ここから本文です

投稿コメント一覧 (8864コメント)

  • >>No. 820

    コード書き出しLFDウタです。

    keisouさん。お疲れ様でした。これで100%安心致しました。私は別件で昨日DDSに問い合わせと提言を2~3お願いしました。

    まだ情報が上からあがっていないためお答え出来ません。が回答でした。
    内容はOLEDunder用指紋認証の開発が遅れた理由と技術的内容でした。技術的なことは後日問い合わせてみます。

    『その中でメーカーの技術的な求めが想定以上の技術だったことを理由の1つに上げていました』
    『後は開示情報の通りとの事』でした。

    上記の 私が問い合わせた内容は『OLED対応より液晶パネル』の方が光学式であるならば難しいのではないのか?でした。←←これに答えた内容が上記の回答でした。

    提言の1つが『広報をするのであればFacebookの内容』を把握しておくようにしていただきたい。
    ↑↑↑
    IR担当者は日によって忙しい時期はチェンジするようです。Facebookの内容を問い合わせても把握していないため今回は改善を求めました。情報の共有に少々問題有ります。

    貴重な情報の提供ありがとうございました。
    byウタ(コード書き出しLFD)

  • 株価が下がるとDDSの掲示板が売り煽りおいちゃんやじい様のコミュニティとなる。

    下がっているのは誰でも数字が読めればわかるんですよ。

    なんなら後200程連続で連投しましょうか?

    いい加減にしろよ。byウタ(コード書き出しLFD)

  • >>No. 760

    自己返信

    【本リリースに関する日本HP様からのコメント】
    株式会社 日本HPは、株式会社ディー・ディー・エスの多要素認証基盤「Themis」の弊社Chromebookへの対応を歓迎いたします。
    日本HPは長年にわたり、日本のお客様のビジネスを支えるための様々な取り組みをディー・ディー・エス様と共に続けております。このたび、HPのChromebookにおいて顔認証による二要素認証を実現することで端末のセキュリティをより強化し、幅広いお客様のニーズにさらに応えてまいります。

    株式会社日本 HP
    専務執行役員
    パーソナルシステムズ 事業統括 byウタ(コード書き出しLFD)

  • >>No. 759

    自己返信

    【本リリースに関するデル様からのコメント】
    デル株式会社は、「万能認証基盤 Themis」バージョンアップ版リリースを歓迎いたします。
    ログイン認証時のパスワード運用は限界に達しており、多様な認証方式を組み合わせることが、セキュリティ強化と生産性向上に必須となっています。今回Chromebookでも生体認証がサポートされ、生徒が意識せずにセキュアな環境を利用できることになり、教育現場で文具のようにICTを使う世界の実現が近づきます。
    クラウド時代のデバイスの在り方と活用を、株式会社ディー・ディー・エス様との連携により、さらに訴求してまいります。

    デル株式会社
    常務執行役員
    クライアント・ソリューションズ統括本部 統括本部長

  • 日本で注目されるのも間もなくでしょうね
    (コード書き出しLFDウタ)

    【本リリースに関するレノボ・ジャパン様からのコメント】
    レノボ・ジャパン株式会社は、株式会社ディー・ディー・エス様による認証基盤「Themis」でのChromebookログイン時の顔認証対応を歓迎いたします。本年、文部科学省がまとめた「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」においてもクラウドの活用を積極的に推進していくとしており、学校のICT教育推進において活用が期待されるChromebookのセキュリティ向上や利便性向上において貢献するものと期待しております。

    レノボ・ジャパン株式会社
    執行役員副社長 取締役 執行役員
    安田 稔

  • 政府関連サービスによるFIDOソリューションの利用
    (コード書き出しLFDウタ)

    オープンで拡張性のある標準に基づいた、よりシンプルで堅牢な認証で、
    政府関連サービスを保護

    政府関連サービスプロバイダは、サービスの提供やビジネスプロセスをクラウドやモバイルサービスへと進化させ続けています。
    しかしその一方で、迅速で簡単なアクセスと堅牢な認証セキュリティのトレードオフに常に悩まされてきました。

    FIDO仕様に基づくセキュリティは、このようなトレードオフを発生させることなく、セキュリティ強化と政府関連サービスのコスト削減を図りながら、
    オンラインセキュリティをよりシンプルで快適なユーザーエクスペリエンスに変えることができます。

