ここから本文です

投稿コメント一覧 (115コメント)

  • >>No. 3982

    街金さん、ありがとうございます。

    街金さんも確かだいぶ前からあちらの板にいましたよね?
    最近拝見していなかった気がしますが、初めの頃からよく見させてもらっていた気がします。
    街金さんもユーモアとマナーのあるしっかりさた方ですよね。というか、みんなこちらの部屋に行っていたんですね(笑)

    自分もメインは文系で数字は強くないんですよー
    でも今は面倒な部分はコンピュータが代わりにやってくれるので、アイデアや興味さえあればけっこうなんとかなりますね。

    今日で2018年度の全取引が終わってデータが揃ったので、ZOZOの株価のデータやトリビア的なものをあちらの板で紹介してみようかと思ってます。
    よかったらクイズ感覚で考えてみてくださいね。

  • >>No. 493

    Sさんへ

    ポジションがないから冷静なだけですよ(笑)
    本当にクールな人や勝負師なら平気なのでしょうが、自分の場合はポジションをもつと願望が入ったり逆に妙に悲観的になったりして、分析が曇ってしまうんですよね。

    保有するところは精神衛生上よくないので書き込みどころか見もしないことにしてます。
    ちなみにZは一切売買をしないと決めているので精神的に楽です(笑)
    バンバン取引してる皆さんをリスペクトをもって見させてもらっています。
    あと相場のネ申さんみたいな経験や知識のある人の話はためになりますね。


    Zは特殊事情が多いのでモデルづくりに向かないのでは、というのは実はかなり本質に迫る意見ですね。
    特殊な例を捨象してすっきりしたモデルをつくるか、特殊事情にも対応できるように柔軟なモデルをつくるか、というのがAIや機械学習における本質的な問題だったりします。

    ギャンブラーさんへの最後のコメントから何かわかりましたか??
    人が多いところではあまり情報出さないほうがいいかなと思って自分に関することは情報量が皆無のコメントをしたつもりだったのですが(笑)

  • >>No. 3971

    死神さん、ありがとうございます。

    投資そのものだけでなく研究と分析をするのが好きというのもあります(笑)
    あと実はプライベートではスポーツとファッションが好きで、あまりテクノロジー系の感じではなかったりします(笑)

    自分も、年度の区切りとなる今月末を区切りとして、死神さんと同じように基本に立ち返って本業により力を入れていきたいと思っています。

    でも投資も掲示板も完全にやめるわけではないし、学ばせてもらったことを生かしていきたいと思います。
    書き込みが苦手な自分が書き込むようになったのも、死神さん、ギャンブラーさん、くらさん、さぶちゃんさんなど、立場はいろいろでも魅力的な人がたくさんいたからです。
    ありがとうございます。

  • >>No. 3958

    絵ありがとうございます!(笑)
    そうですね、名前とかはわからなくても現実と同じくらいマナーはもって、いい交流ができるのが理想ですよね。
    またよろしくお願いします。

  • >>No. 3951

    くらさんへ

    あ、知りませんでしたっけ。
    自分はZOZOに限らず信用売りをしたことがないんですよー信用買いもですが。
    現物買いオンリーで長めにホールド、上がったらいいなー、下がったらまああきらめよう、という保守的(チキンともいう)なスタンスです(笑)
    スタンスとしてはくらさんにまあまあ近いかも?

    ちなみにZOZOは売買どちらもしてないです。自分のメンタルには向いてないと確信しています(笑)みんな強いなあと。
    なのでデータと他の人の意見から勉強させてもらっています。

    立場を問わず、気遣いやマナーのしっかりしているくらさんやさぶちゃんさんは掲示板にとっては貴重だと思ってます。
    ギャンブラーさんとかジャイアンさんも残っていてほしかったですね。
    今後もこの調子でお願いします。

  • >>No. 3950

    さぶちゃんさんへ

    こちらの居心地がいいからなんですね(笑)
    前に死神さんにあいさつさせてもらいにこちらに来たときにも、さぶちゃんさんのコメント見させてもらった気がします。

    あの日は、さぶちゃんさんの絵を見て笑ってすぐに保存しました(笑)
    返信を用意してるうちに体力の限界が来て、そしてカリクビトカゲさんがパンツトークしてるのを見たあたりで力尽きて掲示板から落ちました(笑)

