ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • >>No. 367

    業界の環境の変化として、MRがDrに面会しづらくなっています。大学病院でさえ、訪問規制しています。ここでまた出番はエムスリー。

  • >>No. 359

    製薬会社は規制が非常に厳しいので、MRを活用するプロモーションとITを活用するプロモーションしかマーケティング手法はありません。
    MR削減したら、その分をエムスリーで補うしか製薬会社には方法はありません。

  • >>No. 358

    MR数を見てみましょう。ドイツとフランスを合わせても4万人。日本は早期退職しても6万ちょい。様々な経費を入れると日本は1MR2000万の人件費がかかります。製薬会社は赤字は全く有りませんが利益が低下することを無視出来ません。仮に日本がMR4万人になったら4000億の人件費がうきます。会社は経費節減しますが、売上&利益は落としたくありません。では、どんなマーケッティングがあるかと言うと、薬品業界は規制に縛られていてMR活動以外はIT活用しかありません。
    人件費削減4000億のうち最低でも1000億はITに使用するでしょう。
    その殆どがエムスリーの活用になりますね。
    売り上げは2倍になります。
    また、これは日本だけの事で中国での飛躍を考えるとエムスリーの将来は盤石ではないでしょうか。

  • >>No. 351

    製薬会社は薬価改正の影響で、経営が厳しくなり早期退職でMRを削減しています。
    しかし、Drへの薬剤の認知向上は非常に重要です。今後はより一層、エムスリーが活用されると思われます。

本文はここまでです このページの先頭へ