ここから本文です

投稿コメント一覧 (44コメント)

  • > 優れた経営者なら他社の株より割安になった自社の株を買うものだが…残念過ぎる
    > 外食王が何を考えてるのかは来週、江口洋介が教えてくれるから、それを見て判断します

    経営者が外食「王」なら、株主は「奴隷」かな。ここまで成長できたのも株主が出したお金があってこそなんだが、ここの経営者はそんなこと全く気にしていない。お金は奴隷からの貢ぎ物だからな。それと、将来成長するから株価対策はしないなどと逃げ口上はいい加減やめてほしい。今多くの株主が不安で夜も眠れないような状況ではないか?今、やらなければならないことがあるだろ!

    ここまでの暴落したら会社が動かなければ株価は下落する一方だ。もちろん、会社もそのことは十分承知しているだろう。だが、何もしない。

    IRに電話ないしメールでしっかりと意見を言おう。

  • 今日も大幅下落。思い返せば2月の3Q決算で通期業績予想を据え置いておきながら、本決算でまさかの減益発表。常識的に考えれば2月時点で通期減益はわかっていたはず。逆にわかっていなかったとしたら、それはそれで問題だが。

    とにかく、3Qの通期予想据え置きを見て株を買い増したり、新規に株主になった人も多いと思う。そういう人達に対して、この会社はどう考えているのか?成長途中だから株価対策をしないという考え方は成り立つのか?それはある程度のレベルで株価が安定するような施策を打っている会社ならそうだと思うが、この会社はここまでの暴落かつ超割安な水準まで株価が下がってもなにもしない。これは株主をバカにしていると同時に経営の怠慢でしかない。

    もっとも気になるのは、いくつか書きみがあるが「丸亀にはもう行かない」というようなアンチ丸亀が増えることだ。会社の発表を信じて株買ったら大損(俺)となると、丸亀には絶対に食べに行かない。人にも勧めない。

    でも会社は、海外で成長するから丸亀には来なくてもいいよ!と思っているのじゃないのかな?株主もなめられたもんだな!

  • ここまでの大暴落、そして競合に対して超割安な水準まで売られる。信用需給がどうのこうのなんて関係ない。この水準でも株を買おうという人がいない事実がすべて。この状況で株主の為に株価対策をしないのなら、株式会社の経営者としては無能としかいいようがない。

    IRに電話、メールしよう。
    メールの際は、返信を希望にチェックを入れてトリドールから回答をもらおう。

  • あと、自社株買いと増資は全く別物ですよ。

  • あなたはどんだけ自社株買いする気ですか?してくれたらうれしいですけど。問題なのは自己資金でまかなえる買収の話ではなくて、外部から資金調達をしなければならない買収の話。例えば雲南Nみたいな買収のこと。そうなると買収資金と自社株買いでは桁が違う。

    それに、資金調達=増資=悪=一般的と思っているかもしれないが、そんなことはない。株価が下落するのは不利な条件での増資の場合。増資で株価が上がる場合も当然ある。資金調達にもいろんな方法があるが、株価が低評価だとそのいずれも非効率もしくは不可能になるので、株価が重要だと言っている。

    ちなみに、雲南Nの買収資金は増資ではなく銀行からお金を借りてきたが、その条件はかなりの好条件。だが、今のように株価が下落を続けていてはそれも不可能だろう。

    株価を上げればレバレッジが効くということ。

  • 買収資金が必要なら、なおさら株が高く評価されている必要があるのだが?直接資金調達するにせよ、銀行から借り入れるにせよ、株価が低ければ非効率な資金調達を強いられる。ひどい場合には資金調達すらできなくなる。今はまさにそうなろうとしているから、株価対策が必要だと言っている。そのために優待の充実という人が多いが、個人的には短期間で市場での自社株買いが有効だと思う。少ない資金で株価を急回復させることができるし、市場に対して株価を重要視している姿勢をアピールできる。優待の充実も否定はしないが、短期間での自社株買いのほうがインパクトがでかいと思う。

