ここから本文です

投稿コメント一覧 (377コメント)

  • >>No. 161


    >  遅かれ早かれ、ドイツ銀行のお客様は、離れていくでしょう。
    >  そうして、経営は行き詰まるでしょう。

    と言うことは、大変な津波が市場を襲うと言うことですよねえ。
    今から、ドイツ銀行の倒産に備えておかないと、大変なことになりますね。


    >  ところで、突然、邪馬台国の話ですが…。
    >  下のように、邪馬台国の漢字表記が変わっているそうです。
    >  「豆」とか「至」が漢字の「つくり」になっているようですが、どちらも「トウ」と発音するそうです。「タイ」とは読まないそうです。
    >  「豆」は「豆腐」の「トウ」ですし、「至」は「打倒」するとか「到着」の「トウ」です。
    >
    >  …ということは、当初から、「倭・人」の国は、「ヤマトウコク」または「ヤマトコク」と呼ばれていたのではないでしょうか?

    もともと、邪馬台国の漢字が当て字なので、言われていることが正しいと私も思います。
    と言うことは、大和の国こそが邪馬台国だったと言うことになりますね。
    つまりヨシ子さんの主張通り邪馬台国は大和国⇒大和朝廷に発展していったと言うことなのだと思いますよ~う。
    邪馬台国は近畿にあったと言う説がどうやら正しいのかなあ と今は思っています。

  • 会社の業績が墜落しているので、株価も墜落したままだと思います。
    業績の回復が明らかになるまで、株価の本格的な上昇はないでしょう。
    長期に持てば日はまた昇るかもしれませんが、この会社、いつまでもつのでしょうねえ。
    自動車業界では明らかに負け組の日産自動車。
    先が思いやられますよ~う。

  • >>No. 157

    ドイツ銀行は、ドイツ政府が救済するのでしょうか。
    万が一破たんしたら、リーマンショックどころではなくなるので、心配ですよ~う。
    悪材料で大きく下げた後には、たいていいったんは買い戻しで上がるものですが、その後の展開が不透明です。
    ドイツ銀行は、大幅な人員削減に乗り出していますが、その程度では焼け石に水と言うか、根本的な問題解決にはなりませんからねえ。
    バブル期の日本の某銀行がリスキーな融資にのめりこんでにっちもさっちもいかなくなったのと同じで、リスキーな取引にのめりこんで、大負けしてしまったみたいです。
    博打と投資は紙一重とも言いますが、リスク回避の運用を怠っていたつけがドイツ銀行を危機に陥れましたよ~う。

  • 今は、優待の端境期。
    あと2か月ちょっと経てば、12月の優待を狙った買いが入って、株価は強い基調になるでしょうよ~う。

  • 日産自動車㈱は、業績立て直しに3年間かかるなんて言っていますが、現経営陣では、3年後にはもっと業績が悪くなっていると思います。
    日産自動車が消滅する日が来るのではないでしょうか。
    逃げるなら今のうちだと思います。

  • 日産自動車は、今のところお先真っ黒です。
    業績が改善し増益見通しが出るまでは、株価は限りなく低迷することでしょう。
    カルロスゴーンと言うカリスマ経営者がいなくなった今、日産の経営陣には、もうこの難局を舵取りできる人はいませんよ~う。

  • 日産自動車は、出来高が異常に盛り上がっていますが、株価が上がりません。
    上がらないどころか下がっています。
    傾向としては、非常に良くないです。

  • 日産自動車は、経営陣に問題があります。
    ルノーの無能経営陣が日産に乗り込んでくる現状では、将来、日産が市場から退出させられる日が来るように感じられてなりません。
    日産は、ルノーの出資で一時倒産の危機を免れましたが、ルノーの出資が原因で倒産する可能性が出てきました。
    冷静に考えて、フランスのルノーは、国際競争に持ちこたえられないし、日産も最終的には、他の大手の自動車会社に再度身売りすることになるのではないでしょうか。
    すくなくとも、今のままでは、将来、日産はなくなるとしか言いようがないです。

