IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5785コメント)

  • 最近のテレビ新聞のニュースは、
    中国北京の深刻な公害のこと、

    これが偏西風に乗って
    2000キロ東の東京地方まで環境基準を上回る、大気汚染が現出して、

    これって3大公害病の四日市ぜんそく系?(重篤な喘息、肺ガン)、
    それから中国からの輸入米の10パーセントはカドミウム汚染米で(イタイイタイ病)、
    それからそれから中国の工場廃液による深刻な水質汚染(水俣病)

    汚染された農産物や飼料、ブロイラー(の可能性)
    −−って、自称「公害博士」!の知人が言ってましたけれど、

    こういった、超危険物質を輸入時に検出ブロックしなければならない、
    そして日本人を公害病から守れなければ重大責任を問われる厚生省の方々も、
    責任重大で、大変だなーって思いました。

    といった話は横に置いて、
    毎週木曜日20時からの、剣豪ドラマ『塚原朴電』
    先日第三回は、将軍暗殺を企てた、野党の首領『円珍』との戦い。

    、塚原卜伝役の堺雅人が
    戦棒の先に鎖の分同を仕込んだ円珍の戦闘スタイルを打ち破ることができるかーー?!

    気分すっきりと楽しめる時代劇ドラマでしたよ。

    爽快ドラマ賞!

  • エーット、また明日書きます。おやすみなさい。

  • 先日テレビCMでは、新型軽カー、スズキ・スペーシアが発売されて、
    エヌボックス、タント、のライバル車種で、
    エヌボックスより車重が100キロ軽くって、燃費が抜群で、
    最小回転半径が、4、2メートルと、小回り性抜群で、
    売り上げ一位を目指していらっしゃって、--、

    ただ、わたくし的には、欲を言えば、車高がエヌボックスより5センチ低いので、
    横に並ぶと格負けしてしまうかもしれない、
    私のわがままを言わせてもらえば、

    車高を今より7センチアップして、ボンネット位置は10センチアップ、
    これで、クオリティー存在感抜群の車が出来上がるのにーー
    --私は、そんな『S-BOX』を別注したいなーって思いましたよ。

    といった話は横に置いて、
    先日9日は、伊勢神宮外宮勾玉池舞台で、アイルランド民謡奉納演奏が行われました、
    『ダニーボーイ』や、それから、バイオリンと、ギターと、アコーディオンの原型みたいな楽器で、
    アイリッシュ民謡数曲、そして、アイルランド大使のスピーチもあって、
    なんでも、聖パトリックデーという日で、
    それからみんながみどり色のものを身に着けて、パレードしました。

    日本アイルランド友好で地元の、ゆるキャラのハナテラス姫etcいろんなゆるキャラも参加して、
    誰でも、緑色のものを持っていれば参加出来て、
    ゆったりしたパレードでしたよ。
       --以上。

  • 巷は今は年度末で、
    それからテレビ新聞で話題の定年延長制度が実施される年で、
    でも、退職者数がゼロになって、でも、新卒者は、必ず定数採用されなければならないし、

    で、理論的には、企業が大量の余剰人員を抱えることになって、
    でも、それは無理で、現実的には、毎年、新卒採用人数相当の内部リストラで、
    手法的には、リストアップした個人の業務評価を最悪点をつけて、退職推奨、
    拒む人に対しては、例えば、入所老人を虐待したとか作り話をこじつけて、証人も仕立てて、
    で、結局30歳代~50歳代リストラみたいなかんじで、大変

    って知人が話してましたけれど、(知人は、いつも話がオーバーなのであまり気にしないほうがいいかも)

    といった話は横に置いて、
    映画『きいろいゾウ』は、小説からの映画化みたいです。
    宮崎あおいと向井理が、新婚夫婦で、うきさと村でゆったりと暮らしていて、
    でも、妻のキャラクターは、月が支配する女性の生き方、を具現していて、

    それから、幸せであるはずなのに、罪悪感を抱え続けて、背中に彫り物を背負う介護ヘルパーの夫は、小説家志望。
    --本を読むみたいに、仮想現実を体験する2時間でしたよ。

  • 3人乗り自転車GO三人乗り自転車頑張れ 2008/ 4/20 23:41 [ No.1 / 504 ]

    ”3人乗りママは”国の宝”自転車で頑張る母”
     先日、新聞の記事で、自転車の3人乗りやめよう、取り締まろう、という記事が、書かれていました。
     5段抜きで、親子3人乗りの大きな写真が載っていました。
     私は、それを見て、少しムッとしました。
     なんて無神経で、厚顔な記事なんだろう、と思いました。
     あんなの、書かないでほしいです。
     いったい、何様のつもりなんですか、いったい、一生懸命に生きてる人たちを、何だと思ってるの?
     ぎりぎりのところで、一生懸命に生きてる人たちを、突き放すような記事。
     巡礼さんだと思いましょう!じろじろ見ないで、うわさをしたりしないで、でも、困ってるときには、手を差し伸べて、信号では、押しボタンを押してあげて、坂道では、買い物袋を持ってあげて、そんな人に、私はなりたい。
     二度と、マスコミで、書かないで!、言わないで!
     ということを、私は、思っていたのだけど、又、数日後、新聞記事で、
     「子育て3人乗りママ、危なくて、好ましくないとか、ヘルメット付けなさい」とか、
     ーー新聞記者さん、少しは、黙っていられないのですか?
     新聞書く人は、外野席より外だのに、どうして、そんなことが、いえるのですか?
     実際に、フィールドの、グラウンドの中で、一生懸命、子育て競技やってる人に、野外から「ヘルメットだ」「安全がどうだ」って、失礼でしょう!
     そんな、新聞記者のあなたは、まず、ボランティアで、ベビーシッターしてください!--というのが、私の感想であります。

     自転車で頑張るそんな、お母さんの背中を見て、子供達は、こいのぼりのように、元気に、よい子に育つと思います。

     3人乗り自転車元気出してGO3人乗り自転車見守ろうGO3人の自転車GO

    ちょっと ちょっと 2008/ 5/ 1 23:55 [ No.6 / 504 ]

    >それを児童虐待と言う。

    言わないって。
    確かに3人乗せての自転車の運転は危険が増えます。
    でも、スーパーに買い物に行くのに近所の人に預けるのは、実際どうかな。
    預かる方も、今は責任が問われるので嫌がるよ。
    それで子供を留守番させて、何かあったら?
    こっちの方が、親は後悔すると思う。

    頼れる人がいなお母さんって、本当に大変なんだよ。
    それなのに、3人乗りを児童虐待とか言う人達がいるんなら、子供は一人しか生まないのが無難かもね。
    頑張ってるお母さんに声援を送るどころか、責めるような声になんだかなー。


