ここから本文です

投稿コメント一覧 (693コメント)

  • 進捗率は売上も利益も1Qで約25%と何も問題なし
    電子書籍は後半の方が伸びるからこのまま普通に行けば
    通期では売上も利益も会社予想より上ブレするでしょう

    Twitterの反応見ると外注費の激増を懸念してる人が多いけど
    これはYahooへの上納金だからある程度取られるのは仕方ない
    Yahooブックストアの客を丸ごと貰ったわけだし
    Yahooからの出向者の人件費もYahoo持ちだからね

    ただ欲を言えば、利益をもう5千万は残してほしかったなぁ
    個人投資家が多い銘柄は減益という響きを異常に嫌がるから
    一時的にぶん投げられるのも仕方ないが
    決算ギャンブルのド近眼投資家が投げ終われば
    じきに反転するのではないか
    サプライズは無かったが普通に予定通り順調なので
    長期目線の老眼投資家は後半の巻き返しに期待するとします

  • 去年の大相場の再来となるなら、まだ山の五合目あたりじゃないかな
    まぁ、あさっての決算の進捗状況次第と思うけど
    順調なら昨年の高値を更新して秋には3500~4000あたりを狙うのではないか
    去年は期待先行だったけど、今年は実績が伴っているかが問われるね

  • 2018年の電子書籍市場、前年比126.1%の大幅増に 
    海賊版サイト閉鎖が売上に寄与      2019年07月23日 ねとらぼ
    グラフはインプレス総合研究所「電子書籍ビジネス調査報告書2019」より

    やはり昨年から電子書籍市場は再加速モードに入ったね
    特にコミックは2017年度が+14.1%に対して2018年度は+29.3%と激増
    これは過去最高の伸び率でいよいよ本格的に電子書籍が普及期に入った証
    7/30の決算も非常に楽しみになってきた

  • アスクルとヤフーの関係が泥沼化してるけど
    イーブックは前社長が無駄な抵抗をせず
    潔く身を引いたのは良かったように思う。

    いよいよ来週の木曜、7/25は1Q決算。
    全面リニューアルおよびYahooブックストアとの統合で
    完全に別モノの店に生まれ変わったので
    どんな数字が出てくるか、まったく予想もつかないが
    経営陣がヤフー体制になって最初の決算となるので
    ヤフーは意地でも良い数字を出してくるのではないか。

    1Qの数字を見てみないと怖くて買えないというのが
    ここ数ヶ月の揉み合いとなって現れているんだろうけど
    単純に考えればYahooブックストアの分が上積みされるので
    前年同期比では超絶な数字が出てくる可能性が高い。
    決算イナゴが群がるようなニュースの見出しになると思う。
    決算見てからでは遅いのではないか。

  • ゲーム第1弾のヒーロー′sパークが本日リリース
    声優がなかなか豪華なので、それなりに健闘するかも?
    スカイガレオンも今月末リリースと予告されてる

    ゲームはまったく期待されてないから奇跡的に当たれば超ラッキー
    全部コケても悪材料出尽くしになるんじゃないの

  • 電子書籍取次のメディアドゥの決算が出てますが
    売上が前年同期比+44.3%と絶好調ですね
    やはり去年から電子書籍市場の成長が再加速してるように見えます
    夏から冬にかけて、今年も電子書籍銘柄に注目が集まりそう
    当然、ここもそろそろ動き出す頃ではないでしょうか

  • 「漫画村」めぐる著作権法違反事件 さらに数人逮捕へ
    2019年7月10日 11時47分    NHKニュースオンラインより

    >海賊版サイト「漫画村」をめぐる著作権法違反事件で、
    >警察はフィリピンで身柄を拘束された元運営者ら2人とは別に、
    >サイトの運営に関わった疑いのある数人について
    >10日にも逮捕する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かりました。

  • >>No. 897

    破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権は
    自己破産しても免責されないそうですよ
    支払能力があるのかどうかはわかりませんが
    他の被害者もどんどん訴えて裁判漬けにしてやれば
    何もしないよりは今後の抑止力になっていいでしょうね