    FIDO認証の将来性と市場規模は桁違い。byウタ

  • NIST800―63―3 本当に軽くみない方が良いですよ。(コード書き出しLFDウタ)

    (中略)

    NISTは、アメリカ政府(商務省)傘下にある国営の研究所です。本ガイドラインは「現在の技術的動向を踏まえたうえで、アメリカ政府はこのような電子認証を取り入れるべき」というアメリカ政府向けの報告・提言という位置づけになります。この報告書を受けて、アメリカ政府はあらゆる電子認証に関するシステムを徐々に更新することで、不正アクセスや攻撃などの脅威から政府のデータを守ります。

    繰り返しになりますが、本ガイドラインは「アメリカの政府機関が、アメリカ政府各省庁・各機関に対しての電子認証ガイドライン」です。よって、アメリカ政府機関に対しては「事実上」強制力があるもの、他国政府、またアメリカ内外の民間企業にとっては何の強制力もありません。

    しかしながら本ガイドラインは、パスワード認証を含む世界の電子認証のあり方を大きく変える性質を持っています。それは、本ガイドラインが情報セキュリティ分野において世界をリードするアメリカにより作られており、かつ網羅的・中立的であり信頼性が高いため、世界中から参考にされているためです。各国の政府や民間企業も本ガイドラインを元に、自国ならび自社の電子認証ガイドラインを作成・改定を行っています。既に日本企業の中でも、本ガイドラインを参照に自社の認証システムの改訂を始めている企業が多数あります。

    このように、本ガイドラインは「アメリカ政府」に留まらず⭕️事実上世界の電子認証に関する標準ガイドラインとして機能することになるのです。

    FIDO認証はNIST800―63―3に準拠したセキュリティソリューションです。byウタ

  • >>No. 731



    コード書き出しLFDウタです。
    (自己返信)

    そんな現状を解決するため、パスワードに頼らない🔶個人認証技術の標準化を進めるFIDO Allianceという規格があり、その規格に沿った製品を提供しているNok Nok Labs(ノックノックラブス)。
    これまで、スマホの指紋認証や声による認証などの生体認証のためのSDKを提供していたNok Nok Labsですが、新たな認証方法として「Apple Watch」に注目を向けているようです。

    NokNok社から技術提供を受ける締結を結んでいるDDS。売り煽りのおいちゃん達の投稿が微笑ましい。

    NokNokの躍進は目を見張る勢いです。FIDO認証の発明企業でFIDOアライアンスを立ち上げと中核企業。開発者向けSDKの提供。暗号化技術の世界的権威者。
    IT五大企業が最高セキュリティプロトコルと認めたFIDO認証。Appleの参入で更に確信する。

    NIST800ー63を前々から投稿してきたがついにNokNokのホームページに記載された。

    日本政府の認証基盤(クラウド)を日本政府はAmazonに注文をした。これもNIST800に沿ったセキュリティ基準となる。

    互換性の担保で安全に全世界が繋がる。大きな時代の転換期が到来した。パスワードやIDに縛られた小さな世界観が崩壊する時を迎えた。

    グローバルに全世界が同一プロトコルで自由に行き来出来る。

    その根幹は“セキュリティの担保“です

    自由に行き来出来る通信プロトコル其の物が高レベルセキュリティソリューションと言っても過言じゃあ無い。DDSは結果を出すだけの環境となった。

    FIDO認証 真打ち登場です。byウタ


  • コード書き出しLFDウタです。

    ウェブサービスのセキュリティといえば、IDとパスワードがスタンダード。

    ですが、IDとパスワードが原因のセキュリティ事故が多いのも事実です。
    (データ漏えいの80%の原因が”パスワード”という試算もあるようです。)

    そんな現状を解決するため、パスワードに頼らない🔶個人認証技術の標準化を進めるFIDO Allianceという規格があり、その規格に沿った製品を提供しているNok Nok Labs(ノックノックラブス)。
    これまで、スマホの指紋認証や声による認証などの生体認証のためのSDKを提供していたNok Nok Labsですが、新たな認証方法として「Apple Watch」に注目を向けているようです。

