ここから本文です

投稿コメント一覧 (198コメント)

  • よく育っていると思います。業務内容、利益率等まだまだこれからが楽しみです。機関投資家等分割を嫌う傾向がありますが私は中長期投資ですので分割は歓迎しています。日本ライフラインやチャームケア、モノタロウなど分割を活用しながらほぼ5倍になりました。この会社もこのやり方で増やしていけたらと考えています。

  • 上場まもないことから東証1部上場まで業績堅調で営業利益が大きく伸びるかを注目しています。分割も上場から1回目ですので業績が堅調であれば分割後も一定株価も上昇すると思います。東証1部上場まで株主を増やす必要もあると思いますので分割と株価上昇を意識した動きになると思います。10倍株になるかどうかは今後の業績とビジネスモデルしだいですね。中長期投資として楽しみにしています。

  • 上場時から業務内容が可能性を秘めていると思い、参入しました。モノタロウのような消費関連、人手不足を補い伸びる可能性があると感じています。自動発注、在庫を適正化することは企業にとって業績を上げるために必須の課題になると思います。今回5分割して東証1部を目指していることもいいことだと思います。どれくらい成長するか楽しみながら中・長期投資で臨みます。

  • 私も学校現場で働いていましたので学校現場でのICTや小学校の英語教育などまだこれからがスタートだと思っています。悲しいかな整備費用は一部を国策として国が補助していますが市町村の教育予算財政頼みです。教室にネット環境のない学校もまだまだたくさんあります。教育は未来への投資です。自治体の理解を求め、整備することが必要です。現場の教職員もようやく学び始めたところです。それだけにビジネスチャンスもありますがそのためには産学協力とすららネットなど学校、児童、生徒の現状、ニーズを常に追求する姿勢は忘れてはならないと思います。使いやすい、いいものを現場教職員は求めています。

  • よく成長したと思いますが100キン業界も店舗数が増えすぎて飽和状態だと思います。セリアも出店数が逆にネックになってきていると思います。かつてのダイエーを思い出します。コンビニ業界と同じ状態になってきています。店舗数の調整と業界の再編が必要な時期にきていると思います。

  • 三年前に購入しました。企業内容はほぼオンリーワン、業績も当面よい、中長期として対応しています。株価が高くなりすぎたきらいがありますので一度分割を望んでいます。今の業績だと分割分はしっかり穴埋めして上昇すると考えています。買値からは既に2倍になっていますが株数を増やして揺るぎない持ち株になると考えています。

  • 上場来の株主ですが最近セリア含め100キン業界が元気がありませんね。逆に300キンは業績を伸ばしています。若い女性のニーズを的確に捉えているからだと思います。セリアももう一度初心に戻って購入層別の対策を立てるべきところにきていると思います。若い女性は300キンにお客様が流れています。

  • 上場時からの株主です。よく育ちました。高齢化社会、医療技術の向上の必要性はこれからも続きます。ライバル会社もあります。医療現場に細やかに対応する日本ライフラインに今後もエールを送りますあ

  • ビジネスモデルは揺るぎないものがあります。A Iの可能性が広がって現実にみえてくること、成長が数字に着実に現れてくることが今後の株価上昇に必要ですね。
    分割は中長期投資が基準の私にとっては歓迎です。

  • 短期筋や企業の益出しの売りだと考えています。この時期には多いですね。ビジネスモデルや経営者、社長の今後の展望を聞いてみると中長期投資の私にとってはストライクの会社です。スマホで本を読むはこれからの時代当たり前になりつつあります。もちろん紙ベースの書籍もメリットがありますのでまだまだ需要があると思います。かつて片山さんがこの会社に着目したのはそのビジネスモデルの今後の広がりが膨大であること、女性社長のきめ細かい経営戦略に賛同されたようです。片山さん初期の投資ヒット会社ですね。最近の片山は比較的短期投資が多いですがこのパピレスを含め、チャームケア、ライフライン、トリケミカルなどは社長経営陣の戦略、ビジネスモデルもしっかりしているので着実に成長しているように思います。投資企業は各人の投資方法で選ぶことが大切だと改めて思います。

