ここから本文です

投稿コメント一覧 (35コメント)

  • 本日発行のヴェリタス読んでたら、マクセル社長のインタビュー記事があり、中期計画で20年度と書かれていた年度が21年3月期であることが確定しました。
    …ということは、配当性向100%以上施策は、もう1回あるという認識でいいはず。
    また、自己資本の圧縮を強く意識しているようで、ROE6%以上を目指すと強く書かれており、次のサプライズが近そう。
    3月に買収した日産・ルノ-・フォード向けの充電池の材料の発露が待たれますね。

    配当落ち日に購入し、その後ナンピンしたホルダーより。

  • 粉飾決算の疑いがあるんですか?
    どおりで、上値が重いわけですね。決算発表で、逆サプライズがないことを祈りたいです。。

  • 電子書店のランキングをみると、昨年末くらいから、異世界転生などのラノベのコミカライズが、上位にたくさん入ってきているようだけど、なんでここは、下げ止まらないのか、理解ができない。決算で、業績が良いことが確認されたら、どうすんでしょ。

  • 受注残について書かれている方がいましたので、カキコします。
    2018年1Q 709,239(千円)、2Q 2,492,756(千円)、3Q 1,476,846(千円)、4Q 1,877,194(千円)。そして今回の1Qで2,638,887(千円)。
    受注残の推移だけみても、現在の企業活動が活況である確度は高そうです。

    今後…米中貿易戦争の絡みで、中国側が行う、国策としての液晶ディスプレイ投資に陰りがでるかもしれませんが、現時点では中国が折れる可能性はない、という報道しかでておらず、米国も経済への影響が明るみとなったため矛を収めようとしてます。
    3月1日の米中貿易協議が無事軟着陸して、中国ハイテク2025が無傷で済んだ場合は、3回くらいは最低でもストップ高をしてくれないと困ります。
    大口様、よろしくお願いいたします。


  • 株価2110円 PER6.17倍(四季報19年9月※予想EPS341.85円) PBR1.37倍 配当予想:0.71% 時価総額240億

    日経平均株価が大暴落となった11日(木)の、2日前の9日(火)に2018年9月期本決算の大幅上方修正を発表したため、10日に株価は寄り天となる2379円をつけた後は、11日の大暴落に巻き込まれて真っ逆さまの下落となり、上方修正前の株価付近まで戻ってしまった。。。

    肝心のその数字はというと――――、従来見通しであった売上22,000(百万円)を →22,700(百万円)、営業利益を3,000(百万円)から →4,400(百万円)、EPSを209円 →313円とし、1.5倍もの大幅増益率であった!

    その理由を同社は「中国向け第10.5 世代および第 11 世代用フォトマスクの売上が増加したこと」、と発表している。しかしこの会社発表は、はっきり…不十分だと言わざるをえない。売上の上方修正分はたったの7億円であり、伸びたのは利益だったからである。ちなみに4Qだけを切り取ると、売上6,904(百万円)、営業利益は2,009(百万円)であった。営業利益率は驚異の29%にもなっている。

    勝手に推察するに、4Qに関しては「中国の大型液晶パネルの設備投資意欲が、想定以上に強く、この利益率がよかった」ということだろう。…そうなると現在、米国との貿易戦争がヒートアップしつつある同国のことである。これは先行きが非常に心配となるところだが、

    その翌日、会社四季報オンラインは同社の2019年9月期決算予想数字を、売上26,000(百万円)、営業利益を4,900(百万円)、EPSを342円と出してきた。

    このなかで特筆すべきポイントは、売上の伸長率である。これが達成できるとすれば、営業利益率を仮に3Qと4Qの平均である25%と設定した場合、営業利益6500(百万円)、経常利益6700(百万円)、純利益4791(百万円)、EPSは447円あたりが想定できてしまう。そうなればPERは、現在株価で驚異の4.72倍だ。これだけ売上含め業績が堅調である同社に、この株価評価はないだろう。

