ここから本文です

投稿コメント一覧 (257コメント)

  • 買い残高の大幅減少と大型サーバの将来性

     買い残高が7月26日現在 56800株になっています。一時期20万株を超えていたと思います。あくまでも私見ですが、売り方がいまだに存在していると思っております。今日パラボリックも陽転しています。
     最近のマーケットのテーマで、5Gの将来性を持ちあげております。
     3Gはパソコン並みの速度、4Gは3Gの10倍のスピードを誇ります。
     では5Gは超高速で4Gの20倍のスピードで、低遅延で自動車の自動運転が可能になるといわれています。
     そこで思うことは、情報量が異常に増え、サーバーに記録する丈量が飛躍的に増えると私は予想しています。すなわち今後ますます、大型サーバーの設置は増え、同社のHDDヘッド部品も75%を握るデファクト商品(世界の標準製品)の評価が高まると考えるのが常識的です。〝受注には一服感”と表現していますが、ITの発展とともに、米中経済戦争が続いても、減ることは無いと考えます。
     ダイカッターの将来性についても、ほとんど不安は存在しません。今日は多くの株主に知ってもらいたいので、ある情報を提供します。日本タンタングステンのライバルは我国では三菱マテリアルですが、勝負になりません。最大のライバルはスゥエーデンのサンドビックです。しかし同社のこの部門を投資会社に売ってしまっているのです。だからこそ、今後の世界シェアを半分以上に持っていきたいという話の具現化が起こる可能性が高いと思います。海外支店もブラジル支店開設でほぼワールドワイドの対応ができるようになりました。
     個人的に最大に期待している商品はタングステンカテーテルで、同社の技術の世界的評価を高める商品に成ると考えています。X線対策以外にタングステン製品が飛躍的に増える可能性を秘めています。
     8月8日第一四半期の業績発表がありますが、期待しましょう。

  • 上場会社の責任を果たしてほしい

     毎日毎日行使売りが続いているように思う。確かに資金は会社に入るが、それをどのように、しかも製品完成まで導いていくのか?
     上場時のあの威勢のいい中冨氏は今はいない。しかも彼の売値の半分以下になっても、買い戻しもしない。きちんとした姿勢を見せて、社業に励み、投資家が安心できるIRもしくは株主総会の期待が持てていない。
     利益の上がっていない、しかも期待できるIRもない企業が、役員賞与を含め受け取っていいのかとさえ思う。マザーズの在り方も議論が進んでいない。
     株主は一度たりとも会社から利益を受け取っていないことを、肝に銘じ、明日の株主総会に臨むべきである。

  • >>No. 738

    お礼と今後に思う事

     掲載感謝します。ずーと掲示板は見ていましたが、荒れた指摘や根拠が無い指摘が多く、自分自身の考えを掲載するのを控えていました。
     ぜひ、投資家の方に見ていただき体験として、武者陵司の6月14日のコメントがありますので、ご覧ください。
     https://www.youtube.com/watch?v=K8Ti324eRVY

     パウエルプットや株式本位制についての話が、具体的にわかりやすく説明されています。

     同社の役員や社員の方もご覧いただければ有難いし、投資に対しての自信につながると思います。
     同社の実際の他人の評価という面で、IFISスコアがありますので、是非調べて見てください。同社の割安度は評価86点ですが、他社でこのような数字にはなっていません。私が見た中で、同社を上回っていたのは千葉興業銀行の98点でした。
     高い例として、三菱UFJ83点・オリックス73点
     低い例として、ファーストリテイリング9点
     トヨタ55点・村田製作所61点・ソフトバンク59点
     IFISでは、他に成長性・割安度・企業規模・テクニカル・財務健全性・リビジョンに分けて、点数評価をしています。
     正直に話しますが、今回の下げでも1980円で追加購入しました。600株NISAで
    1年間の範囲内で買いました。
     信用買い残も大幅に減っており、昨日の発表では61500株の買い残で、先週比8400株減少しています。ピーク時20万株を超えていましたので、そろそろかなと考えます。
     業績については、ダイカッター、EVについては強気で会社側も見ています。あくまでも私見ですが、HDD用磁気ヘッドは会社側が“一服感”と表現しています。
     米中貿易戦争の影響を気にしていますが、ファーウエー問題は逆に大型サーバーの変更が増えるのではないかと期待しています。
     第一四半期の決算発表が出れば、期待が確信に変わるとまさに期待しています。
     何度も申し上げていますが、株価が低調な今こそ、自社株買いを実行するべきで、会社にも株主にも大きな利益をもたらすチャンスです。
     今回指摘した武者氏が申している、”株式本位制”を実践できる時です。

  • 期待以上の自社株買い

     5000万円 38300株を市場で買い付けするとすれば、一株1305円となります。
     28%を超える。
     今日はストップ高の可能性もありますが????????