    Cheer up! 2008/ 5/17 22:21 [ No.11 / 504 ]

    元気よく行こう!


    sak*m*na*itor*simaさん
    他の投稿を検索無視リストに追加
    (投稿者のID/ニックネーム:sakuminamitorisima) 返信









    Take it easy! 2008/ 5/22 0:41 [ No.12 / 504 ]

    人は人、自分は自分、でいこう!


    sak*m*na*itor*simaさん
    他の投稿を検索無視リストに追加
    (投稿者のID/ニックネーム:sakuminamitorisima) 返信









    GOOD ON FUEL で行こう! 2008/ 5/29 0:19 [ No.13 / 504 ]

    ーーっていうか、ガソリンいらないんですけど。究極の、エコロジーだね!

    sak*m*na*itor*simaさん
    他の投稿を検索無視リストに追加
    (投稿者のID/ニックネーム:sakuminamitorisima) 返信
    エコロジー&エコノミー 2008/ 6/ 5 5:59 [ No.14 / 504 ]

    便利だしね。--

    sak*m*na*itor*simaさん
    他の投稿を検索無視リストに追加
    (投稿者のID/ニックネーム:sakuminamitorisima) 返信









    3人乗りロードレーサー・カンパーニョ仕様 2008/ 6/11 21:43 [ No.15 / 504 ]

    ーーで、宮古島とか、(北海道)道東とかを、バイシクル旅行したいね。(いつの日にかね)

    sak*m*na*itor*simaさん
    他の投稿を検索無視リストに追加
    (投稿者のID/ニックネーム:sakuminamitorisima) 返信

  • やっぱり自転車がいいね! 2008/ 6/18 21:52 [ No.16 / 504 ]

    HEAEATHY & FITNESS だよね。

    トンネルで、無灯火のクルマの人達 2008/ 6/26 0:09 [ No.17 / 504 ]

    わたくし、よく、輪行で、サイクリングに行ったりすることがあるんですが、時々ちょっと立ち止まることがあります。それは、トンネルの手前で、

    ーー自転車で、トンネルを通るのって命がけなんですよ、無灯火のドライバーが少なくなくって、自転車に全然気づかないままスレスレに走り去って行ったりします。
    クルマが無灯火だから、肩からかけた、反射ストライプも意味がないんです。!!おわり。

    常に空気を強めに入れる事が大事だよ 2008/ 7/ 2 0:44 [ No.18 / 504 ]

    空気圧が低いと、パンクして、フラットタイヤになってしまいます!
    坂の多い町ではサドル角度を調整がベター 2008/ 7/ 9 0:05 [ No.19 / 504 ]

    剛性があって、かつ車重の軽いバイシクル、ローギヤーに振ったもの、
    ーーそれはともかく、サドルの後部(幅の広いところ)が、高くなるように調整すると、坂が上りやすくなるよ!ーー

    ところで、話し変わるけど、乗鞍スカイライン、とか、立山黒部道路とかって、自転車で走れるでしょうか?
    More Power! 2008/ 7/13 22:49 [ No.20 / 504 ]

    ところで、折りたたみ自転車って、3人乗り架装できるでしょうか。
    剛性があれば、なんとか可能かな。ーー

    停止状態でこけない自転車byムラタ製作所 2008/ 7/20 21:45 [ No.21 / 504 ]

    以前、たまたまロボットエクシビションで見ました。バランス装置によって、完全停止状態でもこけない自転車。
    三人乗り自転車に装備させてほしいです。と、思いました。
    超オイルショックと、三人乗り自転車 2008/ 7/28 4:48 [ No.22 / 504 ]

    近い将来、ガソリンが全く入らない超オイルショックを想定して、三人乗り自転車を、今、制度的に、完全に否定してしまってはいけないと思いました。

    車山蓼科清里やっぱり自転車がいいね 2008/ 8/ 4 0:48 [ No.23 / 504 ]

    私は、休み取れなくてーー、でもいつか行きたいですねー。
    横岳も、登りたい。

    よさこいto阿波踊りサイクリングお遍路旅 2008/ 8/ 8 1:54 [ No.24 / 504 ]

    四国高知の「よさこい祭り」を10日に見てから、サイクリングお遍路で、室戸最御前寺廻って14日徳島の「阿波踊り」をみる。ーーというプランを立てました。でも、わたくし連休暇が取れない人なので、空想するだけですけどーー。でも、いつか行きたいなー!
    ごきげんよう。
    『GW5月5日』国内初の休暇旅行概念形成 2008/ 8/13 5:32 [ No.25 / 504 ]

    伝統文化の、『お盆と正月(欧米ではクリスマス)』ーー最近、休みでないところも多いみたい。それは、別にして、
    『休暇旅行』の概念をはじめて持ってきたのが、『五月期の、ゴールデンウイーク』だと言えるかもしれない。
    主に、製造業がラインを細切れにとめるのがかなり非効率だというところから、橋を架けて連続休みにしたーーこのあたりが、起源だろうか。新聞とかで、いつも、『さあ連休』とか、記事ネタになってることが多い。
    ーー販売、公共、サービス、小規模者とか、享受できてないところも多い。
    ほかの、一般の祝祭日についても同様かと思われる。

    3~4人乗りバイク、inアジアの途上国 2008/ 8/19 23:15 [ No.26 / 504 ]
    何かバイタリティーを、感じませんかー?
    これから伸びる国っていうかんじで、いきおいが、有りますよねー。

    スーパーカブに3~4人乗るって、エコロジーですよねー!
    それに、勿論、エコノミーだし。地に足が着いてる。
    ーー自転車もおんなじ。それに、人々がのびのび生きてるって思えるんです!。

  • 3~4人乗りバイク、inアジアの途上国 2008/ 8/19 23:38 [ No.27 / 504 ]

    以前に、よくアジアの原風景みたいな映像で見ました。何かバイタリティーを、感じませんかー?
    これから伸びる国っていうかんじで、いきおいが、有りますよねー。(勿論、現在は、アジアも、法規制されてると思いますけど、)
    でも、スーパーカブに3~4人乗るって、エコロジーですよねー!
    それに、勿論、エコノミーだし。(実際にしてはいけませんけど、仮定の話です。超オイルショックとかを想定して。)
    ーーさて、話を戻して、3人乗り自転車は、人々が生きていくためには必要だと思いマース。

    人々がのびのび生きてるって思えるんです!。

    折畳み式プジョーミニ自転車旅八十八分の5 2008/ 8/26 5:02 [ No.28 / 504 ]

    ”よさこい踊りの土佐”と”阿波踊りの阿波”の国境、室戸岬から少し徳島の方向にすすんだ場所、”ししくい温泉”、道の駅の所。リビエラっていうちょっとバブルっぽい名前のホテルで、道の駅温泉施設となっていて、上の階の客室から、すごくオーシャンビュー。で、お薦めです。
    ーーサイクリング連休のおすすめ!

