IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (217コメント)

  • もう売る人いないよって感じの動き。もう1段階単価上げないと手放す人増えませんよ。

  • >>No. 493

    大丈夫です。明日はものすごーい下げるから。結果として今日売って正解。

    下がってもあと270円でしょ、上値余力の方が高いじゃんって思って、しばらく保有出来る人以外は撤退した方がいいよ。

    ただ一つだけ分からないのはハヤテの存在。それだけ不気味だから、私はホールドしました。明日はめっちゃ下がるだろうと覚悟してます。

  • まぁ今期予想が出たのはよかった。信憑性ないけど。笑

    しかし、ついに継続企業の前提に関する注記欄に文字が入りましたね…そりゃそうだよね…。

    それとね、決算説明資料のスライド8ページ!グラフと表の対前年比増加率が一致してないからな!3Qのパワポ流用すんのいいけど、ちゃんとグラフの方も数字更新しておきなよ!

    クオカード遅延もそうだけど、本業とは別のミスが多すぎる。会社内部がガタガタなんだろな。

    石原さん、ここ潰しちゃったらもうどこにも行くとこなくなっちゃうよ。頑張ってください、株主として応援してるから。

  • 決算は絶対に悪い、恐らく下方修正と抱き合わせであろうと思われるだけに、今期予想が「コロナの影響があるため未定」とされるとホントがっかりしちゃう。笑

    明日以降大きく下げて利益取るために、騙し上げさせてたと思うんだよなぁ。

    そう思うのに手放さなかった私を“裏切る”決算お願いしますよー!

  • F351の開示があってからでも十分買い戻せる。それより信用買いを投げさせて日銭を稼いだ方が効率的。

    きっとそう考えてるんじゃないかなぁ。元は年末開示を目標としてたF351。武漢閉鎖の期間はどれくらいだったのか、通常業務に戻るには何ヶ月かかったのか、逆算して想像すれば、もういつ出たっておかしくないと思うけどね。

  • 明日の決算は…

    ・下方修正との抱き合わせ決算
    ・今期黒字予想

    じゃないかな。期待も込めて笑

  • ここってこんな値動き激しかったっけ?

    モルガンの売りが強引な気がするのは私だけでしょうか…まぁ気にせずホールド。

  • おっしゃるとおり。市場規模はあくまで参考。

    それで計算しました。間違ってたら指摘してください。

    IPFの市場規模は55万人とのアナウンスでした。前期は319百万人民元のアイス売上があるので、単価から割り出して、約8,800人がアイスを飲んでます。これは、市場規模から計算するとシェア1.6%です。

    これを、F351の市場規模1,800万人に当てはめます。薬価はアイスと一緒と仮定して、シェア1.6%だと処方される患者は約288,000人、売上は10,368百万人民元になります。レートを15円としても1,555億円になりますね。

    現時点で、今期のアイスはいくら売れると予想してるのか発表されてないので、今期1Qの伸び率から計算して510百万人民元。これだと2,500億円にもなります。中国だけでこの数字です。

    小野薬品くらいの規模にはなりますね。ただそんなにすぐには行かないでしょう。アイスのときもそうでした。だから、会社は10年後に売上10億ドルを目標としてるんでしょう。きっと叶えてくれると信じてますよ。

    もちろん失敗の可能性もあります。当たり前じゃん、新興企業なんだから。リスクとリターンは比例すんのよ。まぁ中国2相は間違いなく通ると思いますけどね。発表が待ち遠しいですね。

  • 懐かしい資料ですね。


    https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/ir_material1/56735/00.pdf


    さらにその前の資料には、アイス(F647)の売上予想も発表してましたよ。これは肺線維症のみの予想なので、これにDNも含まれると10倍くらいになります。さっぱり進んでない気がしますけどね、DNは。笑


    https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/ir_material1/56732/00.pdf


    別の発表だと、F351の対象は中国のみで年間1,800万人だそうです。


    https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/tdnet/1162693/00.pdf

  • 午前中は、またいつもの全戻しかな…と期待を削がれましたが、蓋開けてみれば大して下がってないですね。いい調整日だったかもしれません。

    ここは信用が多いので、信用買いの量をリアルタイムで把握してる証券会社の方はガンガン空売りして失望売りを誘うんでしょうね。資金量が違うからできる芸当ですよね。だけど思ったより下がらないというのは、握力のあるホルダーが増えたのか、もしかしたら誰かが買ってるのか、まー全然分かりませんけど、どちらにしろ良かったです。

    長期ホルダーとしては日々の株価に一喜一憂しちゃいけないんでしょうけど…やっぱり気になりますもんね。

  • 大量保有報告書を読むと杉原氏個人借入金も多額にあるようですので、資金難の線は薄いかもしれません。

    今は13%超…10%前後は長期保有してもらいたい的なことを石原氏がおっしゃってましたので、その言葉を信じてみるのも一興かもしれないですよ。

    個人的には、ハヤテはMSワラントなんてやらないし、石原氏も株を保有した今、もうちょっと信じてみてもいいのかと思ってます。(心折れてきたんで決意表明です笑)

  • 14時くらいじゃないですか?

