    分かる人間だけ3Qまでにぎってれば、取り敢えず目先は良いんですかね。
    それより先となると、もっと行きすぎるから、早く売って、出てから買って上昇の燃料になってほしい
    短期のゴミのような方々への買い煽り、そして大人の証券会社への挑発です。
    やれるもんならやってみな

  • いちよし残念ですね。無能です、分かりません、評価できないから、いつも間違うから適当に今の予想からあげました。
    真っ当な予想も出来てないのに、そこからあげても予想にすらならないですよね。
    恥ずかしい

  • 製造業と違って受注残高は決算に出ないけど、3Qに既にマイルの計上決まってますからね。
    気づけないそーせいをほぼ知らない人、気づかないように何とかする機関の売りはでてきそうですね。
    まあ、でも、もう決まってるから時間の問題ですよね。

  • 恥ずかしい、恥ずかしい。
    無能です、進捗わかりません、ヘプタレスの基盤技術分かりません。時間が経ってるからレーディング下げます。
    楽な仕事で良いですよね。
    みんなもっと死にそうなくらいの思いで仕事してますよ。
    日興に転職したいです。

  • 恥ずかしいミスでした、フォローありがとうございます

  • M1が進めば時価総額兆円迄の道のりは出来上がると思います。M1が進めばM1&M4の合剤も進む、これは他社にはないもの。アルツハイマーの進捗はエーザイの時価総額の動きかたでも分かるように、絶大はものです。
    でも今のそーせいはM1が無くても、a2a.qvm.アラガンとの10個のパイプラインの進捗でここまで来ている。そして今までの実績でヘプタレスが金の卵を産むガチョウだとも分かってきている。
    今までパイプラインを手に入れる為に大金を払う必要があったのが今は自社で賄える。これは他社にはない強み。
    でもきっと田村社長は2匹目のガチョウを手に入れようとしてくれるはず。大きな買い物は時価総額が上がってからですかね。
    目利き力は田村社長ならきっと間違いないと信頼してますが、ヘプタレスがいますからそんな曖昧なものではなくきちんと分析した上で買い物してくれるでしょう。
    これからですよ、やっとスタートラインに立つ前の準備運動の段階、期待してます

  • パイプラインを考えれば最低でもペプチドリームまではあっておかしくない。

本文はここまでです このページの先頭へ