IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (424コメント)

  • 2013/11/25 13:01

    結局株式利益ゼロで売却しかないのかな
    大変な思い違いをしていたようだ!
    本来はニッチの和洋菓子部材で将来性も買っていたが、
    今のタイセイは社長が自社株売ったと掲示板情報、
    また
    今の現状はおせち料理の販売仲介をHPではじめるは、はたまた
    魚の冷凍フライなど惣菜をアマゾンなどで売るは、本来のタイセイの
    ポリシーはどこいったんだか!
    わしは怒ったぞ!

  • 11月26日13:34 朝日新聞電子版
    9月上場のタイセイは初日からほぼ半値、今期減益で減配響く
     菓子用包装資材や食材卸のタイセイ(3359)は今年9月17日に福岡Qボードから東証マザーズに上場、上場初日の1275円を高値に、この日は670円とほぼ半値近くに下落している。 去る14日発表の前9月期は10.3%増収、営業利益74.3%増益と良かったものの、今期はとくに営業利益が一転して63.7%の大幅減益となる見通し。1株利益14.9円、配当は記念2.5円を落として年5円の予定。指標に割高感が残っている。

    幹部が掲示板で釈明はこの急落の本質を見据えていない。幹部は東京で3ヶ月ぶらぶら社員してみい!、今度の新会社の社長ともつとEC業界の変化の速さを見るが良い! 何といっても口コミの速さの東京。cottaのHPで何故「いいね」ボタンを付けぬか? わしなら良い商品ならすぐ「いいね」ボタンを押すが。 何も世間にPRせずしてcottaの知名度は上がらない、知名度が無いから買い支えが無い。買い支えが無いということは市場が興味を持たないと強く認識すべきだ。解散価格は今は200円を切るだろうと推測する。

    もうひとつ、金金カネで社員を引き抜き雇用しても所詮はカネで行動した社員の集まりに過ぎず。
    掲示板読者諸君よ!、http://www.taisei-wellnet.co.jp/media.html を見てみるが良い。
    まともな会社ならこんなものは掲載しない。コレを最近発見してまたわしは怒った。
    当初のcottaは夢のある会社だった、Sオプションという前にどうして顧客を株主として誘導し株主優待の特典を付加しないのだ。半期の株主権利で商品割引など、可処分所得の多い女性層がケーキ作りをするだろうが。ビッグデータを何故もっと考査分析しないか!。宝の山のデータはいったいどんな管理をしているのか、先ずは君たちの会社のHPを隅から隅まで検証して夢のある会社のHPに作り直せ! それがcottaと連動して市場と連鎖していくからだ。 だが、今の現状はオーナーの本気度が見えぬから持ち株は売らざるを得ない!

  • 巷の情報を集めれば集めるほど、この会社の経営戦略に疑問が出てくる。
    ほとほと愛想が尽きた。

  • お客様数 2013/12/1 約219,000
    我の記憶が正しければ、不思議な不可解な積み算数字、疑えばまた限り無し

    不可解その2 デコレートペンを100円ショップに納入成功とIRにあるが、我調査したところでは昨年のバレンタインだけ。ところが多くの店で「デコレートペン」置いてないかとの客が通年で問い合わせしてきていると言う店の販売員。
    一般消費者に拡散できる格好の商品がタイセイにはあるのにそれが見えていない。

    不可解その3 上り坂の企業ならHPにリクルートのコーナーが必ずあるがこの会社は設けていない。先々月この会社のHPでは社員は30名弱と確か記載されていた。
    この掲示板の騒動で、いつの間にか90名ぐらいに、「増員、すり替わっている。
    ここの会社は何がどこまで本当で何が虚像なのか、その疑問か我の不可解を増幅させる

  • 上場当時から影で応援してきた身にとっては、なぜマスコミが取材してくれないのか?
    今度の掲示板炎上で見えてきた気がする
    ここの掲示板参加者は他の掲示板と違い消費者の目線で参加しているところが実にまじめなのだ。マスコミ人は我の経験からは非常に慎重、特に大新聞はもっと厳しい目で接してくる。
    cottaも何故か新聞記事になっていない。我のしらない何かがこの欠点として深部にあるのではと、また疑う。同業ライバルは着々と同じ業態で業績を伸ばし、すぐ買いたくなるHPで、ITにお金をかけている。先発企業が後発企業に負けていく、だから怒る!

