ここから本文です

投稿コメント一覧 (2524コメント)

  • 北川以外は、サウジ戦のメンバーを使ったね。
    中2日はきついと思うよ。
    それでも守備はよかった。
    危ないシーンがあった、というご意見はあるだろうが、よほどの実力差がない限り、あぶないシュートを1本も打せない守備など不可能。
    ぎりぎりのところでシュートコースを塞いで、あとはGKの守備範囲だったと思う。

    これでは世界の強豪国には通じない、というのはその通りとは思うが、どんな守備をしてもメッシ、ロナウド、スアレスのような怪物FWにいいシュートを打たせない守備は不可能だと思う。
    今回のベトナムレベルではあれば、今までの日本の守備だったら、もっとバタバタしていたと思う。
    日本の守備は、確かに進歩している。

    一方、攻撃は相変わらず、今ひとつ。
    中2日では、疲れも残っているだろうし、試合全体を通してのスタミナを考えれば、攻撃で思いっきり走り回ることもできない。
    今回に限っては、横パス、バックパスの多用も仕方ないだろう。
    しかし、このままでは、アジアベスト4ぐらいがいいところ。
    次は、もう少し調子を上げないと勝てない。

    ところで、北川はよくやっていたと思う。
    初めての代表だし、すごい選手に囲まれてのプレイだから、とにかく精一杯やった、というところなんだろう。
    ただ、自分が代表レベルではないことを痛感したのではないか。
    「北川にボールが渡ったから、もう大丈夫。」と相手DFに安心感を与えてしまうプレイの連続であった。
    危険な香りが一切しないプレイ、というところだ。

    初めての代表で今一つだった選手はたくさんいる。
    今代表で活躍している選手だって、ほとんどはそうであった。
    彼は若いんだし、これからである。
    次のステップの糧にしてほしい。

  • サウジ戦。

    まずは、守備。
    防戦一方になった訳だが、安定していたと思う。
    今までの日本代表のなかで一番安定していたと思う。
    シュートを打たれた数ではないんだ。
    いかにシュートコースを塞いでいたかだ。
    それは合格レベルであったと思う。
    相手にしてみれば、塞がれたシュートコース以外のところにシュートすると、GKの守備範囲か、枠外になってしまう。

    問題は、攻撃だ。
    中島と大迫の穴は、埋めようがないことがハッキリした。

    中島は、インタビューで答えていたが、「考えるんじゃない。感じるんだ。」というサッカーをしている。
    彼は、「考えていては遅い。こうだ、と思ったときには勝手に体が動いている。」と言っていた。
    相手にしてみれば、ドリブルするのか、パスを出すのか、シュートをするのか、読めないし、読んでいる時間もない。
    予測不可能なプレイだ。

    大迫は、ボールキープができる。
    彼にボールが渡れば、相手との競り合いにおいてもボールを保持して、味方にボールが出てくる。
    攻撃の組み立てができる。

    ところが、武藤、南野、堂案は、「感じるんじゃない。考えるんだ。」というサッカーであった。
    相手ゴールに近づくにつれてブレーキがかかるサッカーであった。
    おまけに、ボールキープができない。
    これではろくな攻撃ができないのは当然である。
    さらに、ミドルシュートが極端に少ない。

    攻撃に関しては、なんとも深刻な状態であるが、ヨーロッパのチームでやっていることをもう一度思い出して欲しい。
    こういうサッカーでは、ヨーロッパのチームではベンチ外になってしまうのではないか。
    彼らは、もっと能力があるだろう。
    それを前面に出して欲しい。

  • また安倍ちゃんはロシアに出かけているんだね。
    無駄な努力なんじゃないの。
    どうせ戻ってこないんだよ。

    プーチンの支持率は下がり続けているようだし、ここで北方領土の2島だけでも返還、などと言ったらさらに支持率は急落する。
    プーチンは絶対に北方領土を日本に戻すことはできない。

    そんなことは、いくら認知症ぎみの外務省でも分っているだろう。
    ということは、このロシア外遊は、パフォーマンスだな。
    「ウラジミールにお願いしてきた。」なんて鼻高々に答弁するのだろう。
    しかし、「お願い」ばかりの首相外交だな。
    これで「外交の安倍」なんだから、日本の外交の貧困さを象徴しているよ。

  • >>No. 577991

    >歴史の勉強で、西暦だけなら、おぼえやすいので、元号はいらないと思った時期もあったが、今はそうは思わない。
    元号と永遠と続く天皇制は、日本と日本人の誇りだよ。

