ここから本文です

投稿コメント一覧 (2008コメント)

  • 皆さん、こんにちは。

    アルゼンチンの国債の格付けが「B」から「トリプルC」になり
    デフォルトの可能性が高まっている・・・というニュースが出てきましたね^^

    アルゼンチンには100年債と言うのが有って
    それが29%も下落して世界中の大手銀行がダメージを負っているそうです。

    更に先日米国株に「ヒンデンブルグオーメン」が点灯し
    米国債の「10年債と2年債の逆イールド現象」も
    ついに来ました。

    まぁ、これらの件はかなり前から言っているので
    正直「やっとか・・・」って感じですがw^^

    さて、米株ですが
    このまま天井打つかもう一度爆上げするか。

    というのも「10年債と2年債の逆イールド」の後に
    もう一度爆上げする事が良く有りますので
    そこはご注意下さい。

    それと株も為替もボラが大きくなっているので
    余り欲張らずに慎重に行く事をお勧めします。

    「ブルは時々儲ける、ベアも時々儲ける、だがホッグは決して儲けない」

    ・・・ですので^^

  • >>No. 117405

    ムクダさん、こんにちは。

    >大手町から日本橋は近いけど、そのあと、茅場町から門仲は
    かなり距離がある・・・

    大手町駅と日本橋駅は
    歩いて行けちゃいますね^^

    逆に大手町と東京駅は地下でくっ付いているけど
    歩くのはめっちゃ大変^^;

  • >>No. 10045

    こんにちは。

    >私の考えは、為替は二国間の問題があるから先進国通貨は巨大なレンジになりやすい。
    株はどこの国も上げたいですから、長期的には上昇しやすいと考えています。

    その考えで問題ないと思います^^


    >先進国だけでなく、トルコ・南アフリカなども利下げで世界的に利下げの流れですね。

    世界中利下げ合戦ですね。
    まぁ日本が最初に始めた事なので何とも言えませんが^^;

    でも他国はちゃんと利上げしてその分今利下げしている訳で
    日本のようにずーと利下げなんてアホな事はしてないですからw

    更にこれから不景気になりそうなので
    世界中が利下げに踏み出そうとしている時に
    日本は消費税増税とかw

    まぁ「低金利」と「増税」は
    板に何度も書いている通り
    初めからこうなる事は分かっていましたが
    予想通り過ぎてほんといい加減にして欲しいですね^^;

  • 続いての画像は
    先ほどの画像の15分足です。

    青線の「ドル」と緑線の「ユーロ」は
    殆ど動いていませんが
    赤線の「円」が一気に下がっていますよね^^

    ですのでドル円の大きな上昇に対し
    「値幅的に」ユロルはそれ程大きく下落しなかった訳です。

    つまり「円」が急落した事により
    USD>EUR>JPY  ドル高、  円安 (ドル円↑、ユロル↓、ユロ円↑)
    (ドル円が上がり易い)(ドル円とユロル逆方向)

    ・・・となった訳ですね^^


    つまり「円」が全て悪い!!!w

    あれ?

    これもしかして
    ドル円急騰させたのトランプさんではなく

    黒田「ロンガー達は不安よな。黒田 動きます。」

    ・・・・なのではwww


    と言う事で今回は「ドル円の急騰」についてでした^^

  • >>No. 117401

    ばつぐんさん、はじめまして。
    宜しくお願いします。

    >225ミニ買玉三枚 ピンチっす 余力10万位なので^^20300位です今

    「225ミニ」遣っていらっしゃるんですね。
    余力10万位は結構ピンチですね^^;

  • 皆さん、こんにちは。

    今回は久々にFXのお話をしたいと思います。
    勿論今回のネタはやはり昨日の上昇についてです^^

    画像をご覧下さい。

    一番上のインジがドル円の日足チャートで
    でっ、その下がユロルの日足チャートです。

    どちらも直近が下落していて
    直近の向きが「同方向」になってますよね。

    ドル円とユロルが「同方向」と言う事は
    円最強(JPY>USD>EUR)円高、ユーロ安(ドル円↓、ユロル↓、ユロ円↓)
    の「円」主体で相場が動いていたという事です。

    それを確認する為にもう1つインジをご用意しました。
    上から3番目のインジをご覧下さい。

    青線が「ドル」で、緑線が「ユーロ」で赤線が「円」です。

    青線と緑線は絡んでいて大した上がってませんが
    赤線の「円」がめっちゃ上がっているでしょ?