    阿波踊り put aside 自転車 2008/ 8/31 23:57 [ No.29 / 504 ]

    in 徳島
    自転車は、折りたたんで、ホテルの、ルームに、置いておきましょう。
    で、桟敷席のチケットを買って、と、思ったけど、でも、今回は、ストリートでの、ちょっとアウトローっぽい阿波踊り見物、両手に、うちわを持って、モンキーダンス(ポッキー)の要領で、上下に動かし、不協和音の鐘の音で、リズムを取る、で、勿論、主役は、あの、迫力の、太鼓の音。
    ほかにも、トンボをうつ『奴たこ踊り』。とか、メダカの兄弟が、元気に、群れて泳ぐ様子を写しとった、着物姿で、下駄を、つま先たって、すらりとしたイメージの女踊りだとか、強靭な足腰の、あの、男踊りだとか、すごい熱気で、very goodでした!おわり。

    プログレッシブミニ自転車おかげ横丁炎太鼓 2008/ 9/ 6 22:19 [ No.30 / 504 ]

    わたくし、少し重要な研修あった日だけどパスして、マイエネルギーを、充電。
    ”プログレッシブ”という気に入りのミニ自転車にのって、伊勢神宮おかげ横丁へ行きましたよ。
    この日は、太鼓祭の日で、おはらい町全体が賑やかな太鼓の音であふれてました。
    炎太鼓、湯布院太鼓、高山太鼓団、三宅島、熊野、
    (年配の人が、『昭和10年頃が、ここ伊勢は、ちょうどこんな雰囲気だったんだよ』と、話してました。)
    圧巻は、なんと言っても、あの、女性3人組、パワーと感動の、『炎太鼓』、
    もうまさに、”アメノウズメノミコト”ってかんじです。
    それにためを張っているのが、霧島九面太鼓、女性太鼓グループだけど、もうすごいパワーです。
    よかった!、よかった!  おわり。

    折り畳み式プジョーミニ自転車88分の15 2008/ 9/13 22:53 [ No.31 / 504 ]

    いやだに温泉「大師の湯」ふれあいパークみのーー香川県の71番、称谷寺を降りてくると正面に、私を、迎えて待っていてくれるかんじの、温泉宿泊施設兼スポーツクラブみたいな感じで、新しい建物。ゆったりくつろげるかんじで、GOOD!この掲示板見ている人にだけ教えてあげます。
    ーー以上。
    go(5)go(5)your gold holiday!

    ミニ自転車旅八十八”ロードサイド石鎚温泉 2008/ 9/21 0:40 [ No.32 / 504 ]

    国道に沿って愛媛県の東部61番香園寺から64番前神寺へ
    サイクリングお遍路、
    道路沿いに有る、石鎚温泉、
    古くからの温泉保養施設っていう雰囲気で、
    泊まれるし、夕方自転車で走っていて薄暗い中見つかった温泉で、
    ”ほっ”としました。
    Hot Springでした。
     ーー以上。

  • お遍路ミニ自転車、白峰温泉かんぽの宿坂出 2008/ 9/28 16:44 [ No.33 / 504 ]

    80番讃岐のくに国分寺から81番白峯寺へは、400メートルの山の上で、
    西側からドライブウエイ(見晴らしが良い)を、ゆっくりと、
    折畳みプジョーミニ自転車で、のぼっていって、
    眼下に、みかん畑が広がっていて、
    珍しいみかん箱運搬用のモノレールがあって、
    ちょっとしたジェットコースターの軌道みたいで、
    ーー人間も乗れるのだろうか、面白そう
    ーーとか思っているうちにあたりはすっかり暗くなって、
    時々山の上に見える不夜城リゾートみたいにそこだけが明るい,
    かんぽの宿へ、1時間くらいで着きました。
    リゾートホテルっぽいかんじの建物で、
    天然温泉で、眼下には瀬戸大橋。ゆったりくつろげるつくりで、
    お薦めの宿です。

    GO(5)GO(5) your gold holiday!

    88ミニ自転車旅69番観音寺ホテル琴弾荘 2008/10/ 5 7:03 [ No.34 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車に乗って、
    四国八十八分の21、
    高い山の67番雲辺寺から海辺の69番観音寺へ、
    そこから琴弾八幡宮の横を通って「道の駅琴弾」のそば、
    「ホテル琴弾荘」っていう、わたくし的には、
    ”マイ・ミシュラン・ホテル”
    ーー別館が、洋室で、静かで落ち着けて、
    白砂青松のオーシャンビューで、Very goodでした!

    ミニ自転車88パークホテル三島から三角寺 2008/10/13 0:18 [ No.35 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車旅八十八、65番三角寺。

    ーー愛媛県のずっと東、香川県に差し掛かるあたり、
    国道11号ロードサイドの『パークホテル三島』は、静かな環境で落ち着けるホテルでgood!、

    で、そこからスタート、折畳み式プジョーミニ自転車に乗って東に行くと
    間もなくジャスコS・C、三島川之江I・C前とパスして
    自動車道の「上分パーキング」とクロスしてゆくあたりから
    65番三角寺(430m)への急登が始まるので、
    自転車を押したりしながら登っていくと、
    でも寺へと続く舗装された尾根道は、景色が良くて、
    視界をさえぎるものが全然なくって、かなり快適、爽快。
    眼下には、川之江の町と、海の景色がよいかんじです。
    65番三角寺を打った後は、又、来た道を降りるんだけど、ダウンヒルを一気に降りれて、良い。
    --であります。

    go(5)go(5) your Gold holiday! 


    伊勢神宮神嘗祭 「川曳き」 2008/10/17 2:06 [ No.36 / 504 ]

    伊勢神宮を流れるいずず川を、新嘗をそりに乗せて曳いて、
    伊勢神宮にお供えするお祭り、
    その前日には、阿波踊り、花笠踊り、沖縄エイサー、越中おわら風の盆、
    諏訪御柱木遣り、岸和田だんじり囃子、さんさ踊り、よさこい踊り、
    関東木遣りetc---
    たくさんの方々が、奉祝されました。
    来年は、P・M 内宮、おはらい町でも、おこなってほしいです。と、思いました。

    今年の「川曳き」担当は、「大湊曳団」でした、真っ白な法被と、
    鉢巻は、星のマークで、

    いすず川を、さかのぼって、伊勢神宮にお供えする新嘗を、
    みんなで、元気に運びました。
    っていうか、綱を持ってねって暴れて、楽しい一日でしたよ。
    大湊は、かつて、信長の時代の海軍の世界初の鉄船
    (鉄カバー船)プロダクトのところだそうです。

    神嘗祭、旧暦では「神嘗祭」で、祭日となっていたそうです。、
    11月23日だそうで、今は、勤労感謝の日になっているみたいです。

    この後、神宮内では、厚子さまとか、北白川大宮司とか、
    神宮神嘗祭がおこなわれるみたいですよ。

  • 超円高でコルナゴ、デローサブランド買い? 2008/10/25 5:48 [ No.37 / 504 ]

    サブプライム問題による、欧米発の信用不安から、
    国際投資資金の移動が起こり、ドルの買い支え予想を包含しつつ、
    ヨーロッパ、アジア通貨の為替レートの大幅ダウン、
    それに伴う超円高が形成され、
    ーーで、つまり、コルナゴ、など、
    イタリアや、フランス系のロードレーサーや、
    折畳み自転車が買い易くなるということなのでありますよ。!!

