ここから本文です

投稿コメント一覧 (131コメント)

  • 借入と言ってもただのロールオーバーじゃないですか。

    みずほもアホじゃないから、ちゃんと椎木社長保有分のうち176万株を担保として確保してますよ(大量保有報告書より)。
    株価暴落してるので社長は追加で担保差し入れしないといけないでしょうね。

  • >>No. 1071

    S安指値売り+成行売りで629,900株だから減ってないですよ

  • DLEって上場廃止の可能性を無視したとしても、買う要素あるんですかね?(笑)

    業績予想の通りならば今期末BPS30円ですよ。それでいて収益力ある事業は皆無。
    自殺志願者しか買わないでしょう、こんな銘柄。

  • >>No. 996

    おっしゃるとおり、売上高を鉛筆舐め舐めでゴニョゴニョすると売上債権が必ず歪みます。
    そういうことを繰り返すと歪みがどんどん酷くなるので、嘘のストーリーをでっちあげて他の科目に振り替えたりします。
    DLEの場合はその歪んだ売上債権の一部を出資金に振り替えて、減損損失で消し飛ばしていました(調査報告書より)。

    無形固定資産も数字をゴニョゴニョするためによく使われますね。調査報告書に書いてあったと思いますが、DLEは販管費(コンサル報酬)とすべきものをソフトウェア勘定にブチ込む…といったこともやっていますよ。
    その他の無形固定資産に関することも書いてあったような気がしますが覚えていません。

    ここがやっていた行為は悪質中の悪質。サッサと消えてほしいものです。

  • >>No. 97

    掲示板さかのぼると色々書いてありますよ
    MCHというクソゲーで爆上げらしいですよ(笑)

  • 以前この会社のB/S・C/Fの歪みを指摘したときに、寄ってたかって「出て行け」と言われたんですが、彼らはどこへ行ったんですかね。

    これをきっかけに会計情報の大切さを理解してくれたのならうれしいのですが。

  • 社長とその娘を見て思いました。此の親にして此の子ありと…もちろん悪い意味で。
    むちゃくちゃな粉飾はマザーズ上場と東証一部市場変更目的。
    親子揃って、ガワだけ取り繕ってドヤりたいだけの人間だったわけですね。

    会計を改めたとしても、ここに残るのは毎年大赤字のクソ事業。
    上場時から市場を欺き続けた挙句、赤字を垂れ流し続けるDLEの存在価値とは…?(笑)

  • 調査報告書見ましたがなんですかコレは。
    真っ黒…漆黒じゃないですか(笑)

    売上前倒し、費用先送り、損失案件でも引当金を認識せず、出資金勘定を利用した架空売上計上、減損損失によって粉飾によって生まれたゴミ(出資金)を消し飛ばす…

    以前に書き込んだ内容ですが…https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/47000d2b7d9f613627c88a742598bdd9/30/303
    >ところで、東証一部への指定要件としてこのようなものがあります。
    >「最近2年間の利益(連結経常利益)の額の総額が5億円以上であること」

    みなさん調査報告書の142ページ見ましたか?分かりやすい表が載っていますよ。
    明らかなのは東証一部への市場変更基準はクリアしていなかった、ということ。だって該当する2年間の訂正後経常利益はマイナス4億円ですから(笑)

    マザーズ上場時の資料も粉飾盛りだくさんの虚偽記載だったわけで、東証はこんなゴミ会社サッサと上場廃止すべきでしょう。

  • 資料改竄してもっともらしい説明を付け加えられたら、監査法人側はどうしようもないですよ。
    「それを見抜くのが監査法人だ!」という意見もあるでしょうが…。

    この会社の不適切会計って単なる誤謬ではなく意図的なものなんですよね。別案件への費用付け替えなんてやってたわけですから。それがマザーズ上場や一部への市場変更に絡めて行われたんだから悪質。

    公正な取引場所を浄化するためにも、DLEにはサッサと退場してもらうのが一番なんじゃないですかね。

  • 更正の請求の期限は提出期限から5年ですよ。以前は1年以内でしたが。

    更正の請求をする年度もあれば修正申告する年度もあるでしょうね。申告作業がめんどくさそう。

  • 調査が終わらず決算数値が固まらないのに、現時点で上場廃止基準に該当するか否か判断できるわけないじゃないですか。
    まぁ、再延長くらいは認めてくれると思いますよ。一応調査は進んでいるわけですから。

    その後どうなるかは不正の内容次第でしょう。

  • シャープは連結B/Sにおいて債務超過になったから2部に落ちましたね。

    しかし、そもそも一部への市場変更基準を満たしていなかった場合はどうなるんでしょうかね。一部からマザーズに落ちるなんて話は聞いたことが無いですし。私もわかりません。