    私も元号廃止には賛成しない。
    存在していいと思う。

    しかし、天皇制はまもなく消滅するだろうな。
    天皇制を見直す時期に来たと思う。
    男系をやめるかどうかだ。
    男系を維持するのなら、なんらかのシステムを導入しないと成り立たないだろう。
    天皇制は、もはや生物学的には絶滅危惧種だ。

    右側の人の中には、男系が維持できないならば、消滅しても仕方がない、という人もいる。
    それはそれで一つの考え方だ。
    昔のように、男系をたどって、遠い親戚筋から迎えれば良い、という意見もあるが、いきなり天皇です、なんていわれても、今の時代、国民が納得しないだろう。
    髪の毛をおっ立てて、色を紫なんかに染めたお兄ちゃんが、「天皇イェーイ」とか言って登場したら面白いかもしれないが、まあ、勘弁だな。

    そろそろまじめに議論すべき段階に来たとは思うが、安倍ちゃん政権ではまったく議論などしないだろうな。
    この政権は、議論ができない政権だからね。

  • 韓国のレーダー照射問題は、世界は関心がない。
    大した問題ではないのだ。
    立場を変えて考えてみれば、たとえばタイとインドネシアがレーダ照射問題でもめていたとして(現実にはそんなことはないのだが)、我々日本人が関心を持つだろうか。
    別に敵対関係にあるわけでもないし、ミサイルを発射したわけでもないし、何をもめているんだ?、というところだろう。

    世界に訴えたところで、結果は見えている。
    むなしいだけだ。
    ただ、問題は意外に深刻だよね。
    韓国の仮想敵国は、もはや中国や北朝鮮ではなく、日本になった、ということだと思う。

    日本は、神経質になって韓国と対峙するに必要はないが、常に注意していく必要はあるだろう。

  • >>No. 577887

    >もともと元号制度は。古代に於ける中国王朝の政治制度に由来し、今では本家中国や韓国でとっくに廃止されている。こんな愚かで不合理な制度を、国際化された現在尚国民に押し付ける政治家、官僚たちもやはり天皇制の呪縛から逃れられない、時代遅れの感覚の持ち主なのだろう。 年号と度量衡だけは世界共通でないと不便でしょうがない。

    元号をなくす必要はないと思う。
    日本だけだが、昭和、平成、などでそれぞれの時代の区切りができるからね。
    西暦だと、ずーと同じで、区切りがない。
    しかし、せいぜい、自分が生きていた時代から100年前ぐらいが意味がある。
    1000年後の世界で、昭和、平成が意味を持つとは思えない。

    公式文書などは西暦にすべきだね。
    元号は不便でしょうがない。
    それから日本史は、当然西暦。
    元号も覚えましょう、なんてなったら、だれもまじめにやらなくなる(笑)。
    西暦じゃないと、時代全体の把握ができなくなるからね。

  • >>No. 577419

    >世界中に喧伝され、東京オリンピックは汚れたオリンピックとみなされ、日本の国家としての
    メンツは丸つぶれになる

    「汚れたオリンピック」は今や世界の常識。
    きれいなオリンピックなど存在しない。
    「東京オリンピックだけはきれいだったはずだ。」などというのは、もはやジョークでしかない。

    「昔はアマチュアリズムがあって、きれいだったが、オリンピックもプロが参戦してきて汚くなった。」などという意見もあるが、きれいなはずのアマチュア組織の汚さが露呈した昨年であった。
    むしろ金が動くからこそ、金に関して透明にし、ビジネスとして運営するプロの方がきれいとも言える。

    国立競技場に関する利権、築地、豊洲に関する利権、各競技場に関する利権、さらには組織委員会のお偉いさん達の構成を見ても、「いったいどこがクリーンなオリンピックじゃい。」と言いたくなる。
    エコで、低予算のはずのオリンピックが、いったいどれくらい金がかかっているかさえ不明、と言われるぐらいだ。

    2億円の贈賄など、かわいいもんだ。
    裏でいったいどれだけの金が動いているんだろうか。

  • >>No. 138756

    >かつてアルゼンチン代表だったレコバ(ボジションは違うけどね)のようになれる可能性があると思う。

    レコバは、ウルグアイ代表でした。
    勘違いでした。

    セリエのインテルで、味方エリアでボールをカットして相手ゴール近くまでドリブルで独走し、シュートを決めたシーンが印象に残っている。
    とにかく足が速く、抜群の決定力があったが、ほとんどパスを出さず、自分でシュートまで持ち込む選手だった。
    自分勝手といってしまえば、その通りなんだが、とにかく決めてしまうので、まあ、いいか、というプレイスタイル。