    それから、円高による、燃料価格が割安になって、
    フェリーや、長距離バスなどが、採算ラインに乗って、
    つまり、公共の航路や、バス路線が充実するので、
    折畳み自転車を持っての、輪行旅行のコース選択肢が、
    充実するということなのですよ!!

    あー、よかった、よかった。!

    ジャイブの風に乗って松山から室戸へお遍路 2008/10/30 21:03 [ No.38 / 504 ]

    秋から冬にかけては、ジャイブの風(北西風)に乗って、快速自転車旅、
    スタートは、いつも松山から。
    折畳みプジョーミニ自転車に乗って徳島経由、室戸岬をめざしましょう!(北廻り)
    そうして、後半は、また、松山に戻って、高知経由、室戸を、めざそう!(南廻り)
    でも、時々、強いアゲインストの風に出会ったなら、
    空想で、テイクオフ(離陸)
    剣部隊でGO! 
    さて、私は、一体、何を言いたいのでしょうか!

    GO(5)GO(5) your Gold Holiday!

    瀬戸内「しまなみ海道」それに、「小豆島」 2008/11/ 7 3:52 [ No.39 / 504 ]

    このエリア、自転車が『主役』だね!

    伊勢神宮旧慶光院一般公開あっ京都御所だ! 2008/11/11 22:44 [ No.40 / 504 ]

    伊勢神宮『おかげ横丁』や、赤福本店の有る、『おはらい町通り』に沿って、
    白い壁と、大きな門のところを入ると、見事な三本松と、
    その後方に、萱ぶき屋根のエントランスと、菊の紋、そして、
    『あっ京都御所だ!』、と誰かがつぶやいた建物。
    1550年後奈良天皇の書簡とか、秀吉、家康の書簡も展示されている。
    歴代皇室のお泊りのところだそうです。(今は、厚子さま)

    建物の公開は、明後日までだそうです。

    ところで、大事な三本松ですが、そのひとつが、枯れるかかってます。
    松の木は、「清めの松」といって、神道では、すごく大事な樹木で、
    重文よりもずっと大事!どうしましょう!!!--

  • 自転車旅88屋島寺ホテルマリンパレス讃岐 2008/11/18 23:52 [ No.41 / 504 ]

    四国八十八箇所84番屋島寺へ、
    折畳み式プジョーミニ自転車で、ケーブル乗り場まで行くと、
    もう、ケーブルは、営業してない様子で、
    じゃー『屋島ドライブウエイ』を上ろうと、
    料金所のところまであがっていくと、
    「自転車は、通れないよ、自動車専用なんです」との事で、
    『登山道があります。』と、教えていただいて、西の方角、
    八島小学校の横の坂を行くと、登山道登り口。
    自転車は、そこにワイヤーでつないで、

    そこから標高293メートルの屋島寺までは、綺麗に整備された登山道で、
    歩いて、快適に登ることができましたよ。

    84番屋島寺は、山の上だけど、広い、フラットな土地で、
    沢山見るところがあって、又、
    瀬戸内海の景色もよく見渡せる。

    で、ゆったり、ぐるっと散策して、
    帰りの登山道は、すっかり暗くなったけど、
    高松の夜景が綺麗で、視界がよくって、
    ヘッドランプつけなくても歩いて、降りれたかもしれない。
    (一応、点灯したけど)

    ーーで、宿泊は、ウエルシティー高松を、予定してたけれど、
    満室だったので、
    すぐお隣の、ホテルマリンパレス讃岐に、予約が取れて、
    静かで、落ち着けるホテルで、よかったです。
    場所は、高松港の近く、
    すぐそばにS・Cもあって、トレンディーかも。
    ーーで。おすすめです。

    プログレッシブミニ自転車ワイドギヤ比希望 2008/11/26 0:12 [ No.42 / 504 ]

    わたくし、最近よく乗っている、お気に入りの自転車は、
    「プログレッシブ」という名前のミニ自転車で、
    スタイルが新鮮っぽい!車重がとっても軽い!

    でも、最近気づいたのですが、急な坂が、登れない!

    トップスピードも、もっと伸ばしたい!

    ーーで、専門の方に相談してみたら、
    「マウンテン変速機に、交換すれば良い」みたいです。
    カセットスプロケットというのと、ディレイラー、
    シフトレバー、チェーン、ワイヤー、を、交換すれば良いそうです。
    で、部品は、数週間で届くみたいです。
    ますます、完成度が高くなる、バイシクルでした!

    Go(5)Go(5)Your Gold Holiday!

    54階全日空ゲートタワーホテルから葛井寺 2008/12/ 4 23:45 [ No.43 / 504 ]

    清水寺や石山寺、興福寺、
    名だたるビッグネームの
    西国33札所巡りの旅では、
    関西空港のそばのランドマークタワー
    全日空ゲートタワーホテル大阪というところに前泊して、

    翌朝の移動手段は、小さなお手頃なバイクをチョイス。
    そこから東へ、『第4番施福寺』は、
    駐車場へバイクを停めてから、登山コース。
    槙尾山を、登って、標高485メートルの所に、あります。
    山岳寺といったかんじ。

    その後、北方へ、大阪近郊の藤井寺市にある、
    『第五番葛井寺』を目指します。

    でも、その時、なかなか、葛井寺の、場所が見つからなくって、
    確かこのあたりだと思って、道行く人に、

    『くずいてらどこですか?』って聞いても、
    さあ、しらないです。っていう返事で、けっこう探して、

    そうしたら、西名阪自動車道の降り口あたりに、やっと
    『葛井寺』っていう案内掲示が見つかって、

    その掲示にしたがって、少し行くと、ちょうど、藤井寺に、あたり、
    そこの、駐車場の人に、葛井寺の文字の、地図をみせると、
    ああ、ここですよ、と、
    どうやら、葛井寺は『ふじいてら』と読むのだということが分かって、
    閉館時間までに、どうにか着くことができました。
    とにかく、よかったです。
    その日は、ハッピーエンドでした。

    Go(5) Go(5) Your Gold Holiday!

