ここから本文です

投稿コメント一覧 (1315コメント)

  • 北越コーポ、今期経常は38%増で19期ぶり最高益更新へ
     北越コーポレーション <3865> が5月17日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比6.4%減の130億円になったが、20年3月期は前期比38.3%増の180億円に拡大を見込み、19期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。7期連続増収になる。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の68.6億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.8%→8.4%に大幅改善した。

  • 「譲渡制限付役員報酬制度」は時代の趨勢。
    税法上の優遇処置も認められるようになったし、一定条件を役員に課して
    役員が会社価値を上げるように努力してもらうインセンティブとして有効だと思うけど。
    最近、いろいろなところで導入しているけど、あまりネガティブな意見は聞かない。

  • まあ、何の因果でこんな良い地合いでマイテンてか!
    参ってんねん。

  • >>No. 690

    長々とはどこでも無理ですよ(⌒∇⌒)

    懇親会は私が出席した総会ではすべて行われましたから、総会後の恒例行事だと思います。
    しかし、最近の傾向として総会のお土産や軽食などの接待を中止するところが多いようなので、今後どうなるのかはわかりません。
    懇親会には、総会に出席された役員のほかにも、IR担当や技術畑の社員の皆さんも出席されます。
    私は、出席したすべての懇親会で広光社長、菊地取締役と話しました。
    インサイダーにならない程度に業績や将来のことなど雑談に応じていただけます。

    総会は平日の午前中に町田のホテルで行われますから、ご都合がつくならば是非出席されるとよろしいでしょう。

  • >>No. 684

    私が出席した時は二人で10分くらいだったと記憶しています。
    第二4半期後の工場見学会、株主総会はもう少し時間があったようにおもいますが、
    会場を借りて行っているので、終了時間が決まっているようです。
    質問があるなら、株主総会後の懇親会で機会をとらえて話されるのが良いかもしれません。

  • >>No. 266

    投稿日を確かめてから言え。
    お前呼ばわりするんじゃない。

  • >>No. 663

    現在の世間の流れとして、インセンティブとして「譲渡制限付株式報酬制度の導入」は、前向きにとらえるべきだと思う。
    株価が上がることで、報酬も連動するのだから、今後、役員は株価を上げる努力をより一層していただける筈なのだから。

  • 今期まで、連結決算と個別決算の数字の調整をしないと業績を見誤る可能性がある。

    一見、大きく経常利益、純利益が減額したように見えるけど、これは個別決算と連結決算との会計上の計算方法の違いのためで、2018年度も連結で見る限り、以下の実績であり、比較するのは、この数字で行わなければならない。

    比較すべき2018年3月期の調整後の実績は
    売上:7579  営業利益:1309  経常利益:1336  純利益:657 (¥MM)

    2019年3月期の実績
    売上:7699  営業利益:1543  経常利益:1595  純利益:1091 (¥MM)

    2019年3月期会社計画
    売上:7400  営業利益:1360  経常利益:1390  純利益:960 (¥MM)

    ややこしくてかなわん。

  • アバール、今期経常は微増益へ
     アバールデータ <6918> [JQ] が5月15日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の経常利益(非連結)は前の期連結比19.4%増の15.9億円になり、20年3月期は前期比0.3%増の16億円とほぼ横ばい見通しとなった。5期連続増益になる。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の経常利益は前年同期連結比2.7%増の3.4億円となり、売上営業利益率は前年同期の17.5%→18.9%に上昇した。

  • MS-Japan <6539> が5月9日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の経常利益(非連結)は前の期比35.7%増の17.7億円に拡大し、従来予想の15.2億円を上回って着地。20年3月期も前期比13.8%増の20.1億円に伸びを見込み、8期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。8期連続増収、増益になる。

     同時に、前期の年間配当を11.25円→15円(前の期は1→4の株式分割前で45円)に増額し、今期も15円を継続する方針とした。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の経常利益は前年同期比7.0%増の4.2億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の44.4%→40.4%に低下した。

  • 共和レザー <3553> が5月9日大引け後(15:30)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比39.0%減の20.4億円に落ち込んだが、20年3月期は前期比41.9%増の29億円にV字回復する見通しとなった。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比13.7%減の5.2億円に減り、売上営業利益率は前年同期の4.7%→4.6%とほぼ横ばいだった。

  • メディシス、今期経常は60%増益へ
     メディカルシステムネットワーク <4350> が5月8日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比53.8%減の15億円に落ち込んだが、20年3月期は前期比59.9%増の24億円にV字回復する見通しとなった。7期連続増収になる。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比46.4%減の4.9億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の3.7%→1.5%に悪化した。

  • スクロール、今期経常は41%増益へ
     スクロール <8005> が5月8日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比2.9%減の14.1億円になったが、20年3月期は前期比41.3%増の20億円に拡大する見通しとなった。3期連続増収になる。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常損益は7.6億円の赤字(前年同期は5.9億円の赤字)に赤字幅が拡大したが、売上営業損益率は前年同期の-4.1%→-2.9%に改善した。

  • >>No. 566

    おお、同好の士がいた。
    見事に狙いが外れましたね。

    私は15日の決算持ち越し予定ですが、
    トランプ爆弾が怖い!

  • 引けに下げる元のアバールに戻ったか。
    でも、まあ、日経300円も下げるような地合いで-44円なら、まずまずかな。

  • ホルダー、アバールデータの関係者の皆さん、

    明けましておめでとうございます。
    ホルダーの皆さんにとって、令和の時代が幸多き時代でありますように。

    令和の時代には、アバールデータの一層の躍進を願っております。

  • 久しぶりに追加してみた。
    10連休前に買うなんて・・・・・

  • 上留守、業績修正発表。

    ウェルス、前期経常を29%下方修正
     ウェルス・マネジメント <3772> [東証2] が4月15日大引け後(16:00)に業績修正を発表。19年3月期の連結経常利益を従来予想の12.7億円→9億円(前の期は15.4億円)に29.1%下方修正し、減益率が18.0%減→41.9%減に拡大する見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の10.2億円→22億円(前の期は11.9億円)に2.2倍上方修正し、一転して84.6%増益を見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

  • 買取王国、前期経常が上振れ着地・今期は29%増益へ
    買取王国 <3181> [JQ] が4月15日大引け後(16:00)に決算を発表。19年2月期の経常利益(非連結)は前の期比64.5%減の4900万円に落ち込んだが、従来予想の3900万円を上回って着地。20年2月期は前期比28.6%増の6300万円に回復する見通しとなった。
    同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を見送るとし、今期の年間配当は未定とした。
    直近3ヵ月の実績である12-2月期(4Q)の経常利益は前年同期比43.3%増の4300万円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.3%→3.1%に改善した。

本文はここまでです このページの先頭へ