ここから本文です

投稿コメント一覧 (543コメント)

  • タイトルは「実録ジャパンディスプレイ」でいいのではないでしょうか。主役はまだまだ現れていませんが、通行人程度の脇役で盛り上がっていますね。

    2年赤字が続いた後の6回のボーナスは300億円ぐらいですよ。此処の赤字の主役は迷走なのです。その原因はどこに在るのでしょう。過去・現在の経営者にあるのではなく、決定権者にあるのです。此処がJRならばリニア新幹線の路線は大きく湾曲し駅が沢山出来て総距離は1.5倍ぐらいになっていたのではないでしょうか。旧国鉄以上のことをしていた(されていた)のではないでしょうか。

    5年間で2000億円の利益をだす代わりに数千億円の赤字を出し負債を増やし、純資産を毀損してきた。野党の政治家の影響は与党の政治家の影響と比べると可愛いものです。ちょっとした口封じ料ですよ。

  • 誰が受けても、経営自主権が無いのだから結果は一緒だよ。上から下まで気力は抜けてしまい、肝心の時に決めることができなければ、チャブ台返しをして此処を辞め白日の下にすべてを曝し国民に是非を問うて欲しかった。事はならなくても理解してくれたひとはいただろう。

  • 私は彼が脱林檎発言をしたとき、こうゆうことは絶対誰にも知られないように伝え、その準備として、林檎からの前渡し金1300億と白山工場の2000億、計3千数百億円と国内生産のリストラクチュアリングの費用二千数百億円を準備し、それを経営を圧迫しない資本かそれに準じる無利子永久劣後債でJDIに供与し、車載やその他の製品比率も増やし三年以内に林檎依存比率を30~40%程度に抑える必要があった。
    またこの発言で様子を見ていた林檎を怒らせ有機ELへの傾斜が早くなりⅩRは有機ELⅩシリーズより遅れ2年から1年半後にずれてしまった。ⅩRは本来9としてⅩより早く出されたかもしれない。林檎も有機ELへの選択は価格設定も含め問題があったと思うが、これらすべて乗せられた問題発言の結果だ
    まあ彼だけではなく、それまで此処にたかっていた政治家は与野党問わず居たがね。
    ただ悲しいのは、これだけの損害を与えた動機が、分かったふりして少し「格好」を付けてみたことだよ。
    JDIにしてみたらろくな装備や輜重も与えられず銃口まち構える海岸に上陸させられ<、屍累々となり、再々再度赤字の海に突き落とされてしまった。

  • 直接に政治家か、その意を酌んだ官僚ではないでしょうか。九分九厘決まっていたことをひっくり返せるのは彼らしかいませんよ。
    そうゆうことが重なるとJDIの経営者や機構の役員も気力が抜け無責任になっていくのですよ。
    その損害額のごく一部は債権や融資の保証をしてくれるが利子がつき更に経営を圧迫し、そしてもともと国民の税金です。
    それもチビチビとしかださないので赤字の補填ぐらいにしかなりません。
    何時になっても構造改革の費用には回らない。
    此処を救うことができるのは資金が潤沢にあり、経営自主権を持つところだけだ。

  • 志賀さんより上のところから指示・命令が出ているじゃ仕方がないじゃん。

  • 横槍を受け入れて給与と退職金を受け取るか、チャブ台返しをして名を残すか、究極の選択だね。

  • 提携のポイントはどこが経営権を握るかだよ。シルクロードの意図は過半数を占め、できれば機構は三分の一以下にして、横槍を防ぐことだと思う。

  • チャイナは、雇用維持を約束しても良いがその条件はチャイナが決めればいいのではないでしょうか。

    2年以上赤字が続き銀行が金を貸さない企業ではボーナスが電機連合の決めた分を満額貰えるのは他の企業に移られたら困る高度な技術を有する少数の技術者のみで、あとは給与水準等経営者の判断で決めなければならないのではないでしょうか。
    そして1年か2年後黒字になればシャープみたいに千円お小遣いを渡し「ご苦労様でした」と言えば皆さん喜ぶと思います。

    中国からはJDIの技術を習得するため技術実習生を多く呼び寄せ、その分JDIからは中国の工場に技術を伝える目的で派遣すれば辻褄は合うはずです。
    手に負えない社員についてはシルクロードの玉門関外に転勤してもらい、帰るなら「シベリア経由で帰ってください」とすれば自ずと整理がつくのではないでしょうか。