    レコバはFWであり、伊藤純也とは異なるボジションであり、伊藤がレコバのようなプレイをしたら、えらいこっちゃ、となってしまう。
    しかし、なぜか、同じにおいを感じるところがある。

    とにかく、伊藤純也はボールキープ力を高めるのが、キーポイントだと思う。

  • オマーン戦は、審判の判定に助けられた面はあった。
    しかし、私は、全体として、日本は良くなっていると感じた。

    まず、守備面ではずいぶんと安定してきた。
    吉田、富安のCBがベストだね。
    そして、長友、酒井宏樹のSBが絡んで、安心して見ていられる。
    長友のハンドがPKにならなかったのは幸運だが、しかし、あれは不可抗力。
    なんとかできるレベルの話ではない。

    攻撃も今ひとつのように見えるが、シュートすべきところでシュートしているし、チャンスも多く作れていた。
    最後の決定力の部分ではあるが、入らないときはこんなものだ。
    打ち上げ花火のような枠を外したシュートばかりであれば、問題だが、微妙に枠を外れたり、相手GKやDFのファインプレーもあるようなシーンがあって、仕方がない。
    ブラジルのような強豪国だって、入らないときはこんなものだ。
    日本のFWは、メッシ、ロナウド、スアレスのようなレベルのFWではないのだ。

    ここで、ちょっと苦言。

    ミドルシュートが少なかったな。
    元々、日本は少ないのだが、Wカップでベスト8を目標にするなら、強烈なミドルシュートを打てる選手を育てないとね。

    北川、武藤は、空回りだった。
    連携がうまくいっておらず、ボールも回ってこなかったという面はあったが、大迫に比べると完全に見劣りする。
    180cm以上で、ボールをキープできて、ここぞと言うときに相手に競り勝ってシュートできるFWは、世界各国で求めれるFWではあるが、日本も大迫をしのぐ選手が出てくることを期待したい。
    Wカップでベスト8を目指すのなら、北川、武藤は、合格点に遠く及ばない。

    伊藤純也は面白い選手だ。
    ヨーロッパに行って、大きな選手の激しい当たりでもボールキープできる技を磨けば、ものすごい武器になりそうな選手ではある。
    かつてアルゼンチン代表だったレコバ(ボジションは違うけどね)のようになれる可能性があると思う。

    さて、次のウズベキスタン戦だが、主力はお休みで良いんじゃないか。
    1位通過も、2位通過も、大して差はないだろう。
    むしろ、主力を休めた方がメリットが大きいと思う。

  • 最近、韓国相手にもめていることが増えているようだ。
    私は、あんまり相手にしない方がいいとは思っている。
    向こうが、騒いでいるんだ、という意見もありそうだが、一緒になってカッカして騒いでも仕方ないと思う。
    あの国は、あのような国なんだから。
    かわいそうな人たちだ、と同情するぐらいでいないとね。

    常に、一歩引いて、冷静に行動することだ。
    反論するな、と言っているんではないよ。
    慰安婦問題も、徴用工問題も、冷静に、論理的に反論すべきだ。
    その場、その場での勝った負けた、ということではダメなんだ。
    相手は、将来もズーと隣国なんだし、論理的に冷静に対処することが、長期的には利を得られると思う。

    福沢諭吉大先生も、「朝鮮には深く関わるな。」という意味のことをおっしゃっていたではないか。
    ロシアが朝鮮を植民地化しそうだ、ということで、日本は、福沢諭吉大先生の警告を無視して併合してしまった。
    本当に大失敗だった。
    大いに反省すべきと思う。

    深く関わってしまった以上、今更、関わらないで済ますことはできないが、福沢諭吉先生の警告を常に思いだそうではないか。
    頭にくることがあっても、常に、一歩引いて、冷静に行動することだ。

  • >>No. 576771

    >日本の司法制度をどうこう言う前に自分たちの国を顧みなさい!
    ぜひ安倍晋三内閣の間にこれらに一石を投じてほしいです!

    中国、ロシア、北朝鮮に「民主主義の国だ、なんて偉そうに言っているが、司法制度は我々の国と大して変わらないじゃん。」と言われるような意味での、一石を投じているということですかな。

    私は、一石を投じる方向をよく考えて欲しいと思ってますけどね。
    「あなたたちとは違うんです」と言える方向に行って欲しいのですが、中国、ロシア、北朝鮮にどんどん近づいているようにしか思えないんですよね。

  • >>No. 7803

    >星槎国際湘南VS東海大福岡は、どちらも初のベスト4だが、予想外の差がついた。
    星槎国際の9番安保、10番遠藤、11番加藤の3人の核弾頭はかなり強力で、どこからでも点を取れそう。
    特に、遠藤と安保はともに160センチ台後半で、なでしこ待望の大型FW予備軍として期待が持てる。
    今年のW杯はともかく、来年の東京五輪に間に合うと良いんだけどなあ・・・。