  • >>316のグラフから1Q決算を占ってみますと
    1~3月期の合計が8110万人、4~6月期の合計は8950万人で
    訪問者は前四半期より10.4%増えてることになります。
    訪問者数=売上ではないですが、めちゃコミックの場合は
    セールや無料読み放題などのイベントをほとんどやらないので
    売上は来客数に、ほぼ比例しているのではないかと思います。

    4Qのめちゃコミック売上は73.9億なので
    売上も10.4%増えていると仮定すると1Qは81.6億。
    前年1Qは57.3億なので前年同期比は+42.3%となります。
    4Qの前年同期比も+42.4%と同レベルでしたので
    かなりの高成長をキープしていると推測されます。

    推計値を元に、更に推測してますから誤差も大きいでしょうが
    ザックリ見ても好調は維持しているように見えます。

    しばらく揉み合いが続き、焦れったい状況ですが
    1Q決算が7/30ですから来週あたりから先回り買いで上値トライ。
    今度こそ上場来高値更新といきたいですね。

  • めちゃコミックをsimilarwebで見ると5月→6月は横ばいでした。
    5月はGW連休があったことと1日多いことを考慮すれば横ばいでも上出来。
    やはり今のところほとんど影響ないと見て良いと思われます。

  • >>No. 311

    similarwebのアクセス解析のデータが更新され
    復活したと騒がれている新漫画村のデータも出てきました。

    6月の訪問者数は、のべ1800万人。1日あたりだと平均60万人。
    similarwebは推計値なので誤差もかなりあるらしいですが
    管理人が6/24に100万人突破と公表してたのでそこそこ正確なようです。
    昨年の旧漫画村のピークが月間1億7400万人、1日580万人なので
    旧漫画村の1/10ぐらいのスケールまできたことになります。

    旧漫画村があそこまでいくのに1年ぐらいかかっていますので
    新漫画村もあと1年も放置されればヤバイかもしれませんが
    先週から貼りはじめた海外の広告の質がかなり悪く怪しいので
    おそらく今月から伸びは鈍化するのではないかと見ています。
    あんな広告貼ったら旧漫画村ほどの拡散はしないのではないかな。

    このレベルなら、業績に与える影響は軽微でしょう。
    それが1Q決算で確認されれば買い安心感につながると思いますし
    そのうち閉鎖されれば爆アゲくるでしょうから
    不安が残ってる今は絶好の仕込み場と思います。

    下のグラフは左が旧、右が新で、右のほうが急上昇に見えますが
    グラフの縦軸のスケールが10倍違いますので直接比較はしないように。

  • みずほ証券&アセットマネジメントOneが共同で5%、大量保有報告
    (1)みずほ証券  0.44%
    (2)アセットマネジメントOne  4.56%

  • 空売り勢力の頼みの綱は漫画村の復活なのでしょうが
    いまのところ恐るるに足らずと見ています。
    少なくとも1Q決算での影響はまだ微々たるものだと思う。

    アクセス急増とはいえ旧漫画村のピーク時と比べればまだまだ全然。
    そのうちsimilarwebのアクセス解析の結果が出てくるでしょうから
    どの程度の規模か客観的に明らかになるはず。

    新漫画村は広告も無しで目的不明と言われていましたが
    今日から海外の怪しい広告が出るようになったと話題になってます。
    日本のまともな広告は審査が厳しくなりもう無理でしょうから
    海外の胡散臭い広告しか貼れないようです。
    怪しい広告だらけになればまともな人は近づかなくなりますから
    マネタイズにも苦労するのではないでしょうか。
    広告規制の効果は昨年より明らかに出ているようです。

    あとtwitter等での拡散状況も昨年より明らかに弱いです。
    海賊版撲滅の啓蒙活動が多少は効果あったようで
    昨年のように堂々と拡散する輩は減っているように見えるし
    拡散している連中を叩く動きも増えています。

    また、去年より無料で読める公式マンガが大幅に増えてるので
    旧漫画村の時ほどの拡散エネルギーはもう無いでしょう。
    無料でマンガが読めるって、もうたいして珍しくないですから。

