ここから本文です

投稿コメント一覧 (304コメント)

  • >>No. 558

    3社とも仲良く底値を這っていますね。
    これらの中でROEが10%超えは宇野澤組だけですね。
    いつ花開くか楽しみですね。

  • 今朝の国会中継はなかなか興味深かった。
    第一は自民党西田議員の財政出動によるデフレ脱却を確実にするよう迫ったのだが、真骨頂はMMTも取り上げ、財政再建を目指すあまり緊縮財政に陥ることを戒めたことだ。
    第二は同じく自民党女性の吉川議員による民間を活用したインフラ投資の益々の展開を提案した。
    最近PFIを利用した民間企業による公共施設の運用にとどまらず、施設の所有権も民間に委ねる形まで進めるとの内容だったが、PFIといえば我らが前田建設は数年前、仙台空港で実施済みで、この分野ではノウハウを蓄積できていることと思う。
    私はこの仙台空港のニュースで前田建設株にエントリーしましたが、鳴かず飛ばずの期間が長かったですが、令和時代でやっと花開くでしょうか?

  • そろそろ株価に春がやって来そうな予感。

  • スマホなどから出ている電磁波が有害なので優先席付近では使用しないでくださいとか、スマホを長時間近づけて使用していると脳にダメージを与えるとかも言われていますが、阿波製紙製の電磁波をシールドする特殊紙を使えば安全スマホが出来上がるのでは?
    防衛銘柄というより健康グッズ銘柄なら乱高下せず右肩上がりが期待できるのだが。

  • >>No. 144

    1月26日時点で今日のことを予見できたのかな?
    それは北朝鮮絡み?中国工場売却絡み?それとも?

  • >>No. 203

    ホームページも見直し、いよいよ本気モードかな?当面上昇余地は青天井に見えます。
    2年間の塩漬けが報われるかな?

  • マザーズ先物暴落、何があったのでしょうか?
    それとも先物買いチャンスか?
    現物終値961に対し今、877です。

  • >>No. 390

    マザーズ先物暴落、何があったのでしょうか?
    それとも先物買いチャンスか?
    現物終値961に対し今、877です。

  • かたるが推奨しているS君はここなのかな?

  • >>No. 439

    今日の決算発表は場中だったのかな?
    それにしてはひどい扱いのようにみえるが、場後の発表だったのなら明日前向きに反応してくれるかな?

    ケネディクス<4321

    >は9日、2018年12月期第3四半期(18年1-9月)連結決算を発表した。営業収益が前年同期比193.5%増の549.02億円、営業利益が同35.5%増の117.44億円、経常利益が同33.2%増の112.46億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同38.6%増の107.95億円となった。

  • 豪雨被害対策に政府は予備費を充当し不足であれば補正予算も検討するとの事、経団連も支援を表明している。
    日本の経済情勢はマクロで見ると需要不足と言われて久しいが、豪雨被害対策という需要をしっかりと捉える考え方を期待する。
    国民の不安に対しその不安を少しでも軽減する政策は多くの人に歓迎されるだろう。
    よく吟味して効果のある予算の使い方を望む。

  • >>No. 551

    株主総会での電池事業の経緯などについての会社側説明をご存知の方教えていただけませんか?
    私は電池事業が花開くことを夢見て株主になりました。

  • 2018/03/10 17:55

    防衛関係銘柄の下げが目立ちますが、阿波製紙は単なる防衛関係銘柄ではないので下げは限定的かと思います。電磁パルスは何も北朝鮮からの攻撃だけではありません。セキュリティ需要として認識されると読んで押しは買い場だ。

  • >>No. 562

    先月に続いて来週も房総一泊旅行予定しています。
    ビッグひな祭りを孫と一緒に楽しむのがメイン目的ですが、菜の花畑、梅園なども楽しみです。
    そして、いつも密かな楽しみにしているのは南総通運の倉庫を通過したり、車両を見掛けることです。
    房総半島で土地が安いので簿価はたいしたことがないのでしょうが、所有面積は相当広大なのではないでしょうか。
    アクアラインのお陰で神奈川、東京西部とも距離が縮まっており、圏央道の完成によってさらに価値が上昇するものと見込んでいます。
    密かな楽しみとして少しずつ買いましております。

  • >>No. 167

    私の空売りスレッドで初めて「そう思う4、そう思わない3」と肯定的に受け止められ満足です。
    さて、今日の株価はどう推移するのでしょうか、ワクワク感一杯です。
    CME日経平均先物は23300円と回復基調です。
    多くの好決算の影響、トランプ大統領教書演説、FOMC結果などを織り込みボラティリティーも少し安定してきました。
    決算内容で銘柄選定されることを楽しみにしております。

