ここから本文です

投稿コメント一覧 (2418コメント)

  • 上海期待したい気持ち充分

    止めとけ

  • >>No. 373

    豆腐屋さんだけじゃないのか

    人気商品、玉の輿とは😳😳😳😳

  • 人体の筋肉量50キロだと

    鶏胸肉と同じイミダペプチドだと

    0.5kgになる。

    胸肉50キロ食べたらどうかな

    1日100グラム食べて、50日😏😏😏😏

  • 盛田屋の豆腐美味しいよ

    会員だよー

  •  
    2012年7月17日
    国内メーカーで心筋再生治療で先行しているのは医療機器大手のテルモだ。今年2月には世界で初めて細胞シートを使った心筋再生治療の治験を開始すると発表した。
    テルモは2002年、当時、患者の太ももの筋肉に含まれる骨格筋芽細胞を使った心筋再生治療の臨床研究で先頭を走っていた米ベンチャーのダイアクリンと提携し、国内に技術導入しようとしていた。
     ダイアクリンの技術は、患者から採取した骨格筋芽細胞を体外で培養し、胸を開けて細胞を心筋に直接注射する方法。テルモは国内導入のために大阪大学大学院心臓血管外科の澤芳樹教授に技術の評価をしてもらっていた。 同時期に米ジェンザイムと米メドトロニックが欧州において実施していた大規模臨床試験MAGICが、骨格筋芽細胞を移植する治療の有効性を証明できす開発がとん挫。直接注射する方法では移植する細胞の多くが傷むため効果を十分に発揮できなかったことが要因とされているが、注射によって筋肉が盛り上がることから不整脈という副作用を起こすリスクがあったことが影響したといわれている。

    MAGICの失敗を受けて、テルモと澤教授らは開発計画の見直しを迫られる。そのなかで澤教授が考案したのが、骨格筋芽細胞をシート状に培養して心筋に貼り付ける方法だった。東京女子医科大学先端生命医科学研究所の岡野光夫教授が開発した細胞シート技術を活用した。


     年に澤教授らは細胞シートを使った心筋再生の臨床研究を初めて実施し、心臓移植を待っていた拡張型心筋症患者が人工心臓を取り外せるまで心機能が回復した。同治療のメカニズムはまだ明らかになっていない。ただ、シート状にすることで細胞の心筋への生着率が高くなるため、血管もつながり細胞から増殖因子が出やすくなることが影響しているのではないかと推測されている。増殖因子が心臓や血液中の幹細胞を呼び込むことで心筋組織が修復を促すという。
     細胞シートを使用した心筋再生治療は年に国のスーパー特区プロジェクトに選定された。テルモも同プロジェクトの共同開発メンバーとして参画することになった。

  • 昨日の日経広告では、累積出荷1,000万本、愛飲者18万人

    決算発表時には、販売動向のコメントがあるのではないかな?

  • 生命は食次第、偽物トクホが多過ぎた。

    42で高血圧、50で不整脈、自分は分かっていた、既に42で心臓の病を

    でも20年以上、一切病院で治療は受けていない。

    50台よりも、今の方が元気😋😋😋

    食次第で、病気は治る。

    考えはミトコンドリア、多細胞生物の起源、

    イミダペプチドを侮ること無かれ!