    まったく、同感。
    ところで、星槎国際湘南には、リトバルスキーがテクニカルアドバイザーとしているみたいだけど、どこまで教えているんだろう。
    常時いるわけではないだろうが、不定期でも、教えてくれるのは選手には良い影響をあたえるだろうな。

    決勝の常盤木の試合で、星槎国際湘南の実力が分る。
    楽しみである。

  • >>No. 576468

    >憲法改正以前に自衛隊員の数が減少
    専守防衛どころではない
    これも外国人を受け入れるか

    やっぱり、技能実習生ですかね。
    日本で自衛隊の技能を養ってもらう。
    当然、時給300円。サービス残業付き。

    きっと将来、日本に対してその技能を生かすことでしょう。

  • >>No. 138741

    おっしゃる通りです。
    CBでした。

  • 前半は、なにをトロトロやっているんじゃ、というサッカーだった。
    後半、本気を出して3得点。
    まあ、初戦だからこんなもんかな。

    やっぱり、富安はSBとして使うべきではないかな。
    新抜擢のボランチとしてはよくやっていたとは思うが、なんせ吉田、槙野の鈍足コンビのSBでは、穴だらけだろう。
    とくに槙野応援団長は、年のせいか、反応が鈍いように思える。
    吉田、富安コンビのほうが、守備は安定すると思うんだけどな。

    日程がきついから、今のうちにいろいろ試しておこう、という考えなのかな。

  • 高校サッカーを見た。
    前橋育英対尚志、流経大柏対星陵、どちらも拮抗した試合だった。
    どちらも当たりが上げしく詰めも早い。

    ボールを持ってモタモタしているとあっというまに2,3人に囲まれてボールを奪われる。
    ボールコントロール技術もしっかりしている。
    そのせめぎ合いのなかで、お互い、奪われてもすぐ奪い返す、の繰り返しで、つまらんという見方もできるかもしれない。

    昔の「ボールを落ち着かせてから攻める。」という優雅さはない。
    落ち着かせようにも、あっという間に詰められ、しかもお互い技術がしっかりしているから、結局、取るか取られるかのせめぎ合いになってしまう。
    いや、実に良い傾向だと思う。

    飛び抜けた選手がいない、という見方もあろうが、私は、全体にテンポが速くなり、フィジカルも技術も向上した結果であると思う。
    「僕、ちょっとはうまいんです。」などとすましているレベルでは通用しなくなっている。
    あっという間に当たれ、転がされて、ボールを奪われてしまう。

    このようなサッカーから、世界に通用する、飛び抜けた選手が出てくるものと期待する。

  • 新春早々ですが、国防について考えてみよう。

    F35を大量に購入、というのが話題になっているが、日本の現主力F15は年々改良されているとはいえ、設計が古すぎで新規戦闘機に変えていくのは当たり前のことだと思う。

    それからF35Bも購入して、いずもなどの護衛艦を空母化するというのも話題になっているが、まあ、やってみてもいいんじゃねー、程度だな。
    損にはならないと思うけどね。

    F35Bは航続距離が短く、また垂直離着陸による発着も非常に非効率的だそうなので、これを「攻撃型空母だ。」というのは、ちょっとあさっての方向の議論のように思う。
    むしろ、ちゃんと運用できるの?、という質問であるべきと思う。

    イージスアショアはやめましょう。
    これはひどいと思うよ。
    金だけ、ベラボーに高くて、ほとんど使えないシステムだ。

    例えれば、黄金の百発百中の大砲二門で、砲弾は10発、みたいなもの。
    「壮麗できらびやかで、めちゃ高くて、皆さん安心してください。」といっているようなもんだ。
    「あのー、敵はどんな武器なんですか」
    「大砲は数百門あって、それぞれ数百発の砲弾を持ってます」
    「ぜんぜん、だめじゃん。」

    あまりに馬鹿馬鹿しくて議論もしたくないくらいだ。
    「ほんとうに購入するの?正気なの?頭おかしくないですか?」と聞きたいくらいだ。

    しかも、イージス艦は8隻体制になって、日本の周辺は十分に網羅可能となるらしいのだ。
    イージスアショアは、いったい誰のためのシステムなんだ。
    アメリカのためのシステムとすら言われている。
    5000億円とも6000億円ともいわれている費用を考えれば、もっと購入すべき装備があるだろう。