    さぶちゃんさんのような癒しキャラが掲示板には貴重だと思いますねー今後も元気に活動してほしいです。
    自分はいずれAIとかをつくれたらいいなと思ってるのですが、株はいろいろ難しいですね〜道のりは遠い^^;
    皆さんの考えを通じて勉強させてもらっています。
    ありがとうございます。

  • くらさん、さぶちゃんさんへ

    一昨日の夜、くらさんに返信しようとたときにちょうどさぶちゃんさんの絵があって見させてもらいました。
    で、返信しようとしたのですが、仕事で力尽きて、今日2日振りに掲示板に戻ってきました。

    さぶちゃんさんは、くらさんと並んで掲示板には貴重な優しいキャラなので、前から向こうの板でコメントを楽しく見させていただいていました。(最近はあまり見かけなかった気がしますが)
    絵はおもしろくて気に入ったので密かに保存させてもらいました(笑)
    あ、他人がつくったツールとかは一切使用してないですよー

    あと、ショップもブランドでも全て(新規出店も含めて)もれなく把握することはとても簡単で、アプローチはいくつかありますが、準備から記録まで含めても3〜5分程度でできます。自分もZOZOTOWNにあるショップとブランドの全ての名前と数字を把握していますよ。
    くらさんの挙げていた画像の数字ですが、その時点でデータをもとに撤退したものも含めてカウントするとぴったり同じ数字になったので、登録されているものとしては正しい数字ではあるのですが、やはり撤退分は除いてなかったのではないかと思われます。
    ですが、お店の数はよく浮動するし、実際この2日だけでもお店の数がけっこう変動したので、どちらの数字が正しいとかには別にこだわるつもりはないです。

    くらさんにとっていい情報をお伝えすると、現在新規ショップとして紹介されているものとは別に、4月初めに5つ以上(正確な数字は伏せておきますが)新規オープンするお店があります。
    近いうちに発表されると思うので楽しみにされるとよいかと思います。

  • >>No. 624

    ブランドページのところで新ショップとして紹介されているもの以外にも、4月からオープンするショップが実はいくつかあったりします。

    私は知らないブランドだったのですが、「FIZZ」や「PUBLUX」など。
    少なくとも今朝の時点では紹介されていませんでしたが、近いうちに発表されるかと思います。

    決算期の締めが近いこともあって新ショップの追加には力を入れてラストスパートしてるようですね。
    まあ締めの数字にこだわるのは悪いことではありませんからね。会社に所属したことがあれば誰もが痛いほどわかる気持ち(笑)

    本決算のときに前四半期末よりもショップが減っていない、増えているというところに持っていきたいだろうと思いますが、どうなるか。

  • ZOZOの閉店・退店をどうやって把握しているかということについてお答えすると
    ・ZOZOの公式発表を確認する
    ・それから念のためZOZOTOWNで該当ショップが営業していないことを確認する
    というきわめて地味で堅実なプロセスを通じて確認しています。

    Twitterの人がどうやっているかはわかりませんが、ZOZOは撤退したはずのブランドもデータ上は長く残ったままになっているので、プログラムで機械的に確認すると実際より数が多くなります。

    実際、私も1月末〜2月にプログラムを利用して全ショップ・ブランドを網羅的にカウントして調査したのですが、中身を確認するとオンワードやミキハウスなど撤退したはずのショップ、ブランドのほとんどが残っており、カウントには使えないことがわかりました。
    しかも、ZOZOTOWNのサイトは同じデータについての情報なのにページや媒体によって数値が異なって矛盾していることが頻繁にあり、正確なカウントには向きません。

    そのため別のアプローチを取らざるを得ず、結局、ZOZOの公式発表を確認するという面白くはないが確実な方法に落ち着きました。
    ZOZOの発表が間違っていないなら、こちらの把握も間違っていないかと思います。
    全ての退店ショップの名前と発表日時は整理して記録してあります。

    なお、出入りの結果、総ショップ数が増えることは十分ありえると考えています。
    ZOZOはもともとショップを増やしていっており、また今回はZOZO離れのイメージを払拭するために特に力を入れて数を増やそうとすると思うので。
    ただし、新しいショップは小規模なものが多い一方、撤退したショップは相対的に有力なものが多いので、やはりある程度の痛手ではあるのだろうと考えています。

