ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • >>No. 805

    寝ていたら、私の名前を呼ばれたような。
    冬眠から覚めました(笑)

    乱高下にもグリップを緩めず、心惑わず、少しばかり含み益になっておられるようですね。
    ご同慶の至りです。また私の戯言にお付き合いいただき、感謝です。戦友のような気がします。

    で、私が書き込んでから、まだたったの3倍ちょっとか(苦笑)
    10倍になったら、おこしてください(笑)

    また寝ます。オヤスミナサイ。

    私は上がってきた株には興味がない。ほっとけばいいだけですから。

    ボロ値で底這いしている銘柄なかに10倍になりそうなのがゴロゴロしているので~2年前のMエンターのように~、見極めているところです。

    私が見極めようとしているのは株も人間と同じで、逆境に挫けず、大病に伏しながら志を失わず、破産のはざかいの中でもまだ夢に向かっている、そして大成するかどうかです。

    ちょっと名が売れると、どこからもなく知らない友人・親戚が押し寄せてくる。そしてすぐいなくなる(笑)

    貴兄だけは私の戯言に2年余りも付き合われた。

    きっと実人生でも良い友人が多いことでしょう。

  • >>No. 221

    耐えに耐え、何度ともなく苦汁に胃が痛み、寝られない夜を幾たびも過ごされてきたであろう、株式会社神風アオリさま、そして長期ホルダーのみな様、おめでとうございます。

    「当初想定を上回る成長となりました。その結果、売上高が増加する見込みであります。 また、収益性の高い上記事業の伸長に伴い、下期において将来収益に向けた投資を継続しながらも、売上高販管費率が当初想定を下回るものと見込んでおります」

    この会社のこの文言をどれだけ待ちわびられたことでしょう。

    諸兄にとられては、今回の上方修正がたんなる一里塚にすぎないと認識されていることは書き込まれたコメントを拝読すればよくわかります。

    あとはどれだけ保有され続けるか。今後も株価は上下動を繰り返します。

    特にこの株は値動きが激しい(笑)
    私が言うまでもなく、みなさんはよくお分かりだ。痛いほどおわかりだ(笑)

    再度おめでとうございます。

    「この株は大化けする」と書き込んで1年半。想定よりも良くなりだすのが半年ほど早かった。ということは成長スピードが上がっている。経営者が考えていた以上に優れもの、ということか。

  • しぶといお方(笑)

    貴兄の書込みを拝読しましたが、良く研究され、深く理解されている。
    それになにより、株価の天国と地獄を味わい、それでいながら、あたふたされることもない。
    企業を良く知り、株価の乱高下に心、乱されなくなることが大化けをとる要諦かと。

    人はえてして下げに我慢ができても上げには我慢ができない。
    どこまで、この会社と付き合われるか、ご随意に。

    私はまた、しばらく冬眠します。

    貴兄のご健闘を祈ります。

  • オレのことを覚えている人はいるのかな(笑)

    いよいよ雌伏期が終わった。これから業績の拡大期。株価は飛翔。
    結構買ったけど、2倍や3倍では売らんよ。

    3年先ぐらいにどうるか考える。

  • オレのことを覚えている人はいるのかな(笑)

    沸騰する前に10倍になる、かもと何度か書き込んでるんだけど(笑)
    ttps://textream.yahoo.co.jp/personal/history/comment?user=Obewg5NlpTA.iQQBjy7NGQ--&nc=a8d9d

    これをホント、マーケットエンターについては最後の書込みにする。

    2月14日。半期決算発表日。
    ヤフーと提携してからの事業進捗が初めて明らかになる。

    この会社は「物」のセカンダリーマーケットで盟主になろうとしている。
    インフラは整えた。

    あとはどのようにして「物」のセカンダリーマーケットでシェアーを伸ばし、取扱高を増やすか。それが課題。
    ヤフーとの提携は第一歩。

    17年度売上は56億あまり。4Q、18年度1Qの原価率は60%弱。
    100億の売上(取扱高)になれば粗利益は約40億で販管費で増えるのはほとんど搬送費。
    販管費はその時点で30億程度だから営業利益は10億。EPSは100円、というところか(笑)

    100億の売上(取扱高)は途上。「物」のセカンダリーマーケットは数兆円(笑)

    株価が2000円や3000円でも売るわけがないわな(笑)

    オレのハンドルネームは「50バーガー発掘人」(大笑)

  • 最後に書き込み。
    オレが遊び半分で書き込むのはちょっぴりとしか持ってないから(笑)

    たくさん持ってれば煽るような真似は矜持が許さない。

    本腰を入れて下値で買う時は邪魔されたくないから黙って、ゆっくり買う。

    「中村彰利さん」のように(笑)

