ここから本文です

投稿コメント一覧 (379コメント)

  • 本日、日経平均は直近高値から20%下げを達成したので、正式に弱気相場入り認定です。NASDAQ、S&P500は達成済みで今晩ダウ平均が達成すれば、主要市場揃い踏みです。
    長きに渡った緩和マネーバブルの終焉です。お疲れ様でした。

    この後はしばらく空売り天国と多少の反発を繰り返しながら底値探しの工程が続くでしょう。トランプと習近平のバトルがあるので退屈はしないでしょう。

    FRBが資産圧縮をやめて利下げに入るまでは株は買わない方がいいよ。

  • だいぶ前に東京オリンピックが終わったら3桁で買うと言っても誰も同意しなかったが、今なら現実味あるだろう。3桁と言っても1000円よりは500円に近いあたりを想定してるけど。
    でも2年後にはここより安くて魅力的な銘柄がゴロゴロしてそうな気がするな。

  • 今日は買い向かうのが吉だったりして。
    自分では絶対にやらないし、人に勧めもしないけどね。意外と相場ってそういうところがある。
    でも底値はずーーーっと下だと思う。

  • 世界の株式市場が下落に転じてしまった最大の理由は、10年続いた量的緩和の逆回転によるものと理解する必要があります。米長期金利の上昇とか、貿易摩擦とかも影響は大きいですが、傾向を加速させるものと捉えてます。

    FRBはリーマンショック後の量的緩和で資産総額を0.9兆ドルから4.5兆ドルまで円換算400兆円も膨張させ、世界中の資産価格を上昇させました。そして2015年12月にFRBは政策転換し、金利上げを決めたことでこの流れは終了となり、金融政策正常化の長い道のりにつきました。2017年の9月にいよいよFRBは資産圧縮=資産売却=金融市場(債権)からの現金吸い上げを始めました。当初は100憶ドル=1.1兆円/月だったが、2018年10月からは500憶ドル=5.5兆円/月に予定通り拡大した。これは年換算で6000憶ドル=66兆円に相当する巨額であるが、それでも肥大したFRBの資産4.5兆ドルを元の0.9兆ドルは無理としても、2兆ドルまで戻すための2.5兆ドル削減のためにも4年以上かかる計算となる。(先般のFOMCでパウエル議長は資産圧縮を予定通り継続すると発言し、空売り筋を勇気づけました。長期的にみて正しい判断ではありますが。)

    主要株式市場の時価総額、NYSE 25兆ドル、NASDAQ 12兆ドル、東証1部 5兆ドルに対して、年間0.9兆ドルがどれほどのインパクトがあるのかは、実は誰も分からない。株式市場から直接資金を吸い上げる訳ではないから。分からないが、このジャブジャブのマネーのもとで膨張した時価総額が、まったく減らずに無事であることは考えにくい。世界景気が上向きを維持できている間は高い株価は正当化されるが、そうでなければ落ちるに決まっている。さらにトランプが仕掛けた貿易戦争の影響もあって、世界経済をけん引する米中両国の景気減速が顕在化してしまった。

    そういう訳で、現在の株式市場は落ちるべくして落ちており、何の不思議もないわけです。分からなかったのは、いつそれが始まり、どれぐらいのスピードなのかでした。シナリオが読めている空売り機関は自信を持って割高株を、下手したら割安に見える株まで空売りを仕掛けてきた。そう遠くない将来に株式市場が崩れることがわかっているから。

    市場関係者は本当に都合が悪いことは言わないんですよね。目の前のトレンドに逆らった予測は言いにくいし、大事なことは言わずに利用した方がいいしね。でも、みんな報道されている情報だし、ある程度の経験と知識があれば、予測可能なことなんですよね。「そんなん十分知ってるわ、今更なに?」ていう人は大丈夫ですが、「知らんかった」という人は負けるべくして負けてます。

    上昇相場が長く続くと、リスクに鈍感になるし、弱気相場の本当の怖さを忘れてしまうんですよね。欧州の動向も考慮するべきだし、中国にはもっとヤバい材料が潜んでるらしいけど、こんなもんでやめときます。世界の主要国中央銀行がこぞってやった異次元緩和がどういう結果を招くか、高見の見物です。(ショートポジションを持てばもっと楽しい。7575をではなく、株式全般の話として。)

    7575の不幸は、こうした世界市場の下落と自社の業績足踏みが重なってしまったことなんだけど、実は会社自体は最高のタイミングで資金調達しているので、まったく問題ないんですね。そういう意味では野村はいい仕事したんです。投資家が割を食っただけなんですよね。(時に株式市場はとても残酷と思ってしまう局面です。)

    時間があったんで自分の頭を整理する意味で、長文投稿させてもらいました。

  • >>No. 732

    あらゆる個別株、株式投信の損切りを薦める。
    秋に入ってからずーっとそう思っていたが、売り抜けたい人の邪魔をしないように黙っといた。
    一時的な戻しはあるだろうから、タイミングは見極めたい。

