ここから本文です

投稿コメント一覧 (22コメント)

  • >>No. 39

    1週間の無料お試しキャンペーンをやってますね。
    このような独自のサービスが浸透してくれると強いんですけどね。

  • 2018年8月から開始した不動産会社向け
    サービスの
    「くらすマッチ」の契約店舗数が伸長の
    ようですね。
    ストック型ビジネスになりますので、
    サービスを導入してくれる不動産屋が増えてくれれば期待できますね。
    因みに全国にある不動産業者数は10数万業者てところですかね?

    くらすマッチ
    (カンタン資料作成)
    住所を入力するだけで資料が作れる
    (周辺環境マップ)
    URLを送るだけの簡単提案
    (閲覧ログ機能)
    資料の閲覧状況がリアルタイムでわかる

    料金
    ライトプラン
    10,000円/月(税別)
    スタンダードプラン
    15,000円/月(税別)
    プレミアムプラン
    20,000円/月(税別)

    例えば5000件の不動産屋が契約してくれれば全てライトプランと考えた場合、
    10,000円×5000件で5千万/月
    年間6億の売上になりますね。

  • dirさん
    はじめまして。返事遅れました。

    仲介業のオウチーノベンチャーオフィスは1年以上まえから既に稼働していますが、不動産関連事業の売上には殆ど反映されていないぽいので、
    おうちのアドバイザーという会社を新たに立ち上げて、ここから不動産売買の代理・仲介業務に仕切り直しで参入といった感じですかね?

    ホームステージグはよいサービスだと
    思います。

    おうちのアドバイザーでは「ホームステージャー」の資格を有したスタッフが、お客様の物件を魅力的に演出し、より高く・早く売却することを目指します。

    ホームステージングには家具なども関わってくると思いますが、LIFULLなんかはHOME’Sのサイト内に家具・インテリアの販売サイトを立ち上げていますよね。

  • >>No. 668

    それは失礼しました
    私は最近フライトへの投稿をほぼ削除したところでしたので。

    理由は先程書き込みした通りで理解していただいていたようで
    ありがとうございます。

    やっぱり気にさんの冷静な厳しい意見は
    とても参考にさせていただきました。

  • 本当に思い込みが激しいひとだわw
    病気かなw

  • アールキューブ
    発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

    1.発生したのれんの金額
    1,868,918千円

    2.発生原因
    今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります

    3.償却方法及び償却期間
    20年間にわたる均等償却

  • 株式会社おうちのアドバイザー

    設立年月 2018年12月
    資本金 300万円(2018年12月1日現在)
    代表者 代表取締役 堀口 育代
    株主 株式会社くふうカンパニー

    事業内容  
    不動産売買の代理・仲介業務、及びそれに付帯関連する不動産業務全般
    オフィスビル賃貸の仲介業務

    株式会社おうちのアドバイザーは、オフィス仲介事業、不動産売買仲介事業を中心に、不動産をお探しの方に最適な物件をご紹介する不動産仲介会社です

  • 第1四半期決算
    売上高 6億8,000万円
    営業利益 2,900万円
    経常利益 3,000万円
    純利益 -2,900万円
    (内訳)
    みんなのウェディング
    売上高 3億9,478万9千円
    営業利益 1億3,306万5千円
    オウチーノ
    売上高 2億8,528万8千円
    営業損失 8,862万9千円

    総資産53億9,600万円
    純資産 47億1,700万円
    自己資本比率 87.4%
    現金及び預金 23億5,304万円
    利益剰余金 -247万4千円
    のれん 20億2,140万2千円

    最初にしては何の問題もない内容で一安心です。
    2QからはRキューブもPLに加わりますし結婚関連事業は両社の相乗効果も含め期待したいところですね。

    オウチーノは踏ん張りどころですね。
    ヨムーノ含め今期以降に期待したいところですね

    決算と一緒に何か出るかと期待していましたが、今後に期待ですね。

  • 発行済み株数130万株しかなく親会社の
    安定筆頭株主が60%保有
    配当もあり社長が説明会で株価は常に意識していると。
    継続率+リピート率の高いコンサル事業(ある意味ストック型)で安定性あり、
    取引先はだれでも知っている大企業
    業績も3期以上連続黒字で今後も伸びが
    期待できる分野での事業展開