    株価を高めた上で成長を目指すのが、株式会社としては極めて正しい行動。

    トリドールホルダーはその権利を行使し、株主の要望を会社にはっきりと伝えよう。ホームページの問い合わせから簡単にできる。結局今週も下げ続けた。このままでは来週も下げ続ける。株主の声を会社に届けよう。

  • >>No. 344

    あなたは顧客情報マニアとみた。顧客情報があれば安心できるタイプだ。問題は顧客情報のストックに比例して売り上げが伸びるかなんだが。前にも書いたが、MFD事業の売上伸び率の低下が、会員数の伸び率低下よりも大きいということ。つまり、これから会員数が伸びたとしても、売上は低下していき、対前年でマイナスになる。なんか自分で書いていてなんだが分かりにくいな。ワイン一本開けたからかな。

  • >>No. 710

    > 行使し入手したて新株発行エリアリンクの同意を得ないと第三者に売却できない契約になってます。
    >
    > したがって、すぐに売却はしてないと考えられます。

    公開された情報を読むと、第三者に売却できないのは「新株予約権」だと思うが。
    したがって、権利行使した株はすでに売却していると考えられます。

    公開された行使状況を見ると小刻みに行使しているのがよくわかる。それと、日を追うごとに行使価格が下落していて、下限行使価額に近づいている。SMBCも焦ったことだろう。最低でも予約券の購入代金は回収したいからな。

    小刻みに権利を行使しているのはなぜ?それは少しでもエリアリンクの株を保有しているリスクを小さくしたいからだと思うが、それ以外に何かある?

  • >>No. 702

    あんたって、おもしろいな。
    今回のスキームは、エリアリンクにとってこれ以上ないくらいの不平等条約だと思うが。もっと正確に言うとエリアリンクの既存の株主にとってだが。

    ・92%ディスカウントでの発行
    ・新株予約権の行使は努力義務(行使するかどうかはSMBCの気分次第)
    ・SMBCは行使の義務はないが、その間エリアリンクは株式の発行・売却はSMBC様の承諾なしにできない

    SMBCはここの株をキャピタルゲインで儲けようなんて思っていない。ディスカウントで買ってすぐに売却できそうなタイミングで権利を行使する。そして株価に影響を与えないように(下落しすぎないように)小刻みに売る。うらやましいくらい簡単に儲かる。

    逆にいうと、すぐに売却して儲けられないようだと権利を行使しないので、エリアリンクには資金が入らない。

    首尾よく権利行使できたとすると、SMBCは儲かってエリアリンクには資金が入る。両方ともキャッシュが手に入る。
    そのキャッシュはどこから来たのか?このキャッシュは株式の希薄化と株価の下落から生まれている。つまり今回のスキームはSMBCとエリアリンクが既存の株主から富をかすめ取るものなのだ。

    残念。

  • >>No. 340

    ファンデリー自体がこれからストックを目指すと言っている。つまり、現状はストックではないということ。あなたの言うストックとはどんなものかな?ひょっとしてスコップと間違えてないか?

  • 株主の要望をしっかりと会社に伝えよう。ここまで株価が下落しているにも関わらず会社は何の対策もしない。これは株主とりわけ個人株主を軽視しているとしか思えない。今必要なのは大言壮語な将来ビジョンではなく、株の価値を高める現実的でかつ即効性のある行動だろう。

    そもそも今回の暴落の始まりはあの本決算だ。業績予想を据え置いておきながらの減益発表は、大風呂敷を広げている企業としては許されない。大風呂敷を広げているからには、決算発表は誠実であるべきだ。わずか数か月先が見通せないとなると、大風呂敷自体の信用性が疑われるからな。

