ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • 1800円からの急落。3割戻しは半値戻し?へ頑張って。

  • 北ガスが仮想発電所構想!
    道内各地の家庭などに有るガス発電機(1700世帯)や太陽光。ガスコージェネレーション(200の商業施設やホテル)を情報通信技術で一括管理する事で発生する余剰電力を買い取り、買電する実証実験に乗り出す。北海道新聞要約
    北ガスでは近年の電力小売部門の高成長により大幅な増益体質へ転換するも、石狩ガス発電設備や本社新築等の大型投資も有り、低PER(8.6倍)、低PBR(0.55)と株価は1500円を挟んだ動きに終始。原発に固執する北電からの一般家庭の移行は、もう2~3年伸長が想定される為、米中、日韓問題に左右されない高配当会社として認知か。        司

  • 北海道ガスでは本業のガスメーター新設数増加と、価格競争の比較的少ない一般家庭用電力販売で大きく伸長した為、2年連続で大きく売上伸長(Z117%)。又本社新築移転や石狩ガス発電所等の投資増加を吸収し経常利益も大幅伸長(Z145%)と19年の決算を発表。
    20年度も配当5円増額を含め引き続き好調を見込む。
    現在の米中貿易戦争にも不安の少ない安定銘柄なれど、全国同業と比較してもPERで8,7倍。PBRも0,5倍と低い数値で推移。株価も1450円前後で推移。札幌駅前開発ではガス・コージェネが推奨される等の追い風や風力発電参入の話題も有りながら、株価の評価が低い? 地方銀行も危なげな債権や国債へ投資するより利益貢献が高いと思うのは僕だけでしょうか? 経営陣の意識転換を希望。      司

  • 札幌市創生スクエア移転決定は、経営陣の中期経営計画への自信の現れと考え喜ばしいと思います
    創生スクエアは先の地震に於いても自家発電で通常活動ができた防災ビルです。災害時の事業継続能力も向上し、企業に対する信頼性向上と、優秀な人材採用競争にも有効と考えます。
    最近の短期的な株価に動揺し批判的な株主の意見も一考の余地は有りますが、300憶企業へ向けた着実な戦略推進をお願いします。    司

本文はここまでです このページの先頭へ