    ただ、昨日の発表でマザーズ上場当初から不正を行っていたことが明らかになったわけで、これから明らかになる問題のボリューム次第では上場そのものが怪しくなるのでは。

  • DLEの一部昇格ってH28年3月でしたよね。

    ところで、東証一部への指定要件としてこのようなものがあります。
    「最近2年間の利益(連結経常利益)の額の総額が5億円以上であること」

    そこでDLEの平成26年6月期と平成27年6月の連結経常利益を合計してみると622,156千円。これは不正込みの数値なので、すでに明らかになっている根拠資料不十分の売上84,000千円を差し引くと538,156千円。

    基準の5億円を38,156千円上回ってはいますが、第三者委員会の調査はまだまだ終わっていないわけですよね。
    調査が終了しすべての膿を出し切った結果、果たして修正後の連結経常利益合計は5億円をクリアしているのでしょうかねぇ?制作費用を別案件に付け替えてたという話も出てきたわけですし。
    もし5億円未満ということであれば、もともと東証一部に上がることができない会社だったということになりますよ。

  • こんなところ売りも買いもしませんよ。
    ただの見学です。

  • ここのみなさん、知ってるのか知らないふりしてるのかわかりませんが…

    DLEとみずほ銀行について現在の株券に関する契約をまとめると、
    みずほ銀行は、平成30年8月31日に株式会社YLSからDLE株1,200,000株を借り入れ。
    みずほ銀行は、平成30年10月11日に椎木社長の保有株のうち500,000株に対し担保権を設定。担保権が設定された株数は累計1,560,000株。
    株式会社YLSは椎木社長の資産管理会社ですね。

    みずほ銀行がDLE株を買っていると言っている人がいますが、それ間違いですからね。
    持ち株に愛着が湧くのは仕方ないとしても嘘はいけません。嘘は。

    話は戻って、みずほ銀行が追加で500,000株の担保を設定したというのは株価下落が原因でしょうけど、一方のLYSの貸株は一体どういうことなのでしょうか?
    仮に、みずほ銀行側が担保権実行をする場合、DLE株の価値が暴落していると貸付金が回収できなくなるおそれがあるので、そうならないための保険なのでは。そのうち売りがはじまるんじゃないですかね?
    まさか貸株料狙いの財テクってことはないでしょう(笑)

    現実逃避せずに開示されている資料から冷静に考えたほうがいいですよ。

  • https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/47000d2b7d9f613627c88a742598bdd9/28/880
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/47000d2b7d9f613627c88a742598bdd9/28/889

    第三者委員会の調査結果報告の発表までにやたら時間がかかるなぁ…と思ったら、新たな問題&有報提出期限の再延長(笑)
    ほ~ら、私が指摘したとおり、当初DLEがほざいていた84百万円では済まないじゃないですかぁ~。

    数年前のことでたかが数百万円とか言っているアレな人もいますが、そもそも第三者委員会の調査は終わってないですからね。1か月も時間がありながら、当初問題としていた売上の期ズレと事業構造改善引当金についての中途報告は皆無&新たな問題発覚という事実に目を向けたほうが良いですよ(笑)

    で、新たな問題の内容を見てみると「平成26年6月期」とありますね。これまた私の予想通り、上場時からやっていたわけですねぇ…。

    以前DLEの決算数値の歪みについて書き込んだときには、周回遅れのブロックチェーンゲームを崇め立てて「絶対上がる」だのなんだの書き込んでいた人が多かったように思いますが、競輪競馬をやってるんじゃないんだからもう少し数字を大切にしたほうが良いと思いますよ。

  • いやいや、わざわざ不要な期間まで調査することはないでしょう。自殺行為じゃないですか(笑)

    もっともDLEが5年以上も前から不正を行っている…のなら話は別ですが。
    その文章をどこから持ってきたのか知りませんが、それってたぶん「長期にわたって不正があったけどそのすべての期間を調査するのは無理だから、会社法における計算書類の閲覧期間を勘案して5年でよかろう!」という内容だと思いますよ。

    まぁ、調査期間はどうでも良いんですけどね。
    重要なのはB/S、C/Fの歪み。どうしても気になったのでメモ書きを兼ねて書き込んだ次第であります。

    長文失礼しました。

  • ある1件の案件についての期ズレと言うが、そんな大本営発表を信じてたら痛い目見ますよ。
    DLEの言うとおり問題のある案件が1件だけならば、調査対象の期間はH27年6月期から長くても3年程度で済むはず。なのに過去5期分を調べるのは何故か。

    ここは上場を境に売上債権が急増、もちろん売上債権回転期間も長期化…営業CFも大幅マイナスになっていますね…。架空の売上が計上されてたって不思議じゃない。この調査でそのあたりの膿がドバッと出てくるんじゃないですか?そしてその金額はDLEの言う84百万円程度では済まんでしょう。

    そもそもこの会社はコンテンツもパッとしないしバリュエーション的にも魅力なし。他にもいろんな銘柄があるんだから、こんなところ触らぬが吉でしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