  • 2019/05/25 19:12

    >>No. 223

    投稿に感謝と期待

     米国の展開は、超期待ですね。株式公開から持ち続けていますが、本当に正式承認がでれば、米国の多くの患者が期待している商品でもありますから、とんでもないことになると思います。

  • >>No. 724

    経営に問題がある?????

     具体的に説明せよ!!!!!!
     いい加減なことを言うな???????

  • >>No. 724

    何を根拠に

     貴方の投稿は何度も申し上げているが、全く根拠が無い。
     特に“希薄化が起こっている”、きちんとわかっているのか?浮動株比率は下がっているし、外国人持ち株比率は昨年から倍になっています。
     さらに、同社は金庫株も持っていますし、持ち株会でも比率が上がっています。
     大株主10位も変化がありません。
     貴方は同社の社員や役員と話したことがありますか?私は株主総会を含め、会社説明会、製品説明会に出席し、多くの方と話をしました。結構東京、大阪、福岡でも説明会を開催していますが、参加したことがありますか?????
     説得力のない投稿は止めてください。
     貴方の他社の投稿をチェックしましたが、批判ばかりで、何ら説得力がない!!!!!!!!
     批判はいいから、どうやったら株価が戻りますか???????
     もしくは下がる理由がさっぱりわからない??????

  • 売りがあるから下がるのだが?????

     今日の引け前の動き
    14:59 2010円 13200株
    14:59 2005円 13400株
    15:00 1998円 14600株
     です。
     こんな売り注文を個人が執行しますかね??????
     何度も申し上げていますが、明らかに売り介入を行っている、機関投資家が存在すると思います。株価を作為的に作っています。
     昨年もそうでしたが、業績予想が非常に悪く、失望を招き株価が下がりましたが、それ以上に下がっています。
     借株をして売れば、買い戻しをしなければ、いけない訳で、いつまでも下がるとは考えづらいです。信用買い残も大幅に減っています。下がって買い残が増えれば、ヘッジが出来ているとは思いますが・?????
     第一四半期の結果が出れば、おのずと今後のことがわかりますが、これほどまで売る理由がわかりません。
     今日の引け値で
    配当利回り:4.25%
    PER:6.55倍
    PBR:0.49倍

     更に業態は非常に有望なんですがね?????
     来週は個人的には買いを入れてみようと思います。
     最後に売り方は明らかに、この掲示板をチェックしていると思います。

  • >>No. 705

    ご指摘の件

     確かに株価がもっと上がってほしいとは、私だけでなく、だれもが思うことです。同社の社員や役員でも思っていることです。去年だと思いますが、北朝鮮問題で、核シェルターが話題になり、同社のタングステンシートに注目が集まり、380円以上の株価(株式併合前の株価で現在株価に直せば3800円位)を付けています。私は全く売りませんでした。まーへたくそなのかなー?????
     私は10年でなく20年近く、保有し、実際に株数も増やしてきました。
     旧態依然としているという指摘には、あなた自身がもっと同社を勉強してくださいと返答します。
     当初はタングステンの原料自体の魅力で投資を始めましたが、現状が同社が進歩していないというような指摘は、だれが見ても思えないでしょう。同社に対しても失礼です。
     ダイカッター・タングステンシート・タングステンカテーテル・超精密金型・HDD磁気ヘッド・EV向けの接点 他のライバル会社を貴方は理解していると思えませんね。実際に私は東京に住んでいますが、昨年の福岡で開かれた株主総会にも出席し、私も質問をしました。同社の現社長の後藤さんに関しても、同社の発展の可能性を飛躍的に高めているという、印象です。
     ダイカッターだけここでは、話します。ライバル会社はスウェーデンのサンドビックと三菱マテリアルです。どれだけ同社の特許技術が高いか理解できていますか?1億枚の保証サービスがあることをご存知ですか???どれだけ可能性が高い商品か理解していますか?現状は世界中でオムツやナプキンで使用されていますが、食品分野でも使われる可能性が高くなっています。現状の鋼鉄製のカッターでは異物混入の問題も起こっているからです。
     ご愁傷様という表現も、非常に失礼な表現で、常識のかけらも感じられません。
     貴方が株主ではないと推察しますし、私は配当だけでも毎年受け取り、満足しています。
     ただの冷やかしや、株式を保有していないのなら、投稿を止めてください。
     一応誠意をもって、今回は対応しますが、同じような意味のない投稿には今後対応しません。資金効率を心配なんて、本当に余計なお世話です!!!!!
     最後に外人の持ち株比率が昨年から倍増していることも、勉強してください。