    こうなってしまったからには、成長期待話だけで株の価値を高めることはできない。他の外食並みの株価対策を取ったうえで成長を目指すしかない。逆に言うと、会社がそれをしない場合、株価はこれからも下げ続けるだろう。もう十分下げているので勘弁してほしい。

    その点気になることがある。株主総会の場所がTOHOシネマズに変更になったことだ。おそらく、ここで将来の成長を描いた映像が流されるだろう。アメリカが北朝鮮にしたように。一方で相も変わらず株価対策は発表されないことが予想される。今までの会社の行動をみればわかる。

    そうなるとどうなるか?今まで見てきたようにもう一段の暴落は避けられない。
    会社が何もしないのなら株主が行動しよう。


    トリドールHD > IR情報 > お問い合わせ > IRに関するお問い合わせ

    ・プライバシーポリシーの同意をチェック
    ・お客様情報の入力
    ・意見を入力

    意見を入力のところは、株主であることを伝えたうえで要望をはっきり伝えよう。
    メールがまどろっこしい方は、代表に電話したうえで「IR担当」に代わってもらって、肉声で株主の声を伝えるのもよい。

    総会まで時間がない。
    全ての株主は経営に対して意見を言う権利がある。今、すぐにでもやろう。

  • >>No. 621

    一度だけということなので返信がないのは残念だが、今回の資金調達がマシュマロテストのようだと考えるあたり、貴殿の脳みそこそマシュマロではないかな。もちろん、これはマシュマロのように柔軟な考え方ができるという誉め言葉だ。マシュマロテストは、今すぐに手に入る小さな利益と、しばらく待って得られる大きな利益のどちらを選択するかということだとだが。一方、今回の資金調達は、株主は今すぐに大きな不利益を得るが、しばらく待ったとしても利益が得られることは不確実だ。さらにいうと、今回ような資金調達しかできなかったということは、この先はそんなに明るくないと思うが。一方的に会社の方を持つのは良くないと思う。ひょっとして、貴殿はエリアリンクの社員なのか?では、さようなら。

  • >>No. 617

    人それぞれ考え方に違いがあるのは当然で、その上でのコミュニケーションだと思う。しかし、今回の資金調達は既存株主にとって明らかに不利益なものだが、そのことについて会社が株主に対して「考え方」を十分説明しているとは言えない。そういう意味で、この会社は「人それぞれに考え方があるよな」とういう以前の問題だ。そこをあいまいにして、一方的に会社の方を持っている様子が「甘ちゃん」だということ。まず、会社にしっかり説明してもうらおうよ、という反応が先だと思う。

    俺が「神の声が聞こえるやつ」といったのは、

    > 林社長が読めなかったのは、株価ではなく、株主の知能レベルだと思います。

    こういう他人の人格を否定する発言に対して、こういうやつは相手にせずに気にするな、という大人の対応だと思うが?
    貴殿が正義感をもって善悪を語るののなら、こういうやつに対してこそひとこと言ってやったらどうだ。結局、貴殿は自分考え方と違うやつが納得いかないだけでは?

  • >>No. 601

    建設的であるべきだと思うが、今は金曜の夜なので多くの人が非建設的に酒を飲んでいる最中なんですよ。そんな小難しいこと言われてもよくわからない。だだ、率というからには、株価が上がっても下がってもどっちでもいいのでは?

  • >>No. 593

    神の声が聞こえるやつもいるんだよ。そうゆうやつには「そうですね」と言っておこう。じゃないと、めんどくさいし。だだ、「たにし」っていうやつは、今までこの掲示板で紳士的なコメントをしていた人のだれかだと思う。必死だな。

  • >>No. 304

    >
    > がんばろ(o^^o)
    >
    > 今年は20,000円台定着目標だよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

    俺のコメントにしては「そう思う」が多すぎる。おかしい。
    おそらくだが、あの方のコメントだと思って反射的にボタンを押した人が8割程度はいるのでは。2千円が2万円になっているに気が付かずに・・・。