    NokNok社から技術提供を受ける締結を結んでいるDDS。売り煽りのおいちゃん達の投稿が微笑ましい。byウタ

  • コード書き出しLFDウタです。

    (DDSFacebookより)

    ランシステム様が展開いただいている自由空間アプリ、是非会員になっていただき生体認証FIDOをご登録下さい。

    近々登録しに行こう‼️byウタ(コード書き出しLFD)

  • シャープの5GスマホにDDS&MMT開発超薄型指紋センサーが採用されるか?との投稿が有りました(コード書き出しLFDウタです)

    シャープ5G対応スマホは“有機ELでは無く液晶ディスプレイ“です。フラッシングモデルなのでリリース時にはどうなるかわかりませんが“DDSの発信“から類推すると“無し“だと思います。

    何故シャープは有機ELでは無く液晶ディスプレイを選択したのか?
    メーカからは“5Gスマホに向く“と判断したと有ります。私見ですが世界の潮流から遅れます。

    DDS&MMT開発の指紋認証は有機ELでの研究開発なので“今のところ無い“との結論です。

    但しアンダーグラスでなければ『パナソニックTOUGHPAD』に提供したアルゴリズムの可能性は微かに有るかもってレベルと考えます。

    byウタ(コード書き出しLFD)

  • >>No. 540


    コード書き出しLFDウタです。
    ↓↓↓
    >売上げへの貢献はどうなってるのでしょうか?

    こんなことばっかりやって、すごいことが起こるような期待を持ちますが、数字にならないようなきがしてます。
    もし、これからなら、いつから数字になるのでしょうか?
    ↑↑↑
    私見として投稿します(この部分は投稿をベースに調べる事をお勧めいたします)
    あくまでも私見として『Appleは段階を経て』FIDO対応していくと考えています。2要素認証のとっかかりはIOSのFIDO U2Fからスタートが普通に想定されます。FIDO2を目標に対応すると思いますが約半年“と考えています。既にNokNokがApple端末時計向けにSDKの提供が開始されていますので“想定“よりも早まる可能性も有ります。(Appleの顔認証や指紋認証のFIDO対応)

    DDSの売上にどのように貢献していくかは『日本企業の対応』の加速と、現在出ている金額は1年(6000円)なので何処まで利用者数が増えるかの部分で“個人個人“が判断する部分だと思います。byウタ(コード書き出しLFD)

  • >>No. 533

    コード書き出しLFDウタ
    ↓↓↓
    >当社は、平成26年12月にNNL社と資本業務提携を行い出資と同時に付加価値販売契約を締結しました。その後、平成29年5月には技術ライセンス契約、平成29年6月には追加出資を行い(中略)0円で全株売却し、平成30年12月度の決算で有価証券売却損を計上いたしました
    ↑↑↑
    上記IRはNNL社の業績の遅れに起因する。DDSではない。前期のNNL社の躍進は目を見張る勢いが有る。その理由の1つが『MWC モバイルセキュリティ最高賞受賞NNLS3suite“』この受賞を受けDDSからも発信された。
    ↓↓
    Nok Nok Labs(以下Nok Nok)のインベスタであり、Nok Nok S3 Authentication

    2019/03/18 株式会社など約百のVAR およびリセラーへ提供するマスターディストリビュータである株式会社ディーディー エス(以下DDS) 
    ↑↑↑
    FIDO認証が本格化する今期は上記取引企業が動き出す。更にAppleの加盟で待ったなしの状況が考えられる。byウタ

  • DDS発信IR(コード書き出しLFDウタ)

    変な絡みが有るが失礼極まりない。DDSや関連企業から発信された情報しか投稿していない。

    『DDSとNokNokの発信』

    2018/02/27 16:0037820M-DDS米国ノックノックラブズ社との総代理店契約締結のお知らせ当社は、米国ノックノックラブズ社(Nok Nok Labs, Inc.、以下「NNL社」とする)との間で、総代理店契約を締結しましたので、お知らせします。 1.概要 当社は、NNL社と総代理店契約を締結し、日本におけるNNL社製品の販売および保守サポート活動の全てを当社が一括して引き受ける事となりました。 2.経緯 当社は、平成26年12月にNNL社と資本業務提携を行い出資と同時に付加価値販売契約を締結しました。その後、平成29年5月には技術ライセンス契約、平成29年6月には追加出資を行い(中略)
    ↑↑↑
    上記から多少の変更があった(1年の協議)が協議の末落ち着いた。