    ただ注意しなければならないのは、JDIの経営の足を引っ張っていたのは誰か見極めることです。此処の難しいところは技術者のなかにも事務・経理担当者のなかにも内部抵抗者が存在し、所謂、順法(遵法)闘争を続けてきました。

    いまさらどのような背景で誰と結びつき続けてきたのか詮索しても仕方のないことですが、彼らは能力的にはかなり優れた連中です。この辺の判断を今までの経営者は見誤ってきたのではないでしょうか?と言うよりもそれぞれ結び付いた黒幕が怖くて手が出せなかったのかもしれません。

    これがサラリーマン経営者の限界だったのかもしれません。しかし密約はあくまでも密約で不合理なことは公表し社会の判断を仰げば密約を交わした人々もろとも廃棄物に出来ます。

    この企業の経営者には自己の立場に執着しないチャブ台返しのできるひとが必要だったと判断されます。

    私は機構から数百億円の資金注入では一時しのぎにすぎず、本命はチャイナの経営支配しかないと思っています。情けないことですが経営自主権を回復するには日本の経営者では無理と判断しました。

  • はーい、一度は逃げたんですけど、此処とは相性が良いのかすぐ買い戻しました。
    おかげでちょいⅯがどМになりました。
    あとは@1円になるか、テンバーカー教祖さまを信じて@750円になるのを待つだけです。よろぴくぴく。

  • テンバーカー教祖さま、適正株価とはいったい何物なんでしょうか。よくSBGは@900円、シャープは@120円が適正価格と聞きますが、市場ではその11倍ぐらいを付けていますね。
    此処は@200円ぐらいを市場でつけるのでしょうか。それでも@750円まではだいぶと遠いように思われます。@750円に到達するのは何時頃でしょうか。

  • 有機ELは縦型蒸着で2~3割安く作ってもしれている。製品寿命が短いのだから印刷方式で液晶より安く高精細の製品を出さないと勝負にならないよ。

  • 厳密に言えば自由民主党でしょう。官僚なんかは経営者の無能と政治家の横槍に責任を嫁し涼しい顔であのときはこうだったと世間に説明するのではないでしょうか。
    マスコミも面白おかしく取り上げると思いますよ。
    自由民主党は次の選挙の大きな障壁となり、横槍をいれたひとより新人に大きな影響を与えるのではないかと思っています。

  • 通信価格見直しは、今までのインチキ商法を是正する意味で短期的にはマイナスかもしれないが長期的には業界全体の安定成長に寄与すると判断される。

  • ロボホンには笑ってしまいましたが、急須には絶句しました。

  • 活動を封じられたまま株価とともに腐沈していくJDIの経営者。
    しかしこのまま幻影をみせられたまま底にぶち当たるわけにはいかない。
    幸いいままで活動を拘束していた政治家は責任逃れのため、担当審議官と機構に判断
    権限を擦り付けてきた。
    ここまで落とされてからでは遅すぎるが、骨ぐらいは拾ってもらえそうである。
    まあどんな形になるか分からないが、何もしないよりはましだと判断される。
    関係者の善意を信じて「どあほールド」していくだけである。

    お願げーしますだ、テンバーカー教祖さま。

  • そうですね。1株当たりの純資産は半分ですが株価は十分の一以下ですね。

  • 1年以上遅いよ。
    最悪、東入来氏はBOEのとき卓袱台返ししてでも承認させるべきだった。
    三分の一以下に価値が落ちた。
    成るにしろ成らぬにしろ彼の唯一の花道だったかも知れない。
    それでも自然死よりはましだがね。

  • こんな時こそドコモ株売却特別利益で自社株買いして欲しい。
    NTTのホームページを見てもなかなか載りませんね。
    役員会は何度か開いていると思われるが、自社株買いは新年度になってからかな。
    私は自社株買いを何度か繰り返し総株数が15億株台になるのを待っています。
    それなら上場時1500~1600万株程度と同等になり1株当り@11500~12000円を狙えるのではと思っています。

  • おれの5万株ももう三分の一以下に下げられ、今さら潰れても配当1年分がまんすれば済むだけになった。「ケセラセラなるよーになれ先のことなーど解らーない。」今さら撤退するより、テンバーカー教祖さまを信じて最後までついていくだけです。

  • この世は馬鹿と阿呆の絡み合い、あほールダーの象徴テンバーカー教祖さまを馬鹿呼ばわりしたら座布団3枚敷かされますよ。@75円をつけたあとは@750円一直線。

本文はここまでです このページの先頭へ