    同社は、もともと2017年9月期に大型設備投資をしている関係で、今期、来期は収穫期にあたる予定であった。加えて、中国の設備投資計画の時期と重なる、2019年度の売上予想は高くなるのが計画通りということだろう。よってこのまま中国勢のパネル投資が高水準を維持するならば、前述したEPSが実現する公算は大きい。

    同社の取引先には、中国最大手のパネルメーカーであるBOEテクノロジーグループ(京東方科技集団)、そして2番手CSOT(チャイナスター)がたびたび登場する。この背景には、経済成長の「量から質への転換」をめざす中国政府の方針がはっきりみえており、政府の後押しを受けた国策事業「中国製造2025」の存在がある。

    現在、中国の主要5社により、2018年以降の3年間で計5兆円規模の工場新設計画が動いているという。パネル市場は中国勢がすべてをのみ込む勢いだ。
    危惧する点を挙げるならば、現在は大型パネルの供給過剰状態であることは確実で、販売単価が下落する中での、「中国製造2025計画」を実行するためだけの強引な設備投資であること。それと、中国と米国の貿易戦争に、まるで終結の目途が立っていない事だろうか。ただ、中国の習近平主席が推進する「中国製造2025」が止む兆しがない以上、同社の業績も右肩上がりの推移となりそうだ。

  • 会社四季報の更新で、ずいぶん大きく上方してますねー。まだ、決算のたびにどんどん上方修正していく事業環境なんだろうか!?
    どなたかお詳しい方いたら教えてくださいー。来期のperは、自己株式を外すといま10倍ちょいてす

  • 業績もナイスですよー。
    テレビCMうったからあんまり利益が増えてないようにみえますが、、、
    期末に利益が多く出るみたいなので、楽しみですねー!頑張れ、ライクキッズネクスト!

  • No.957

    強く買いたい

    18.5予 15,500 1,…

    2018/02/22 13:18

    18.5予 15,500 1,100 800 900 31.8 2  EPS18(旧四季報+会社予想)
    19.5予 16,200 1,250 950 950 33.6 2  EPS26

  • 2018/02/22 13:09

    どうも四季報銘柄になってたらしい!みなさま四季報オンラインに注目です!

  • EBITDAみたら、1Qで通期の営業利益を越えてる。どんだけ会社は弱気なんだろ。とりあえず、ものすごく割安なのは間違いないよう

  • No.501

    強く買いたい

    ttp://www.ogura…

    2018/02/12 02:14

    ttp://www.oguraclutch.co.jp/product/helpful/app/hoji.html

    産業用ロボットのアームのブレーキに使われてる模様。
    ファナックとか、安川電機だったら、フィーバーになりますね。
    単純に決算期待でもいいと思います。下期為替レートドル円で、105円のようです。13日の引けの決算に期待です

  • 月曜にトランプさんが、インフラ投資1、5兆ドルの詳細を話すようです。米国に子会社があるこの会社は期待してます!

  • ほんと、PTSどういう人が売ってるんだろ。。

  • 株主総会資料に量産体制の確立と書いてますね!総会行かれる方、ぜひ書き込みをお願いしまーす

  • ここのICタグでお詳しい方いらっしゃいましたら情報を、上げていただければ嬉しいです。会社HPに載ってる情報などそろそろ収益化などの方向性が出てこないかな、と思い投稿しました。小さいタグみたいで、どんな感じで使われるのか?いつから収益化が始まるのか楽しみです!
    ちなみに同社は今回の会社四季報業績予想更新銘柄の筆頭と思い、ホールドしてますー。

  • こんな不安定な地合いで上がり続ける、ヤマハ発動機はすごいですね! 配当性向30%なので、次の決算でも上方、増配が出るといいな!
    スズキのバイクもそうですが、アセアンあたりのタイ、インドネシア、フィリピンとかで、高価格帯の2輪が売れているようで、この流れはすぐには止まらないとみました!

