ここから本文です

投稿コメント一覧 (3204コメント)

  •   取引開始時間まもなくで、500株が成立していますね。
    いま現在は、売り9,400円、買9190円ですから、東京の引け基準のようです。
    不思議で、やはり間違い?? もったいない! 

      今晩はNYが休場なので、その他から判断ですが、為替が円安、上海・欧州が上げ。あすは、小幅の戻しでしょうか。下げが大きかったので、少しぐらい戻すのがエチケット? これからは、9,000円割れも射程のようですが、まさか割れはないと思いたいです。今回は大きな出来事で、これからどんなニュースが飛び出すやら。日本経済にも悪影響必至のようで、この話題も投資家心理に冷や水です。

     アメリカで、横浜港の日本の乗客対応批判が強く、国内新型コロナ日本国内広がりへの不安からも日本株売りがチトこわいです。

  • >>No. 613

    眼が回るので、ぐるぐる回らないと思います。
     眼が回らないようにすること、その役目が日本国政府です。ちょっと頼りないけれど・・・ どっちにしても鉄道会社と国民は、最終的に被害者です。

     おっとっと・・・ 株価が下がっちゃう・・・

  •  週明けの市場は続落かもしれない。新型ウィルスが国内で広がる様相を示し、経済界は戦々恐々。日本企業在中国工場自動車生産の操業停止は、さらに延期が見込まれており、操業開始が遅れ気味のよう。横浜港停留のクルーズ大型客船ダイヤモンド・プリンセスは罹患者続出で、アメリカから日本の対応の悪さがニューヨークタイムスなどマスコミから非難されている。「日本売り」に拍車がかからねばいいのだが・・・。
     
     地下鉄やタクシーなど公共交通機関利用者も存在し、細菌移転経路解明もままならないらしい。日本は全国的に人口密度が高く、「流行」すれば対応に苦慮する。政府は「流行」の言葉使用を敬遠しているが、伝染病自体が「流行性」だから、むしろ国民に警戒感を持たせる「啓発」としてより詳しくテレビなどでも積極的に予防・公衆衛生的見地から説明していくべき。「やっかいだから」と逃げの姿勢では、国民のためにならない。国民が委縮すれば「消費税上げ」が尾を引く消費が落ち込み、日本経済のマイナスは、せっかくの沈滞経済からの離陸に影響が大きく、株式市場には暗い。マイナスがマイナスを呼ぶことは、結果はマイナスを大きくするだけと危惧する。何ごとも「逃げの姿勢」で後手、後手は悪手。「言い訳」「口先だけの耳障りの良い言葉」は国会だけで十分!

     9021株価は、NKにどこまで抵抗できるか。

  • >>No. 373

    北陸新幹線にはかなり危機感 JR西日本新社長が語る「東京五輪と災害」 
    週刊朝日(森下香枝)  2020年2月21日号③

    ・JR九州でも熊本地震で新幹線が脱線しました。大規模な災害への対策は?
    ──土木構造を強化して雨に強い鉄道にし、地震のための耐震補強なども実施しています。阪神・淡路大震災以降、国の基準も変わり、鉄道各社は大急ぎで工事を進め、完成期に入りつつあります。それだけではなく、土を盛って高台になっている線路の耐震性を強化したり、豪雨対策として雨でも崩れないようコンクリートで覆ったり、岩盤に打ち付けて固定するような工事をして災害に強い設備を整備していかないといけません。さらに今後は豪雨で電気設備が浸からないように高いところに設置するなど検討を進めていきます。

    ・最近は台風、ゲリラ豪雨など想定外の災害が頻発しています。
    ──台風があった14年、私どもは京阪神圏で一斉に計画運休をしました。これが国内では初めての計画運休で、防災関係の先生方から『これがタイムラインという考え方で、先手の災害対応の防御的手段なのだ』と徐々に計画運休が浸透してきました。

