IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (190コメント)

  • 【自立焼成方式】
    今朝の日刊工業新聞に大きく取り上げられました。
    金型部隊、頼もしい宝です。

  • 【131歳のリーダー企業にとって危機はシェア拡大のチャンス】

    日本の強い「99歳企業」 英国ファンドが選んだのは
    編集委員 藤田和明 (日経5月15日付)

    日本で起きている変化は、日本国内よりも海外からの方がよくみえる部分があるかもしれない。英国で運用する日本株の投資信託に堅調な運用成績を出しているものがある。目立つのは新型コロナウイルスの影響で急落した3月の底値からの立ち直りの強さ。選んだ銘柄は異なるが共通するのは、変革する力を探そうとする視線だ。
    リンドセル・トレイン・ジャパニーズ・エクイティ・ファンドのリンドセル氏は6日付で顧客にこうメッセージを伝えた。「私たちが保有する銘柄は平均年齢が99歳だ。歴史のなかで大きな危機を乗り越えてきた企業であり、その耐久力に安心感を持って、コミットし続けるのが最善の策だろう」
    リンドセル氏は自身が未来を読めるとはいわない。ただ、「各分野のリーダー的な企業にとって、危機は市場シェアを拡大し、競争力を高めるチャンスになったのが経験則だ」とする。
    自己革新力を備えた長寿の日本企業。それに期待する英国からの視線といっていい。

    抗菌壁材なんて、自己革新力の象徴じゃないかな。

  • 【原油一時20ドル】
    燃料費じり高懸念(最新四季報コメント)
    担当かえてくれよ。

  • >>No. 650

    【瓦は、技術の集積】
    首里城の赤瓦が、粘土がない、焼き手がいない、葺き職人がいないで、
    復元お手上げ状態なのは、知られた話です。
    彩色瓦の鶴弥さんが、130年、いぶし瓦の栄四郎さんは、220年の歴史です。
    どちらも業界で圧倒的なシェアを持ち、陶土には、特に神経を使っています。
    全国にあった瓦メーカーが三州瓦に集約しつつあるのは、
    よい陶土と地の利が最大の要因です。
    日本製の瓦の輸出が可能なのは、その圧倒的な品質です。
    栄四郎さんは、台湾に営業所も持っています。
    機械だけ持っていってなんとかなるものではありません。
    冷蔵庫や洗濯機とは違います。

  • 2019/11/05 15:16

    >>No. 605

    【73億→20億】
    430以下で、損切りしてくれましたね。
    哀れを通り越しています。
    会社の内容なんて調べたこともないんでしょう。
    イナゴの買っていい銘柄じゃないのに買うからこうなります。

    上記は、10年前の2019/3月末の借入金と2019/9月末の借入金の比較です。
    毎年平均5億返済したことになります。
    このままいけば、あと4年で無借金の超優良会社です。
    自己資本比率もついに70%を超えました。

    実は、台風特需なんておまけ程度の優良会社なんです。
    会社数が10分の1、総需要が4分の1に激減した瓦業界での数字ですからね。
    投資における利益の源泉は、時間です。
    寝かせておけば、必ず報いてくれる会社ですよ。

  • 【補助金】
    防災瓦に補助金をだせば、列島強靭化が一気に進みます。
    防災瓦を使いたくても予算が足りない層がたくさんいます。
    弱者救済策です。
    行政に期待します。

  • 【瓦の輸出】
    三州、石州、淡路すべてで、中小の瓦メーカーが輸出に力をいれています。
    鶴弥は、輸出をしていません。
    品質評価は日本一、名古屋港は目の前ですから、
    やる気になれば、商社がすぐに飛びついてくれます。
    モスクワに出展したりして輸出の研究だけは怠っていません。
    どんな色の瓦でもつくれますからね。
    クレムリンの屋根を鶴弥の瓦にするだけでも、すごい枚数になります。
    しかし、まずは、経営資源を国内に集中させるという戦略です。
    国内シェアの右肩上がりの増加が戦略の正しさの証明です。
    国内需要自体がどうにもならない数量にまで減少すれば、
    当然、輸出も考えるでしょう。
    鶴弥の生産量は、なんと、石州と淡路を合計した数量ですよ。
    まさに、ニッチのガリバーです。

  • 【プロの評価】
    プロの評価が、とても高い会社です。
    ここに興味をお持ちでしたら、今年3月に日経から発行された
    続名古屋の生んだ名企業をお読みください。
    130年の超長寿企業だからこそ、常に新しいことに挑戦しています。
    借金の多かった財務内容もピカピカになりつつあります。
    知名度が全国区になって欲しいのはやまやまですが、
    地震、台風で騒がれるだけなのは、不本意です。

  • >>No. 374

    【有難いことです】
    円高、原油安、季節的な需要増、すべてプラス要因です。
    第1Qも研究開発費を80百万使った上で、
    借入金も大幅に減らしていたんですよ。
    実際には、すばらしい短信でした。
    予算達成率から敬遠されただけです。
    鶴弥にとって最高の環境が、
    マーケットにとっては最悪となるのが、
    悲しいところです。
    同業の新東さんも前期決算黒字で終わりました。
    めでたしめでたしです。

