ここから本文です

投稿コメント一覧 (88コメント)

  • >>No. 663

    12月末業績もいい感じで出てくると思うけど、その前になんかしてくるんじゃない。知らないけど。^^)

  • 北京コンチネントが上場すれば、資金調達で相応のニューマネーが入るし、
    もう増資の心配もなくなるのではないですか。

  • >>AIって言っても、おそらくパターンマッチングするタイプだと思うよ。膨大なデータをもとに判定する類ね。
    >>膨大なデータを持ってるかが重要。
    >>データが蓄積されていけば、精度が上がる。

    世界で一番多くの、しかも国民から文句も言われずに膨大な医療データを集められるのは世界広しといえども中国だけですね。政府がAI医療の方向性を打ち出すだけで一気に浸透します。AIパターンマッチングが一番生かせる巨大医薬品市場だと思います。

  • 株価は人気投票といいます。昨年末に、来年はバイオ相場到来という見通し見解もありました。マスコミがこれからバイオと言うだけでセクター株式取引が活性化する奇妙な日本株式市場です。昨年末の株価大幅下落から今年は何としても株価浮揚が必要な日本政府と与党。AIも政府の大注目する事業領域であり、そろそろ相場の話題にのぼりはじめる時期ではないですか。ダブルインパクトとなれば面白いことになります。

  • そういえば、以前ここの株価が100円台に入り、2016年1月に117円を付けた時も、
    ここは2桁が正当評価のような売り煽り投稿が蔓延してましたが、あの時買おうと
    思ってたのにあの売り煽り投稿を見て買わなかった人は人生悔やんでるるでしょう。
    その後早々と3か月後の4月には、約4倍の395円をつけましたよね。
    株価が安くなった時の売りあおりも罪でしょう。あの時の買い煽り投稿で思いっきり
    買った人はその年の4月と2017年2月3月でどれだけ儲けたことか。

    掲示板で正当に判断すると、株価が相対的に高い時の売り煽りと株価が安い時の買い煽りは
    まともな投稿、逆に、相対的に株価が安い時の売り煽りと株価が高い時の買い煽りは自分の
    利益に目がくらんだ罪な投稿です!!!!!!!!!

  • 今日なんか見てると、ここは最近入った短期回転野郎の絶滅相場。5年10年のホールドは恩株分しかできませんが、ここはやはり安いと思う適当なところで仕入れて1~2年放置するというのが球数も減らさず一番効率いい運用方法だと思います。やっぱ、底付近で持っていれば少々下げても気になりませんし、1つのIRで5~6倍短期急騰も夢じゃないというのがここの魅力。(ちょっと買いが早かったため手持ちキャッシュ少な目なのが悔しい~~)

  • GNIは業績面でも有望パイプラインの治験進捗でも設備投資でもすべての面でバイオ銘柄では最大限の結果を残しているから、あとはGNIじゃなく、新興企業を成長させてるお仕事のCVIインクとその支配会社である運用資産30兆円近い世界の大巨人投資会社サスケハナグループを応援します。

  • CVIの12億円もの入金は年内27日でしたっけ。
    GNI側も資金サポートに応えるためのIRは用意してるでしょ。というか、CVIとあうんの呼吸。

  • この新株発行資金で日本市場にF351が来年いよいよ乗り込んでくる可能性がでてきた。日本の投資家にやっとF351ヒドロニドンをお披露目できるということだ。国内の多数の肝繊維症患者も応援してくれるだろう。患者さんもみんな新株主になるんじゃないのかな。

  • 割当先のCVI InvestmentsがGNIのやりたい業務提携を確実なものにしてくてると判断されるようになると、GNIとしては55億の資金は入るは大株主の誕生で信用はアップするはで一石二鳥だね。
    こうした新株発行ができるのも、投資会社がほしいと思う会社と事業をGNIが行っているから。株主・ホルダーは自信を持たないとね。