    このせいでドル円が今まで下落していたんです。

    つまり、8月からのドル円の下げは
    利下げでドルが売られて「ドル安」になり
    ドル円が下落していた訳ではなく
    「円高」で下落していたと言う事です。

    続く・・・

  • やっぱ出来高薄い所を狙った急騰きましたねw

    吉本興行の松本さんみたいに

    トランプ「ロンガー達は不安よな。トランプ 動きます。」

    ・・・って感じでしたねw^^

    ていうか雇用統計やFOMCより
    トランプさんのツィッターの方が全然動くんだけどw

    流石、為替操作国アメリカw

    これリスク軽減の為に
    指標の時間避けても全然意味無い^^;

  • >>No. 10036

    >ドル円の下値メドってどの辺りを想定されてますか?

    一般的な話なら皆さんの想定と同じですよ^^

    例えば今回跳ねた105円何処とか
    102円とか100円割れの直ぐしたの揉み合いとか。
    「波の高安値」「揉み合い箇所」「ネックライン」とか
    まぁ一般的に考えられそうな部分です。

    只そこで止まるかどうかは売り買いが戦ってみないと分かりませんし
    売買をする上で分かる必要も有りませんので
    「どこで止まるのか」を考えるのではなく
    「どこで売りと買いの戦いがありそうか」だけ予め分かっていれば
    良いと思います。

    でっ、決着が着いたら勝った方に付いて行く。
    そして次の戦いが始まる部分まできたら決済し
    また売り買いどちらかの決着が着くまで待つ。

    相場で遣る事はこれだけですので^^


    あと個人的な下値メドでしたら
    利下げの玉がなくなるまでですw

    つまりドル円最安値の76.25円も想定の範囲内です。

    まぁ、これは特に気にする必要有りませんw
    いつになるのか分かりませんので^^

    それと以前ご説明した年足の下降トレンドラインを上抜けした時点で
    この想定は破棄します。

    何度も板に書いていますが
    私はドル円は「巨大なレンジ」になると思っているので
    この考えは今も継続中です^^

  • >>No. 10035

    但しもしかしたら株価は以前ほど大きく下がらないかもしれませんね。
    それは日本も米国も自社株買いとPKOのインチキ買い支えをしているからです。

    これがどれ位効力があるのかは
    まだ経験した事がないので誰も分からないんですw

    マイナス金利にしたり、殆どの主要銘柄の大株主が中央銀行や政府だったり、
    株の高値で減税や利下げを行なった人間は
    今まで居ませんのでw

    今の状態は人類史上初めての経験です^^

    但し株価だけが高くても実体経済は結局は悪くなりますので
    どの道ツケは支払うのではないでしょうか。

    景気サイクルを防ぐ事は
    借金により下駄を履かせている以上どの道無理だと
    思いますので。

    それと私が言っているのはめっちゃ長期の話ですので
    通常の売買では特に気にする必要ないです^^

  • >>No. 10035

    こんにちは。

    >利下げはトランプ大統領が要請してますが、米国大統領選を過ぎても続くと?

    その時の「米景気」次第ですね。

    景気が悪ければ利下げ継続。
    それ程悪くなければ利下げストップ。

    今の米国株は

    米株価=「本来の実力」+「減税(浮いた分だけ社債発行により得たお金で自社株買い)」+
        「PKO(年金)」-「利上げ(借り入れ金利上昇による利息負担)」

    ・・・となっています。

    景気は「人口(生産者+消費者)」を超えては拡大出来ないので
    景気が止まり「本来の実力」部分が延びなくなって来た為に
    今はマイナス要素である「利上げ」部分をストップして「利下げ」に転じて居る訳です。

    しかし本来「減税」や「利下げ」というのは好景気で株価が高値の時にするものではなく
    不景気で株価の下落が止まらない時に行なうものな訳です。

    簡単に書くと

    好景気:「民間の借金増加」「仕事の量(雇用)が増える」「増税」
    「利上げ」「国の緊縮財政(国の仕事を減らす)」

    不景気:「民間の借金縮小」「仕事の量(雇用)が減る 」「減税」
    「利下げ」「国の財政出動(国が仕事を作る)」

    ・・・と言う感じ。

    通常はこのサイクルを繰り返しながら
    少しずつ人口を増加させて内需拡大させます。
    そして景気&不景気のサイクルの波を描きながら
    上昇曲線を描かせないとダメな訳です。

    しかし日本も米国も政治家が自分の支持率を上げたいので
    「好景気時に減税や利下げや買い支え」などの
    通常では有り得ないアホ政策をしている訳です。

    このツケは何れ何らかの形で支払う事になると思います。


    あとは「中国」の景気動向を見ておくと良いと思います。

    今中国と関税合戦をしていますが
    重要なのは「物」が主体と言う事です。

    以前お話したように重要なのは「金融」ではなく「物」です。
    物が減ればインフレになります。

    しかし日本や米国のように「国の借金」が多い国家は
    不景気時にインフレになっても金利の利息が増えてしまうために
    利上げが出来ません。

    続く・・・

  • >>No. 10032

    >本格的な円高トレンド入りだと?