  • ここ一週間ほどでもZOZOで6ショップが閉店しました。
    (うち一つはショップ自体があまり活動してなさそうですが)

    把握しているだけで、ショップ単位では約60、ブランド単位で数えるとさらに多くが撤退。

    ZOZOが「ブランド撤退は収束した」と宣言した後に限っても新たに15以上のショップが撤退しています。

  • ZOZOのおまかせ定期便サービス終了するみたいですね。
    新規の登録を受け付けないだけでなく、すでに登録してる人も次の発送で終わりってけっこう急な感じですね。

  • 前澤氏の絵画の売却の件について。

    前澤氏は「アートの購入は投資目的ではない、売ったことがない、皆さんに見て喜んでもらうため」と2016〜2018年に明言していました。

    ○文化誌のインタビュー

    「アートは1回も売ったことないです。ずーっとコレクションしつづけ、基本的には生活空間の中に置いておく。美術館に預けるわけでもないし、倉庫に入れっぱなしでもないし、投資目的でもないし、過剰な管理もしていない。」

    「資産抱えて現金で持っててもしょうがないので、いいものを、しかも後世に残る逸品を、限界までどんどん買い集めたい、そうした作品を残すことに責任があるって考えるほうなので。」


    ○美術業界の記事

    「前澤氏は、投資目的ではなく、恩返しとして日本のどこかで展示して日本のみなさんに思う存分近くで見てもらえたらなと思い落札しましたと落札の意図を説明しました。」


    個人的にはアートの投資目的での購入や売却は悪くないと思うのですが(というかおもしろそう)、前澤氏自身がそれを否定していた以上、
    今回の絵画の出品は予定していたものではなく金銭的な問題のために売りに出されたと思われます。
    (でなければ前澤氏の今までの説明が嘘だったということになってしまいます)

  • 本日の出来高はZOZO史上最大となったみたいですね。
    これまでの最高記録2952万を1000万以上更新、4000万の大台に。

    今会計年度(2018年4月~2019年3月)の平均出来高が今日現在で565万なので、今日の出来高は飛び抜けています。
    今年度の全ての出来高のなかで今日の出来高の偏差は+6シグマで、いわゆる偏差値にすると110という高い数字になりました。

  • 相場のネ申さん、ありがとうこざいます。

    そうですね、もぐらたたきの方針というとわかりやすいですね。
    モルガンはうまくやっているように見えます。

    ちなみに他の空売り機関については

    ・クレディスイスは、株価が上がって損切りしたり、小さめの下げで利確したりと、これだけ見ると空売りが成功しているようには見えないが、ヘッジ的な行動なのかも?

    ・AQRとUBSは静かに空売りを増やしていって、そのまま減らす様子もなく持ち続けており、今後どういう方針をとるのか全くわからない。

    といった感じです。

    12日の日経との逆行は不思議ですよね。
    機関も日証金も空売り残高は減少、つまり買いの方が多かったのに株価が下がったということは、誰かが現物を大量に投げたということになりますよね。
    はい、また情報よろしくお願いします。

  • ZOZOの株価とモルガン・スタンレーの空売り残高の推移を調査してみました。

    モルガン・スタンレーが空売りに入ったのは最近では2018年12月初めからで(その前は2015年4月)
    そこから現在までの株価と空売り残高の推移を確認すると(グラフ参照)

    ・株価が上がっていくのにつれて空売りを増やしていき、空売り残高を0.9%前後まで上げる
    ・株価が下がっていくのにつれて空売りを減らしていき、空売り残高を0.5%以下(報告義務消失以下)まで下げる

    というパターンが繰り返されている。

    このパターンが続くと仮定すれば
    ・空売り残高の頂上や下り坂の途中では、株価は下がりやすい
    ・空売り残高が下がりきって底あたりになったら(報告義務消失~ポジション喪失)、株価は上がりやすい(ただし報告義務が消えた0.5より下は情報が出ないので確認が難しい)
    ということになる。

    もっとも、今後も同じパターンが繰り返される保証はなく、また別の要因も関わってくるので、当然ながらこれだけでは未来の予測は困難です。
    やはり機関は強いと思うので、売買される方はご注意くださいね。