  • >>No. 159

    空売り派として待望の2018年3月期(10-12月)の決算発表がありました。
    今回発表された決算短信だけを概観いたしますと、税引き当期利益が6,316百万円で前年同期の5,421百万円に対し+16.5%で、私の思惑は見事に外れたとのことで、空売りの旗を畳んで退場するべきでした。

    ところが、本日の決算短信では4月1日~12月31日の9ヶ月間の決算でした。
    私の推測はあくまでもコベルコマテリアル銅管の不祥事、JIS認証取り消しの影響有りとする「10月~12月の販売不振、利益減少」でした。
    そこで3ヶ月前に発表された決算短信に遡りました。
    そこには2018年3月期第2四半期決算として見事な利益が記載されていました。
    2018年4月~9月 税引き利益4,480百万円(前年比+31.4%)
    逆算いたしますと2018年10月~12月税引き利益 1,836百万円
    因みに2017年4月~9月税引き利益 3,410百万円から逆算すると2017年10月~12月税引き利益 2,011百万円ですので、この第3四半期だけではー8.7%となります。
    私の勝手な想定ではもっと大きな落ち込みでしたので健闘した部類かと思います。
    1年前の株価約4000円が今年の第2四半期までの増益率31.4%のまま推移すれば、4000円 X 1.314=5,256円で現株価の妥当性が検証されますが、第3四半期までの増益率16.5%だと4000円 x 1.165=4,660円となります。
    さらに第4四半期での落ち込みを加味しますと、さらに期末時点での理論株価は前年水準に戻るのではないでしょうか?
    空売り派の継続宣言といたします。

  • >>No. 619

    半導体よりも塩ビパイプをネタに買い増ししました。
    トランプさんのインフラ投資で米国で大量に売れるのではないかな?

  • さて、来週は10-12月期の決算発表です。
    売上げ高は前年比でみるとマイナスを予想しますが、市場環境に救われて多少のプラスかもしれませんが、10月以降の株価上昇はあまりにも逆行高じゃないでしょうか?

  • あと2週間ほどで10-12月期の決算発表かと思います。
    直近の私の空売り派コメントに対して、そう思わない人の数がこれまでより少なくなっていることに気付きました。
    逆に私の方は、コベルコマテリアル銅管の不祥事、JIS認証取り消しだけからの連想はあまりに局部の一面しか見ていないのでは?との反省も首をもたげてきたりしています。
    儲け頭の空調連結パイプは出荷量は減少しても、原材料の基準である銅価格高騰によって在庫評価が上昇して増益なのかもしれないと弱気見通しも頭の片隅に芽生えてきました。
    これ以上空売りを増やすことは出来ませんが、せめて買戻しは株価下落してからにしたいと思います。

  • 不祥事のあった10月に持ち株を売って空売り派に転換しました。
    見事にやられています。
    年末には一旦は含み損を確定申告にらみで損出しし、空売りをロールオーバーしています。
    今日も見事に上げていますね。
    1000円から1200円のゾーンは昨年前半の水準で、まるで10月以降の不祥事などなかったようです。
    不祥事前は熱烈な神戸鋼ファンでした。
    新日鉄住金など他の大手鉄鋼メーカーと比べて割安に放置されていました。
    神戸鋼のポテンシャルは鉄鋼にとどまらず、非鉄、チタン、建設機械の他に電力事業、環境事業などにも目を見張るものを感じていました。
    このような低株価で放置していると、中国の投資家にTOBされてしまう危惧を感じたものでした。
    鉄鋼事業に付いて言えば、ハイテンなど中国鉄鋼メーカーが喉から手が出るほどほしい技術であろうし、神戸鋼の技術をパイの大きい中国に適応すれば、その経済的メリットはこれまでとは桁違いに大きくなると考えます。
    電力事業、環境事業なども大いに魅力のあるものだと思います。
    しかし、今回の神戸鋼の不祥事はメーカーとして許し難いものと感じました。
    ゾロゾロとグループ会社に及ぶに至って、ゼロからの出直しをするべきだとの思いで鉄槌を下したつもりが逆に返り血を浴びています。
    最近の株価戻りをみていると、外国勢のTOBを危惧しての株価維持の勢力が背景にあるのかな?と想像したりしています。

本文はここまでです このページの先頭へ