  • これって良いね

    活性酸素の健康被害を少なくできる。

    成人病などの予防に効果的ですね。

  • 作用機序
    イミダゾールジペプチドは、in vitro 試験、in vivo 試験において抗酸化作用を有することが 報告されている 1)。疲労は過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた心身 の活動能力・能率の減退状態と定義される。疲労のメカニズムの一つに肉体的活動によっ て生じる酸化ストレスの上昇があり、実際に肉体的活動により酸化ストレスが誘導される ことが報告されている 2)3)。酸化ストレスの有用な指標として、8-イソプラスタンおよび 8- ヒドロキシデオキシグアノシン(OHdG)が挙げられる。8-イソプラスタンは活性酸素が直 接リン脂質を過酸化することで生成するアラキドン酸の酸化代謝物であり 4)、8-OHdG は DNA の構成成分であるデオキシグアノシン(dG)が活性酸素などのフリーラジカルにより 酸化されて分子内に生成する物質である 5)。臨床試験において肉体的活動によって活動能 力・能率の減退状態と疲労感が生じ、それに伴って尿中 8-イソプラスタン濃度および尿中 8-OHdG 濃度が上昇することが確認されており、当該製品「イミダペプチド」の摂取によ りそれらの上昇が抑制され、活動能力・能率の減退状態の改善および疲労感の軽減が示さ れていることから 6)、作用機序はイミダゾールジペプチドの抗酸化作用により、肉体的活動 によって生じる酸化ストレスを抑制し、細胞機能の低下を軽減することにより、疲労感を 軽減するものと考えられる。

  • 臨床試験
    健常者 44 名に当該製品「イミダペプチド」を摂取目安量の 3 倍量(イミダゾールジペプ チド 1200mg/日)で 4 週間過剰摂取させた際の安全性、および健常者 44 名に摂取目安量 を 12 週間継続摂取させた際の安全性を評価した。その結果、いずれにおいても理学的検 査、血液検査、尿検査、問診において、被験者への有害な影響(副作用)は認められなか った。

  • 食経験

    当該製品「イミダペプチド」は、2009 年 3 月の発売以来、健常成人男女を含む 17 万人 に対する、のべ 950 万本の日本国内における販売実績があり、これまで健康被害は報告 されていない。機能性関与成分であるイミダゾールジペプチド(カルノシン、アンセリ ン)は国産の鶏胸肉由来であるが、一般に牛肉、豚肉、鶏肉などの食肉に多く含まれ、特 に鶏胸肉には湿重量 100g 当たりに約 1g と豊富に含まれている。従って、当該製品「イ ミダペプチド」の1日の摂取目安量 2 本 60mL に含まれるイミダゾールジペプチド 400mg は、鶏胸肉 40g に含まれる量に相当し、通常の食習慣における摂取量の範囲内と いえる。

  • 昨年、友達に荏胡麻油を進め、プレゼントしたが

    殆どの人は半信半疑だった。

    だけど、TV報道されたら、云ってた通りだと信用してくれた。

    何処で購入できるのか?って聞かれた!

    今は売切れ状態、また収獲の秋にはまた出回るでしょう。

    今は韓国産とか、50%程度高いものが出回っている。

    大事な人や友達にも分けてあげたが、買い占めているので、まだ10本以上保有している。

    TVとかで報道されると、みな飛びつき買いするから、思惑もんだよ

  • >>No. 217

    他社では、従来よりも10倍の売上げの商品もあったって!!

  • >>No. 201

    鳥胸肉毎日食べるバカいるか。

    すでに累積17万人、900万本の実績、

    ヒト臨床試験で有意性確認、他社との差別化に成功!

  • リポビタンDの年間売上げ750億円もある。

    疲労回復にファイト一発

  • >>No. 5018

    > 今週26日以降、依頼総額、ランサーを上回る日が増えた
    >
    > クラウドワークス、ランサー
    >
    > 26日、1.09億円、0.09億円
    > 27日、3.56億円、1.42億円
    > 28日、0.57億円、0.78億円
    > 29日、1.10億円、0.94億円
    >
    > 合計 、 6.32億円、3.23億円

    業界NO1が見えて来た!!!

  • 今週26日以降、依頼総額、ランサーを上回る日が増えた

    クラウドワークス、ランサー

    26日、1.09億円、0.09億円
    27日、3.56億円、1.42億円
    28日、0.57億円、0.78億円
    29日、1.10億円、0.94億円

    合計 、 6.32億円、3.23億円

本文はここまでです このページの先頭へ