  • 伊勢参宮神の賑 2008/12/12 21:49 [ No.44 / 504 ]

    自転車サイクリングは、お休みして
    文化センター小ホールへ、
    上方落語(ちりとてちん系)聞きに行きました。

    テーマは、上方から、伊勢参宮をする落語で、
    それが、また、沢山の噺が有るようです。

    お酒飲みの二人連れ道中が、作り酒屋の前を通りかかって、
    主人と酒を、売る、売らない、の噺だとか、

    三井と言う陰陽師が、伊勢の国松阪で、泊まれるところを探して、
    ふとした、無人の荒れ家で、
    大金の縁を得て、
    それを元手に商売を始めて、大富豪になったお話とか、
    いろんな話があって、面白かったです。

    折畳み式プジョーミニ自転車旅千m雲辺寺山 2008/12/20 5:39 [ No.45 / 504 ]

    愛媛県の最東部、65番三角寺標高430メートル、を打ったあとは、
    見晴らしの良い道を、眼下に川之江の町と、海の景色を眺めながら、
    ダウンヒルを快適にくだって、平地へ、

    それから国道192号を、東へ、
    坂をのぼって行って、池田町から、徳島自動車道とクロスして、
    雲辺山927メートルをめざすと、
    山頂へと続く一本道の入り口のところが、通行止めになっていて、
    (多分、積雪か、または、山の急斜面につけられた道路が崩れているか、
    どちらかだと思うけど、)
    そこの、旗を振っている人に、自転車は、通れますか?と、聞くと、
    どうも、通れないみたいで、

    そこから少し、先にある、山麓の、雲辺山ロープウエイ乗り場を目指しました。

    で、ロープウエイに乗って、
    スノーボードを抱えた人達と一緒に、山頂へ、
    (山頂には、雲辺山スノーパークというスキー場ができている。)

    山頂で、ロープウエイを降りると、銀世界で、霧が出ていて、
    それから、雪積量もけっこうあったけれど、
    なんとか歩いて、雲辺寺に行くことが可能でしたよ。

    雲辺寺を、ゆったりめぐって、後は、
    高原の空気を感じながら

    スキーハウスで、少し遅いランチを、とって、コーヒーを飲んで、
    ゆったりできました。
    私も、上衣は、スキーウエア姿なので、光景にとけこんでました。

    見晴らし良さそうなスキー場で、
    約1000メートルの標高があるので、気温も低そうだし、
    スノーマシンと圧雪車があれば、けっこう良いスキーゲレンデかもーー。
    なんか、札幌白樺平とか、信州車山高原とか、そういったかんじだろうかーー。
    でも、霧が出ていたので、あんまりよくわからないですけどーー。多分。
                      --おわり。

    第九コンサート パワフル合唱ブラボー 2008/12/28 1:22 [ No.46 / 504 ]

    サイクリングはお休みして
    文化会館大ホールへ、第九コンサート聴きに行きました。
    県内の名だたる高校合唱クラブが集結しての第四楽章合唱は、
    メリハリの良い指揮と、良く合って、
    もう、すごいパワフルで、感動しました。ブラボー!
    涙ウルウルものでした。
    Go(5)Go(5)Your Gold Holiday!

  • ミニ自転車お遍路60番横峰寺は雪国だった 2009/ 1/ 5 0:58 [ No.47 / 504 ]

    伊予小松インター近く63番吉祥寺のそばから南へ、
    坂を上っていってずっと山あいの奥まったところに、
    60番横峰寺があります。

    ですが、案内表示で、車は現在、通れなくなっているらしく、
    道路に沿った、別院におまいりしてくださいとのこと、
    (多分、山の斜面に設けられた道路の一部が、くずれているか、
    または、積雪のため、)
    でも、歩行者は行けるそうで、

    向こうから歩いてくる、遍路の方に、自転車は、行けますか?
    と、聞くと、全然大丈夫ですよ、との旨のお話で、
    じゃー行こうとめざして、

    午後2時半頃、60番横峰寺につきました。
    こちらのコースは、全然、誰ともすれ違わなかったですけど、

    登り坂の、上部にいくと、雪が積もっていて、
    自転車を置いてから、雪の山道を少し歩くと、お寺に着きました。

    お寺は、穏やかで静かに雪が降っていて、
    通路が、綺麗に、歩けるようにされていて、thank you
    ありがとうございました。

    ホットコーヒーの自販機もあって、コーヒータイムもとれましたよ。

    60番横峰寺をうったあとは、
    もと来た道を、快適に、ダウンヒルして、
    広い
    本線の、舗装道路に出る頃には、すっかりあたりも暗くなって、

    でも、広い道路は、快適で、
    西条市からは、国道11号を、東に、三角寺のある、川之江を目指しました、

    道路沿いには、ところどころ、バス停のベンチや、
    スーパーの前とかにも、ベンチが置かれてあって、一息つきながら走って、

    そして、もう、深夜の時間帯近くになった頃、三島パークホテルに着きました。
                          ーーおしまい。

    お正月、1月連休、賑わい華やぐ町 2009/ 1/13 5:01 [ No.48 / 504 ]

    わたくしは、ずっと、自分の仕事で忙しい、というか、気分転換する時間の余裕もなくてーーでは、ごきげんよう!

    折畳みミニ自転車お遍路、松山から北条へ 2009/ 1/21 10:54 [ No.49 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車を右手にかかえて、おでかけ、
    フェリーに乗って四国、愛媛県の東予という所へ朝6時に到着して、
    そのまま直結の高速バスに乗ると、
    松山市の49番浄土寺の所で、朝7時に降りることが出来て、
    その日、一日が、すごく有効に使うことが出来ました。

    小高い丘に建つ50番繁多寺から、
    観光バスや人々で賑わう石手寺へ、
    ーーこのお寺は、『道後温泉』のそばにあります。
    そして太山寺、
    猫がのんびり日向ぼっこしている『円明寺』と、
    松山市内のお寺は、いづれも、日差しが暖かい、
    ゆったりゆとりの弘法サマといった感じの、寺々でした。

    お寺を巡ってから、海岸沿いの道を、北東
    サイクリング、
    北条にある、道の駅、『風早の郷風和里』に着いて、
    そこのすぐ前が、すばらしいビーチになっていて、
    ビーチサイドの喫茶レストランで、
    ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。
    (お薦めのロケーションです)       --以上。

  • 伊勢神宮宇治橋渡納之証 2009/ 1/30 0:59 [ No.50 / 504 ]

