ここから本文です

投稿コメント一覧 (49コメント)

  • これも絡んだら面白いね

    http://www.jrtk.jp/topics/wp-content/uploads/2019/09/7d85a89d32414391e44eadce5b5fd0ea.pdf

    2019年09月04日株式会社ジェイアール東日本都市開発

    有楽町駅~新橋駅間の歴史ある高架下を、2020年初夏、新たな商業空間として再生します

  • ついに始まりそうだ
    あと2か月!

    プレスリリース2019.09.04
    秋葉原で快適ステイ。(株)ジェイアール東日本都市開発の、秋葉原~御徒町間 高架下開発に(株)IKIDANEが参画! 11月、秋葉原高架下にホテルをOPEN!

    https://ikidane.jp/

    株式会社ジェイアール東日本都市開発は、このほどJR秋葉原駅と御徒町駅間の高架下で行われる開発の概要を発表しました。高架下に集合店舗4棟、宿泊施設1棟が建設され、AKI-OKAエリア一帯の開発が進められます。(株)IKIDANE(所在地:東京都新宿区、代表:中西勇治)は、この高架下プロジェクトに参画。(株)アジアゲートホールディングスとの協業で宿泊施設部分の企画、内装デザイン、運用を請け負います。年々高まっている秋葉原の宿泊需要を満たすため、価格帯を抑えた居心地の良い宿泊施設をご提供いたします。

  • >>No. 138

    黙って無視リストに入れればいいんだよ

  • この会社は適時開示を無視し悪材料にはしかとする傾向があるから注意しないとね(笑)

  • ワラント(新株予約権)による増資 あと 20億円

    株数は あと 1700万株以上が市場で売りに出されるんだよ

    それも 150円の天井で

    あと15円の値幅に人生賭けるのは馬鹿らしくないか(笑)

    1700万株を掃けるには 過去の例から17000万株の出来高が必要

    毎日100万株の出来高で 8.5か月 150円以上の日だよ

    最短 来年の5月かな(笑)

    150円以上の日が続くのは不可能だと思うが(笑)

  • 9月2日に第二クリニックの進捗のIRがなかったら
    諦めた方がいいね

    新たな医療施設(以下、「第2号施設」といいます。)の開設に着手するため、当社を賃借人とする賃室賃貸借契約を締結することを決議いたしました

    賃借開始日 2019 年9月1日(予定)

  • > こことソルガムはとんでもないな。
    > 使徒不明金をみんな貸付金にしてる。

    もし使途不明金を資産計上していたら
    明らかに粉飾だね

    これは大変だ!

    いつ強制調査が入ってもおかしくないな!

  • IRに問い合わせ入れて、なぜ下がってるか、聞きました。全体下がってますからね、との事でした。値下げ1位ですよと言うと、えっ!うちがですかー、ちょっと待ってくださいね、あ、本当だ、、、との事、、、
    呑気か!
    多分、何もない急落かと。
    まー、戻すでしょ。

    ここじゃないよ
    エス・サイエンスだよ(笑)

    あしたのココかも(笑)

  • > これはすごいやん(°_°)!

    始まったね(笑)

    株価が下落してしまうと新株予約権が行使されず、資金調達ができなくなってしまうため、投資会社やその赤字会社は何とか株価を上げようとしてきます。

    具体的には、実現しそうもないIRを発表し、あたかも業績の見通しが明るいニュースを発表して株価を吊り上げてくるわけですが、そのようなニュースにつられて個人投資家が株を買い、市場価格が新株予約権の行使価格よりも上がってきたところで株を取得し、すぐに売却されてしまうのです。結果として、株価が急落してしまうパターンが多い傾向にあります。

    その赤字会社は新株予約権で資金調達をすることができ、また投資会社でも吊り上げた株を売却することで利益を得ることができますが、株価の急騰につられて飛び付いた個人投資家だけが損をするというパターンが多くなっているように感じています。

    もちろん、資金難で倒産ということになれば、既存株主の株は紙くずに変わるわけですので、それを考えれば、新株予約権の引き受け手がいるだけでもメリットがあるのかもしれませんが、その投資会社は長期的な保有を意図したものではありません。行使価格よりも上昇すれば、すぐに大量の株が市場で売却されてしまうため、高値でつかまされた個人投資家が損失を被るというケースが非常に多くなってきています。

    この新株予約権の問題点は、実現しそうもないIRニュースを連発することで株価の上昇を演出することにありますが、非常にうさんくさい内容のものが多いということです。目的は株価を吊り上げ、新株予約権を行使することにありますので、何でもいいから材料を出して個人投資家の買いを集めるというパターンが見え隠れします。

    ただ、そのIRニュースの内容の真偽については誰も確かめようがありません。社長が本気で業績が回復すると見込んでいれば、それは虚偽とはいえませんので、詐欺にあたるかどうかは紙一重といえます。

  • 「やらせ口コミ」は景表法違反!
    景表法が適用される広告は、形式や手段を問いません。ビラやポスター、口頭での宣伝はもちろん、インターネット広告など、およそ製品やサービスの宣伝になるものは全て景表法の適用対象です。

    そのため、自社の製品等について架空の「良い評価」を書き込む「やらせ口コミ」は、「不当表示」に当たり、景表法に違反するおそれがあります。


    > 実際にVIDEBIMUS 360を体験された弊社利害関係の中国人に非常に満足してると言っていただきました。
    >
    > それが 2019年 8月 1日
    > ヴィデビムス虎ノ門クリニック施設見学に関するご報告
    > でした(笑)

  • 寂しいな(笑)

    以前はこんな投稿あったのに(笑)

    745
    gui***** 8月16日 18:47
    特に医療事業では、3月末までに14億円売上げるはずだったのが、7月分まで含めても4億円行かない。

    「丁寧に説明してるから」契約ペースが遅い、と言ってるが、1日1件でも30件は行くはずなのに7月は13件。

    そりゃまあ設備が大幅に他社に比べて見劣りするのに、カネだけ高いんだから営業努力は必要だろうが、専従の社員は一人もいない。

  • 松尾 慎祐だったらヤバイよ

    監査に疑義があるのにシカとしているようだから
    会社法も知らないかも(笑)

    株主代表訴訟の対象だな!

