IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (886コメント)

  • 会社には損害を与え、自分はストック・オプションをもらう。
    こんなこと許されますか?

    西村氏・藤澤氏が経営参加された暁には、ぜひともストック・
    オプションを無効にしていただきたいです!

    どうかよろしくお願い申し上げます!

  • この勢いなら、株価49円には軽く届きそうですが、

    1)49円になったら、カーティス等の49円行使の1億6千万株のストック・オプションが降ってくるのでしょうか。
    2)そもそも経営陣で勝手に0.1円で購入し、49円で行使できる新株なんて発行してもいいのでしょうか。
    3)西村氏・藤澤氏陣営になったとき、このストック・オプションを無効にすることはできるのでしょうか。

    このやっかいなストック・オプションがどうなるかが、非常に気になっています。
    詳しいかた、どうかご教示ください。
    よろしくお願い申し上げます。

  • これって、もし、プロスペクトに、「本人確認書類」として、送ったら、議決権行使書はどうなるんだろう?

    ここまで露骨なこと、普通するかな。
    だまされて、委任状出す人、結構いるような気がするなあ。

    現経営陣に、天誅を!

  • 臨時株主総会「詐欺委任状」催促の「ハガキ(封書でない)」を改めて読み直しました。

    ・Jトラスト藤澤氏の関与が強まります・・・
    ・藤澤氏の経営手法には疑問があります(SAMURAI社のように、当社の企業価値が毀損されうんぬん)・・・
    ・Jトラストの業績は悪化している(グラフ付き)
    ほかいろいろ書いてありますね。

    これがプロスペクト株主何万人に届いてるんですよね。
    これって、風説の流布にあたらないですか?
    Jトラスト株主のみなさま怒ってもいいと思います。

    ということで、Jトラストの掲示板に投稿しておきました。

  • Jトラスト株主のみなさま

    プロスペクトから来た、臨時株主総会「詐欺委任状」催促の「ハガキ(封書でない)」きに、
    ・Jトラスト藤澤氏の関与が強まります・・・
    ・藤澤氏の経営手法には疑問があります(SAMURAI社のように、当社の企業価値が毀損されうんぬん)・・・
    ・Jトラストの業績は悪化している(グラフ付き)
    ほかいろいろ書いてあります。

    これがプロスペクト株主何万人に届いています。
    これって、風説の流布にあたらないですか?Jトラスト株主のみなさま怒ってください!一度、プロスペクトの掲示板見てみてください。すごいですよ。

    ちなみに我々個人株主は、藤澤氏の経営参加を歓迎し、大いに期待しております。

  • 臨時株主総会、ライブ配信をお願いしたいです!

    私は関西在住なので、この時世、東京まで行けませんが、
    ライブ中継していただけたら、有給休暇願いを出して、
    このファイトを自宅で観戦したいです。

    ご検討をぜひお願いします!

  • >これがきっかけになって上場廃止になることもありますからね

    恐い事おっしゃりますねー。
    このようなことで上場廃止になったこととかあるんでしょうか。

    上場廃止なんて、西村氏も藤澤氏も、もちろん我々個人株主も一番望まないことですね。
    そのようなことのないようにならないように、しかし全力で西村氏・藤澤氏・伸和工業さまを応援したいですね!!

  • おっしゃるとおりですね。

    訪問されたら、何もわからずに口車に乗せられて委任状を渡している株主
    はかなりの数になると思っています。

    もしかしたら、最悪の場合、こんな卑劣な方法で、委任状を集めきって
    しまうのでは(主要株主側が負ける)こともあり得ると思っています。

    これは全くもってフェアではないです!

    通報・シェア・ツイート・マスコミ、できるだけの手段でこんな詐欺を
    阻止しましょう!!

  • 昨日、証券取引等監視委員会へ公益通報しましたが、どうもプロスペクト関係者(社員や関係会社の役員等)用の窓口らしく、
    「正式には受け付けられないが「情報提供窓口」への情報提供として受け付けさせていただきたいと考えておりますので、ご了承願います。」とのお返事がメールで来ました(感激)。

    それで、こういう場合、どこへ投稿したらいいか返信したら、先ほどお返事をいただき、こういう場合は、

    【証券取引等監視委員会「情報提供窓口」のウェブサイト】
      https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/index.html

    のほうがいいだろうとの指導をいただきました(感激)。
    とても親切にご対応いただき、ありがたく思いました。

    もちろん、証券取引等監視委員会「情報提供窓口」のウェブサイトから意見を投稿させていただきました。
    上記サイトのほうが通報には適しているかもしれません。

    皆でがんばりましょう!!

  • ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、賛成しないようにですね。

    通報の控えを見直しました。
    通報には「議案を否決するよう迫っている」と書いておりました。
    ドキッとしましたが、ほっとしました。

    ありがとうございました。

    どうかよろしくお願い申し上げます。

  • ありがとうございます!

    ちなみに、私が送った内容は、
    1)筆頭株主からの「議決権行使書」とプロスペクトからの「委任状」が届いた。
    2)速達で送り返す委任状の封筒の本人確認書類として、西村氏からの「議決権行使書」原本を入れろと書いてある。
    3)この掲示板909から911にsat***さんが書いてくださっている(伸和工業のIRに書いてある)詐欺マガイな委任状白紙委任のトリック。
    4)プロスペクトの社員による、個人株主の自宅訪問による委任状回収工作および否決しないよう説得工作。
    5)ヤフー掲示板も見てほしい。
    6)個人株主を守ってほしい。

    といったことが概要です。
    まだまだ証券取引等監視委員会公益通報窓口に伝えきれていないこともございますし、同じような内容が何通も通報されるというのも動いてくださる動機にもなると思います。

    皆でがんばりましょう!!

  • 間違いありませんよー!

  • ご返信ありがとうございます。

    個人株主の力を今こそ見せましょう!!

  • 証券取引等監視委員会事務局へ公益通報しました!

    このままでは、委任状詐欺にだまされて、臨時株主総会の議決が否認される可能性があります。
    こんなことが許されていいはずありません!
    数は力です!!

    ぜひ、証券取引等監視委員会事務局へ公益通報しましょう。
    koueki-tsuho.sesc@fsa.go.jp
    へメールするだけです。

    どうかよろしくお願い申し上げます。

  • みんなで証券取引監視委員会へ通報しましょう!

    こんな詐欺委任状、何も知らない人は騙されてしまいますよ。
    私は仕事があるので、夜にメールをしようと思っていますが、あまり会社法などの法律には詳しくありません。

    どなたか詳しいかたお願いできませんでしょうか。
    メールアドレス:koueki-tsuho.sesc@fsa.go.jp 公益通報です。
    お名前が出るのが困難な場合は、訴状のテンプレートなどご指導いただけましたらとてもありがたいです。

    もしも、合法だったとしても、今回の委任状の行為は明らかに悪意を持ったものです。
    許せません!

    数が多いほうが証券取引監視委員会動いてくれるかもしれないのでもしよろしければ、皆で通報しましょう!
    今から仕事に入りますが、時間外になったら、私は必ず通報します。

    どうかよろしくお願い申し上げます。

  • プロスペクト現体制の委任状詐欺行為、法律的に許されるんだろうか。

    人道的には絶対許されるものではないけど、法律的にもバツであってほしい。
    委任状はゴミ箱に廃棄します!

  • ありがとうございます。

    強く同意します!

  • 伸和工業のIR読みました。その中に、

    「田端氏に対する退職慰労金の支給の問題もあり、これを田端氏退任後に残る現経営陣だけで判断されるのでは解決しません。少なくとも、代表取締役就任以降、経営不振を挽回できなかった田端氏の経営トップとしての責任に対して、徹底した調査を行うことに否定的であったり、多額の退職慰労金の支給を図ろうと考える現経営陣がいるとすれば、当該取締役は、今後の当社の最適な経営体制に不適であると考えます。この観点から、田端氏の退任があったとしても、今後の経営体制の構築にあたり、長年、田端氏とともに取締役会を構成してきた現経営陣のみにその判断を委ねれば、馴れ合い的な処理が行われる可能性は極めて高く、株主として到底受け入れることができるものではないと考えております。」

    とありました。
    田端社長の退職金は「なし!」で決まりですね!!

  • 詐欺に近いですよね。

    こんな汚いやり方、まかり通るんでしょうか???

本文はここまでです このページの先頭へ