IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (127コメント)

  • 金融サービス仲介業
    金融商品販売法を金融サービスの提供に関する法律に改称し、「金融サービス仲介業」を創設。

    業態ごとの縦割りだった既存の仲介業と異なり、1つの登録で銀行・証券・保険すべての分野のサービスを仲介可能とするなど、ワンストップ提供に最適化。

  • ザイムのアプリのダウンロード数は約900万件。収益源は月額400円からの有料サービスや広告料、家計簿アプリで得られたデータから購買行動を予測する分析サービス。アプリの機能を充実させて利用者数拡大を狙う。

    2021年度の新設が予定されている「金融サービス仲介業」への登録も視野に入れる。保険商品も含めた金融商品をアプリ上で取り扱うサービスを検討する。
    (10月28日付の日本経済新聞の記事より)

  • >>No. 59

    Zaimの保険会社とのAPI連携は多分初めてですよね。
    日本ではInsurTechが浸透していくのはまだまだこれからでしょうし、くふうグループには保険のくふうもありますし、この辺の波に乗ってユーザーファーストなサービスをどんどん提供していってもらいたいですね

  • 「毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。」に向け機能追加

    住友生命保険とAPI連携を開始
    〜個人年金保険の受取開始日、将来受取予定金額等を残高画面に自動反映 〜

    今回の取り組みにより、住友生命保険の個人年金保険(確定年金)における「支払い満期時の受取年金額」と「受け取り開始日」などの明細をAPI連携にて自動取得します。その他従来より提供している銀行やクレジットカードなどのサービス連携データと同様にZaimの残高画面で一覧表示。これにより、利用者は現在の家計状況に加え将来的に受け取る年金額も簡単に把握できます。

  • 政府は22日、不動産売買や賃貸契約の際に交付する物件の重要事項説明に関する書面を電子化し、メールで送れるようにする方針を固めた。押印についても不要とすることを認める。赤羽一嘉国土交通相が23日の閣議後記者会見で発表する見通し。来年の通常国会に関連法改正案を提出する。
    不動産業者による口頭説明についても、テレビ電話を認める範囲を拡大し、脱対面を加速する。


    6月にオウチーノはくらすマッチの新機能としてビデオ通話含めたオンライン相談ルームの提供を開始していますし、
    IT重説の営業支援も現機能で応用できますから、需要が期待できそうですね。

    そうは言っても、どこの不動産テック企業もこの辺りのサービスは力を入れ始めているところですので、
    くらすマッチ& オンライン相談ルームの更なるブラッシュアップに力を注いで貰いたいところですね。

  • 現在、おうちのくふうがオウチーノのサイトに掲載している中古マンション物件は4件
    品川区 5,980万
    品川区 3,680万
    江東区 3,880万
    葛飾区 3,680万
    4件とも取引態様は売主なのでおうちのくふう所有の物件ですね。
    不動産は販売単価が高いので売れれば不動産関連事業の売上は増えていきますよね。
    あとは利益率ですね。

    買取再販事業については決算説明資料で本格稼動と記載がありますので、2021年9月期から力を入れていく事業なんでしょうね。
    メディアを含めた不動産の売買を一気通貫サポートするサービスの提供の一環だと思います。

  • くふう少額短期保険、業界最安水準の保険料を実現した女性特化型のウェブサイトへ刷新

    ワンコインからのサブスク感覚ではじめられる、スマホ完結型保険を提供

    くふうカンパニーグループにおいて、生活シーンに潜む身近なリスクを保障する保険商品を開発・提供する「くふう少額短期保険株式会社( https://kufu-shotan.com/ )」(以下、「くふう少短」)は、業界最安水準の保険料を実現した女性特化型のウェブサイトへ刷新したことをお知らせします。女性が年齢やライフステージに合わせて必要な保障だけをスマートフォンで簡単に選び、ワンコインからのサブスク感覚で保険料を支払うことができます。

  • 9月以降結婚式に「出席」と回答したのは全体の82%、全体の半数以上が年内に結婚式参列予定と回答。
    (結婚式業界唯一のチャット相談プラットフォーム「PLACOLE WEDDING」を運営する、冒険社プラコレ調べ)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000021126.html

    9月以降結婚式の開催もぼちぼち増えてきているぽいですね

    4月-6月に予定されていた結婚式の施行は、330件中237件が延期、90件が中止
    (くふうカンパニー2020年9月期 第3四半期 連結決算 説明資料より)

  • 中古市場の活性化を事業拡大のタイミングと捉え買取再販事業を本格稼働
    (2020年9月期 第3四半期 連結決算 説明資料)


    おうちのくふうが取扱ってる販売物件がぼちぼち出てきましたね
    取引態様が売主と記載されているので
    おうちのくふう所有の物件ですね
    来期以降この辺りの売上が不動産関連事業に貢献してくれると売上伸びていくんですけどね