  • 医療施設の入会申込数

    5月 20
    6月 16
    7月 13

    もし 8月が 15口以下だったら、諦めた方がいいね

    もう無理だよ

    運転資金にもならないよ

    クリニックは閉鎖になっちゃうよ

  • 新しく資金調達を考えないとNutsは破綻しそうだね

    MSワラントで増資かな?

    株価は50円以下になってしまうが
    しょうがないかな?

  • 純資産 12億 現金 4億円 赤字の企業が
    22億円の第二クリニックを作るんだね
    大変だよ(笑)


    具体的な使途
    金額
    (百万円)
    支出予定時期
    物件賃貸のための資金 589 令和元年6月~令和3年6月
    医療施設として使用する物件の内装工事 1,087 令和元年8月~令和3年6月
    医療用機器・設備の導入の一部資金 415 令和元年8月~令和3年6月
    人件費、弁護士費用及び専門コンサルタントへの報酬 50 令和元年7月~令和3年6月
    広告宣伝費 130 令和元年7月~令和3年6月

    合計金額 2,271

    22億7千万円が必要なのに今 4億円しかないんだ

    あと運転資金に月1億円もかかっているようだ

    しかし第二クリニックが来期の初めまでに完成しないと中国人に会員権を売れないんだ

    困った、困った

  • 増資が芳しくない証明

    潜在株式数 1860万株 24億円

    186万株(10%)ごとに開示義務

    6/12 合計195万株行使で開示

    8/9 短信  発行済株式数 

    2020年3月期1Q 77,590,220株 2019年3月期 74,618,220株

    6/30 297万2千株増 (IBUKIの行使分)3.8憶円

    あと 75万株行使で開示義務だが昨日時点で開示なし 9600万円

    増資で7月1日より9600万円の入金も無い事が明らかになった

    この調子では増資は遅々として進まないだろう

    あと、20億円は至難の技だな

  • > みじめー
    >
    > 7月
    >
    > 売上高 96 百万円 (累計売上高:352 百万円)

    これじゃー
    あすか会は破産するよ!

    ヴィデビムス虎ノ門クリニックは閉鎖するかも?

  • 資金の裏付けもないのに
    実現可能の乏しい投資計画を発表し
    どうしたいのか?
    ただ、苦労しないで増資での金を株主から抜くつもりなのか?

    売上の苦労よりも安易な増資での金集めの方が簡単って結論か?

    過去の増資(利益率99.99999%)の合計と売上をくらべたら面白いよ

    69億円の累積赤字の意味分かる?

    本業の赤字を増資の資金で埋めているんだよ

  • 実際にVIDEBIMUS 360を体験された弊社利害関係の中国人に非常に満足してると言っていただきました。

    それが 2019年 8月 1日
    ヴィデビムス虎ノ門クリニック施設見学に関するご報告
    でした(笑)

  • アホが高値で買うのを200円以上で売れなかった高値掴みのアホが買い煽っているね(笑)

    増資が失敗したら50円以上ではいられないだろうよ


    株価が下落してしまうと新株予約権が行使されず、資金調達ができなくなってしまうため、投資会社やその赤字会社は何とか株価を上げようとしてきます。

    具体的には、実現しそうもないIRを発表し、あたかも業績の見通しが明るいニュースを発表して株価を吊り上げてくるわけですが、そのようなニュースにつられて個人投資家が株を買い、市場価格が新株予約権の行使価格よりも上がってきたところで株を取得し、すぐに売却されてしまうのです。結果として、株価が急落してしまうパターンが多い傾向にあります。

    その赤字会社は新株予約権で資金調達をすることができ、また投資会社でも吊り上げた株を売却することで利益を得ることができますが、株価の急騰につられて飛び付いた個人投資家だけが損をするというパターンが多くなっているように感じています。

    もちろん、資金難で倒産ということになれば、既存株主の株は紙くずに変わるわけですので、それを考えれば、新株予約権の引き受け手がいるだけでもメリットがあるのかもしれませんが、その投資会社は長期的な保有を意図したものではありません。行使価格よりも上昇すれば、すぐに大量の株が市場で売却されてしまうため、高値でつかまされた個人投資家が損失を被るというケースが非常に多くなってきています。

    この新株予約権の問題点は、実現しそうもないIRニュースを連発することで株価の上昇を演出することにありますが、非常にうさんくさい内容のものが多いということです。目的は株価を吊り上げ、新株予約権を行使することにありますので、何でもいいから材料を出して個人投資家の買いを集めるというパターンが見え隠れします。

    ただ、そのIRニュースの内容の真偽については誰も確かめようがありません。社長が本気で業績が回復すると見込んでいれば、それは虚偽とはいえませんので、詐欺にあたるかどうかは紙一重といえます。

本文はここまでです このページの先頭へ