    プログレッシブというミニ自転車に乗って伊勢神宮内宮に行ってきました。

    おはらい町通りは、一月中は、お正月の賑わいで、
    赤福本店とかも、買い物の人達で、行列ができていました。

    内宮入り口にかかる、伊勢神宮宇治橋
    (京都嵐山渡月橋みたいな景色。大きな、木造アーチ型の橋)
    では、
    遷宮に向けて、20年毎の架け替えのための、
    渡り納めがおこなわれていて、
    橋を渡ったところで、記帳をすると、
    『宇治橋渡り納めの証』というのがいただけました。

    『伊勢』と書いてある袋に入っていて、
    中身は、説明と、証の裏面には、
    朱色で、護符みたいな絵文字が書かれている。

    『遷宮』と言うのは、神宮の神殿、調度品一切を、
    20年事に、建て替え、作り変え、する行事で、
    本殿が、東から西へ、移ります、
    究極の風水らしい。
    これで、国家の、活気を呼び込みます。

    遷宮は、千年以上も営みを続けてきた行事で、
    世界に沢山残っている過去に何らかの民族が作っ
    建造物とは、又別のもの、
    生きている、営みを続けている建造物といえる。

    宇治橋の建て替え時期が、
    ちょうど、20年周期で、いつ建て替えるかのタイミングにおける、
    ジャストな時期みたいですよ。

    2月1日の夕方には、渡り納め式が行われるみたいです。
                          --以上。

    遍路40番観自在寺あっ重戦闘機紫電改展示 2009/ 2/ 7 0:53 [ No.51 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車に乗って、
    松山から南回りの逆うちルートで、高知を目指して、
    愛媛と高知の県境、40番観自在寺のある御荘町、
    国道沿い、ホテルサンパールのそばで、
    『紫電改展示』の看板が視界に入りました。

    エッ!紫電改といえば、
    第二次世界大戦末期に、世界最強をうたった、あの、憧れの、重戦闘機!
    豊後水道に沈んでいたのを、引き上げられたのだそうです。

    大きくて、迫力の有る機体。もう感激でした。
    88箇所も、こんなサプライズを隠してたなんて。!

    ーー戦争のときも、定額給付金みたいに、この戦闘機を大量に給付すれば、
    きっと勝たせてあげれたでしょう。
    っていうか、きちんと武器を与えて、勝たせて上げなくては駄目でしょう!

    といったことを思った今日このごろでした。
              ーーおしまい。

    プジョーミニ自転車お遍路満月と大岐ビーチ 2009/ 2/15 23:31 [ No.52 / 504 ]

    大きめな『ホテル・サンパール』を朝に発って、
    折畳みプジョーミニ自転車で、
    四国の西海岸、愛媛県と高知県の境、愛南町付近
    『40番観自在寺』を打って、
    東へ、

    中村市を目指して、『39番、延光寺、』
    それから、四万十川に沿ってサイクリング、
    土佐清水、足摺岬(観自在寺)をめざしました。

    四万十川に差し掛かったところで、日暮れたけど、
    左に四万十川を眺めて、堤防を走って、
    それから、又、少し、山間部に入って、トンネルとか通って、

    もう時間は、20時ころで、いつになく冷え込みがきびしいかんじで、
    それで、100円ショップで買ってあったレインウエアーを、2枚重ね着して、
    自販機のホットコ
    ヒー買って、
    そうしたら、あったまって、ひと心地ついて、
    あと少し走ったら、海が見える景色のところに到って、
    その日はちょうど満月で、
    白い砂浜と海の景色がとてもきれいでした。

    『大岐ビーチ』というところで、サーフスポットみたいですが、
    そこの海岸沿いにある、『大岐マリン』というペンションに泊まりました。
    新しい建物で、窓から海が見えて、おすすめの宿泊スポットです。
                          --以上。

  • 垂直梯子10m45番岩屋寺は鎖場だった! 2009/ 2/23 21:52 [ No.55 / 504 ]

    四国88ヶ所、お遍路旅、ーー

    折畳み式プジョーミニ自転車に乗って、
    愛媛県松山から逆打ちコースで高知を目指しました。

    夜行のフェリーから、早朝の高速バスへと乗り継いで、
    朝7時に、松山市の東部、『49番浄土寺』のところに到着しました。
    そこで、バスを降りて、

    それから、折畳み自転車を広げて、スタート

    48番、47番、46番と、逆打ちコースで、
    南の山間部へ自転車で上っていって、国道33号線の高所、三坂峠
    (標高720メートル)
    を、超えてからは、今度は下り阪で、

    それから、又、久万役場のところからは、のぼり阪で、
    坂を、だんだん上っていくと、
    久万高原の45番岩屋寺の駐車場のところに着きます。
    (その日の、14時40分頃着きましたよ)

    駐車場のところに自転車を置いて、
    そこからは、山道を歩くことになります。

    水筒のかわりに、
    そばの、自動販売機の蓋付き缶ジュースをひとつ買って、
    後ろポケットにしまってから、そこからは、『山道』ウオーキングで、

    道の両脇に、地場のおみやげ物を売ってる売店が、並んでいて、
    (帰りに、又見よう)

    そこを通り抜けて、20~30分歩くと、45番岩屋寺にたどり着きました。

    岩屋寺は、山の、岩場といったかんじで、本堂等におまいりして、
    すぐそばに、上方を見ると

    少し高いところに岩をくりぬいたようなスペースと、
    そこに至る、高さ10メートルくらいの、『垂直の梯子』が架けられていて、
    ちょっと怖そうだけど、昇るときっと見晴らしよさそうで、

    多分昔の修験僧が、そこで修行したのかも知れない。
    『そうだ、これは、私も、必ずあがらなくては、いけないかもしれない!』
    そう思った私は、

    ーーで、修験僧みたいに、精神を集中して、下を見ないで、
    何とかあがることができました。

    ちょうど、そのときに、顔見知りの、
    BD-1(ミニ自転車)の、方と会ったので、
    その人も上りたいけど、右手に小さな袋持って
    る為、上れないようで、

    『その袋を、ベルトの、後ろにくくればいいかも、』
    と、教えてあげたら、そのとおりにされて、その方も、上ってみえました。

    私は、そこにあがることができて、
    なんだか修験僧になった気分で、楽しかったです。
                     --おしまい。


    四国88ヶ所お遍路旅38番足摺岬金剛福寺 2009/ 3/ 3 21:43 [ No.58 / 504 ]

    白い砂浜のペンション『大岐マリン』を発って
    足摺半島の東岸を、
    窪津の、小さな港を見下ろす急な登り坂のところを、
    低いギアーでゆっくりゆっくりと昇っていって、

    それから森の中の道を、
    折畳みプジョーミニ自転車でしばらく走っていって、

    お昼前には、足摺岬の灯台のところにつきました。
    灯台から道を挟んで、陸地のほうが38番金剛福寺で、
    観光地で、
    参拝する人も沢山いらっしゃって、

    それから、岬を散策して、断崖の下には、
    波と、黒潮の海と、
    散策路には、おみやげ物屋さんや、南国っぽい樹木と、
    あたたかい日差しで、
    ここに来ると、南国土佐といったかんじで、

    それから足摺半島を西へ、土佐清水を目指します。

    折畳みプジョーミニ自転車で、1時間くらい走ったところが、
    『黒潮(日本海流)再接近地点』で、
    高いところを走る道路から、黒潮の海の、
    海流の速い流れが、手にとるように
    えて、
    そのすごいエネルギーに感心しましたよ。!

