ここから本文です

投稿コメント一覧 (214コメント)

  • レクサスが2016年秋に発表した『UXコンセプト』。このブランド最小SUVの量産化が決まった。

    これは、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2017において、レクサスインターナショナルの澤良宏上級副社長が明らかにしたもの。「『UX』に期待してほしい。デビューはそれほど遠くない」と、UXコンセプトの市販化を公表している。

    UXコンセプトは、レクサスのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー。ボディサイズは全長4400mm、全幅1900mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。

    レクサスの主力SUVの『NX』に対して、全長は230mm短い。UXコンセプトは、NXの下に位置する小型SUVを示唆している1台。

    レクサスはUXコンセプトを市販化することで、従来以上に若い顧客の取り込みを狙うものと見られる。



    所感

    来月のニューヨークモーターショーで何か発表あるかな(^_^)

    今年の東京モーターショーで市販車初お披露目ですかな(^_^)

    蜘蛛の巣のイスに座る日もそう遠くないのかな(^_^)

    スパイバーの量産化もそう遠くないのかな(^_^)

  • THE NORTH FACE(ノースフェイス)BC FUSE BOX(ベースキャンプ ヒューズボックス)
    高校生を中心に人気になってるみたいです。^_^)

    野郎ばかりでなく、女の子にも可愛いとして大人気となっているようです。
    女の子は、パープルレーベルが個人的には、良いんじゃないかなと思います(^_^)が。

    リュックで、馴染みのあるブランドとなり、ウエアやブーツ、帽子、ジャケット、ダウンへと愛着がより出てくるのでしょう(^_^)
    通勤、通学、入学の時期を迎えるにあたり、リュックの需要がキテルように思います(^_^)
    アマゾン1位、価格コム1位、楽天上位、ヤフー上位
    これだけ見ても良く売れてると思います。

    どうやら売れてる理由は、防水性が高く、丈夫で長持ち、デザインの多さ、ブランド力みたいで、部活動をするアクティビティーな若者に今絶大な支持があるようです。
    確かに、最近そこらかしこの自転車学生、ノースフェイスリュック多くみかける。

    私もこのリュックではない(travel toolのリュック)の愛用者であるが、リュックの素材が同じ(たぶん)でしっかりしており4年目だけど、さほど傷みがきてません(^_^)さすがゴールドウイン製というところです。

  • 平成29年度のゴールドウインの人事が発表されています。新規事業準備室を新設したようです。
    新規事業の準備って何の準備なんだろう?か?な?

  • >>No. 70

    https:// www.google.co.jp/amp/getnavi.jp/life/115295/%3Famp%3D1

  • アウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」が、ブランド価値評価会社ブランドスタックが発表した「2017大韓民国ブランドスター」で、4年連続アウトドア部門ブランド価値1位に選ばれた。

     「大韓民国ブランドスター」が、ブランド価値評価モデル(BSTI·BrandStock Top Index)を基に、約3万人の消費者調査を追加し、産業部門別1位ブランドを選定・発表するシステムだ。

     ザ・ノース・フェイスの関係者は「止まらない探究心というブランド哲学のもと、革新的な技術力を基に差別化されたマーケティングと社会貢献活動を持続している」と伝えた。



    所感
    韓国のノースフェイスも、たしかゴールドウインの傘下だったはずですよね。
    日本でもアウトドアブランド1位なれるんじゃないかな?何回も言ってますが中高大生のリュックだけみても大人気だからね(^_^)

  • 日本国内において、4月1日にSupreme x The North Faceコラボアイテムが発売されるようです(^_^)
    商品は、ジャケット、フリース、パンツ、バックパック等が発売されるとのこと。
    強烈なインパクトある商品のようです。写真で見ても確かに凄みのあるハイセンスな商品です。

    この商品については、アメリカ発ノースフェイスのコラボ商品ですので、ゴールドウインでの取り扱いはないようですが、Supreme の東京、大阪、名古屋、福岡の店舗とSupremeのオンラインでの販売となるようです。

    日本では、Supremeならぬ、spiberとのコラボアイテムを是非とも期待しています(^_^)

  • 日光東照宮の恩恵に(^_^)

  • 後場の成りで買いが1300株かー。
    なかなかこれまでなかった動きだなぁ。

  •  17年3月期の連結経常利益は前の期比5.4倍の78.2億円に急拡大し、18年3月期も前期比2.3%増の80億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収になる。

     考察
     16年3月期は、約14億円だった経常利益が、今年5.4倍の78.2億円である連結経常利益に激増していることをまずもって評価すべきである。
     さらには、その5.4倍の経常利益と同じ以上の78.2億円の2.3%増である80億円に伸びる予想としていることをさらに評価すべきと思う。評価されるべきである。

  • >>No. 758

     よく頑張っていると思う。
    息子は、トミカとカーズトミカが大好きである。私もそんな息子とトミカシリーズが大好きである。

  • 技術開発力を推進・強化
    研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を10月に開設
    当社創業地、富山県小矢部市に開設
    株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、スポーツウエアの開発を強化するため、研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を、本年10月に富山県小矢部市に開設します。
    富山県小矢部市は当社の創業地で、現在も本店及びゴールドウインテクニカルセンター(GTC)が操業をしています。
    これまでもGTCでは研究開発を行っておりましたが、さらなる技術開発力を強化・推進するためゴールドウイン テック・ラボを開設いたします。
    あわせて、運動ルーム・人工気象室を設置、アーカイヴ展示なども行い、将来に向けて、Spiber Inc.とのコラボレーションに代表される次期中核事業となる商品の研究開発を行ってまいります。