  • 新会社社長の石川森生氏は古巣SBIグループからネットアパレル転職、その時点は未だネット販売の手法は試行錯誤、過渡期だった。成功し自ら再度転職探しでタイセイ社へと、しかし同氏の職歴は全て入社1年半から2年半の短さ(ネット上の同氏の経歴)そんな同氏と、裁判ざたまで発展したライバル会社社員総引抜き事件のタイセイ社長の金銭モラルを同氏はどう見ているのか? 来9月期は大幅利益激減、配当もちろん減配、それを見越して大量の自社株を最高値で売る抜るタイセイ社長を信頼できるものかと。時価総額が急減している。公募価格半額まで大幅下落、皆はどう思うかね?
    地元紙さえ社長の人物像が何ひとつ掲載されない理由はここなのかと最近感じ始めた。
    新会社でタイセイ社と切り離し、石川氏を身代わりにと我は疑ってしまうのだ。

  • たとえタイセイ社が訴訟で勝っても、裁判記録から非人道的な敵対行為の記録を丹念に読めばタイセイ社長の人物像が浮かび上がってくるのも確かと我痛感する。
    そんなひとには近寄りたくない利用されたくないのかもしれない。
    新会社の石川森生氏も業界で名声があれば食品新聞でも話題になるが、もう過去の人だろう、同氏も渡りに舟だったのではと、また疑心暗鬼。
    次期株主総会の議案書を見るがいい。

  • こんな「ひどい商品」を消費者に届けるか!、ばか者!
    我、投稿の「株主の声」=「cottaべじ」をクリックした。
    掲示板諸君!、「cottaべじ」をクリックし、下にスクロールして見てみろ! 
    期待して注文した女性客の落胆と怒りの声だ!
    「cottaべじ」のレビューを熟読すると、余りにも消費者を裏切り、馬鹿にしているこのタイセイ社
    投稿は女性だからおとなしく厳しくだが、男性客なら「金返せ!だろ!」
    下記の7月の投稿以来、購入者の投稿は皆無。当たり前だろう、
    もうこの会社の社長を交代させないと、タイセイの信用までどんどん落とされる!

  • 投稿者: ズッケロさん兵庫県
    がっかり・・・'13/07/29
    初めて注文しました。 トマト2種・椎茸・にんにく・ピーマン・卵・おくら・玉ねぎ・ネギ・唐芋といった内容。きゅうりやナス、キャベツ等を期待していたので少しがっかりでした。 唐芋の一つがブヨブヨと柔らかく、かなり傷んだものだった為、更にがっかりです。 梱包の際はもう少しちゃんと確認して頂きたいと思います。

    投稿者: かずさん神奈川県
    残念…'13/07/24
    他のかたのレビューを見て期待して購入しましたが…、結果は近くのスーパーの方がよいもの買えます。 プラムは腐っているものが入っているし、ちっとも甘くない。キャベツはふちがかれて茶色くなっている。う~ん、この品質なんでしょうね?しいたけ、ニンジンはおいしかったですが、リピはないですね。

    投稿者: chocomonさん
    新鮮野菜'13/07/08
    新鮮なお野菜が届いてとても嬉しかったです。 キャンペーン期間中でお得感もあったのですが、 せっかくの美味しそうなプラムが一部傷んでいて白カビが生えていたのは とっても残念でした。。。今は卵がセットになってしまっていますが またお野菜のみでの販売があったら期待したいです

    投稿者: たにっちょさん栃木県
    この内容は・・・?'13/06/181回目の注文は満足いくものだったので、2回目頼んだらがっかりでした。まず、いんげんが茶色いのばかり入っていて、食べて大丈夫??っていうようなものでした。 それから、びわがひどかった・・・ ほぼ茶色くなってて、旦那が食べた後にお腹を壊してしまいました。 1回目は満足だっただけに、残念です。 でもしいたけは肉厚でとってもおいしかったです!!

  • 西日本新聞の渡辺晋作記者(同氏は東京日銀担当)がマザーズ上場日に佐藤社長に話を聞いている。その取材記事を見つけた。その時の社長コメントだ。「調達資金約7億円は物流倉庫の拡充やネット通信販売の安全対策に充当。菓子のレシピを有料販売や、調理用家電の販売を新たに始め業容拡大を目指す」。掲示板諸君!月間閲覧数6億1000万越えのクックパッドの二番煎じ発想に呆れる(cottaに「みんなの投稿レシピ」がある。「投稿者に対するレビュー」は全く「反響はゼロ」。我の娘はクックパッドを利用して毎週ケーキと菓子作り。我は数年前から同社の数万株主ゆえこの光景は嬉しいことだが、タイセイ社なぜ本業のラッピングと菓子材料拡販のアイデアで訴求していかないかと。不思議でならぬ。調理家電もしかり、cottaで販売の価格はアマゾンと楽天で20~30%以上の価格差がある。売れる理由がない。深く深く入り込んでいくと、どのレシピ提供者もやたらとcottaの各種タグをいたるところに貼り付けリンクを設けている。なぜか? 理由がわかった。タグをクリックされて同社商品が購入されるとマージン金額が入る仕組み。だから「金儲けを意図したレシピ投稿」ばっかり。タイセイ社がcottaの画面で堂々とこの方法でお金になることを大々的に宣伝しているから余計に不快だ。閲覧者は見抜いている。喜んでレシピ投稿してくれるクックパッドと金儲けのためにレシピ投稿するcottaの大きな違いがここにある。

