ここから本文です

投稿コメント一覧 (214コメント)

  • 三菱ケミカル、記録メディア事業売却 台湾企業に35億円
    2019年6月14日 19:55



    三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の三菱ケミカルは14日、「バーベイタム」ブランドで世界展開している光ディスクなどの記録メディア事業を、台湾のCMCマグネティクスに売却すると発表した。売却額は35億円程度のもよう。三菱ケミカルは記録メディア事業から撤退し、高機能の樹脂やフィルムなどの重点事業に注力する。

    売却するのは三菱ケミカル子会社の三菱ケミカルメディア(東京・千代田)が展開する記録メディア事業など。同社は1996~2005年に三菱ケミカルHD会長の小林喜光氏が社長を務めた。赤字続きだった記録メディア事業を立て直し、手腕が注目された経緯がある。

    CMCは光ディスク製造の世界大手。三菱ケミカルメディアの光ディスクなどのOEM(相手先ブランドによる生産)を手がけている。事業買収後もバーベイタムのブランドは維持する方針だ。

    三菱ケミカルメディアの18年3月期の連結売上高は約393億円。ネットによる動画や音楽配信サービスの広がりでハードディスクドライブ(HDD)など大容量の記憶媒体の需要が高まる一方、CDやDVDといった光ディスク市場は縮小傾向にあるという。

  • 構造タンパク質素材、機能向上進む 東京で「素材産業革命」報告会

    山形新聞社より

    興味深い内容が書かれています。

    改ムーンパーカの写真も掲載されています。

    吸水時に、糸や生地が縮むなどの課題に対して、耐水性を備えた構造タンパク質を開発し、大幅なコスト減も図られたとの発表があったようです。
    また、車のドア部品では、カーボン素材を層状に組み合わせ軽量化と強度の向上を図ったとのことで、20年代に実用化させたいと手応えを語ったと記事にあります。
    今年の4月には、参加機関、企業で組織される構造タンパク質素材産業推進のコンソーシアムを立ち上げを計画しているとのことです。

    組織力を高め、知的財産の共有や集積、新素材の標準化と規格化が図られるとのことです。

  • 今年度は暖冬で、アパレル業界が軒並み、下方修正なのに、ゴールドウインは、昨年の4分の3半期よりも利益の増減率が54.5パーセント→65.4パーセントへ1.2倍もの高い増減率となっていることに凄さを感じずにはいられない。凄い!凄すぎるぞ!!ゴールドウイン!!!

    去年の伸び率も間違いなく凄かったが、今年は一昨年から去年の伸び率よりも高い増減率を伴い、業績が急拡大している。(ずっと見てきているので分かるし、数字に出てる)

    ここからが大事なんですが、これの意味することは今年度の暖冬の影響を織り込んでも、ノースフェイス、ゴールドウイン、ウールリッチをはじめとするゴールドウインの商品がブランド化しつつあり、それを市場が証明した結果である。事実、定価59400円程のバルトロライトジャケットが、定価以上ケルプタンにあっては、10万円でのオークション等での決済も見られ、人気を超えブランド化しつつあることに気がつかされる。某ショップでは、来年のバルトロ発売の先行予約会をしているところもあると、とある動画で拝見もした。
    ダウンジャケット系やマウンテンジャケット系の最高峰は、ゴールドウインブランドの一人勝ちであることに、この決算の数字が物語っている。
    ワークマンの台頭により、決算前まで少し懸念をしていたのだが、住み分けている世界が違うことに、これまた気がついた。すなわち、ゴールドウインの購買層は、安価なジャケットを街中で着ない!着たくない!!のだと。私は、絶対に着ない。みんなオシャレして繰り出す時に、ワークマンは着ない。
    ゴールドウインのこれからも目指すアスレジャーは、ブランド化を見据えたアウトドアファッションであると私は思う。私の父が常々、ブランドに火がつくと凄いよと言っていたことを思い出したが、今回の結果である。
    その要因は、ゴールドウインブランドのステイタス性やデザイン、そして抜群の機能性にある。
    来年、手にしておられない方は、是非バルトロライトジャケットを着てみてほしい。羽布団に包まれたような居心地や保温性、機能性、そしてブランド化された優越感に浸ることが出来ると思う。現在、バルトロを始め、数々のノースフェイスの商品説明をユーチューブでも見ることができるようだが、ユーチューブバーこそ時代の最先端を行きたい組なので、わかっているのでしょうね。ブランド化していることに。ヤフオクの決済額の評価も、それを物語っています。

    4分の3半期の決算で分かったことは、これまで勢いを超えた勢いでゴールドウインの製品がブランドとして市場に認識され、皆が憧れや興味を抱きステイタスを感じるブランドに成長した証明です。

    明日もアスレジャースタイルで、マウンテンライト着よう!っと。

  • >>No. 435

    いつ何時も冷静かつ的確な根拠ある投稿ありがとうございます!

    極めて好調な決算と増配^_^ゴールドウインやってくれましたねー。

  • フューチャーライトは、米ノースフェイスと共同開発。

    サスティナブルは、どこと共同開発かは、みんな知ってるよね^_^

    今年の肝の一つだね。

    ちなみに、ラグビーワールドカップのカンタベリー特需もお忘れなく。カンタベリーとは、リポビタンDのユニフォームではなく、日本代表の公式なユニフォームの発売元で、ゴールドウインの傘下ですよ。
    みんなで、競技場等のラグビー会場を日本代表のレプリカユニフォームで埋め尽くそう^_^
    それだけ想像するだけで特需の予感。特需が来たら、来るのは更なる上方修正(^ ^)