  • >>No. 284

    Spiber Inc.とのコラボレーションに代表される次期中核事業となる商品の研究開発を行ってまいります。

    スパイバーとの事業も順調ということです。スパイバーと仲良く頑張ってください。

  • 朝日新聞より 5月12日

    ゴールドウインのアウトドア関連ブランド「ザ・ノース・フェイス」の直方体形リュックサック「ヒューズボックス」が、幅広い世代に裾野を広げている。「記録的なベストセラーで、象徴的なアイテムになった」(杉谷卓執行役員)という。

     ヒューズボックスは登山でベースキャンプを張れるよう開発され、丈夫で耐水性がある。2010年の発売以来好評だったが、最近では通勤・通学にも使われ、人気が出ている。同社では、街中で使われることは「想定外だった」という。スポーツ用品を街で身につけるトレンドもあり、アウトドアと日常用の区別がなくなってきたとみる。

     アウトドア関連の売り上げ増などで、同社の2017年3月期の売上高は前年比2%増の609億円で、7期連続の増収となった。

  • >>No. 292

    ヒューズボックスを今年買った方々が、ノースフェイスをより身近に感じ、ノースフェイスの魅力を知ることとなり、クライムジャケットやダウンパーカー(バルトロライトやヌプシ)、そしてマウンテンジャケットを購入してくれるだろう。それは、いつかの俺たちみたいに。(^_-)-☆

  • ゴールドウインの2017年3月期決算は、売上高が前期比2.0%増の609億円、営業利益が同24.9%増の39億円、経常利益が同9.5%増の45億円、純利益が同1.6%増の34億円だった。売上高は7期連続の増収、営業利益は9期連続の増益、経常利益は4期連続で過去最高益を更新した。自社で店舗を直接運営する自主管理型ビジネスの強化を推進中で「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の新規出店や既存店のテコ入れを行い、プロパー販売比率の向上や販売ロスの削減によって大幅増益となった。自主管理店舗は前期から5店舗増えて136店、売上高全体における自主管理売り場の比率は2ポイントアップし54%になった。

     部門別では、アスレチック事業は16年3月期で約30億円を売り上げていたアスレチックブランド「チャンピオン(CHAMPION)」を手放し、リブランディングを図る「エレッセ(ELLESSE)」「スピード(SPEEDO)」が苦戦している影響で、同19.7%減の156億円。しかし「ザ・ノース・フェイス」や「ヘリ―ハンセン(HELLY HANSEN)」のアウトドア事業が同16.0%増の396億円と絶好調で、増収増益を確保した。

     今期(18年3月期)は、売上高650億円(前期比6.7%増)、営業利益40億円(同2.3%増)、経常利益46億円(同0.5%増)、純利益35億円(同2.2%増)を予想する。

  • 技術開発力を推進・強化
    研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を10月に開設


    「将来に向けて、Spiber Inc.とのコラボレーションに代表される次期中核事業となる商品の研究開発を行ってまいります。」

    所感
    こういうアナウンスメントが素直に嬉しいし、期待を膨らませるし、ゴールドウイン×スパイバーとの提携の強い信頼関係やキズナを感じています。

    世界に驚くパーカーの発売頼んだ(^_^)

  • >>No. 303

    ゴールドウイン テック・ラボ10月に開設

    テック・ラボのパース(イメージイラスト完成予想図)よくよく目を凝らしてみると、ニューヨークに展示してあったムーンパーカのプロトタイプのその物が奥側に設置してありますよね?(^_^)

    これムーンパーカでしょう(^_^)!

  • 今日、朝1の6030円の600株売り後の買い続出の9:05までの見学が見てて勉強になりました。朝一から特に材料なく、6030円600株売られた(売りを試した?のかはわからない)が、やはりこの辺りで、割安感があるのかと思うほどに空かさずの買い劇場でした。

     私の勝手な主観ですが、今回の5月12日の本決算は前年度に引き続く好決算で、営業利益は24.9倍%と急拡大。
    2015年の営業利益は2414百万円
    2016年の営業利益は3129百万円
    2017年の営業利益は3910百万円

     注目すべきは2015年から2016年の営業利益の伸び率であり、一昨年も快進撃により、前年比29.6%の急拡大があり、その2016年の営業利益を今年は24.9%も上回る内容となったわけです。ここが凄いと思っています。
     人気が一過性ではなく継続しています。これはブームや流行の域を超えています。品質性の向上努力や製品に対する絶対の自信(THE NORTH FACEの保証制度を参照)そして、直営店販売が功を奏している結果です。
    こんなアパレル業界があるでしょうか?ブームや流行の域を超えています。

     何度も言いますが、2017年総決算が良かっただけじゃない。2016年決算が快進撃だったのにその更に上を行く好決算が今決算だったのです。これに気がついているのか、いないのか、はたまた6月後半から上がることを見据えてなんとか抑えているのか、まあ2、3か月後に、この水準ではないと私は思っています。
     スパイバーが最近おとなしい(目立つIRはない)けれど、ムーンパーカや上場につながるIRが出ると、それだけで
    凄まじい反応を見せる最優力とみる8111ゴールドウイン株にこれからも要注目とします。

  • >>No. 358

    お父さん、今回はTシャツではなく靴下にしてみようと思います。
    靴下まで虜になるかも(^_-)-☆しれません。(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