ここから本文です

投稿コメント一覧 (2415コメント)

  • マイナス2シグマで反発なんでプラス2シグマに向けて反発?決算受けての前回と同じぐらいの反発はある?

  • >>No. 827

    爆弾ハンバーグのフライングガーデンが予想PER11.25倍で
    あさくまハンバーグ のあさくまが予想PER15.82倍なので
    フライングガーデンは安値放置されすぎやろ→そう思う?
    フライングガーデンよりあさくまが割高という結論にならないでしょ?
    単純にPERで比較したらあさくまが割高ってなるけど、
    PERが高く評価される銘柄にはそれなりに理由があり、低い評価の銘柄にはそれなりに理由がある。
    あさくまのメリットはテンポスの協力で初期費用抑えて出店できること。だからFC展開とかもっとできそうだけど、株式市場から吸い上げた資金で自社展開主体。テンポスからしたらもっと積極的に出店してほしいけどしない(できない?)ことをどう評価するか。親会社の意向に左右されないで無理に出店しない=評価できる点?。人材育成が追い付かないからか?。ブランドイメージを大事にしていると評価できる?

  • >>No. 54

    業績関係なく下がるから売る、売るから下がるの無限ループに落ちている感じでは。
    信用で買っているセミプロ気取りな人は損切も早い。良い株は現物で長期で持てば必ず儲かると信じている人は、ここみたいなマイナー銘柄には近寄らない。

  • 日経平均が上がっても下がるのはかなり厳しい感じで評価されてる?円安とか米中関税下げとかでないと上がらないか。

  • >>No. 36

    IFIRS基準となる20/3期はIFRS 適用に伴い、のれん償却停止等で 営業利益押し上げ効果が発生するから、その分を割り引いて考えるべき。
    セールス派遣の停滞を製造業派遣の好走でカバーとか書かれているから米中貿易摩擦とか考えると生産調整で真っ先に手を付けられるのが派遣という発想から足元の好調があっても強気になれないというのはあるのでは。株価は米中貿易摩擦の行方次第か。

  • 1962年の開業から30年間で101店舗に拡大したが、牛肉の輸入自由化やBSE問題で31店舗まで縮小した。
    2006年にテンポスホールディングスとの資本・業務提携を通じて再建を進め、67店舗に回復。上場時はグループ全体として計87店舗。
    昔の記事抜粋<ここから>
    BSE(牛海綿状脳症)問題に伴う牛肉離れや競争激化などで2000年代に入って業績が悪化。
    2013年3月期は11店を出す計画だが、14年3月期は3倍近い約30店を出し、現在の約2倍の70店とする。現在FCは3店にとどまるが、14年3月期は約20店と新店の3分の2をFCとしたい考え。
    <ここまで>
    で、1Q時点でFC6。これってどうゆうこと?。FCを増やす方針から直営店主体に切り替えたの?

  • 家電量販店など販売現場へのセールス派遣が主力と四季報に書かれているので
    オリンピック特需がある2021.3までの決算は良いと思うけどオリンピック後の2022.3以降どうなるかがわからないと不安で買えないというのが今の株価に表れているのかなあ。
    販売現場へのセールス派遣の人を介護とかに異動させるというのは本人の希望とか資格とかあるから難しい?。家電量販店も徐々にネット販売に移行してじり貧な感じがするからこの先どうなるのという一抹の不安が株価を重くさせている気がする。まあ会社も考えているんだろうけど、それが市場に伝わっていないのが問題か。

  • >>No. 817

    経常利益は、効果的な販促に より既存店売上高を維持しながら新規出店が順調に進んだことで 16/3 期まで 高い伸び率が続いたが、原材料費の上昇や人件費の増加により 18/3 期は前 期比 4.1%減、19/3 期は同 22.3%減となった。
    →原材料費の上昇や人件費の増加がネックのようです。今年は7月あたりの記録的日照不足で野菜高騰でもあり、牛肉相場も下がってはいない?からどうなんでしょ?

    安全な牛作りの前に安全な土作りを牧場と一体になって、積極的に意見を交換して進めていく。また、複数の産地・商社によって原材料リスクをヘッジしている。
    →商社経由の輸入なんでしょうか?

    ブロンコビリーやいきなりステーキとロードサイドや都市部で出店場所の取り合いになって徐々にこれまでのように好条件の出店が難しくなるか。ブロンコビリーはエンターテイメント路線に力を入れてきているので差別化が難しくなってきている。

    ブロンコビリーは牛肉産地の開拓が進んでいて中価格帯~高価格帯までカバーしているが、あさくまはブロンコより高価格帯寄りに偏っているので客層の幅が狭く出店場所が限定される。まあ会社方針としてはメニューを絞っていっているので中価格帯を強化するより高価格帯に絞って効率化みたい。これをどう評価すべきか?

  • >>No. 810

    円高どうこうよりも高級アメリカ牛の価格動向がどうなっているか。傾向としては円建てで考えても中長期的に上昇傾向なのかなとは思いますが、ここの牛肉調達は契約牧場でとかなら牛肉市況とかの影響は小さそうですがどうなんでしょ?。
    円相場と利益にあまり相関性はなさそうな感じがしますがどうなんでしょ?。
    牛肉仕入れ価格にくらべて野菜仕入れ価格とかも考える必要ありか。

    人件費は移民とかで下がる可能性ありだけど実際どうなんだろ?。客層的にちょい高級路線だから牛丼屋さんと同列に扱うのは難しい気がするしどうなんだろ。

    消費税増税がどう転ぶか?プラス要因では無いけど高級路線だから影響は少ないか?。あるいはちょい下価格のブロンコビリーとかに客が流れる可能性もあるか?