    ・去年、東京でも台風で計画運休しました。
    ──首都圏なんかは関西と違って規模が、人の数が違いますから、実際、大変だっただろうなとは思います。私どもは05年に福知山線列車事故という極めて重大な事故を惹き起こした責任の重さを、痛切に感じております。『鉄道は安全なくしては成長なし』を肝に銘じ、全力を尽くしていきたいと思います。
                                    おわり
     *一部省略と加筆あり。


     事業全般に触れ、企業の進路が示されたいわば中期計画の原案のようなもの。
    福知山線事故を締めくくりに触れるなど、安全に対する決意表明が安心感を生む。
    大阪駅北側の土地利用についても触れられ、将来方向に薄日が見えた。
     マンモス企業の職員関係で研修について語っているが、現場についても配慮をうかがわせた。9021については良い記事であった。

  • >>No. 372

    北陸新幹線にはかなり危機感 JR西日本新社長が語る「東京五輪と災害」 
    週刊朝日(森下香枝)  2020年2月21日号②

    ・今は鉄道部門の収益が6割強となっていますが、事業計画では30年度の目標はインフラ整備などの非鉄道部門との割合が5対5になっています。
    ──「長期的に考えると、少子高齢化の影響でお客様がどんどん増える状況ではございませんので、経営基盤を多角化して安定化させ、鉄道の安全投資に向ける好循環を生まないといけないと思っています。そのためには非鉄道事業面(メインは不動産、ホテル、物販飲食、ショッピングセンターなど)、街ナカにも乗り出し、大阪だけではなく、神戸の三ノ宮駅ビルの建て替え、広島駅の開発もやります。広島電鉄さんの路面電車が駅ビルの2階へ入っていく、という日本ではあまり見られないモダンな駅ビルになります。金沢、富山など北陸新幹線沿線の街づくりにも関わりたいと思っています。

    ・北陸新幹線が23年春に福井県の敦賀までつながります。最終的に大阪までつながるのですか?
    ──「敦賀が当座の終点ですが、そこから新大阪まで延ばしていきたいと思っています。政府の当初の案では46年とされていますが、何とか30年代初頭には新大阪まで開通させたい。それが北陸、関西地域の官民挙げての悲願です。いま、北陸新幹線の終着駅になっている金沢は本来、関西圏との結びつきが非常に大きかったんです。それが北陸新幹線ができて、首都圏との利便性がよくなり、地元でなければ東京に行きたいとなりつつあります。関西財界ではかなり危機感があります。

    ・北陸新幹線は去年の台風による大雨で水没しました。影響は残っていますか?
    ──「新幹線の10編成が水に浸かりました。JR東日本の車両を回してもらって何とか定期列車便ベースでは災害前の状況に戻せましたが、臨時列車のベースではまだ100%戻せておりません。
                                   つづく

  •  R西日本の新社長・長谷川一明氏の展望を語る記事の紹介です。広範囲の事業説明ですので紹介します。

    北陸新幹線にはかなり危機感 JR西日本新社長が語る「東京五輪と災害」 
    週刊朝日(森下香枝)  2020年2月21日号

    ・東京五輪に向けてプランは?
    ──中国、東南アジアや欧米豪も含めたエリアをターゲットとして、ジャパン・レール・パスの指定席ネット予約対応など電子チケット化を急いでおります。また海外の有力プラットフォームと連携し旅行会社向けのネット予約を進めてもいます。

    ・乗務員の英語研修はされているんですか?
    ──主要駅では翻訳機の配備、乗務員にはWi-Fiの環境を整えてタブレットを持たせて、多言語で対応できるようにもしています。災害など非常時には駅以外でもツイッターなどSNSで中国語、英語、韓国語等でご案内できる環境を整えています。

    ・電車内でも外国人の観光客が多いですね
    ──JR東海とも連携して新幹線で荷物を置くスペースを工夫しております。関西空港から大阪・京都へ行く『はるか』や山陽新幹線を増強し、訪日のお客様の増加にも対応したいと思います。