    DDSのFIDOでの立ち位置は変わらない。byウタ(コード書き出しLFD)

  • コード書き出しLFDウタです。

    FIDO認証を企業サービスとして“導入否定や延期“する選択が全く無くなった。

    何故ならば『日本市場でのIOS系のシェア』です。iPad、iPhone、マックを合算すると『取込み』は確実です。企業がサービスを提供する上で『Android&IOS』の利便性を最重要事項として取り組むでしょうね。

    このサービスを提供するに至っては企業は“FIDOサーバ“が必要です。この研究が最も進んでいるのがNokNokです。

    DDSとNokNokの関係は高いレベルで継続しています。NNLのサーバを必要とするならばDDSに恩恵が有ると考えます。byウタ(コード書き出しLFD)

  • コード書き出しLFDウタです。

    (ITジャーナリストAppleへのインタビュー)

    →今週、AppleはFIDO(Fast IDentity Online)アライアンスに参加するための最新の大手ベンダー(おそらく最大のベンダーの最後のベンダー)になりました。

    (中略)

    Appleには独自の指紋と顔のスキャンテクノロジーがありますが、FIDOを承認することにより、標準のセキュリティ専門家はパスワードレス認証への移行が加速することを期待しています。

    「Appleが加わることで、パスワードのない世界を実現するための直接の道が開けます」とガートナーのアナリスト、デイビッド・マハディはインタビューで語りました。

    「(アプリケーション開発者として)これらのプロトコルを採用したり、FIDOのメンバーになったりする場合は、ノーと言うことができるようになりました。」と彼は付け加えました。「Appleは、これが今合意できる合法的なプロトコルであると言う最後のプッシュになるでしょう。」

    FIDOは認証用のBluetoothのようなものである、とMahdi氏は言う。ソフトウェア開発者は、接続するデバイスに関係なく、認証に共通のアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)のセットを使用できます。

    (中略)

    一方、昨年の夏、アライアンスはモノのインターネットデバイスの識別検証を追加する方法を見つける作業を開始しました。←←
    ↑↑↑
    FIDO IOT SDKがNok Nokから先日商品化されて(世界初)リリースされた。

    🔶FIDO認証が世界的に広がりを見せるなか“企業サイドがどうしても踏み込めない“心配が有りました。パズルのピースじゃあないですが“何故Apple“が加盟しないのか?この一点だったんです。
    FIDOアライアンスの工程に最後のピースが埋まった。DDSにとって最高の後押しとなる。

    byウタ(コード書き出しLFD)

  • コード書き出しLFDウタです。
    (AppleがFIDOアライアンス合流)記事の量が凄い。間違いなく注目されています‼️

    AppleはFIDO Allianceに参加しています。

    AppleのSafariアイコンこれは非常に大きな問題です。ハッキングに基づくすべてのセキュリティ侵害の81%が脆弱なパスワードに起因する可能性があるためです。FIDO Allianceの使命は、パスワードのみのログインをWebAuthを使用してWebサイトやアプリ全体で安全で高速なログインエクスペリエンスに置き換えることができる、FIDO認証を介した無料のオープンスタンダードを使用することです。

    FIDO Allianceの取り組みは、1つの大きな例外を除いて、ほとんどすべての大手テクノロジー企業によってサポートされています。それはAppleです。もう違います!
    ↑↑↑
    上記の記事を書いたITジャーナリストも興奮していますね。“Appleです。もう違います“

    私も本当に驚きました。時代の転換期ですよ‼️

    Appleは言いました。IOSの脆弱性の一番の心配が“パスワード“です。IOSをお使いの方達は此をどのように受け止めて要るのでしょうか。

    NNLS3suiteが更に注目されます。byウタ(コード書き出しLFD)

  • DDS&MMT開発超薄型指紋センサー
    (コード書き出しLFDウタです)