  • くふう少額短期保険のホームページリニューアル

    https://kufu-shotan.com

  • 株式会社みんなのウェディング、株式会社アールキューブ、株式会社フルスロットルズの3社統合に向けて、『株式会社エニマリ』を発足

    ~コロナ禍を機に結婚式ニーズの多様化がより一層進むこれからの時代に、「結婚を祝う新しいカタチ」を提供するサービス・メディアの展開へ~

    株式会社くふうカンパニーは、結婚事業を営むグループ会社3社(株式会社みんなのウェディング、株式会社アールキューブ、株式会社フルスロットルズ)を統合し、新たに株式会社エニマリ( https://about.anymarry.com/)を発足することをお知らせします。10月1日付で株式会社みんなのウェディングと株式会社アールキューブが合併し、株式会社エニマリに商号を変更します。株式会社フルスロットルズにつきましては、2021年初頭をめどに株式会社エニマリへの合併を予定しております。

  • Zaim
    「毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。」へ機能追加、ポイントサイト「モッピー」とAPI正式連携を開始

    〜 ポイントサイトの利用履歴や残高を家計簿に自動反映 〜

  • 改正銀行法に係る契約締結により
    ほぼ全ての金融機関と契約しサービス継続の見込み
    ZaimとしてはAPI連携はあくまでスタート地点と思っている

    まだ少し先の話になりますが、
    2020年6月の法改正で金融サービス仲介業創設予定ですが、金融サービス仲介業への参入もZaimとして検討しているようです

    それに絡んでくるのかもしれませんが、ひとつの例としては、ゆくゆくはZaimの中でよりスムーズに住宅ローンでの銀行との連携を考えているようです

  • オウチーノの中古物件のところに、おうちのくふうの取扱物件(リノベーション予定のマンション)が掲載されています
    取引態様が売主の表示なので、おうちのくふうが直接「売主」となる物件ですね
    現時点で掲載されている物件数はこの1件

    第3四半期連結決算説明資料より

    不動産関連事業の方向性
    中古市場の活性化を事業拡大のタイミングと捉え買取再販事業を本格稼働

    株式会社おうちのくふう
    事業内容
    不動産の売買・仲介業務、及びそれに付帯関連する不動産業務全般
    資本金
    5,300万円(2020年7月1日現在)

  • 投資・起業家支援領域
    当社グループが保有する投資資源を活用して、起業家支援、ベンチャー企業の経営支援、新規事業創出に取り組んでいる

    くふうカンパニーの投資活動により、 営業投資有価証券が317百万円増加(2020.8.12現在)

    当社グループの事業領域に関連する企業、及び当社グループの持続的な成長に資する投資を実行

    投資の機動性をさらに高める目的

    ファンド(くふうキャピタル)の設立

    くふうカンパニーが主体となる投資
    +
    ファンド(くふうキャピタル)で異なる枠組みの投資を検討、及び実行

  • くふうキャピタルは9月中の設立予定とのことですが、法人番号指定年月日が、令和2年8月20日になっていて、法人番号が既にありますから、普通に考えて会社は既に登記完了していると考えていいと思います。

  • コロナ禍で子育ての悩みや困りごとが増加した家庭が70%、3歳からのはぐくみメディア『おやこのくふう』をリリース

    ~コロナ禍で大きく変化する子育て事情。いまこそ、おやこでくふうして、かけがえのない体験を~


    くふうカンパニーグループの株式会社くらしにくふう(以下くらしにくふう)は、3歳からの「まなぶ・運動・食べる」をはぐくむメディア『おやこのくふう』(https://oyako-kufu.com/)を2020年8月13日に公開しました。
    くらしにくふうが2020年8月に実施した「3歳から6歳の時期の子育てに関するアンケート」では、「コロナ禍で家庭での子育てに関する悩みや困りごとが増えた」との回答が70%にのぼる結果となりました。コロナ禍をきっかけに子育て事情が大きく変化する中、3歳から6歳の「まなぶ・運動・食べる」のきほん情報を軸に、専門家による取材・監修と子育て中の親の気持ちに寄り沿った記事づくりを徹底し、おやこの時間に役立つ情報を発信していきます。

  • 近日サービス開始予定の3歳からの子育てサポートメディアの名称
    「おやこのくふう」に決まったんですね

    3歳からの子育てサポートメディア「おやこのくふう」を近日公開予定、 自宅時間の増加などで変化する親子コミュニケーションの課題解決を支援

    「まなぶ・運動・食べる」を軸に3~6歳のお子さまをもつすべての方に向けてこの時期ならではのコンテンツを凝縮した情報メディア

    専門家による取材、監修を徹底
    子育て中の親の気持ちに寄り沿った記事づくり

  • ANYのオンライン結婚報告
    アールキューブはANYのオンライン結婚報告という取り組みを始めた。結婚式が延期となったり、実家に挨拶に行けない人から問い合わせが相次いでいるといい、報告会の開催場所はおしゃれな空間となっている。全国1万3000以上の場所から好きな場所で挨拶を行えるといい、ベーシックプランでもプランナーや司会の進行などが付いてくるという。東京の夫婦に話を聞いてみると、日程が宙に浮いてしまったと話していた。2人共福岡県・大阪府の出身で2度も結婚式が延期してしまっていたものの、会ったことのない人にも挨拶したいと話が聞かれた。おじいちゃんおばあちゃんに見せたいなどの思いからこのサービスを使う人は多いと期待されている。

    情報ライブ ミヤネ屋 
    2020年8月11日(火)
    13:55〜15:50 放送

  • くらしにくふう

    まなぶ・うごく・食べる 3歳からの子育てサポートメディア
    8月中旬リリース予定 coming soon!

本文はここまでです このページの先頭へ