    ・25年の大阪・関西万博に向け、玄関口となる大阪駅北を整備されるそうですね
    ──弊社だけでなく、関西全体で万博、IRも考慮しながらいろんな可能性を考えて街づくりをしようという機運になっています。大阪駅西側の開発は日本郵便と一緒にビルを建てて万博開催前に開業する予定です。あと旧国鉄の貨物ヤード地の半分がようやく開発が進んで参りました。大阪駅北側の『うめきた』地下に23年、新駅が開業予定で、梅田エリアから関西空港、新幹線へのアクセスの拠点となります。うめきた地下駅とJR難波駅および南海線の新今宮駅をつなぐ新たな鉄道路線『なにわ筋線』も南海電鉄と一緒に開業を計画しています。非常に重要度の高い事業です。
                                     つづく

  • 深刻になってきた。習近平中国主席の訪問、東京オリンピック・パラリンピック開催にも影響ありや???
     どちらが中止でも日本に大きな影響が出る。せめて、「延期」となればいいのだが。
     ちょっと甘く見すぎ、「初期対応」が遅れたことが大きな誤りだった。少しの接触で感染している例があるよう。

     週明けもNK、9020ともに株価上げの材料がない。下げがどの程度かが焦点。これを機に、大幅下げは避けて通ってほしい。日本国内で対応を誤ると外国勢の売りを呼ぶ。国民は、政府・自治体を頼らず、周囲の様子・報道から自己防衛が重要。個人の危機管理により、自己が守れる。

  • >>No. 558

     品格のない行政府のトップだこと! 

     きょうも下げっぽい。品格のない国家イメージが定着したので仕方ないか・・・

  •  国家運営=行政能力に著しい後進性が認めらえないか? ここ数年、どこの省庁を見ても「素晴らしい」が見えず、悪い話題ばかり。国会だって同じ。税の無駄遣いからの浪費が目立ち、借金などとんと無視らしい。国民に効果的な施策を行うわけではなく、何ごとも「旧態依然」の実態では進歩なく、世界から取り残されてしまう。おそらく、新型コロナウィルスも目立った成果はなく、広がっていくに違いない。永田町や霞が関が中心の話題では、成果は知れている。市場の結果もその延長! 税の無駄遣いは、国家運営が変わらなければ、国家の借金はとめどなく膨らんでいく。国会論戦の内容を見ていれば、想像がつく。社会一般とかけ離れ、野党答弁に小学生並みの答えと対応だから・・・。緊張感などまるでない。企業ならとっくに倒産!


     きょうの市場も厳しそう。唯一の材料は、「困ったときのドル頼み」で為替が円安に動きそうなこと。ただ、これは、株価への影響は期待薄。新型コロナウィルスの国内広がりと話題が重石だろう。決算発表が続くが、企業によりまちまち。それでも、9021などJR各社は経営基礎がしっかりで、下げの幅は限定的と安心感が持てる。冬の京都特別公開寺院(大徳寺・妙心寺)などを訪ねたいのだが・・・

  •  新型ウイルスが不気味の状況。中国は沈静化と伝えられているが、果たしてどうか? 死者が増え続け、患者数は全く気にされなくなった。生産に影響が出ているが、街に人が出ていなければ当然で、小売りはもちろん生活に影響がある。

     日本でも死者が出て、よそのことどころではなくなった。患者の検査で「おたおた」とは、何事ぞ!? 「忖度」している時間があれば、少しは国民のことを考えたらどうなんじゃ? 政治家は「我田引水」「お友達」「自分に何か役に立つか、利益を呼ぶか・・・」が判断の基準第一だから、「結果・成果」はいいはずがない。ようやく政治家の犯罪が話題になるが、何かミスるとようやく表に出る。仲間内で悪をかばう。仲間がみな権力にぶらさがっているから「組織ぐるみ」となって、悪は表へ出ない。「半地下の生活者」が広がるゆえんだ。