    本当に、まじめにやってくださいよ、と言いたくなる。
    頭が足りない、いいところの若旦那のアホな買いもの、みたいなことはやめようよ。

  • 原発推進派の皆さんは、相変わらず頑張っておられるのだな、と感心しています。
    継続は力なり、なんて言いますからね。

    しかし、海外への原発輸出は、現実には崩壊状態ですね。
    イギリスの原発も、日立がさじを投げちまったようなもんです。
    とにかく資金が集まらない。
    日立の社長会見も、へらへら笑っていて、もうお手上げですわ、と言っているようなもんだったよな。
    日立さんらしいわ。
    変にくそまじめな東芝さんと違うんだよな、あの会社。
    文句をいうときは、ズバズバいうし、態度もでかいんだよ。

    三菱重工さんも完全に腰が引けていると思うよ。
    創業者の岩崎弥太郎が生きていたら「原発だ?あんな儲からんものは、さっさと手を引け。」と命令していたんではないかな。
    転んでもタダではおきない弥太郎さんのことだから、政府からたんまり金を引き出して原発から手を引く算段をするだろうけどね。

    世界は、再生可能エネルギーへを向かっております。
    ハッキリしてきましたね。

  • 北方領土については、戻ってこないと思うよ。
    プーチン政権が強力であれば、可能かもしれないが、現在プーチンはそれほど強力ではないのではないか。
    プーチン政権で出来なければ、今後当分はできないだろうね。

    どのくらい前だったか忘れたが、ロシアのTV討論を日本のTVが紹介していて北方領土についてやっていた。
    ロシアのおっさんが「日本になんか領土を1mmだって渡す必要はない。」と力説していた。
    TVの司会者が「あなたは、この領土がどこにあるかご存じですか。」と言ったとき、このおっさんは口ごもってから「どこにあるか詳しくは知らんが、とにかく領土を渡すのは絶対に反対だ。」と力説していた。

    あーあ、こりゃ、北方領土返還は無理だな、と思った。
    もう、理屈じゃないんだよな。
    プーチンも、日本に恩を売って、上手く経済発展を目指したいと思っているはずなんだが、国内のネトウヨ的強硬派たちを説得するのは大変なんだよ(笑)。

    私は、北方領土返還は当分無理だと思う。

    ロシアの警備艇は、違法操業の漁船に対して、機関砲を平気でぶっぱなす。
    北方領土周辺など、中国などの漁船に対してロシアを利用すべきじゃないのか。
    漁業資源の確保を考えて、ロシアと協力していくことが利口なやり方じゃないのかな。
    その中で、経済協力の基礎ができていけば、将来、北方領土への理解も得られるというものだ。
    プーチンをあてにするだけでは、北方領土は戻ってこないと思う。

  • >>No. 138700

    >いや、そんなことないよ。現実に上手いんだ。ロティーナは日本選手のテクニックが
    非常に高いと評価していたよ。なぜ君らはそう評価しないんだろう。

    まず、Jリーグのレベルをどこと比較するかだね。
    ヨーロッパのチャンピオンリーグの優勝を争うレベルと比べれば、問題外だと思うよ。
    アジアではトップレベルではある。
    全世界のリーグと比べれば、真ん中より上だろうな。

    私としては、Wカップでコンスタントにベスト16に入れるレベルになって欲しいと思っていて、Jリーグのレベルアップを望んでいるけど、現時点では、合格点とは言いがたい。
    確かに一つ一つのテクニックを抜き出して評価すればレベルは高いとは思うが、それが試合の勝ちにつながっているんだろうか。

    中田英が、セリエにいた、当時アルゼンチン代表のバティスチュータについて語ったことを思い出す。
    「バティは下手くそなんだよ。全然上手くない。でも、バンバン点を取るんだよ。どういうことなんだろうね。」
    上手、下手という評価と、サッカー選手として評価されるものとは違う、ということを示唆していないか。
    私は、Jリーグの選手のテクニックは素晴らしい、といわれても喜べない。
    あんな低速走行の当たりの少ないテクニックなど強豪国相手の試合に役立つとは思えない。
    日本代表のチームは海外組が主体になるのは当然のことだと思う。

    Jリーグの「おらがチーム」を応援するのは、上のこととは異なる。

    私の「おらがチーム」は、Jリームのトップチームではない。
    どことは言わない。J1ですらない。
    あなたが見ても「この下手くそ。」と怒鳴りたくなると思うよ。
    スペインの2部が下手くそなどとおっしゃってますが、なにをおっしゃるウサギさんですわ。
    スペインなどとは、比べるのもおこがましい。
    でも、いいんだもん。
    「おらがチーム」ですからね。

本文はここまでです このページの先頭へ