  • >>No. 874

    確かに!私も10年選手ですが中長期投資の良さを享受できる会社ですね。配当がたまれば買い増しし、株数が増える。配当が増える。上がれば一度売り、下がれば以前より株数を増やして買い戻し、これを繰り返しています。株数が増え、取得単価がさがり、多少の下落相場も乗り切れます。ビジネスモデルに成長を感じて投資を始めた会社です。今後も資産増に貢献してくれることを期待しています。

  • 成長株として上場後すぐに投資しました。その後の成長もいい調子だっただけに赤字転落はビックリです。中長期投資が基本ですのであまり慌てはしませんが赤字の原因と今後のビジネスモデル等冷静に調査検討したいと思います。

  • 業績が順調なことにプラスして自社株式取得が株主対応のよさと評価されたようですね。これまで分割も行い、ビジネスモデルも揺るぎないものがありますので私のような中長期投資家にとっては対応しやすい、資産形成に役立つ会社です。これからも支援していきたいと思います。

  • A Iやバイオ、ゲーム、薬品の投資はタイミングが難しいですね。9000円台でビジネスモデルをよしとして購入しましたが乱高下しました。自分の投資方法は将来的に成長するだろう初期段階で購入、東証1部上場まで分割を活用しながら資産として増やしいく方法です。これで上手くいったのがヤフー、バイオ系は沈没する会社が多かったです。5社程度購入するのですが成長続けるのは半分くらいですが一つヒットすると大幅に資産を増やしてくれます。パークシャーはどうなるか、楽しみですが意外と堅実で地味、地道な会社だと最近思っています。東証1部に上場する過程、自動車産業のA Iの与える効果、将来性をしっかりとみていきたいと思います。

  • 上場時にビジネスモデルから考えて将来的に伸びると判断して購入しました。上場時の資料や業績も売り上げ、利益も順調に伸びているようでした。2019年3月期まさかの大幅減益、最近の上場株としては珍しいパターンです。経営者の責任は大きいと思います。上場時の会見をネットでみましたが、まさか減益がわかりながら上場して、数字をごまかしていたとは思いたくないですが。投資は自己責任。しかし株主を欺くようなことはあってはならないと思います。今後の経営者の誠実さ、奮起に期待したいと思います。

  • 教育分野の中でそのビジネスモデルから成長株の筆頭になる可能性があります。児童生徒数が減少しても教育の重要性はますます高まっています。すららネットにはこれまでの教育産業を見直し、教育界が求める新しいビジネスモデルをみることができます。学校では教員の多忙化が進み、過労死ラインの時間外勤務が続いています。教育産業には学校とともに児童生徒を成長させる期待が高まります。

  • 合併グループ化による成長がオイシックスの成長期待、実質効果があらわれてきています。企業内容は違いますが日本電産が積極的な買収、合併などをおこない、技術力を高め、世界的な企業に成長してきたように食品分野で今後の日本の家庭にあった食材、生活を提案できるような企業に育ってほしいと思います。

  • 順調に業績が伸び、株価もま2018年1月から上昇トレンドが続いています。分割もあり、これから東証1部を目指すまさに伸び盛りの成長期に入りました。中長期の投資家の私にとっては買い増ししながら会社の成長を楽しみながら取り組めます。

  • 昨年3月の3780円天井、12月1276円を底と当面みています。ビジネスモデルには揺るぎないものがありますので1月31日の決算によっては上昇トレンドに変換するとみています。当初中長期銘柄片山銘柄として購入していますが当面同じように安くなったら買い増しの中長期投資方針で臨みたいと思います。

  • 中長期投資家にとって程よい株価でしたので買い増ししました。介護関係銘柄のなかではそのビジネスモデルからか利益率が高いと思います。今は成長中間期と考えてしばらく保持していきたいと考えています。

本文はここまでです このページの先頭へ