    ちょっとそれっぽい雰囲気はありますね。
    もう時期も時期ですしw

    >102円割れたらヤバいですね。

    ここの揉み合いは1度は反発するんじゃないですかね。
    何ヶ月も揉み合った箇所なので。

    但し「円安」になるような材料はまったくないので
    売られすぎの分だけ反発って感じですかね。

    それと「利下げ」って言っても
    直ぐにどんどんする訳ではないので
    ある程度時間掛けて少しずつしていくのではないでしょうか。

    でっ、その度に1円程度下がって行くと思います。

    あと、こないだの105円の時に
    政府が日銀と緊急会合開いたので、一応今回は「急激な円高」は
    注視しているみたいですよ^^

    なんせこの動向次第では消費税増税が出来なくなってしまうのでw

    それと今回のアベノミクスの上昇は
    「日本の量的緩和」と「米国の利上げ」によるものなので
    単純に「米国の利上げ」分の下駄が「利下げ」で消えれば
    その分だけ下がると思います。

    でっ「利下げ」分で終われば「日本の量的緩和」分の下駄の位置で止まりますが
    そのあと米国もQEを行なえば「日本の量的緩和」分の下駄は
    全て相殺されると思います。

    まぁ米国が利下げをどこで止めるかは
    米国の景気次第ですね^^


    >株の方は、NYダウは上昇するけど日経平均はドル円とNYダウの綱引きって感じですかね?

    ですね^^

    >敵が多い企業とは内部の事でしょうか?

    いえ、そんな難しい話ではなく
    「火の無い所に煙は立たない」・・・ですので
    怪しいウワサがある所は避けた方がいいのでは?
    ・・・と言う只の一般的な話です^^

  • >>No. 10029

    こんばんは。

    >恨まれてる企業って例えばどこでしょうか?

    いや、それは分かりませんw

    まぁブラック企業的な所は
    避けた方が良いんじゃないですかね^^


    >IMMポジションから、円安転換が近づいてると?

    あっ、済みません。
    肝心な事説明してなかった^^;

    これ逆です。

    ここ数年0を下回る事は無かったものが
    0を下回ったと言う事は
    「0に近づいたら買い(上昇の押し目)」から
    「0に近づいたら売り(下降の戻り目)」に変わったのではないかと。

    まぁ、下値割ってないんで
    まだレンジではありますが
    これからの「利下げ」を考えると
    確率的に考えて上の目は当分ないのではないかと。

    でっ、その切り替わりの兆候がこの0ライン割れ
    なのかなと思った訳です^^

  • シカゴの円ショートのポジションですが
    ついに0以下に逆転しました。

    いよいよトレンド転換の兆しが見えてきましたね。

    それといつもはこの時期「夏枯れ相場」で動きませんが
    今年は出来高が薄い所を逆に狙って来る可能性がありますので
    急落急騰に巻き込まれないようにお気をつけ下さい^^

  • FSCの皆さん、こんにちは。

    いつもの残暑見舞いです^^

    それにしても暑いですね。

    これから更に暑くなりそうなので
    体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

    ではでは^^

  • >>No. 10026

    こんにちは。
    めっちゃ暑いですね^^;

    >テレビ局もこういった副収入があるなら安定企業ですかね?

    「電波オークション」を導入すればどうなるか分かりませんが
    現在のままならテレビ局は利権の塊ですし、
    まぁ視聴率低下といえどまだまだ安泰でしょうね。


    >大企業にとっては100億くらい微々たるものかな?

    100億だけなら微々たる物かも知れませんが
    これはたった1個の利権ですので同じ様なものが
    国民の知らない所で山のようにあると思います。
    まぁこれで増税っていい加減にしろと言う感じですw


    >竹中平蔵さんが役員してる会社は安泰かな?