     市場は、海外から取り残されているようだが、「国内の実態」が「株価に正直」に出ている。業績はいいが、海外からの投資家は「日本国全体」に疑心暗鬼がある。売りに勢いはあるが買いにはない。いつ、悪い話題で株価に影響があるかわからない。
    JR銘柄は、比較的固く、経営が堅実。大型銘柄に急落はあっても、「基礎が固い」ので安心感が持てる。

     きょうは、本来ならば上げてもいいが、市場はシブく、いま時点のNK先物はやや大きく下げている。上海が下げに転じ、あすの東京市場も厳しそう。9021もこれでは元気が出ないだろう。

  •  けさは、上げだとばかり思っていたが・・・
     
     ダウの微下げでもナスダックが新高値、しかも欧州がよく、上海も休み明け以来の続伸で安心感が強かった。新型ウイルスも「減少の兆し」とうわさされていたが、こちらは「逆もありか」と悲観も残るが。海外がどうであれ、新型ウィルスの状況次第か注目される。WHOが中国にいろいろご配慮のようだが、最大の役割はこのやっかいな病気を早く収めること。行事や経済への影響が心配でならない。

     9020株価は、上げた調整と思えるが、気分としては上げ。3月弥生の気候と人の動きが出れば株価も動きそう。

    ★韓国映画「パラサイト 半地下の家族」
     アカデミー賞4部門を取り、初の英語以外の受賞快挙。アカデミー賞は、トラン
    プ大統領就任以前から「アメリカファースト」だった。人種差別問題などの作品に「下駄をはかせた結果」の印象。韓国作品の受賞はよかったが、この作品が獲得に
    ふさわしいかは疑問。
     これまで日本の映画は低い評価しか出していない。カンヌやベネチアはそれを感じない。本作は、「格差社会」にスポットらしいが、物語の進め方に乱暴なところがあり、家庭教師の子供の教育レベルに違和感がある。受け入れ家庭は、チョー富裕層で納得できない。半地下住宅の歴史、トイレや豪雨時の浸水などは理解ができ
    た。
     ほんとうの「格差社会」は、母(父)子家庭の生活苦、いじめなど日本の方が進
    んでいると思うが、映画は「万引き家族」が社会の問題点を強く印象づけ、作品として高度の出来と思われた。日本は鉄道自殺が圧倒的に多く、自殺者統計は正確かどうか疑問を持つ。韓国は「就職難」らしいが、生活に見合った賃金からは、日本も就職難だろう。外国人の待遇劣悪など映画化したい話題に事欠かないいまの日本だ。

  •  週明けの東京市場は、ちょっと厳しいか? 7日は東京の下げに始まり、上海を除くアジア市場、EU市場、NYなどが下げた。為替は少しだが円高。原油安のおまけまでついている。米国の市況は、明るいニュースが多いように見られたが、東京発の右にならっちゃった感じ。決算は、良し悪し入り交り、新型肺炎の爆発的? 拡大も重石となっている。NYは、弾劾不成立もつかの間とデ・モイン発の民主党不手際が微妙に影響しているかもしれない。もっとも、東京、NYなど反転がし過ぎ、その調整もあるだろう。上海は時間経過でかなり戻してきた。

     10日の東京は、NYほどは下げないが、90円~200円程度の下げですめばいいと思う。先物は200円前後下げている。週間の上げ調整を加算すれば、もう少し下げがありかもしれない。新型肺炎のニュースが多発すると市況が一層重くなる。
    9020も小幅の下げか?