  • >>No. 696

    併合前の株価です

     多分株主の多くの方は忘れているかもしれません。併合前に実施されています。
     説明不足で申し訳ありません。
     覚えておいてほしいことは、同社は50万株183円で、自社株買い発表後1日で福証で売買して、自社株買いを終了しました。ここでの問題は、1日でしかも福証でそもそも、趣旨が違うのではないかと、実際に同社は金庫株にしており、昨年の株主総会で一部を役員に付与しています。償却はしていません。

  • >>No. 694

    何を伝えたいのか?趣旨が理解できません

     自社株買いは、自社で決めるもので、執行値段を決めることは出来ません。株数と買い付け予定金額を同社が掲示して実行すると考えます。
     貴方は常に同社の批判ばかりですが、株主でもないのなら、ただの自己主張にしか聞こえません。
     同社が数年前多分3年前に183円で50万株実行した実績があることは、ご存知でしたか?????
     PER/PBRを無視した考えを主張するなら、まさに株価について、教えを乞うのはどうも私には理解できませんね??????

  • 自社株買いも

     現状の株価であれば、自社株買いもありです!!!!!!!!!

  • この記事がわかりやすい

    日本タングステン <6998> [東証2] が5月16日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比12.8%増の11億円に伸びたが、20年3月期は前期比8.6%減の10.1億円に減る見通しとなった。

     同時に、前期の年間配当を90円→95円(前の期は53円)に増額し、今期は前期比10円減の85円に減配する方針とした。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比60.7%減の0.6億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の5.5%→3.9%に悪化した。
     本文(私の投稿)
     問題は第一四半期がどれくらいの数字になるかです。減配を大きな問題にしている投資家は、同社の過去の状況を知らないで指摘しているだけです。中間配当は昨年度と変わらず40円を予定しています。しかも4月から5月までもう経過しているのです。その中で中間配当を変えていないのです。
     株価は明日にならなければわかりませんが、失望する売りが出るなら、どんどん売ればよいと思います。安くなれば買うだけで、同社の内容をもっと調べて理解してください。
     更にヒントとして、同社が今後ダイカッターの部門でも、世界NO1のシェアを握ることが出来るという理由だけでも研究してみてください。ライバル会社の現状をもっと調べれば、理解が深まります。
     タングステンカテーテルの世界展開や、EV向けの部品、ロボット用の溶接接点等は今後もますます伸びていきます。
     HDDヘッドはどちらに転ぶかわかりませんが、大型化に伴い需要が大幅に減るとも考えづらい。
     私は20年近く同社を保有していますが、大きな変化が迫っている有望会社であると信じています。

  • 来期予想について

     昨年も初めに大幅に予想が低かった。売り上げが100億以下でスタートしていた。着地は126億円である。
     今回の予想で売り上げは124億円 -2% 経常10億円 -10.29%となっている。
     現状の経済情勢では例年同様、もしくはそれ以上に来期はコンサバな予想になっている。米中貿易戦争、消費税問題他多くの難題があるので、会社側は正直地雷を踏みたくなかったのかもしれない。
     一方でダイカッターやタングステンカテーテルは伸びていくとも。
     同社のグローバル化は進んでいるので、十分カバーできると思うので、私見では130億円位の売り上げのブレはすぐにでも、起きるはずで、しかも同社製品の有利性を理解している投資家ならば、安心して、ここは黙って買いではないのか。
     今期のPERは予想通りであるが、今回の5円増配で配当利回りは4.07%になった(来季の会社予想は減配)。第一四半期の状況発表後、期待が持てるかどうかは、予想がつくが、これほど小型でしかも有望商品を多く持つ企業は、少ないはずで、期待しない方がおかしい。
     成長商品を持つ同社の現状を悲観的に見ることは、株式相場を理解している投資家とは思えてならない。

  • 2019/05/16 07:42

    信頼して!!!!!!

