IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (59コメント)

  • この週末の雪が、1週間後に「神雪」だったという事になるといいですね。

  • この週末の東京でのコロナ感染者の発生人数によっては、月曜日には、配当以上の下げリスクあると見て、一旦、手仕舞いました。

    強制的な措置無しで、封じ込めれば、日本人の株も上がるんでしょうけどね。

  • どの銘柄も、5日線から顔を出す様に
    なりましたね。

    これから、まだ、まだ、紆余曲折あると
    思いますが、皆さんの、ご健闘をお祈り
    致します。

    長い目で見て良い投資機会となります
    ように。

    さようなら。

  • 祇園精舎の鐘の声
    諸行無常の響きあり。
    沙羅双樹の花の色
    盛者必衰の理をあらはす。
    奢れる人も久しからず
    ただ春の夜の夢のごし。
    猛き者も遂にほろびぬ
    偏に風の前の塵に同じ。

  • 企業は、各ステークスホルダーに対して、社会的責任を含めた、各種の責任を負い、かつアカウンタビリティを求められる。そして多くの経営課題に「生き残り」を賭けてチャレンジしている。

    一方、基本的に「自らの利益のみ」を求めて、リスクはとるが、金を出すだけ、クリックするだけの投資家。投資家の社会的責任という概念など存在せず。投資家のアカウンタビリティなんて聞いた事がない。

    なんと不条理な「非対称性」。

    ふと、そんな事が脳裏に浮かびました。

    「驕るな投資家」。

    自戒を込めて。

  • 1月14日の踏み上げと、同じ事は、4月には起こらないかも知れない。私は「買い」のポジションしかとらないので、買い方の皆さんにシンパシーを感じていますし、1月14日線の買いパワーに感謝しています。だからこそ、敢えて慎重な考え方を投稿させていただいています。

  • 詳しい事は、全く分からないですが、ベクトルの第3四半期の決算短信の最後の記述が気になります。このコロナよる株価暴落で、ベクトルの第4四半期の投資有価証券評価損は、会社が保守的に見積もっていた以上に悪化しているかも知れないですね。

    長い目で見て頑張って欲しいですね。

  • 日銀砲も、意図はありがたいですが、結果として、罪な事をしている様に感じます。

  • 今、様子見ですが、少し考えてみました。

    自分が「何らかのポジション」を取った後の株価は、自分以外の投資家の投資金額で重み付けされた多数決によって決まる「株価の推移」に身を任せるのみ。

    その多数決は、自分にはコントロール不可能な他の投資家の感情と資金力の分布の推移で変化する。

    ならば、今、ここで「読む」べきなのは、今後、暫くの間、他の投資家の感情を「買い」に向かわせるイベントと「売り」に向かわせるイベントのどちらが発生する可能性が高いかという事。

    仮説:コロナによる、世界経済、企業業績悪化へのネガティブなインパクトを与える現象の世界的な拡がりの「終息の気配」を大多数の人、少なくとも投資家が感じる様になるまでは、現在の下降トレンドから上昇トレンドへの転換は、発生しない。あっても、「持ち合い」までではないか?

    個別銘柄の底値:当該銘柄が、1~2年後に通常の環境に戻った後の、潜在的な配当利回りの 関数として考えるのも、一つの見方。

    ベクトルの場合は? まずは、4月の決算発表で実績が示される事が大切。


    日々の、波乗りを、見事に乗りこなす腕がある方は、楽しんでいるのでしょうね。

  • NYダウ。また、大下落から始まりましたね。

  • コロナの中心がヨーロッパに移った今、FRBや各国の中央銀行が動いても、暫くは様子見ですね。

  • ここの感情グラフの動き方、観察している限りにおいては、不自然ですね。この週末で急に買い感情が増加。何らかのバグを使って操作可能なのかも知れないですね。

  • 東京個別も素晴らしいバリュー株になりましたね。ゆっくりとインのタイミングを待ちたいですね。

  • NYダウ。セッションの最終タイミングで2008年以来の最大の上げ。これもAI 、アルゴリズム取引の産物なんでしょうね。多くの人が、それで泣き笑い。米国経済も。おかしな世の中になってますね。

  • 確認済みの方も、いらっしゃると思いますが、空売りネットを見ると、3月11日にはGoldman Sachsが122,600株の空売りを入れてましたね。「売り」を得意とする方は、小判鮫的に寄り付き気配、もしくは寄り付き直後に機関の動きを掴んで、それに乗じる戦略が効果的なんでしょうね。売り方の動きを見て感じたのは、ここベクトルの最近のトレードに関しては、メリルリンチの担当の方より、USB AGの担当の方のほうがが大局感をお持ちのようですね。

    今回の下落局面で、2度ほど、寄り付きで大口の売りの買い戻しと見られる取引に引きずられた上げの値動きがありましたが、デイトレでない場合は、しっかりと見極めたいですね。

    今、目にしている様な市場の動きを経験すると、誰でも「ヘッジ」のためだけにでも、売りを入れる事を自分に許したくなるかも知れませんね。

    アナキンン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面の落ち、「シスに心を売り」ダースベーダ
    になる前段のようでもありますが。


    機関の方は別として、個人投資家の「売り方」の方で、コロナで命拾いされた方も、いらっしゃるんでしょうね。

  • 私は基本、臆病なので、目標価格は持たないようにしています。根拠が無いからです。なので多くの投資家の皆さんが、様々な目的、思惑、感情で売買された結果・実績の記録・歴史であるチャートの25日線がフラットになってから、タイミングを考えようと思っています。

    デイトレができないので。

    つまり、小学生の子供が見ても、「これから上がるのかな? 」というのを簡単に感じられる形になるまで、待ちます。

  • NYダウ 1987年以来 最大の暴落。ついに2020年に入って、2019年1年間のゲインを失ないましたね。

  • バフェット氏のBerkshire Hathawayは、1987年10月からの「金融危機の期間の投資」で最終的には、一兆円の利益を得たとの事。もちろん、買いです。

    これからの期間、しっかりと、観察して、適切なタイミングでインしていきたいですね。

    どの銘柄を選ぶかで、大きい差が出てくるでしょうね。

  • WHOがパンデミックを宣言しましたね。NYダウも調整領域からベアー領域へ。コロナとオイルのワン・ツーパンチ。

  • みんな負けないで! というのは、私と同じ個人投資家のみなさん
    へのエールを込めた、「さようなら!」の意味です。

    おっしゃる通り、空売りネットで分かります。

    今後の株価は、今、世界史にも残る、コロナ・エピデミックの拡大中
    なので、何が起こるか分からないと、人が感じている間は、下振れ確率
    が高いと直感しています。

    上昇トレンドといっても、私自身は、みなさんご存じの教科書的な
    チャートの知識しか持ち合わせていません。

    あと、無駄かもしれませんが、色々と考えてみる様にしています。

本文はここまでです このページの先頭へ