     「地球儀外交」を標榜するのであれば、行き場のないクルーズ客船受け入れは絶好の貢献だが、現在の日本の国力に合わない。内政は、外交よりも優先する。

     (なにごとも、素人ですのでご容赦を。)

  •  JR東海の50+の旅ツアーは、東・西・九州エリアに範囲が広いものの内容が充実している。企画が抜群に良い。リーズーナブルで時期がその場所にピッタリ。JR系では、文句なくNo.1。新幹線で料金を調整しているようだが、時間帯がその秘訣か? それでも旅にはそれが一番いい時間帯。

     リニアは、静岡県の主張も尊重しつつ、計画どおりの開業を期待したい。ただ、東京ー名古屋では営業の成果が出しにくいと素人判断で懸念があるが、名古屋駅の乗り換え時間など簡便さが必要か? 「リニアでよかった! 」のプラス感が欲しい。料金は思ったより割安のようだが、会社の命綱である新幹線を合わせた国民生活の縦断路線・生命路線でもあるので複線になるメリットは計り知れない。

     職員の対利用者接遇は、全線で均衡がとれてレベルが高く感ずる。施設改修の遅れを在来線で見かけるが、もっと力を入れてほしい。静岡県内の快速運転も実施に向けて研究して欲しい。東京と名古屋とのはざまで、運輸・施設・サービスなどの遅れを感ずる。静岡、浜松、沼津・三島・JR東連絡の熱海など利用客は多そう。新幹線利用を「重視しすぎ」とまではなくても、なにかしっくりしない。

  • >>No. 510

     やっぱり下げちゃったか・・・ ここのところ、期待が膨らんだが市場原理(カン)には勝てん。NYの良い雰囲気に注目。

     まだ、10,000円の壁は厚そうです。

  • >>No. 358

     気象上も上昇気流はいつまでも続かない。熱くなって、冷えて、が市場原理。
     市場が今回のような上げ方では、ディフェンシブ銘柄も並ぶことがある。

     まあ、「基礎」がしっかりしているので、次の「上げの波」を期待したい。
    9,500円を目指して。なーに、すぐ届くよ! 「基礎」がしっかりしているから!

  • さすがに、明日7日の続伸はなさそう・・・?

  • >>No. 357

     麻生さんだけではなく、安倍総理が答弁中も「あくび」をしている閣僚がいる。テレビに映っていることを意識してもう少し注意すればいいのに。株主総会で社長が説明中に「居眠り」「あくび」なんぞしていたら、解任ですよね。国会議員は、悪いこと「何でもあり」で、収賄であっても、法令違反であっても「知らぬ、存ぜぬ」とは最悪です。法律違反にお目こぼしではなく、国民と平等で「しっかり」取り締まってほしいと願います(「しっかり」「丁寧に」は、国民に要注意ことばですが・・・)。 それにしても検察改革にこだわる韓国大統領の熱望がよくわかります。なんだかんだ正義派ぶっても心のなかは「不正義蔓延」のようです。

     安倍総理の「被告席から」のような立場と「笑いを誘う答弁」には、国家を代表する人間として国民は寂しく、悲しい。また「もり・かけ」の再来は恥ずかしい。ホテルニューオオタニの威光と信頼も崩れ去った。いまの日本の状態が国会論戦に象徴されています。日本に夢をもって来ている外国人の「嘆き」が理解できます。


     きょうの市場は予想より出来が良かった。9021の株価も懸念払しょくで、まずまず。ただ材料なく、株価のサプライズは期待薄かもしれません。9,500円前後が居心地がいいと思います。立派なものです。

  • いまのところ、あすの6日はとても寒くなりそうだけれど、
    市場は熱くなる思いがある。

    「ごりやく」は、9021にも及ぶと期待する。

  •  令和2年度本決算が過ぎるまでは株価に曇りがあり、材料がなければ大きく跳ねるまでには至らないのではないか。人件費もかなりチェックされている感がある。組織の効率化はじめ引き締めには限度を感じる。気が付かない大きな無駄、本社機能の見直しなどが課題か?? 

     これから「日本の転落」が一層進んで行き、社会の無秩序化で「見えない費用」が一層経営を圧迫することとなる。政治・社会・企業経営などの「乱れ」・「ゆるみ」の収まる兆しのないことが影響を受けやすい鉄道・運輸業の最大の経営課題かもしれない。

     株価は、一時9,500円を割ったが、残念だ。寄り前は9,700円と思っていたのに。

本文はここまでです このページの先頭へ