    F351の結果も場中に出たら空売りしてる人は大損でしょうね。引け後に出るとは限らないんだからなって会社からのメッセージと受け取っておきました。笑

  • 私もホルダーなので、そりゃ素直に上がって欲しいけどさ。株価は需給だから、過度の期待は禁物だと思いますよ。

    みんなが、この会社やばいな!株価低いうちに買っておこう!って思えるようにならないと。そのきっかけがF351だと思ってずっとホルダーなんですけどね。そろそろ発表されてもいい頃なんだけどなぁ。

    もしかしたらそのきっかけはcullgenかもしれないし、これから楽しみですね。

  • 「火葬取扱い件数は増加したものの、葬儀の簡素化傾向が続いたことで売上高は微減となり〜」って記載はありますけどねぇ。

    ここから3年で営業利益が31億まで増える予定なんでしょ、33%増。出版が頭打ち、葬儀スタイルの変化等々加味して、会社はそう予想してるんじゃないの。崩すならそこを指摘しないとなぁ、人の名前間違って呼んでる場合じゃないよ。

    新領域ってなんだろなぁ。個人的にはいつ復配するか気になるところ。

  • ホントそう思います。F351の結果が気になって仕方ないのはホルダーならみんな一緒です。本丸の正式発表をただ待てばいいんですよ。

    会社のアナウンスが鼻息荒いのは私も感じてます。年内発表目指すとか4月中にはとか。今まではそんなことなかった。でもそれは、ルオCEOは結果が分かっていて、それを早く発表したくて仕方ないことの表れでは?決算延期は株を売れは株式投資の格言みたいなもんです。その逆で、ルオCEOは早く発表したくて仕方ない。アムジェンのCEOでしたっけ?盲検解除なんてされなくても、誰が投薬されて誰がプラセボなのか隣の部屋から見ててもすぐ分かったみたいなこと言ってましたよね。そのパターンでは?

    GNIはロイヤリティ収入で稼ぐ会社ではありません。もはやバイオベンチャーじゃない。比較するなら大きく、小野薬品工業くらいと比較しましょうよ。笑

  • 前々からスピーチされてた特損IRは出ましたからね、膿はもう出ました。その上、東京博善まで完全子会社化して、あとは未来に向けた話が出るのみ!

    巣篭もりして待ちます。しかしホント金使わないですね、ランチ千円が自宅の余り物へ。飲み会もなくなり服も買わない。自宅周辺しか外出しないんだもん。そりゃ経済も悪くなるわけだ…。

    まぁここには関係ない話ですけどね。人は必ずしもいつか死ぬし、必ず火葬するので。

  • バイオベンチャーである以上、通常の株式よりリスクは高いわけだしさ。それぞれの思惑があるわけだから、それに対してアホとか言うのはどうなの?中国バカにしてるけど、その中国より品位ないよそれ。

    コロナが武漢の研究所から流出したってだけじゃなぁ…昨年末にはWHOに報告してるし、初期の情報隠蔽も「言いがかり」の域を出ないと思うけど。2月末くらいまで、自信満々に「コントロールできてる」って言ってませんでしたかトランプさん。要はお互い、ウイルスに対する正しい情報を持ってなかったってだけだと思うんだけど。選挙もあるし、各国自分の責任じゃないって言いたいだけにしか見えない。

    私見だけど、米国と中国が喧嘩すればするほどGNIには有利に働くと思う。最初の喧嘩はHUAWEIだった。優秀な中国人技術者がGAFAで働き、辞めて中国で起業する。米国は「情報漏洩」と言うが、「働いて得た知識は活用してるけど、情報を持ち出したことはない」と反論されてうやむや。新技術に対する支援量とスピードはちょっと怖い。自動運転分野なんてかなりやばいんじゃないの?

    次は医療分野だと思うんだよねー。我々が心臓移植を受けるために渡米するように、肝線維症を治療するために中国に行く時代が来るかもしれない。世界のどこにもない薬が中国にある。そんな日が来るような気がして、ずっとホルダーなんですよね。だから、米国と中国が喧嘩したら、中国は医療分野にもものすごく手厚く支援すると思う。世界の覇権を取るためにね。

    もう中国なしでは企業活動できないよ。世界地図と人口ランキング見てごらん。ものすごい市場だから。

本文はここまでです このページの先頭へ