    いつまでも損失抱えてると、心も病んできて、本業やいろんな事に悪影響が出るでな。
    ここはだいぶ下げてしまったけど、全体相場はまだ下げの序の口だから、今離脱して資金を温存しとけば、数年先には十分取り返せるよ。空売りで取り戻す方が早いんだろうけど。

    今の相場環境の危険性を甘く見ないほうがいいよ。悪材料てんこ盛りだから。

  • 金融緩和バブルは完全に終わった。
    一時的な反発はあっても下落は続く。
    政府日銀は金融政策出し尽くしてるしね。
    予測された事態なんだが、なんで株持ってんの?
    ましてここは半年前には下げトレンド入り確定したのに。

  • なぜこんなに下げるまで逃げない?
    どんなルールで投資してんだ?
    特に信用買い

    まあ誰かは持っとかないといけないけどな。

  • とにかく株を持ってはいけない時期。
    銘柄とか業績とかカンケーねえ!

  • >>No. 476

    その通りだと思う。だいぶ人が入れ替わった。
    自分もここで十分すぎるほど儲けたので、ずっとノンポジでたまにヒマ潰しの書き込みしてるだけ。

    今の状況で買いで入っても疲れるだけで、資産は増えないよ。むしろ減る確率が高い。

  • まあ、下げ相場は理屈を考える前に逃げろってことさ。理屈は後からついて来る。相場なんて理不尽なもんだ。昔からね。

  • やっぱり3桁想定だな。需給悪そう。

  • 株を買う条件
    1 業績見通しが明るい
    2 株価水準が低い
    3 株価トレンドが上向き、または下げ止まっている
    4 市場環境が良い
    5 需給関係が良い: 信用売買とか、色々な要素あり

    2016年は2月以降は4以外は◯だった。見事な逆行高だった。
    2017年は前半は全て◯だった。特に5~6月は全力で行ける状況だった。
    2018年は最初だけは2、5以外は良かった。

    今は全部ダメ。2は人によって見方が違うから、断定できないけど、3と4がどうしようもなく悪い。だからどうしても買いたい人より売りたい人が多い。

    まあ、ここに書いた事は大半の銘柄に当てはまることなんですがね。そんな相場環境でも、稀に逆行高する銘柄もあるが、ここではないよね。エネルギー使い果たしてるから、溜めていかないといけないからね〜。

  • 今は買いで勝つのは至難の道だよー
    2001年とか2008年とかの惨状を思い出そう。
    今なんてまだ序の口だからね。
    成長株のPERが一桁とかPBRが1以下とか、配当利回りが3%とか普通になるからね。
    そうなってからゆっくりと拾っていけばいいんだよ。

  • どうやら株式市場はいよいよ本格的な嵐に突入するようだ。振り返って見れば、ここは最高のタイミングで市場から資金調達したな。それが花開くのが3、4年先として、2年後くらいに仕込めばいい頃合いかな。もう少し早いかな?いずれにしても、かなり長期のウォッチングになりそうだ。

  • この会社に惚れて、絶対に売らないというのも投資家として立派だが、ガラがくれば一時的とはいえ、莫大な評価損は免れない。そんで一番安いところで耐え切れず売ったりして。そのための対策として同額以上を景気敏感銘柄を空売りすることを勧める。(前にも書いたかな?)

    とはいえ、空売りだってそんなに簡単ではないし、そんなセンスがあれば、そもそもなんでここに固執するのかって話になるな^ ^

  • 緩和マネーバブルが終わったから。
    こういう歴史的転換局面では会社の中身に関係無く、換金売りされる。ここで頭を切り替えて逃げられるかどうかで、資産形成に格段の違いが出るのさ。先が読めていた人の今年の最重要テーマは、いつ逃げるか、どうショートポジションを作るか。優良小型株のロング一本槍では厳しい数年を過ごすことと思います。

  • 実りの秋が終わって、これからとても寒い株の冬の時期に入る頃合いで、種まいても芽は出ないよ。ここの畑は稀に見る大豊作だったわけだが、しばらく土を休ませないといけない時期ってわけ。こんな時期に種銭蒔いても養分になるだけで、種が尽きれば春に何も出来なくなるよ!

    冬野菜を育てるという手もあるんだが、ここの畑に固執してる間は気がつかんでしょ。

  • 今さらだけど、高値から20パーセント下がったら、原則として買わない方がいいよ。弱気トレンド入りのサインだから。短期狙いは別として。

    それを覆す超絶決算を繰り出してJLLは大相場になったわけだが、5月の決算発表で終わったと了解した。残念だったが、すぐ全部売ったよ。

    ホルダーの気分を害するのも申し訳無かったら書かんかったけど、こんな展開になると思っていた。米長期金利は既に危険レベルだったしね。そして想定下値は1000円です。数年先に3000円に戻したら3倍。なかなかいい利益率でしょ。

  • ここ売って他買ったらダメだよ。
    現金か、カラ売り‼︎
    これ大事。
    最高の買い場は相当先だから‼︎

  • 株式投資黄金の10年が終わったと思った方がいい。たとえ負けていても、現金握って嵐が過ぎ去るのを待った方がいいぞ。もはやJLLがどうこうじゃない。

本文はここまでです このページの先頭へ