  • Futurelight素材を可能にするのは、ノースフェイスが新たに開発したナノスピニングという製造方法。繊維を押し出し、何層にも重ね合わせていくことで、非常に薄く、蜘蛛の巣のように柔軟な構造が出来上がります。結果、何百万というナノサイズの穴がある構造となり、ここを空気は通れるけれど、水分子は通り抜けられないという複雑な素材のできあがり。
    ノースフェイスは、レインコートなどの防水用ウェアに限らず、Futurelight素材を全アパレルで展開できると考えています。普段使いのヨガパンツも、ジョギング短パンも、パーカーも、プロ仕様の登山ジャケットも、どれも防水なのに通気性に優れていて、さらにとても軽いとなれば嬉しいことだらけ。じゃんじゃん、広げてほしいですね。
    Futurelight素材のアパレルは、今年秋からの展開を予定。

  • 19-20年秋冬シーズンは“フューチャーライト”のローンチの他、同ブランドが長年の課題としているウィメンズマーケットの強化とサステイナブルな製品の推進を行う。ウィメンズはマタニティーウエアなど、ウィメンズ特化型商品の開発の他、女性アスリートやインフルエンサーとの連動企画を通じてブランドをアピールする。サステイナブルな製品作りは、リサイクル可能なポリエステルやナイロンを使用した循環型製品の提案や、生分解するフリース素材の採用、フッ素不使用のはっ水加工などを行っていく。

  • ゴールドウインの「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は、防水・透湿に優れた新素材“フューチャーライト(FUTURE LIGHT)”を米ザ・ノース・フェイスと共同開発した。同ブランドがコアシリーズと定義する“サミットシリーズ(SUMMIT SERIES)”とトレイルランニングに特化した“フライトシリーズ(FLIGHT SIRIES)”、スキーに特化した“スティープシリーズ(STEEP SIRIES)”のアイテムに2019-20年秋冬コレクションから採用する。商品は、消費者向けの展示や特設ウェブサイト、アスリートなどを通じて訴求していく。

     “フューチャーライト”は「ザ・ノース・フェイス」のグローバルアスリートチームの要望で開発がスタート。ナノスピニングと呼ばれる製造技術を用い、生地をナノレベルの無数の穴が空いたフィルム状のものにすることで、今までの防水素材の約20倍の通気性をもたせて衣服内の排熱を可能にした。

     さらに、同素材を使用した製品は環境負荷を少なくするために、素材を挟む表地と裏地は100%リサイクルのポリエステルを使用し、生地同士をつなぎ合わせる糊の量を削減。はっ水加工は通常使用されるフッ素を使わない加工を施している他、染料やはっ水加工のエネルギーを40%削減するために、プラズマ処理を施している。森光ザ・ノース・フェイス事業部長は「アスリートたちのニーズから、現状の防水素材ではカバーできないアクティビティーの領域が広がっていると認識し、米国と共に開発した。ハイパフォーマンスとサステイナブル、両方のスタンダードを確立していきたい」と語った。

  • >>No. 273

    車ドアボディは、初公開でしたね。驚きました^_^

  • >>No. 245

    まぁ、明日、彼が例の綿カシミアを持って皆様に披露する展開になることは・・間違いないと思ってるけど^_^

  • スパイバーの事業も、日経モーニングプラスで紹介出来るほどになったということか^_^

  • >>No. 838

    むしろ、厚労省の発表の通り、爆発的に蔓延し、まだピークを迎えていない現実に向き合った方が、現実的である。

  • >>No. 835

    ですです。その段階で、耐性ウイルスが病原性や感染力が強いのか現段階でもわかっていない。

    よっぽど、蔓延しているウイルスの方が強く、ゾフルーザが良く効くのは、事実のようだね。

  • ゾフルーザを処方された患者から耐性ウイルスが検出されたとの報道。

    ただ、その耐性ウイルスが人から人への感染力が強いのか?は、別の問題。要調査段階。
    さらに、その耐性ウイルスが病原性が強いのかも現段階では、わかっていない。

    耐性ウイルスが一定の割合で出現することは、承認の段階ですでにわかっていたこと。

    客観的なのか?主観的なのか?不明だけど、ゾフルーザが良く効くから、あえてゾフルーザでお願いしますと処方を依頼する患者も多い。

    現段階では、耐性ウイルスが病原性や感染力が強いものなのか?もよくわかっていない。

    タミフルだって、過去に耐性ウイルスが出現したとニュースになっている。

    結局、ウイルスに遺伝子がある以上は、耐性ウイルスは出てくるでしょう。

    その耐性ウイルスが病原性や感染力が強くないのなら、さほど問題はないと思う。

    現段階で、耐性ウイルスが病原性や感染力が強いであろう報告はないのではないか?

  • >>No. 502

    おっしゃる通り!
    CEOとサシで朝食^_^
    ケンカせず、協調。
    51対49で勝つ^_^
    素晴らしい人望の方と拝見しました

  • ゾフルーザをやれ!

  • クールジャパン、発信力強化へ戦略見直し、デジタルを活用

    政府は、日本文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」を2015年の策定以来、初めて見直す方向で検討に入った。デジタルツールなどを活用して発信力を強化する内容を盛り込む方向だ。早ければ1月中に有識者から意見聴取を始め、具体化に着手する。政府関係者が16日、明らかにした。
    見直しは現戦略の方針に加え、ここ数年で急速に発達した先端技術の積極的な活用を盛り込む方向。IT技術や会員制交流サイト(SNS)などを利用して発信力を強めるほか、個別の商品や観光体験に歴史的な背景説明を加えて付加価値を高め、日本文化により深く興味を持ってもらうことを目標に掲げたい考えだ。

  • クールジャパン機構
    第1回:ジュニアでも持てる案件への使命感

    スパイバーがクールジャパンから30億調達に関わった方のインタビュー記事です。

本文はここまでです このページの先頭へ