    黒潮は、幅100キロメートル、深さ1000メートルに及ぶ、
    海流の、速い流れで、
    ーーきっと、これの、黒潮の、凄いパワーのほんの一部を利用しただけで、

    きっとエネルギー問題なんか、すぐに解決できるでしょう!
    ーーと、思いました。
            ーーおしまい。
    GO(5)GO(5)Your Gold Holiday!

  • 春の小旅行、選択肢は『小さなバイク』 2009/ 3/ 6 20:35 [ No.59 / 504 ]

    西国33箇所お遍路、長谷寺、奈良興福寺南円堂
    (五重塔のそば、少し先には、東大寺二月堂
    ーー清水の舞台みたいなところ、夜には、タイマツを焚いたお水取りが見られるよ)

    旅の足は、小さなバイク。

    ここ数年、なにか、
    1000ccくらいの大きなバイクを、よく見かけるようになって、
    と思ったら、しばらくして、そういったバイクにも、
    駐車違反規定が厳しくなって、
    それから、又、ライダーの人が、
    ツーリング先でのバイクのおき場所を探さなくてはならなくて、
    そういう障壁のために、
    そういったビッグ・バイクを手放す人も少なくないみたいですけど、

    私は、バイクは、小さいほうがいいと思うのです。
    自転車とおなじサイズのバイク、長さも幅も、自転車と同じくらい。

    私が、旅の足にチョイスしたのは、CBR150って言うバイクです。
    小っちゃくってかわいくて、
    でも、カウリングも、ちゃんと『CBR』してます。
    150ccで、ちゃんと高速道路も走れます。
    7リットルタンクで300キロ走れます。

    オートバイメーカーさんも、こんなちっちゃなバイクを数々つくればいいのに、
    例えば『カワサキKSR130ロード・ミニカウル』とか、
    そういったバイクを作ってほしいのです。
    では、バイクメーカーさんよろしく、がんばってください!
                           --以上。

    お遍路ミニ自転車、久万高原から内子大洲へ 2009/ 3/14 22:30 [ No.60 / 504 ]

    四国松山の南、久万高原にある45番岩屋寺(標高650メートル)
    を打った後さらに南の方角へ、面河川に沿って『道の駅みかわ』、
    それから西へ、

    折畳みプジョーミニ自転車で1時間くらい走ると
    国道33号と380号に交わる伊予落合に、目的のミニホテルはありました。

    でも、人の気配が全然なくって、
    どうやらオフシーズンの為営業されてないみたいで、

    でももうあたりは暗くなってきて、
    周囲にファミレスとか、コンビニとかもなくって、勿論ほかにホテルも無くって、

    気候は空から雪がちらほら降っているかんじで、

    『ーーでも、まあ一休みしましょう』と、ひとりごと言って、
    ホテルの前にある自販機の、100パーセントジュースと、ホットコーヒー
    を買って、飲んで、ゆったり一息ついて。

    ーーじゃー少し遠いけれど、国道380号の真弓峠を越えて、
    幹線国道や鉄道の通る、『内子、大洲』を目指そうかなと思いました。

    走り出した380号は、広い快適な2車線の道路で、
    しばらく少し坂を上っていくと、信号のところで、道が二手になっていて、
    地図では、左かなーと思えるけど、でも、直進が正しいという勘も働き、

    その場所で、30分間くらい、車が通りかかるのを待って、
    車の人に、『内子へ行くのははどちらですか』と聞くと、
    『まっすぐです』との事で、
    坂を上っていって、峠を越えて、

    それから先は、少し狭い道路だったけど、とくに問題なく
    時間は遅くなったけれど、内子、大洲方面に行くことができましたよ。
    めでたしめでたし。
              ーー以上。

  • 四国88ヶ所金泉寺、観覧車コレクション? 2009/ 3/23 1:00 [ No.61 / 504 ]

    高速バスで明石海峡大橋を渡って四国へ、
    バスは鳴門インターを降りた、最初のバスストップで降車、
    折畳みプジョーミニ自転車を広げてから、

    霊山寺、極楽寺、
    それから、金泉寺へ向かう旧道沿いに雑貨屋さんがあって、

    そこで缶コーヒーを買って一休み、
    そこの軒先で見つけたもの、なんと、カワイイ観覧車が!、
    コインを入れて起動するみたい、
    その横には、小さなメリーゴーランドみたいなコーヒーカップ、
    もう、持って帰ってコレクションしたいなー、
    いくらくらいで譲っていただけるだろうかなー、

    昭和に作られた2つのメルヘンな乗り物は、錆びていて、
    多分もう動かないみたいだけど、
    折畳みプジョーミニ自転車お遍路の旅は、発見がいっぱい。

    ユーズドの車屋さんには、昔風の、小さな軽カー、
    確か、ホンダステップバン、マックスハードトップ、
    ミニカスキッパー、スバルビビオオープントップ2+2シーター、
    もう、みんな持って帰ってコレクションしたい!!、
    と思ったけれど、

    ーーとんでもない、わたくしは、お遍路している途中、
    そんな邪心をいだいても駄目である。
    でも乗り物が好きなわたくしは、例えば
    『新型のフェアレディZ』を店頭に置かれているのが目に入ると、

    『あーこれを、別注で2+2シーター車注文して、
    ハイブリット仕様にして、ビバリーヒルズで乗りたいなー、

    それで、たまたま、道ですれ違ったシュワちゃんが、
    ”オーこれはワンダフル”!といえば、プレゼントしてあげよう。』
    っいうか、このフェアレディZ2+2ハイブリッド、

    この不況下の気分転換にL.Aの
    が沢山購入して
    ビバリーヒルズのS・Cの駐車場あたりでは、
    ベンツを上回ってこの車がきっと過半数を占めるでしょう!