  • >>No. 803

    毎年利益激減中が経常利益なのか純利益なのかはっきりしないですが
    46期の有価証券報告書に載ってる経常利益の推移をみて
    44期、45期、46期と下落していることから明らかに業績は右肩上がりというのは間違い。まあ激減かどうかは主観の問題なのでどうとらえるかだけど。

    >>下期偏重と言いながらたいした偏重ではない。
    >根拠のないことを公言するな!
    新規上場申請のための有価証券報告書によると営業利益が
    2017.3期で下期53.2%
    2018.3期で下期43.2%
    たいした偏重ではないどころか、下期の方が利益出せていない年度もある。
    根拠のないことを公言するなという前に根拠提示して反論しましょ。

    まあわざと嫌われるような書きっぷりに脊髄反射して間違った反論するのは良くないのでは。

  • >>No. 783

    常識的なレベルな上場費用なら1Qからあの程度なら下方修正出さないとダメなレベル。でも出していないということは一発逆転な隠し玉が下期にあるのか?
    上場ゴールかどうかはやっぱりあさくまが伸びるかどうかにかかっている感じ?

    一発目悪い決算出してくるタイプの資料の書き方?どういうことでしょう?

  • 実質1wills coin=0.5円ぐらいのレートでしょうか?

  • >>No. 21

    SBIのレポートと野村のレポートのどちらか正しいかなんて将来の予想なんだから現時点ではだれにも判断できない。但し野村の方が誠実な意見なのでは。中小企業の肌感覚ではWIN7のサポート切れ直前&消費増税前の駆け込み需要の反動はあってしかるべき。
    そもそもSBIや野村のレポート読みました?。
    特にSBIはポジティブすぎる。WIN7のサポートと消費増税に匹敵するイベントがあると書いてあるがそれが何かの記述があいまいと思いません?。野村は言うほどネガティブでもない。むしろバランスを取った内容なのでは。
    野村レポートが株価操作ならSBIレポートも株価操作になってしまう。

  • >>No. 781

    目論見書見てこんな決算になるのを予想できた人は1%にも満たないレベルで99%は青天の霹靂。目論見書見てこんな決算になるのを予想できたとかいう人は、まず知ったかぶりな感じなだけ。今夜の空を見て1か月後の大雨を予想できたという人同様な感じのものと思う。
    出店費用が1Q以外にも発生するけど上場費用が予想外にかかったか?。でも目論見書にそこまで巨額の上場費用がかかるのは読み取れないし1Q決算書からも読み取れないのでは。1Q決算書のどこに上場費用書いてあるんだろう?

  • >>No. 15

    SBIが8日に強気なレポート出したのに、そのことにはまったく触れず、過去の弱気なレポートを再び話題にする意図は?。
    強気なアナリストや弱気なアナリスト色々いるのに一方だけ取り上げることないのでは。

  • 第1四半期EPS16.67で年換算で66.68。
    会社予想は年間EPS105.24・・・かなり悪い?
    進級や進学や歓迎会の4月、ゴールデンウイークの5月を含む第1四半期はレストランにとって繁忙期ですよね。
    上場まもないのに下方修正なんてまずありえないはず・・・?
    第1四半期が特別決算内容悪くなった特殊要因は何なのでしょうか?

  • >>No. 202

    ・元相場で決算数字はかなりぶれると会社は認めています。
    ・地道なシェア拡大による業績アップを目指すそうです。そのために中国国内で特許侵害しない、特許を取るという堅実な積み上げを行うらしい。
    ・水素関係は細く長くという感じだそうです。脱石油がそう簡単に進展するなら地球温暖化がここまで世界で騒がれることもないよねえ。夢だけはある材料ですが。
    ・ファーウエイは直接取引無し。
    ・ナノインプリントは商業ベースでは広い面積はまだ難しい(伸びしろがあるとも言えます)。
    ・MMAモノマーの足元の市況は軟化しているのは好材料だが全体としての需要が緩んでいるともいえるからプラマイ0な株価材料かな?

  • 平塚のホテルがものすごく効率化されててびっくり。ビジネスホテルライクな効率化方針か。各部屋への新聞配布の代わりに建物内すべてでWiFi使用可になっていた。時代の流れか。まあロビーやレストランに何種類かの新聞はおいてあるから困らない。フロントにも新聞はおいてあった。
    インスタ映えをものすごく意識していて、以前のテーマパーク化方針よりかは時代に合わせた感じにリニューアルされている。但しよくわからないのがメダカを売っている点。どうも花屋さんが持ってきているということで委託販売を請け負って小銭を稼いでいる感じか。
    レストランもかなり変わってた。バーチが高級&予約制、司亭に中華メニュー追加。まあ賢明な判断と思う。ランチのあら汁サービスの代わりにランチ&ディナーは宿泊者1ドリンクサービス(アルコールもあり)があった。夏だからか?

  • 業績予想の前提となる為替レートは、 1米ドル当り105円ってずいぶん慎重な数字と思ってたけど今は1米ドル106.58あたりだから 、国際的な会社なので世界情勢を予想するのが得意なのかも。

本文はここまでです このページの先頭へ