    多くの敵を作っている企業は危ないです。
    どんなに権力があっても織田信長も安泰ではなかったでしょw

    敵が多いと不祥事を常に探されるので
    何かの事件を切欠に一瞬で傾きます。

    今回の吉本興業もそうでしょ?
    芸人に恨みを持っている人間が多かったので
    いきなり立場が危なくなってしまう訳です。

    ですのでもし投資するなら
    健全な企業に投資した方が良いと思います^^

  • これどんな組織なのかと言うと
    経済のリーダー達が世界情勢の改善を話し合う場です。

    悪い言い方で言うと
    世界中の権力者が集まり、どうすればもっと
    国民から金を摂取出来るかと言う事を話し合う会議ですw

    この「世界経済フォーラム」の本部はスイスのジュネーヴにあり
    年次総会がスイスのダボスで行われることから
    別名「ダボス会議」と呼ばれています。

    この「ダボス会議」で提出されたレポートを元に
    各国が色々と政策を決める場合も有ったりするほど
    世界への影響力が大きい組織なんです。

    さてこの「ダボス会議」。
    世界中から企業家や政治指導者や知識人など約2500人の選ばれるのですが
    誰でも参加出来る訳ではありません。

    どんなに権力者でも「推薦人」の推薦なしにこの「ダボス会議」には参加できないのです。
    更に誰の推薦によって選ばれるかは明らかにされていません。

    そしてこの日本の「推薦人」が以前は竹中平蔵さんと言われていました。
    (※今は分かりません)

    それ位この竹中平蔵さん影響力は大きいのです。

    ・・・と言う事で今回は以上です^^


    消費税のなどの「増税」を日本人がいつ止められるのか・・・
    まぁ、私の興味ある事はこの一点だけですね。

    それには日本国民がもう少しお金の流れについて
    賢くならないと厳しいかも知れないですね^^;

    取り合えず「ホワイト国」の問題も「吉本闇営業」の問題も
    殆どの問題は「損得」による「嘘」が引き起こしますので
    これからも野球部では「嘘吐き撲滅」をテーマに
    ネタを書いて行きたいと思います^^

  • それではいよいよ本題です^^

    もう1箇所「税金を食い物に出来る機関」が有りますよね?

    そう「吉本興業」に税金を渡そうとしている「クールジャパン機構」です。

    ここの株主、テレビや新聞で報道してますか?
    多分殆どの人は知らないでしょ^^

    それでは皆さんの莫大な税金が投入されている
    「クールジャパン機構」の「株主概要」をみて見ましょう^^

    ttps://www.cj-fund.co.jp/about/stockholder.html

    いますよね。
    吉本の株主のトップの「フジ・メディア・ホールディングス」や「電通」が。

    つまり皆さんの税金は
    「フジ・メディア・ホールディングス」などが株主である
    「クールジャパン機構」を経由して「吉本興業」に行き
    最終的に「吉本興業」の株主である「フジ・メディア・ホールディングス」などの
    「テレビ局」に行くんです。

    自分で許可を出し、自分がそのお金を貰うと言う事。

    面倒なので間を全てはしょると
    「皆さんの財布の中のお金がテレビ局に行く」と言う事ですw

    そして株主概要にもう一個怪しい会社が紛れ込んでいるの分かりますか?

    そう韓国を「ホワイト国」にした「小泉・竹中政権」の
    竹中平蔵さんが取締役会長を務める「パソナグループ」です。

    「ホワイト国」ネタと「吉本興業」ネタ
    やっと繋がりました^^

    折角なので竹中平蔵さんについて少しご説明します。

    小泉政権時代、郵政民営化担当大臣として
    アメリカの「年次改革要望書」に書かれている通りに郵政民営化を行い
    その後2008年からは「韓国政府アドバイザー」をしています。

    韓国を「ホワイト国」に任命して、その後「韓国政府アドバイザー」w
    もう金儲けし放題ですw^^

    そして現在では

    パソナグループ取締役会長
    オリックス社外取締役
    SBIホールディングス社外取締役
    森ビルアカデミーヒルズ理事長
    日本経済研究センター研究顧問
    外為どっとコム総合研究所主席研究理事
    RIZAPグループ経営諮問委員会委員

    ・・・と数々の肩書きを持っています。

    この方は多分皆さんのイメージしている
    数倍の権力を持っている方なんです。

    例えば「世界経済フォーラム」と言う組織があります。

    一般的には「ダボス会議」と言った方が分かり易いですかね^^

    続く・・・

  • さて、たまには今話題の2つの下世話なネタも
    少し使用してご説明します^^

    「ホワイト国問題」と「吉本闇営業問題」

    まぁ、個人的には2つともどうでもいい話なのですが
    テレビをまったく見てない私でも、嫌でもネットで情報が入ってくるので
    まぁ大体の内容は知っています。

    とは言え多分テレビでやっていそうな
    どうでも良い話を野球部でしても意味が無いので
    テレビだと99%やっていないと思われる情報を書きたいと思います。

    このまったく関係ない2つのニュース
    実は1つ共通点が有ります。

    前回少し書きましたが韓国を「ホワイト国」にしたのは
    2004年の「小泉・竹中政権」です。

    なぜ自国の領土である「竹島」を
    武力により実効支配されている国を「ホワイト国」に入れたのか?