  • ZOZOの信用倍率は東証1部で下から303位になってますね。

    ついでにZOZOくらいの信用倍率だと株価がどのように動くことが多いのか確認してみました。
    まず今のZOZOと同じ信用倍率0.4倍の銘柄について、つぎに幅を広げて信用倍率0.35〜0.45の銘柄について、今日の株価の変化率を調べました。
    今日は日経平均の増減率がほぼゼロ(-0.02)なのでフラットに検討しやすそうです。

    ・ZOZO以外の0.4倍の銘柄の増減率
    プラス:3銘柄
    マイナス:4銘柄
    平均:-0.43%

    ・信用倍率0.35〜0.45の銘柄の増減率
    プラス:32銘柄
    マイナス:45銘柄
    変化なし:1銘柄
    平均:-0.12%

    いずれも平均は小さいマイナスで、平均すると微減という結果になった。
    もっともマイナスといっても小さいのでほぼゼロ、イーブンくらいと見てよいかと。
    上げ下げ以外の面では、値動きが小さいものが多いことが目立った。

    信用倍率の低さは、上げる効果があるというよりは、下げる勢いを少し緩和する効果がある、くらいで理解するのが妥当なのかなと思っています。
    で、まれに大きなアップがあるという感じなんですかね。

  • 今日の日経平均が上がるなかでのZOZOの株価下落は何だったんでしょうね。

    ZOZOと日経平均はこれまでなかなかよく連動していた(相関係数0.6強)のですが、今日はずいぶんと大きくずれました。
    日経平均とZOZOの逆方向の動きとしては、今年に入ってから最大になります(それぞれの偏差の積によって確認すると、マイナスの最大になっている)。

    こんな外れ値のような数字が出る以上はそれなりの特別な事情がありそうなものですが、何かがあったのか、それとも偶然なのか、いつかわかる日が来るのか…

  • 信用売買の比率と株価の変化について その2

    今度は網羅性や信頼性には劣るが速さと頻度が大きい「日証金の貸借倍率」について。
    (なお、日証金の比率は、正確な東証の比率よりもはるかに低い数値が出るのが特徴です。)

    ある日の日証金の貸借倍率とその翌日の株価の変化の相関係数を算出したところ、
    相関係数は「-0.17」。
    なんと、東証の信用倍率の場合と同じ値になりました。(小数第3位以降も含めると差がありますが)

    数値が同じなのでこちらも結論は同じ。
    貸借倍率が高いほど下がりやすく、貸借倍率が低いほど上がりやすいという傾向は、全くないわけではなさそう、ただあまり参考にもできない、ということに。

    ちなみに、比率の問題だから対数を使ったほうがよいのではないかと思って試してみたのですが、よけい相関が小さくなって意味はありませんでした。

    以上

  • 信用売買の比率と株価の上下についてよく議論されているので、調査してみました。
    対象期間は12月から2月までの3か月間。

    信用売買の比率には「東証の信用倍率」と「日証金の貸借倍率」の二つがありますが、
    まず、網羅性と信頼性が高いが週ごとでしか確認できない「東証の信用倍率」について。

    週末の信用倍率(%)とその翌週の株価の変化(%)を計算して相関係数を求めると、
    相関係数は「-0.17」となった。

    符号がマイナスになったので、信用倍率が高いと株価が下がりやすく、信用倍率が低いと株価が上がりやすい、という逆相関の傾向があるようにも思われる。(散布図の上に相関すると仮定した場合の回帰直線を示しておいた)
    ただし、絶対値が「0.17」と小さく、相関としてはきわめて弱い数字で、統計上の有意差は確認できなかった。(一般に絶対値が0.2以下だとほぼ相関なしと判定される)

    以上により、「信用倍率が高いから下がりやすい」、「信用倍率が低いから上がりやすい」ということは
    ・どちらかといえば、そう言えなくもない
    ・しかし、ほとんどあてにはできない
    という結論が言えるかと思います。

  • なんだか度々すみませんが、またZOZO販売停止ブランドの追加がありました。本日3つ目。

    ・AHKAH(アーカー)

    人気のジュエリーブランドですね。

本文はここまでです このページの先頭へ