    だまされたと思って100株でも1000株でも評価損が気にならない範囲で、できればNISAで3年間持つことをお勧めする。

    大きく株で儲けるとはどういうことかよくわかると思います。

    サラバ。

  • 株は面白い。
    売買代金が1億に満たないのに今までにない躍動感が感じられる。
    ソフトバンクや任天堂のような主役よりもいぶし銀のような脇役が光ることもある。

    このレベルで短期トレードするには出来高少なすぎ、ハシゴを外された時に処分に困るから見てるだけだが十分楽しめる(笑)

    今までの3日天下じゃなさそう。1000円ぐらいはあるかもね。

    こういううねりが何度もでてくると来年以降の相場につながる。

  • ちょびっと動いてる(苦笑) 
    こんなレベルで売ったりするほど株数はもってないが蠢動か(笑)

    フィスコが大袈裟な強気レポートだしてるがエッセンスは以前書いた内容。

    それより9/5の大量報告書。
    個人が5%超の株主におどりでた。

    「中村 彰利 320,000株 5.92%( -%)」

    ひょっとしてあの「中村 彰利 」さん?

    ググればすぐわかるが投資再建企業アスパラントグループの代表。
    JAL再建の中心メンバー。

    当社にかかわるには大物すぎるが趣味で買ったのか(笑)

  • 11月14日が1Qの成績発表か。

    残念ながらたいしたことがない実績だろう(苦笑)

    オレはこの会社の株はまだそんなに持っていない。ほんの少し。
    こんな閑散スレだから手の内を明かす。

    オレが買うのは10バーガーになる可能性がある銘柄。
    ただし3段階で買う。

    第一段階。様々な見地からみて可能性がある銘柄を小口で買う。
    この第一段階では「いつかわからないが将来の可能性」だけ。

    第二段階。小口で買っている銘柄の業績変化を中心に確りフォローし、「可能性に何らかの実現性など何か‘変化の兆し‘が見えた時」。この段階では積極的に下値を買い、持株を増やす。

    第三段階。強気の計画や上方修正など変化が明らかになった時。往々にしてストップ高になるが迷わず買乗せ。

    あとは会社がおかしくなるまで保有するだけ。

    簡単なもんだよ。

    ただ第一段階から第二段階になるのに1年か、5年か、そこはわからん。だから小口で持つ。

    この会社はひょっとすると来年、第二段階になるのか、という予感がする。
    だから書き込んだ。

    500円割れれば買乗せするが、別に700円になろうが800円になろうが、小口しかもってないので売る気は全くない。
    他にいくらでも賑やかに上がっているのがあるしな(笑)

  • やれやれ(笑)
    10バーガー候補も底値では閑散スレ。

    独り言。
    こんなに儲かっている会社はそうざらにはない。
    売上の40%強が利益。前期は24億あまり稼いでいる。

    時価総額は利益と同額のたった30億(笑)

    稼いだ利益を全部使っているから純利益がゼロ。
    何に使っているか?将来への先行投資。
    eコマース市場で優位にたつためインフラ投資に使っている。

    インフラが十分に整ったと判断すれば利益を表面化させる。

    その時期は恐らく数年内。
    だから社員にストックオプションを与え、実情がよくわかっている顧問税理士が新株予約権を買った。

    インサイダーすれすれだが数年後のことだから別にいいのか(笑)

  • 最初で最後の書込み。

    エクセルで左の縦軸に公開しているすべての外食産業を打ち込む。
    右側横軸に過去5年間の個社別の売上・営業利益・発行済株式数・株価・時価総額を入力。

    50社を時価総額の変化率順に並びかえれば、どの企業が勝者で、どのようなビジネスモデルが勝敗を決したか一目瞭然。

    3年後、自分の投資スタンスが正しかったかどうか、そしてこの書込みの意味がわかるでしょう(笑)

  • >>No. 197

    ディップで50倍とった爺さんの件ですが。

    爺さんの投資スタイルは一言でいえばオーナー系超低位株のコレクター。相場が崩れた時50円~150円の数十銘柄を最小単位でまとめ買い。一度につぎ込む資金は200万程度。投資尺度は経営者の人物評価だけ。最終的には数百銘柄持っていた。勿論つぶれた企業も結構あるが30倍以上になっているのはザラ。

    普段は好きな趣味やボランティアにせいをだしてたな。まぁこんな相場の時は市況なんかみてない。相場を観だすのは悲観の極致のときだけ。数年に一度ぐらいしか買ってなかった。2011年の前はリーマンショック翌年の2009年初めに買ってた。

  • 亡くなった爺さんの遺産整理をしてたらディップを2011年に買ってた。
    コストは100円台。50倍か(笑)。ティンバーガーどころじゃね。
    ちょろちょろ売り買いすんのがバカらしくなった(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