  • しかし、今回GNIの割当先のCVI Investmentsのおかげで、GNI単独でF351の業務提携交渉するより、業務提携の確率と提携条件のアップが確実になった。業務提携と買収を用いて新興企業を成長させる会社に資金もノウハウも提供してもらうなんて最高じゃん。ホルダーよかったね。

  • 今週にでも、まずは、10倍生産能力新工場竣工IRを大々的に出すのでは。今頃、生産が10倍の工場なんて作ることのできる会社が日本のどこにあるかということで話題になるよ。

  • 過去の新株発行で、割当先が今回GNIの割当先のCVI Investmentsを調べてみて。株価は増資後けっこう上がってるところが多い。

  • たしかに、相手先の大口さん、すでに決まってるような感じ。(^▽^)

    「ロックアップに係る条項」
    なお、当該契約において、本新株予約権の譲渡(但し、Bank of America Merrill Lynch、J.P. Morgan 及び Goldman Sachs & Co.並びにこれらの関連会社に対する譲渡を除きます。)の際に当社取締役会の承認が必要である旨が定められており、、、、、

  • 年末たった5000円?
    ルオサンタが担いできたプレゼントの箱にファイザーとかロシュのロゴが入ってるかも。(^▽^)/

  • いまの株価がジーエヌ4300円、ここの発行株式数計算でサンバが32000円なら、
    あちらは夢の期待感含めても実質は20000円かそこらくらい、ここは百歩譲っても
    15000円くらいが正当評価でしょ。来年末には今の株価から10000円以上あがって
    いても不思議じゃない気がする。結局、株価は1年程度は先を読み込むから、1年後業績と
    2~3年後の将来利益に集約してくるだろう。サンバイオは残念ながら、1年先どころか、
    2~3年先も業績ダメバイオ。

  • たしかに、先般少しわかったヒドロニドンの改善効果と副作用を勘案すると、
    次の中国のフェーズ3やアメリカのフェーズ2がうまくいかないはずはないし
    CFDAやFDAがF351承認上市を拒否する理由がないなあ。
    先日の中国のフェーズ2中間解析結果を心配していたことが無駄な心配だった
    ように、いまの状況からすると中国・アメリカのフェーズ3も何の問題も
    ないかもね。ただ上司まで期間がかかるのは致し方なし。

  • 明日も海外株安に乗じて安くはじまってくれそうです。
    売り煽りの方たちがしっかり仕事をしていただけるおかげもあり
    その方々より先に下で拾わせてもらう。自称、小型ハゲタカ個人ファンド。

    私も今年はここしばらく拾い集めの時期。来年後半に果実を収穫させてもらいう予定。
    今回予定する今後1年利回りはいくらになるか。
    ちなみにGNIでの過去最高は、2012.7中旬の取得平均単価73円⇒2013.5月中旬785円の
    1年弱で10.75倍(年運用利回り975.34%)です。ここは本当に儲けられます。

    残念なのはその際の元手が95万だったこと。今は2016春のバイオ相場と2017保険適用の
    おかげで5年前の元手は61.1倍になってます。(正確には一部が含み損なので57.3倍ですが)

    売り煽りさん、損切りさんも含めGNIにケチをつける方々もたくさんいますが、
    ツボにはまった時はGNI最強。来年中に今の投入資金が3倍くらいいけば最高かな。(⌒∇⌒)

  • アイスーリュイ販売とBAB社の業績貢献により、業績が向上していく過程で、最高値だけではなく、最安値が4円、60円、117円、280円(2803円)と切りあがってきてるところがミソなわけですね。今年の完全黒字是非実現しないといけません。FRBの米利上げ来年以降も継続宣言もあり円安方向は確定的なので期待できますよ。

  • 多くのバイオには、治験中断や失敗、悲しいかな治験費用じゃなく
    従業員の給与などの事業運営のための増資といった株主の知らぬ
    大きなリスクがあるということ。GNIは少なくとも自分で食って
    いける会社になったわけだから、これからだよ、これから。
    ちょいと頼もしいお知らせかIRを待ってますよ、ルオ社長!!!

本文はここまでです このページの先頭へ