    それは「誰か」が「金になるから」です。

    日本と韓国の「お金を得ている側」が金になるんです。

    「まぁ、これは分かった・・・と
    でも、吉本闇営業問題がなんの関係があるねん!」

    ・・・って話ですよね^^

    「吉本興業」に「クールジャパン機構」から「100億円もの公金」が投入される事は
    多分テレビでもやっていると思うので皆さんもご存知ですよね?

    「公金」・・・つまり「皆さんの税金」です。

    この「税金」が最終的にどこに行くのかを見れば良い訳です。

    一般人なら「そりゃ吉本興業に行くんでしょ?」って思われると思いますが
    流石に投資をやられている皆さんはそうは思いませんよね^^

    そう「株主」に行くんです。
    「在京5社 在阪5社 のテレビ局」と言うのは報道でも出ていると思います。

    フジ・メディア・ホールディングス 60,000株 12.13%
    日本テレビ放送網      40,000株 8.09%
    TBSテレビ          40,000株 8.09%
    テレビ朝日ホールディングス  40,000株 8.09%

    ・・・・

    テレビ東京  20,000株 4.04%
    電通  20,000株 4.04%

    ・・・・などなど、その他にも株主にテレビ局10社います。

    つまり皆さんの税金は最終的には「テレビ局」に行くんです。

    続く・・・

  • 皆さん、こんにちは。

    世間では段々ナショナリズムが問題になってきていますが
    これをどのように見るのが一番本質を捉えられるかについて
    今回はお話したいと思います^^

    「お金」を基準に分けると本質が見えてくる。
    韓国人、アメリカ人、日本人など「国」別で分けても本質は見えてこない。

    ・・・という事です。

    それでは「お金を基準分ける」とはどういう事か?

    それは「お金を摂取されている側」と、その「お金を得ている側」に分ける。
    ・・・という事。

    例えば、
    韓国人の「お金を得ている側」と日本人の「お金を得ている側」は
    「同じグループ」なので
    日本国内や韓国国内で手を結び、双方の国内で
    日本人と韓国人の「お金を摂取されている側」からお金を得る訳です。

    この方法は国家の「許可による優遇措置」や
    直接その国の「国民の税金」から得るという事。

    「許可による優遇措置」とは、
    本来支払うはずの税金を支払わないという事です。

    例えば、メディアで例えるなら
    テレビ局の電波使用料や新聞社の消費税8%据え置きなどがこれに当ります。

    この本来摂取出来る筈の負担分を国民の税金で補う。
    これは国民がメディアにお金を取られていると言う事と同じ理屈な訳です。

    このような形で税金と言う形に一度変化して
    「お金を摂取されている側」が気が付かないように
    「マネーロンダリング」的に「お金を摂取されている側」から「お金を得ている側」に
    お金は向かっているのです。

    そして「元栓」は全て「税金」なので、この元栓だけ見ていれば
    本来他をみる必要は一切無いと言う事。

    つまり「増税」だけを阻止すればその他は何も必要ないと言う事。

    逆に「増税」が阻止できなければ、他を1つずつ指摘しても
    どこから水が漏れているのか分からない為にそれは意味が無いと言う事です。

    しかし、多くの国民はこの仕組みが今一理解出来ていないので
    「社会保障の為」とか「国の借金でデフォルトになる」とか言われると
    直ぐにこの「元栓」を緩めてしまう訳です^^;

    続く・・・

  • こんにちは。

    何か米株もドル円も派手に下げだしましたねw


    安倍さん「リーマンショック級が来なければ10月に消費増税10%を決定する」

    市場「宜しい。ならばリーマンショック級をご用意いたそう」

    ・・・って感じですか?w^^

    画像をご覧下さい。

    「リーマンショック」は2008年9月からなんですが
    天井を付けたのは前月の8月。

    そしてなんか暴落開始の価格帯も今と近いw^^

    「8月からの暴落は危険」と何度か板で書いてますが
    果たして今回はどうなるか^^

    まぁ、正直上でも下でも何でもいいので
    取り合えず動けw

    いい加減こう何年も動かないとドル円に関して
    書くネタがなんにも無い^^;

本文はここまでです このページの先頭へ