    はっきり言って、この掲示板は廃れている。
    ここはやはり、あの方に新しい感じのコメントを期待するしかない。
    みきさん、お願いします。

  • >>No. 310

    GSがここで空売りして儲けようということなので、新人かインターンの学生だと思う。そういうやつは、おそらくこの掲示板を見て作戦を考えているだろうから、暖かい言葉をかけてあげよう。テンキー押し間違えて額間違えんなよ。それか、窓際に追いやられた管理職が失敗して、退職の口実を作らされるために担当されたのだと思う。ちょっと悲哀感あるが、孫のために頑張ってほしい。

  • >>No. 307

    丸焼きにしたいのはやまやまだが、ここの出来高を考えると、何もしないほうが得策だ。GSがここを両建てしているとは考えられないので、純粋に空売りで儲けてやろうという算段だ。そうなると、1,700円くらいまでは下げて儲けるつもりだろう。もっと低いかもしれない。だから、ここで狼狽したらGSの思うつぼ。あー、しかし日本の投資環境って誰のためにあるんだ?貯蓄から投資へなんて言っているが、だったら、こんな成長途中の小さな会社を非生産的に空売りして儲けようとする外資を規制してほしい。5%ルールなんて、ちゃんと規制していますよ、っていうポーズにすぎない。しょせん、証券取引所も営利企業ということか。ファンデリーからビックななIRが出ない限り、少し上がったらすかさずGSが売ってくるだろう。それを前提にしばらくは様子を見るのが得策。出来高がなければ、売ることもできないからな。

  • >>No. 565

    >言いがかりについて特に謝罪とか無いのですね・・。
    言いがかりというのは違うと思うが、とにかく気分を害したのなら謝る。
    すいませんでした。冗談のつもりだったんだが。

    > レッドオーシャンについて
    中間っておかしいな。レッドオーシャンかどうかをの話をしている。この場合、その反対概念のブルーオーシャンとの2択で議論するのが一般的だ。中間という概念は聞いたことがない。ただ、貴殿が、中間だと思いたい理由はわかる。おそらく、現状は激しい値下げ競争や血みどろの競争が見られない(ように見える)からだと思う。だだし、それはこの業界が黎明期だからで、レッドオーシャンの位置にいるからには、いずれ価格・サービス競争に突入するだろう。参入障壁が低く競合がいる状況では、あたりまえだ。ブルーオーシャンとは、他社が参入できないくらいの強みがあり、競合がいない状態を指す。レッドオーシャンとはそうではない状態のことをいう。だから、ここのビジネスは明らかにレッドオーシャンだと思う。

    > 強みについて
    貴殿が挙げた「強み」は、確かに強みとは言えると思う。しかし、競合に対して「参入障壁になるような強み」としては弱い。あと、既に複数店舗があることを利点として店舗を増減できるとのことだが、これはやってはダメだめだ。不動産のオーナーや投資家に対して、儲かりますよと言って勧誘する、そのうえで、トランクルームを作り売却してサブリース契約を結ぶ。ここで、不況になったからといって「契約を解除します」と言ったらオーナーや投資家は困るだろ?これ、まさに今問題になっているやつ。借主なので法的には可能だろうが、そんなことやる企業と取引したいと思うか?そんなことやったらここのビジネスは終わりだ。

    あと、コンビニの事例もまったく参考にならない。コンビニは、食品や日用品など日常的に消費する低価格なものを買う場所だ。その場合、消費者は購入する店を時間をかけて比較検討などしない。近いところに買いに行くだろう。また、どこがが優れたサービスを考えても、すぐに模倣されてしまう。だから、コンビニは立地が大事だ。

    一方、トランクルームは家賃に近い消費なので、消費者は複数の会社を比較検討する。コストとサービスで選ぶ。だから、ストレージ業界はコストとサービスで参入障壁を作れれば最強なんだが。俺は、ここにそれを期待していたということ。

本文はここまでです このページの先頭へ