  • 2017/05/15 00:16

    いまごろ掲示板みたけど、ずいぶん賑やかになっててうれしいな。

    2017年度本決算で、売上95,911百万円、営業利益5,788百万円、純利益1,767百万。
    当期純利益に関しては1,100百万→1,767百万と、60%もの上方修正となっており、、
    なぜに会社は上方修正をださなかったのか理解に苦しむほど素晴らしい決算だった。
    今年度の2018年度の売上予想は売上103,000百万、営業利益6,200百万、純利益3,600百万、
    EPS124.03と出しているが、自己株式を含んでおりこれを外すと
    EPS137.5円となるはず。
    ようするに今年度のPERは実質6.52倍となる見込み。

    決算短信をみると、今期は自動運転(ADAS)などの基盤、中華系メーカーへのスマホ基盤の2大柱が
    順調に伸びる、との記載があったが、このあたりは5月19日の機関投資家向けの決算説明会
    (即日HPに公開するらしい)に期待ですね!

    自動車向けのプリント基板を手がける同業他社の決算をみてみると
    上方修正後、ナイスに上がってた日本CMK(6958)東証1部が
    メイコーと同じく12日(金)に本決算を発表してて
    18年の売上予測、売上80,000百万、営業利益4,000百万、純利益3,000百万、EPSは50.68円。
    株価は現在819円で今期のPERは16.2倍とだしている。

    日本CMKはPER20倍程度まで買われる傾向があるので、まだ上値を追えるとも思うが、
    売上も営業利益も、日本CMKよりも勝るメイコー(6787)が今期PER6.52倍であるのは
    さすがに水準訂正が起こるのではないかと思う。
    これは、あまりに大きすぎる大赤字からのV字回復が市場で認識されていないこと、
    決算のたびに為替差損(円安でのデリバティブ特損)を繰り返してきた負の歴史がこう
    させているのだろうか…。

    karauriネットを見ると、同社にはモルガンスタンレーMUFG証券、OXAMが合計50万株ほど
    売りポジションで入っているが、日本CMKに入ったJPモルガンのように、しだいに損切して撤退していく
    といいな…。これらも上昇の燃料になるか行方を楽しみにみたいところです!

    月曜日に様子をみながら買い増したいが、どうなるだろうか。。

  • 売上はけっこう計画線で伸びているんですね。
    ただ、のれん代があるからなんででしょうか?セグメントの売上を単純に足すと
    会社が出した売上よりももっと大きいです。
    3Qで美容は、24、545、039千円。
    メディアコンサル 9,516,472千円
    システム開発 662,444千円
    3Q売上合計は、34,723,955千円となりました(汗
    このあたり、詳しい方お願いいたします。

    利益については、グローバルブリエ(GB)の500人の給与支払いで月980百万らしく、まあ1億だとして9月から12月までざっと4億円。それとGBに3.5億円の貸し付け。 あとジンにスポンサー支援で2億。
    よって今期は合計-9.5億円。ただ、12月21日に法人税の還付金が5億入ったんで
    利益のプラマイは-4.5億。
    これは3Qの最終利益がちょいマイナスになるはずだ。。

    しかし、前のコメントで書いている方がいましたが、未消化役務は減っていますね!
    2Qから7億ちょいしか増えてない!2Qの美容脱毛の売り上げは、167億で
    3Q時点で245億ということは、3ヶ月で78億あるわけなので10分の1しかなくなってる。
    これはいい傾向だと思いました。
    それで、じゃんじゃん買収モードに入ったんでしょうか。。

    しかし、2Qに25.7億あった現金が6.6億しかなくなったのはなんででしょ?
    これは、2月22日の不二ビューティの買収で54億ちょい必要なので手付金で
    支払ったのかな。。

    また通期予想は据え置きましたが、昨年みたいに1-3月4Qで、利益がドーンと
    増えるということなんでしょうかね?
    男性なのでわかりませんが、この業態は4Qで新規顧客がいっぱい入ってくるんでしょうかね!?
    まぁこの会社は株価を意識してそうなので、達成してきそうではありますね。

    また来期の18年度は、GBの売上41億と、不二ビューティの売上が120億くらい
    載ってくることを考えると、四季報の数字はすさまじくなりそう。。

    可能なら不二ビューティの買収キャッシュは、銀行から借りてほしいーーな。

本文はここまでです このページの先頭へ