  • >>No. 361

    【株価への期待はXXX】
    今日の引け後に第1Qの発表です。
    いい数字ですよ。
    ただ、株価は別物です。
    たとえ、明日、ポンとあげてもダラダラさげます。
    結構、持っておられるなら、上手に捌かれるといいですよ。
    下げたところで買い戻せばいいだけです。
    ここのイナゴは、賢くなってしまいました。
    台風、地震、好決算、推奨コメント、どれにも反応しませんからね。
    商売あがったりです。
    でも、何年後にか、ドカンと1000越えが必ずきます。
    シェアの推移から、必然的に、残る瓦屋は、鶴弥となります。
    馬鹿にもわかる話です。
    残存者利益をあなどってはいけません。
    配当もらいながらその日がくるのを待ちましょう。

  • >>No. 359

    【長期のすすめ】
    どういたしまして。
    ここは、持てば持つほど、安心ですよ。
    主要な指標の推移をご覧ください。
    いずれ無借金、全国シェア30%が予想できます。
    有価証券報告書から拾える数字です。
    指標名    2005年度  2010年度  2015年度  2019年度
    瓦全国シェア 14%   20%   22%   27%
    自己資本比率  39%    48%     63%    69%
    借入金    7,565百万  6,815百万  4,075百万  2,325百万

  • >>No. 356

    【第1四半期】
    7月31日に4-6実績が発表されます。
    原油価格は、去年より下なので、経常で1.5憶じゃないですか。
    超長寿企業にとって、短期はどうでもいい話です。
    一人勝ち的なシェアの推移をみましたか?
    恐ろしい会社ですよ。

  • >>No. 347

    【一安心】
    まさかの増配でしたね。
    とても嬉しいです。
    これで、今期の15円配当も決定したようなものです。
    今期でまた下げるのに、前期で増配は、ちぐはぐな印象です。
    理由が減損処理とは言え、前期は、最終利益で下方修正ですからね。
    減損処理は、これからぐんとよくなる時にやるものです。
    7日10:00発表の今期見通しが、楽しみになりました。

  • 【上方修正】
    今日あたりでませんかね?
    楽観的すぎるかな。

  • >>No. 339

    【いいことかも】
    先日の日経記事、第3四半期決算、普通なら、ストップ級の材料だけどね。
    誰かさんがイナゴを、追い払ってくれたから、
    閑古鳥がないてますな。
    売りがでないんだから、どうにもなりません。
    欲しい方はいるようですが、皆さん、絶対買いあがりませんしね。
    これだけ材料がでて400で売るのは馬鹿だから、結局、ほとんどできずで終了。
    これで、いいんじゃないですか。
    本決算で増配にでもなれば、さすがに動きますよ。

  • 【名古屋が生んだ名企業???】
    日経新聞の中部版、1月17日の記事読んだかな?
    鶴弥は、名古屋の生んだ名企業だってよ。
    結構、褒めちぎっているぜ。
    俺も日経の書いた通りのことずっと言い続けてきたけどね。
    こんないい記事がでても、反応全然無しというのは、情けないね。
    ぽろぽろ小さな売りがでてるけど、売ってくれる連中は、
    新聞なんか買わないんだろうな。
    有料会員限定だからね。
    下げはしれてるんだから、来週まで辛抱してみようぜ。

  • 【きたね円高】
    鶴弥には、円高は原油安につぐ贈り物だよ。
    明日は、市場に連られて下げるだろうからまた350で買えるかもね。
    350は、10年間でみても最安値だからいずれお宝になるよ。
    なんといっても1株資産1500で過去に赤字なしのニッチのガリバーだからね。
    しかし、美軽や壁材が軌道にのるのはいつになるのかね?

  • >>No. 329

    【誰ですかね?】
    今、買っているのは、長期組でしょう。
    売っているのは、短期組です。
    だから数量はたいしたことないのです。
    長期組は、絶対に買いあがらないので一発でわかります。
    投げがでれば、さらに買い指値を下げます。
    短期組は、大きくあげだした時に売買に参加し買い上げてくれますが、
    売りそこなうと今のような時に泣く泣く売らざるを得なくなるようです。
    基本的には、短期は長期のこやしとなります。
    今の円高や原油価格が継続すれば、今期の決算はかなり期待できます。
    強気の社長が来年の見込みをだす頃に多少は動くかもしれませんね。

  • >>No. 327

    【たくさんは買えませんよ】
    こういう局面での売りは、クロスを除くと実際にはほとんどでていないんです。
    大株主は、余裕があるし、手放すことも買うことも許されないから売却してくれません。
    売ってくれるのは小口ばかりというのが現実です。
    こんな株価で大量に集めようとしてもそれは無理な相談です。
    もちろん新東さんだって同じです。
    鶴弥さんが14憶(株式の半分)、新東さんが4憶で経営権が自分のものになるなら
    とっくに外資が手をだしていますよ。
    株価は、あり得ない安値でも経営権を手に入れることは不可能という点が、
    安定株主多数の会社のミソです。

  • 【上場劇場をたのしみましょう】
    1株資産150円のソフトバンクが1500
    1株資産1500円の鶴弥が400
    株は面白いね。
    実は、鶴弥も上場したころは、1株資産数百円だったんだよ。
    それでも皆が期待を込めて1000円以上で買ってくれたんだ。
    だからその無利子の大金を使って大きな設備投資ができたんだよ。
    地道に努力して1株資産を増やして、世間からうらやまれる強い会社にかわったのに、
    株価の方は、反対っていうのが、面白いね。
    ソフトバンクも2兆円の無利子の金を使ってますます強い会社になるだろうけれど
    株価は、どうなることやら?

本文はここまでです このページの先頭へ