    ーーって話は、飛躍してしまって、
    個性的なな空想は限りなく広がるのでした。
                --以上。

    菜の花サイクリング”東京から海のバイパス 2009/ 3/29 21:03 [ No.62 / 504 ]

    プログレッシブという名前のミニ自転車を右手に抱えてフェリーでお散歩、
    愛知県伊良湖岬へ菜の花サイクリングに行ってきました。
    岬から、道路を左手へ、

    三河湾に沿って、ランドマークの伊良湖ガーデンホテルの前の
    快適な二車線の道路沿いには、黄色の菜の花が一面に咲いていて、
    菜の花祭りの広域イベントのフィナーレで、訪れる人も沢山、

    沿道のレストランやホテルの食事は、みんな

  • 伊勢神宮おかげ横丁お花見散歩白鵬守武西行 2009/ 4/ 6 0:27 [ No.63 / 504 ]

    仕事が休みの、この日は、なんだか体調よくないけど、でも
    お散歩日和で、歩いて出かけました。
    この日は、たまたま伊勢神宮奉納相撲の日で、

    場所は、『おかげ横丁』すぐそばの『神宮会館』(ホテル)
    の敷地の坂を少し上がったところが、『神宮相撲場』で、
    私が行くとちょうど、
    横綱白鵬の土俵入りの所でした。

    (神宮会館は、『俳句』の祖『荒木田守武』の旧宅のあったところです。)

    土俵入りの後、私は、すぐに、坂をおりて、『おかげ横丁』に行くと、そこでは
    ちょうど桶太鼓の太鼓演奏中で、よいタイミング
    (でも、遠方からの人を前に入れてあげようっと)

    それから『赤福本店』の横のせこ路地から、
    清流『五十鈴川』沿いに出ると、『お花見の宴?』桜が満開で、
    白壁に沿って、
    『伊勢うどん』や、『みつだんご』や、『さめのたれ』、
    屋台のお店が沢山並んでいて良く賑わってました。

    五十鈴川に沿って、桜のこの道を下流に行くと、河川敷には駐車場が
    ずっと体育館、競技場、西行谷のほうまでつづいています。

    私は、花よりみつ団子を食べて、
    それから、神宮会館に戻ると、朝青龍が相撲をとっていて、
    相撲の後、ニコニコと、沢山のファンに囲まれて、サインをしていらっしゃいました。

    相撲見を終えて、--この日は、気候も良くて、
    『おはらい町』も、いつものように沢山の人々でよく賑わっていました、
    今流行の『カラータイツ&ルーズ系ミニ』のファッションをよく見かけましたよ。
               --以上。

    GO(5)GO(5)your Gold Holiday!

    お遍路ミニ自転車旅土佐高知海の道フェリー 2009/ 4/13 5:47 [ No.64 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車に乗って、逆打ちコースで、
    高知市内33番雪けい寺から32番禅師峰寺へは
    長浜から種崎まで超小型フェリーで結ばれています。

    フェリー乗り場へ至る道路は、
    狭い道だけど、古くからの幹線道路といったかんじで、
    昔からの小さな個人商店が道路沿いに見られます。

    フェリーの時間を待ってる間に、自転車で、お買い物、
    菓子パンを買って、

    フェリーに乗って、自転車を横にしてから、

    フェリーの湾内の景色見ながら、
    風のかげに座って、ゆったりしていると、
    20分くらいで、対岸の種崎に着きましたよ。

    高知市には、こんなに趣のある、古くからの海の道があったんだな

    と、分かりました。
              ーー以上。

  • ミニバイク長距離フェリーEMILY 2009/ 4/21 6:22 [ No.65 / 504 ]

    気候が暖かくなって、旅行に良い季節
    ーーということで、
    長距離フェリーに飛び乗って、南の鹿児島県へ、

    志布志港からミニバイクで西へ走って1時間くらいで、
    220号線に沿って鹿屋航空基地資料館というのがあって、
    そこに大きな飛行艇(二式大艇エミリー)
    というのが、巨大オブジェみたいなかんじで、カーキ色の空飛ぶ軍艦って表現で、
    手作り感があって、すごい!

    こんな飛行艇に乗って南の島々を、クルーズ旅行したいなーと思いました。

    豪華客船の世界クルーズより、(勿論それもいいと思うけど)
    それよりずっと100倍楽しいかも、
    新明和という飛行機メーカーみたいだけど、別注で作ってくれるのだろうかーー。
    といったことを考えながら、そこの食堂で、『海軍カレー』というのを注文して(全然普通のカレーでしたよ、
    昔は、肉じゃがと同じ材料で作れるので、便利だったそうです。)
    でも、それが、今の普通に一般に食べているカレーライスの原型となったんだなーって、納得しました。
       --以上。

    ゴールデン・ウイークって何でしょう? 2009/ 4/28 23:40 [ No.66 / 504 ]

    って、友達が言ってました。
    友達は、介護施設の労働者なんですけど、働き始めてから、4年間、ずっと、
    お正月も、GWもなかったみたいです。2日続けて休むのも難しいそうでした。

    TVとかでは、GWって、大はしゃぎしていらっしゃるけど、
    逆に、とっても憂鬱な気分の人も、少なくなくって、
    人口で言うと半分くらいの人達が、土日も働いてるみたいですよ。

    ただ、東京を例にとると、東京は、事務職集中都市だから、
    カレンダー通りに休める人が多いみたいだけど。
    ーーそうか、これは、孫子の謀攻篇、民を分裂させる作戦なのだ!
    (何それ?映画赤壁レッドクリフの見すぎ!)


    折畳みプジョーミニ自転車お遍路青龍寺へ 2009/ 4/29 0:35 [ No.67 / 504 ]

    折畳みプジョーミニ自転車に乗って、
    四国の南端、『38番金剛福寺』(足摺岬)から、
    高知市エリア『青龍寺』までは、地図で見てもけっこう長い距離で、

    『金剛福寺』から土佐清水、四万十川下流を経て中村市へ、

    その頃には、もうあたりは暗くなって、
    右手に、海岸の気配を感じながら一昼夜走り続けて(これは冗談)
    翌日の午前中に『37番岩本寺』を打つことができて、

    それから須崎を通って浦ノ内湾の北岸を宇佐へ、
    宇佐大橋を渡って『36番青龍寺』のそばまで着いた頃には、夜になっていて、

    海岸沿いの道の駅みたいなところで、自販機でコーヒー買って一息ついて、
    それから黒潮ラインドライブウエイの道を、坂道をどしどし上がっていって、

    道路は、快適な2車線のドライブウエイで雨と、風が激しくて、
    雨カッパのフードをニット帽の内側に巻き込んで吹けないようにして、
    アンダーの裾も靴下で覆ってばたばたしないようにして、

    そうしたら、静かに、穏やかになって、
    しばらく走ったら、高台にある『国民宿舎土佐』に到着しました。

    国民宿舎土佐は、嵐の中のオアシスっていうかんじで、
    見晴らしも良くて、とても快適でした。
           ーー以上。

本文はここまでです このページの先頭へ