     何故株価が下がっているのか?正直理解できないでいますが、私見を述べると,空売りが入っているのは間違いないと思います。
     良い材料(今回の脊髄損傷治療)が出て、しかも薬価まで決まったのですが、年間100人程度の治療では、直接収益に貢献しないと考えて売り仕掛けたのでしょう。東証で個人の力はそれほど強くはないので、機関投資家他が注目しないと、株価が良い方向に向かわないのも事実です。
     実際に薬価1500万で100人では15億程度の売り上げにしかならないからです。
     毎年我国でも5000人の新たに脊髄損傷が、交通事故やスポーツ中あるいわ、作業中に起こっているようです。過去からの患者を考えれば、大変な人数になるはずです。
     確かに間葉系幹細胞を培養する技術が進歩すれば、画期的に患者に貢献出来、ニプロの売り上げにも貢献できるようになります。さらに札幌での人材雇用にもつながります。だからこそ、ニプロが札幌にビルを建てて、総合的に治療を行う施設を準備しました。
     IPS細胞も培養に当初苦労していましたが、多くの企業が技術を上げていますから、今後の技術の進歩は行われていく可能性が高いと考えます。
     しかも同社は人工腎臓すなわち透析では世界一の技術と透析機械実績を誇ります。人の生活が豊かになって、ぜいたくな暮らしから、肝臓の機能が悪くなるようです。
     ディスポーザブル医療機器でもテルモと並び、評価されています。
     世界中に脊髄損傷や脳梗塞他で寝たきりの人の数は、計り知れません。
     夢が現実に近ずいています!!!!!!
     しかも患者から幹細胞を取るため、副作用も見られませんから、ますます期待できる治療法です。
     PERでも割負けしていますので、今の水準は安いことに、異論はないと思います。

  • 明日は再評価の日

     明日の決算発表に期待しているからこそ、今日株価が上がった。
     増収増益、増配に期待したい。
     将来性を理解できない投資家は、早く去って欲しい。

  • >>No. 648

    弱気が市場を席巻しているが????????

     2019年3月までの状況は悪くないことは、間違いないと思います。売り上げ、利益とも予想を上回り、配当も90円から100円でしょう。
     問題は2020年3月の来期予想が弱気で発表される可能性が存在することです。
     常に同社はコンサバな印象です。
     昨年も売り上げが100億円以下で発表されましたが、毎期増額していったと記憶しています。第三四半期の達成率から想定しても、今期は増収増益を確保したと思います。
     製品のグローバル化はますます進みますから、まだまだ発展できる要素は、他社より十分持っていると考えます。
     同社の株価の評価が割安であることは事実ですし、今後まだまだ成長すると、個人的には信じています。
     16日は大期待で、私は強気で見ています。

  • 何故強く売りたいという姿勢なのか理解できない?

     PTSは開場していません。ですから値動きはありません。そもそも昨日のNHKの
    放送を見ての意見でしょうか?それで意見が”強く売りたい”と??????
     多くの人々は感動し、薬価も決まったようですし、他の病気に対する有効性を指摘しています。
     あくまでも私見ですが、これで株価が買われないのなら、日本の投資家は大人ではないという事でしょう。しかも同社はきちんと利益を毎年出しているのですから????>
     周囲の人にも脊髄損傷で苦しまれている人が多くいますし、世界規模で見れば今回のニュースをどれだけ多くの人が期待していると思います。
     しかも、同社は自分自身の間葉幹細胞を使うため、副作用の事例が全くなく、13人中12人に効果があったと報告しています。
     小野薬のオプジーボほどの広がりがあるかは、不明ですが、今ニプロがこの分野で先頭に立っているのは、疑いの余地はありません。

  • No.350

    強く買いたい

    友人からの情報ですが 今…

    2019/05/04 16:10

    友人からの情報ですが

    今朝のNHKニュースで札幌医大での治療が取り上げられており、今月から保険適応になるそうです。治療は年間100人程度、患者は損傷から1ヶ月以内だそうです!(^O^)
    これで売られるとはとても考えられませんが????????

  • 投資と投機を間違ってはいけない

     オンコリス・サンバイオ・窪田は夢を買っているだけで、実現に向けてニプロやアンジェスの状況とは大きく乖離していると考えます。
     両社とも薬価が決まれば、おのずと株価の居場所が上に変わると、考えるのが普通ではないでしょうか???連休前に株を枕にでも、間違っていないように思います。
     今回のステラミック注射は事故から31日以内でなければ、治療できないそうですが、今後培養のやり方が進展すれば、もっと多くの方が利用できるはずで、しかも患者本人の間葉系幹細胞を使うため、副作用も殆ど見られないと、報告されています。ニプロの製品は今や、世界中で使用されていますから、この治療法は多くの患者が待ち望み、しかも脳腫瘍・脳卒中・認知症への広がりも期待されているようです。今年最も期待できる事象であり、株価も大化けする可能性が高いと考えるのが、まさに常識ではないでしょうか? 
     まさに国益にもなり、大きな産業に育つ可能性も秘めています。
     ニプロは業績的な不安も乏しく、安心して投資できる株式であると考えます。

本文はここまでです このページの先頭へ