    中長期で期待しかありません^ ^

  • 安定したコンサル事業
    直近の3ヶ年のプロジェクトの
    「継続率+リピート率」 は平均約90%

    一度信頼を得ると、継続的に厚く支援を
    続けるスタイル
    コンサルティングのストック化で事業運営の安定化を実現

    毎年10%の新規案件・新規顧客が追加

  • >>No. 894

    三毛猫さんお久しぶりです
    またよろしくお願いします^ ^

  • 株式会社SUBARU
    「開発者とは別の視点で、見落としている 改善箇所の指摘や提案をもらっている」

    日産自動車株式会社
    「問題に対して形式的に答えを出すのではなく、 ボトムアップでじっくりと問題に向き合い、 裏付けのある提案を頂けた」

    株式会社デンソー
    「全体をしっかり俯瞰して質の高い アーキテクチャやシステムを作ることのできる エクスモーションのスキルはとても貴重」

    パナソニック スマートファクトリー ソリューションズ株式会社
    「当社の現場に入り込んで、現場目線で提案を する姿勢に信頼感が湧く」

    株式会社ケーヒン
    「上流工程で考えを整理するという手法は、日頃 の量産開発で「着実に作り込む」ことだけに注力 しがちなわれわれにとって、非常に新鮮」

  • エクスモーション主要取引先
    主要クライアント
    (メーカー)
    トヨタ自動車、日産自動車、本田技術研究所、SUBARU等
    サプライヤー
    デンソー、日本精工、ケーヒン等
    (自動二輪)
    ヤマハ発動機
    (農機)
    ヤンマー
    (建機)
    コマツ
    (産業機械)
    パナソニック スマートファクトリーソリューションズ
    (鉄道)
    三菱電機コントロールソフトウェア

  • 株式会社ソルクシーズ
    保有割合64%
    保有目的
    発行会社の親会社であり、経営参加を目的とした安定株主として保有しております

    ソルクシーズの保有意向について
    渡辺社長の話
    我々も把握していないんですが、
    当分過半数は保有したいという意向は聞いています

  • >>No. 880

    譲渡の相手方は、株式会社エクスモーションの取締役、監査等委員である取締役及び従業員ですが、譲渡を受けた株券等が僅少である者に該当するため、譲渡の相手方を記載していません。

  • Zaimが今月、新たに3銀行とのAPI連携の追加を発表しましたので改めてオープンAPIをについて少しまとめてみました。

    金融機関がAPIを公開していない場合

    FinTech事業者がユーザーの金融機関の
    サービスへのログインIDやパスワードを取得し、代理でログインして情報を取得するため、利用者保護の観点から課題あり。

    金融機関とFinTech事業者のAPI接続が進むと

    利用者は金融機関におけるID等の情報をFinTech事業者に開示することなく、FinTechサービスを利用することができるようになり、利用者保護上の懸念が解消。

    Zaimは現在約1500社と連携していますが、その中でAPI連携している金融機関はまだ10数社だったと思います。
    今後、銀行のAPI公開が増えていけば、ZaimとAPI連携する銀行も増えていくと
    思います。

    ではこの流れが加速するとZaimにとってなにがよいのか?
    ユーザーの利便性のアップと金融機関の
    ログインパスワード等個人情報の保護
    アプリがより安心して利用でき
    利便性が上がり使いやすくなれば使用するユーザーも増えていくと思います。

    現在金融庁に登録している電子決済等代行業はZaim含め7社です。

    因みに
    APIを公開(又は公開を検討)している
    事業者の割合(2016年調べ)
    金融事業者 25.5%
    それ以外の事業者は13.9%

  • Zaim無事に
    電子決済等代行業者登録完了しましたね
    金融機関とのAPI連携は重要な機能のひとつですのでとりあえず無事登録完了できてよかったです^ ^

  • 株式会社Zaim
    オンライン家計簿サービスの会社
    代表取締役社長(創業者)は閑歳孝子さん。
    穐田さんは取締役になっています。

    閑歳さんは、当初は第三者からの資金を
    積極的に受け入れる気持ちはなかったが、クックパッドの代表執行役兼取締役を努める穐田誉輝さんに会ってその考えは一変したようです。
    (2012年当時の話から)

    閑歳さんは、仕事をするなかでメンターを見つけたと言います。「私のメンターは
    2人です。1人は前職の会社(ユーザーローカル)代表の伊藤将雄さん。就活学生には馴染みの深い『みん就(みんなの就職活動日記)』をつくった方です。この方からインターネットに関する99%を教えてもらったといっても過言ではありません。
    そして、Zaimに出資いただいているクックパッドの代表執行役である穐田誉輝さんも
    メンターだと思います。
    (2014年当時の話)

    クックパッド時代の2013年にはクックパッドがZaimに出資していた関係で、Zaimと特売情報(現トクバイ)はサービス連携していました。
    その後クックパッドのお家騒動で両方ともクックパッドを離れることになりますが。

    個人的にはZaimの事業内容はくふうカンパニーの考えにぴったり合うように思うのですけどね。

  • 本日の東証開示情報より
    (株)くふうカンパニー
    株式(コード 4399)
    基準値段 799円
    制限値幅150円

本文はここまでです このページの先頭へ