    それに元々めちゃコミックは昨年の業績を見てもわかるように
    海賊版の被害が一番少なかったと思われます。
    これは月額制という料金体系のため解約する人が少ないのと、
    客層が海賊版読むような人とは違うせいじゃないかなと思います。

    出版社や業界団体、大手マスコミはまだ静観しているようですが
    昨年の教訓を生かして裏では対策に動いているはずですし
    マネタイズがうまくいかなければサイト閉鎖も時間の問題でしょうから
    そうなったら電子書籍関連はまた爆アゲモード突入と思いますね。

  • ジリジリとまた上場来高値更新が射程圏内に入ってきましたね
    信用買残が大きく減り、売り残は更に増えて貸借倍率は0.62
    去年の今頃も揉み合いが続き7月後半から1Q決算期待で上抜けましたが
    去年はたいして空売り入ってなかったので
    今年のほうがエネルギーが溜まってスケールアップしているはず
    上抜けたら面白くなりそうです

  • インフォコム子会社のドゥマンが運営してるオーガニックサイバーストアが
    ひっそりと閉店してたんですね。優待の食品とか取り扱っていた店です。
    本店も楽天やYahooショッピング等の出店も先月末で全部閉めてます。
    官報でドゥマンの決算公告見ると前期は8000万の赤字、
    利益剰余金も6億のマイナスですから万年赤字体質だったのでしょうね。
    不採算事業の整理ですからインフォコムの業績的にはプラス。
    そもそも何であの店をインフォコムがやってるのか今まで不思議でしたから
    選択と集中で伸びそうな所だけに注力していけばよろしいかと。

  • >>No. 287

    ですよねー。
    私も年末には今の2倍ぐらいになってればいいなと願望を抱いてます。

    景気動向とか消費税の影響など外部要因がどうなるかわかりませんが
    電子コミックや介護事業なんてのは景気にあまり関係ないですし
    RAPやAIなども景気が悪い時こそ導入すべき効率化ビジネスなので
    仮に景気が減速するとしても注目されるべき企業と思っています。
    まぁ景気は良いに越したことないですけど。

    今期は中期経営計画の最終年ですから売上目標達成のために
    まだ何かM&Aとかやってくる気もしますしね。

  • いよいよ去年の6月と状況が似てきました
    去年の今頃も上場来高値と13週/26週のゴールデンクロスが発生してましたが
    今年も同じような状態にリーチが掛かっています
    昨年は6月~12月まで上がり続けましたが、今年は調整幅が大きかった分
    更にスケールアップした大相場を期待したいところです
    ここからは握力勝負ですね

  • >>No. 249

    リンクで非表示になっちゃってるけどインフォコム社長のインタビュー記事。
    社長が言ってるとおり、明らかにめちゃコミックの成長が去年から加速しており
    AIやビッグデータを活用したデータ分析が効果を発揮しているのだろう。
    他社とはサイトの作りも集客方法も一味違う独自路線のインフォコムだけど
    IT企業らしい頭脳派の戦略が上手くハマっているのが数字にも現れている。

  • 電子コミックはデータ分析でさらに成長する
    インフォコム社長・竹原教博氏が主張   日刊工業新聞
    https://newswitch.jp/p/17869

  • PayPay来ました~!!

    ebookjapanへの「PayPay」導入について

    ebookjapanの各種キャンペーン特典として進呈している期間固定Tポイントについて、2019年8月より、電子マネー「PayPayボーナス」または「PayPayボーナスミニ」(※)に変更することに決まりましたのでお知らせいたします。

    それに先立ち、ebookjapanでは2019年7月より、お買い物の際に「PayPay残高」がご利用いただけるようになります。

    「PayPay」導入後もTポイントは引き続きお買い物にご利用いただけます。通常ポイントの1%付与は8月以降も継続いたします。

    これからもご利用の皆様により良いサービスを提供してまいります。引き続きebookjapanをよろしくお願い申し上げます。

本文はここまでです このページの先頭へ