  • 我の企業の見方
    企業のIRページで2つの特徴的な開示方法に気をつけている
    ①やたらとPDFばかりで開かないと読めない企業はうだつの上がらない企業多し。
    ②現状と1年後2年後の経営拡大の取り組みがビジュアルで開示されている会社は株価も右上がり。
    ③有料の新聞記事検索で、毎月どこかの新聞に記事が掲載されている会社はつまり、「新聞記者が取材している証」
     よってこれらの会社は常にアナリストの目に触れている。会社の現状が良くわかる
    ④大新聞に広告出来なくとも、地元新聞には広告を出しているかどうか? 
     これにも広告を出していない会社は上場企業では「業績が良くない」ことが多い。
     取材記事へのお返しとマスコミとのつきあいの意味もある。
     コレもない会社は正直「正確なところが読みきれない怖さがある」

  • 大株主ゆえ掴める情報ありきか! 
    税金対策とはとても思えぬから我余計に疑心暗鬼になってきている。
    新会社との立ち上げ混乱なのか、金融筋早耳か、公募価格決定に絡んで何かが
    動いたのか、
    市場の支えがないからこのままでは年内400円割れの恐れも、どうも我も危なすぎると。

  • BASFも良いパートナー選んだもんだ。戸田工業の研究人材をみると、東大・京大・ずらりと企業がうらやむ有能研究者。この2月に外人持ち株が急に増えている、これは何だ?

  • 私が掴んでいた内容は書かなかった。超多忙なBASF会長への取材にも成功し、次なるタイミングで出してくるのだろう。世界的企業4社から提携のオファーと思っていたが、5社から提携のラブコールが来ていたとは、私の調査漏れ。この1社はどこだ?
    きょうは他にも緊急会議をしているところがありそうだ。

  • 外部から優秀なIT技術社スカウトと堂々宣言していたが、ライバルははるかに高度なECサイト構築。
    大分の和菓子店、インターネット初期の画面のまま、これでは誰も買わぬ。ボロボロ店内写真のまま。
    一事が万事他人任せの実態なのか。
    東京事務所が作成しているHPの画面をプリントしてみると、もうまともに印刷できない。
    新しい技術より、だれでも印刷できるアナログ感覚も必要だろう。
    創業当時から応援してきたいきさつから、あえて苦言を。
    東京事務所の社長はマガシークを抜けてタイセイに入社したが、力量買いかぶったのでは。
    彼が抜けた途端、マガシークは大きく業績が伸びている。
    タイセイ社長は、一度、抜き打ちで東京事務所を見てみるが良い。
    応援している私は強くそれを望む。

  • 東京事務所内では、石川森生氏とタイセイ社長の娘との共同体制でうまくいっていないのでは?
    SNSを分析しているとそんな感じが強く漂ってくる。
    株価はまた元に戻って400円台をつけよう。

    COTTAのページで一般ユーザーの書き込みが皆無なのをもっと自覚すべき。
    ライバルを見てみろ! 毎日一度はアクセスしたくなる仕掛けがいっぱいだろう?

  • >>No. 32003

    経営者は掲示板を侮るなかれ。
    これもれっきとしたSNSに準じるビッグデータの真実。だからこれだけ賛同のボタン数。
    TUKURU社のHPをじっくり見ろ。登場人物は元こんなすごそうな略歴だと並べるだけ。
    あほか!。2ヶ月ほど前、日経の地元支社長が出向いたそうだが、結局インタビューに何も新鮮味がなかったのか気抜けした小さな記事だけになったようだ。
    それより「つく実や」のHP。 だれも買いたくないこんな汚い店。こんな汚い画像とデザイン。

    まったく裸の王様タイセイ社長。

  • >>No. 475

    仕事ひと段落して日記がわりで。450円で衝動的に買い指値。あまりに買えてしまって正直疑心暗鬼を引きずり。競争激しい女性もの下着だから余計に。白鳩のECサイト総点検してみて実に良くできていることに驚きと感心が膨らんでやっぱり売りは止めようと。忘れないうちに取り消しボタン押した。
    驚いたのは、同社に「Tバッグ用のショーツ」が売られていたこと。よく知る小林薬がこんな商品を出していたとは。それをネットを調べて買いに来ている人が多くいることに気づいた。
    こんな商品を探して置いた白鳩はやっぱりきめ細かい会社だなと。それが私の買い転換に気が変わった理由。
    電車の中で1日の寄り付き状態注視、値ぼれで再度450円で買い指値、約定できてしまった。
    折に触れ、サイト研究のため時折覗いているが、商品の結びつけ完成度が高い。自前なのか外部委託なのか、でもそれは関係ないと。実に魅力のあるホームページであることには間違いない。

  • 京都の会社は昔から「目立ってはいけない」と言う土地柄。京都に住んで京都で商売をしておれば簡単な理屈。
    だから目立ったIRはしたくない。だから私も普通に思っている。
    ただ、京都信用金庫が一生懸命大きく育てようと力を貸したと聞いている。息子さんも立派に育った。ホームページを見ていれば他の下着通販とは雲泥の差の「買う楽しみ」があることに築くだろう。

  • 盆明けまで地を這うトレンドがよろしいかと。
    上値は決して追わず、失望売りを丹念に拾って福あり。
    昔、先代ワコールの塚本会長がおられた頃と白鳩の現在の活気がダブって見える

本文はここまでです このページの先頭へ