    5Gスマホ対応薄型センサだが“既存の4G“スマホには当たり前に当然組み込める。4G~5G迄対応可能な指紋センサーです。

    『既に引かれているスケジュール』←DDS発信
    量産試作の検証も99%終わっている。何故100%じゃあないのか?DDSだからですよ。

    仮に『量産試作の検証』を終えていないとしても『量産化の技術的蓄積』を高いレベルで保持したと見るべきでしょう。1%の心配です。

    既に引かれているスケジュールです。此処まで到達した事は称賛に値する。後は最後の詰めを気を抜く事無く,しっかり引き締め今度こそ良い知らせを届けて欲しい。

    『既に引かれている』良い響きです。

    良い週末をお過ごし下さい。byウタ

  • >>No. 108

    ハイテクさん こんばんは ウタです。
    ↓↓↓
    「既に引かれているスケジュールを外すことなく、最終的なクロージングに向け粛々と進め売上拡大に貢献してまいります」

    「既に引かれているスケジュールを外すことなく」とは商品化を前提とした
    >マイルストーン(日程管理)を意味してる。
    ↑↑↑
    この文言は今回の決算発表の中でも特筆すべき箇所ですね。最高です(FIDO2の試験導入も有り)

    DDSの発信から(12月)5G対応指紋認証が完成しました。
    開発の遅れと有りましたが『DDSとMMTで開発したアンダーグラス指紋センサーモジュール』は世界最高クラスで間違い有りません。更に第3データで本人認証が出来る方式にも“対応“済みって事は間違いなく現段階で“世界1“です。

    惜しむらくは開発遅れがなければ当然搭載されたと思います。

    DDSの技術は本当に信頼できます。何千万人が手にするスマホの“認証の稼働“を不具合なく何年にも渡り稼働する技術は簡単じゃあ有りません。

    後一歩の所迄到達したことだけでも“大変な事“です。更に「既に引かれているスケジュールを外すことなく、最終的なクロージングに向け粛々と進め売上拡大に貢献してまいります」のように『宣言』を出しました。もう時間の問題です。
    私からみてもDDSの技術が注目されない訳が有りません。大注目されて当然のレベルです。

    AppleのFIDO加入もDDSを強く後押しするでしょう。正に“鬼に金棒“状態で今期をDDSは突き進んでいくと思います。これほどの条件が揃う企業はそうそう有りません。

    歯車がかみ合わさった。byウタ(コード書き出しLFD)

  • >>No. 101

    コード書き出しLFDウタ

    🔶理解がばらばらの上“最終段階“にいったが“延期“となったDDSの発信を無視ですね。
    ↓↓
    >マニューシャは「指紋を細線化」するのですよ。←?
    ↑↑
    細線化とは“取得した指紋画像処理“での過程ですよ。ノイズ処理です。つまり贅肉をそぎおとす処理を経て細線化された画像に“到達“した段階を細線化処理に到達です。ノイズと認識されるのは『汗孔微点』も“削除“されます。
    (上記を踏まえ下段の投稿文の矛盾)
    ↓↓↓
    >細線化した指紋を拡大するんですか?
    >おかしな話です。
    ↑↑↑
    ※細線化した指紋など存在しません。マイクロレンズで取得する画像情報其の物が拡大された画像です。何故細線化された指紋が最初から存在するのですか。

    >拡大してマニューシャの特徴点が増えるのですか?
    >マニューシャの数は限られていています。
    ↑↑(当たり前)
    >マイクロレンズによって「近距離撮影で被写体を拡大」するのは、目には見えない汗孔を見えるようにするため、隆線の太さ(薄い隆線)を確認して認証するためです←?
    ↑↑↑
    マイクロレンズの倍率設計は全てレベル3データを抽出するって何処に記載されていますか?

    >つまり、レベル3の認証をするためです。
    >レベル3と書くと、協業先がMMT&DDSと判明してしまいます←?
    ↑↑↑
    確かに“過程“と考える事はできますが“DDSの技術が使われてはいません“協業先が何故か確定されていますが“何処の情報“ですか?

    >Goodixの超薄型光学式指紋センサーはマニューシャなんですよね。
    ↓↓↓↑↑↑
    >何故、細線化した指紋を拡大しないといけないですか?
    >笑ってしまいます。
    ↑↑↑
    細線化は取得画像処理の過程であり最終段階です。最初から“細線化“された指を持った人間など100%存在しません。

    細線化画像処理もマニューシャ方式の1つです。
    以上 byウタ(コード書き出しLFD)

本文はここまでです このページの先頭へ