  • 今日は全体相場が暴落しているから致し方ない下げですよねえ。
    市場の落ち着きが待たれますよ~う。

  • 日産自動車は、能力のないルノーの経営陣が取締役で役員に名を連ねています。
    ルノーから来た経営陣が無能なことはルノーの業績が芳しくないことから明らかです。
    トヨタ自動車に比べてすべての点において日産自動車は負けています。
    かつてはトヨタと日産は肩を並べる会社でしたが、トヨタはその後発展し企業としても世界のトップ企業になりました。
    一方日産は完全にトヨタ自動車との競争に敗れてしまい、売上利益とも、トヨタ自動車とは比べるべくもない会社になってしまいました。
    にもかかわらず、社長の西川氏はトヨタ自動車の社長よりもたくさんの役員報酬を貰っています。
    業績悪化を招いたのは、カルロスゴーンの言いなりだった西川氏にもたぶんの責任があります。
    無能なルノーの経営者を迎えなければならない日産自動車に明るい未来はありませんよ~う。

  • 30年先に日産自動車は存在しているでしょうか。
    日産自動車は危機感を持たないといけないです。
    ルノーも日産自動車も、その時にはもうないかもしれません。
    株価の600円台への下落はもう避けられないでしょう。
    長期で見るなら、日産自動車の株価400円台も十分あり得ます。

  • すかいらーくは随分中心価格帯をあげてきました。
    投資ファンドが大量保有していた時には、1600円台が中心価格帯だったですが、投資ファンドが全株売却して以降は、徐々に株価水準をあげてきて、1900円台に株価水準が上がってきました。

  • 引け際の大量売買は、大口株主のクロス取引が入ったのではないでしょうかねえ。

  • > お前はリバランスの仕組みも知らんのか・・
    > 勉強せい・・

    リバランスだとあなたが思うのも、単なる妄想に過ぎません。
    あなたの妄想を他人に強要しないで貰えますかねえ。
    あなたは、断定的に言っていますが、何ら確たる根拠はないです。
    全てはあなたの脳内妄想に過ぎません。

  • >>No. 1024


    > 悪事ばかり働く会社が信用を重んじる会社に
    > 倒産しない限り変身できるわけないやろwww
    >
    > 頭がお花畑の買い方www

    私は、そうなったら良いのになあ という希望を語っているのですよ~う。
    ちなみに、私は、ずいぶん昔にレオパレス21に投資したことがあります。
    その時は、創業者が社長の時代でしたが、その後に株価は大化けしました。
    そのレオパレス21が、こんな情けない株価になってしまうなんて、それも創業者社長の時代の手抜き工事ですよねえ。
    当時は売り上げも利益も2桁以上で大幅に伸びていたので、裏でそんなことがされていたとは投資家も知りませんでした。
    株は誰も買いたがらないような時に買わないと儲からないものです。

  • 今日は、寄り付きから戻り待ちの売りや利益確定売りが出て、いったん値下がりしましたが、そのような売りが出尽くすと、業績を評価した買いで一気に戻ってきましたね。
    やはり業績が順調という材料は、強いです。

  • ○○ファンドの流れの投資集団は、200円台後半で買い集めていたようですが、もう売り抜けたのですかねえ。
    まだ売り逃げができていないなら、現状の株価ではかなりの含み損が出ていることでしょう。

    ㈱レオパレス21の強みは、莫大な定期収入があると言うことですよねえ。
    それも安定している。
    時の流れとともに、今回の不祥事は気薄化されていくことでしょうよ~う。
    とりあえずここ2年~3年会社が持てば危機は脱することでしょう。
    失った信用を取り戻すには、他のどの会社よりも満足されるしっかりとした造りのアパートを儲けナシでも建築していくしかないでしょう。
    それができるかどうかに、会社を立ち直らせることができるかどうかがかかっていますよ~う。
    いつの日か、レオパレスは、目先の利益よりも信用を重んじる会社だと言われるようになる日が来ると良いでしょうねえ。

  • 久しぶりにこちらに投稿します。
    ドイツ銀行がやばい状況になっていると聞きますが、はたして破たんはあるのでしょうか。
    そうなった場合、リーマンショックの10倍の津波が襲ってくると言われていますが、恐ろしいことですよねえ。
    ドイツ銀行ってドイツの銀行では最大手らしいですが、株価は最高値の10分の1に下落しているそうです。
    韓国は金融制裁で万歳するそうですが、そうなった場合、韓国は破綻することでしょう。
    しばらくの間、世界情勢から目が離せません。

  • 最近、7000円前後でトヨタ自動車の株価が底堅くなってきました。
    上下しながら、年々株価水準は上がってきているみたいです。

  • すかいらーくは1900円が中心相場になってきましたよねえ。
    年々、その水準が上がってきています。
    売上は毎月順調に伸びています。

本文はここまでです このページの先頭へ