IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • さらに試算すると棚卸資産評価損からの赤字前倒しを考慮した2月10日発表業績予想の段階で今期営業利益30億としている。
    それに対してまだ第1四半期決算短信の段階でもうすでに18億の営業利益の推移である。
    コロナの悪影響があったにもかかわらずである。

    今後の影響を考慮して予想を未定としたが前回の棚卸資産評価損がと言っているのは
    何を見ているのでしょうね。

  • >>No. 907

    前回の棚卸資産評価損と今回の営業利益の数字で見るからサプライズ決算なのだよ。
    比率の数字を計算できない方かな?

    さらに同時期における同業種がひどい赤字決算を出しているにもかかわらずこちらは黒字浮上。
    それを理解しているからこそ株式専門サイトの株探がサプライズ決算として出しているのだよ。
    投資家が見ている株探がサプライズ決算黒字浮上と定義しており、個人が良い決算ではないと書き込む

    どちらが説得力があるか明確であると思うが。
    素直に保有しているなら喜ぶべきだが会社を信じず決算前に売ってしまった方ですかね。

本文はここまでです このページの先頭へ