IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (66コメント)

  • フィスコ

    三菱ケミHD<4188>

    田辺三菱製薬は12日、新型コロナウイルスのワクチン開発に着手するとに発表が報じられている。カナダ子会社がウイルスを模した植物由来の粒子の作成に成功したと伝えている。カナダで8月までに臨床試験(治験)を始め、2021年中に終える方針。三菱ケミカルホールディングスグループへの波及が意識されよう。

  • >>No. 955

    田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三津家正之)は、このたび、子会社であるメディカゴ社(本社:カナダ ケベック市、CEO:ブルース クラーク(Bruce Clark))が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応したウイルスの植物由来ウイルス様粒子(VLP*)の作製に成功しましたので、お知らせいたします。
     COVID-19のVLP作製は、ワクチンを開発するための第一歩であり、メディカゴ社は安全性と有効性に関する非臨床試験を実施しています。本非臨床試験が順調に進めば、ヒトでの臨床試験を2020年8月までに開始するために当局機関と協議したいとしています。

  • > 踏み上げ??ww
    >
    > まさかねえ??ww
    >
    > 不採算事業に5000億も金突っ込む会社だもんなあ??ww
    >
    > そうそう騙し上げ騙し上げ!!ww
    >
    > 800円割れるんだよなあ??ww
    >
    > 高い高い!!ww
    >
    > 空売り規制ギリギリの5000株成り売りすれば下がるって!!ww
    >
    > そうしないとホントに踏み上げられちゃうよ~ん♪ww
    >
    > ブワッハッハッハッハ!!ww


    案外、ミューズがうまくいって、田辺三菱が販売しちゃったりして?

  • 盆休みする前に、新製品とか提携とか、仕事はないのだろうか?

    休んでいても、評価が上がる会社なのか?

  • >>No. 926

    > 見たことない好決算だな
    >
    > いつも、1Qは10億くらい赤字なのに

    そうですね。


    池上通信機 <6771> が8月1日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は4.6億円の赤字(前年同期は8.3億円の赤字)に赤字幅が縮小した。

     直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-30.7%→-14.9%に急改善した。

  • >>No. 926

    そうですね。



    池上通信機 <6771> が8月1日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は4.6億円の赤字(前年同期は8.3億円の赤字)に赤字幅が縮小した。

     直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-30.7%→-14.9%に急改善した。

  • 7月19日付けで、自己株式7100株を1099円で、取締役員に譲渡しているところを見ると、今後、会社は、株価が1099円までは伸びると見ているのだろうから、8月1日の発表のとき、何かがあるのではなかろうか?

  • 7月中、IRが無かったが、社員は眠っているのだろうか?
    それとも、8月1日、一緒にIRを出すのだろうか?
    8Kを中心にして売り出す計画発表後の形跡が見えてこないのが残念だ。

  • 池上通信機では、2019年7月17日から3日間、東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2019に出展します。
     手術室をはじめ病院内の多数の実績を誇るIkegamiの術野カメラシステムや術場カメラなどの高品質な映像システムとcaresyntax(R)社の手術室映像統合管理システムを融合したトータルシステムによる手術室業務のさらなるクオリティの向上と効率化を提案します。
     さらに医療用カメラシステムと放送用8Kカメラの開発で培った映像技術を駆使した医療用8K解像度カメラを出品します。
    ………

    これが、どのように評価され、収益につながるかどうかで、上下すると思います。

  • 今年の6月にニュースがでた体軸性脊椎関節炎についての薬の承認申請はまだですか?

  • 三菱LSIがMuse細胞で脊髄損傷の治験開始、対照群設けず
    「4種類の疾患いずれかで2021年度の承認目指す」
    (2019.07.10 08:00)

     三菱ケミカルホールディングスグループの生命科学インスティテュート(LSI)は2019年7月9日、研究開発を進めているMuse細胞製品「CL2020」について、亜急性期の脊髄損傷を対象とした企業治験を国内で開始すると発表した。試験は治験薬群のシングルアームで実施する。同社はこれまで急性心筋梗塞、脳梗塞、表皮水疱症の3疾患を対象に治験を行っており、脊髄損傷は4疾患目。同社は4つのいずれかの疾患で2020年度の承認申請と2021年度の承認を目指す

    ………

    これって、脳梗塞へのMuse 細胞の治験の結果が、あまり芳しいものではにという事でしょうか?

  • 計画にあるように8K医療カメラなどで勝負するんだったら、まずは製品化してほしい。

    もし提携先があるなら、その製品と同時の発表にすれば、発展性も判断できるのではないだろうか?

    その提携先は、国外にも及ぶことが望ましいと思う。

  • >>878の投稿者ですが、
    池上は、手術室映像統合管理システムのcaresyntax(R)社に、どうして、その8K医療カメラを使ったシステムを販売しないのだろうか?

    そのドイツの会社は、世界に展開しているはずだから、そこに認めさせると、世界へ販売が広まるのでは?

    それとも、まだそこまで8K医療カメラは進歩していないのだろうか?
    そんな機械を出展して、誇れるのか疑問だ。

  • >>879 の続き

    (wikipedia)
    FPU(放送)
    「 代表的な使用例は報道、スポーツイベントの中継などである。特にマラソンや駅伝の中継では、地理的に広範囲をカバーする必要性から、数十台、時には百台以上のFPU送受信機を駆使する場合がある。(マラソンや駅伝の中継で各地の系列局の中継車が使用されるのもこのためである)」

    *アメリカの Yahoo にも売れるかもしれない。
    ダメかな?

  • この前、国内放送局様に100式以上納入したのは、4K放送用の中継伝送装置らしい。
          ↓

    【 或るよその企業での説明文 】
    デジタルFPU装置は、フィールドにおけるスポーツやニュース現場、また、いろいろなイベントの映像・音声を中継伝送する装置です。

  • 池上通信機では、2019年7月17日から3日間、東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2019に出展します。
     手術室をはじめ病院内の多数の実績を誇るIkegamiの術野カメラシステムや術場カメラなどの高品質な映像システムとcaresyntax(R)社の手術室映像統合管理システムを融合したトータルシステムによる手術室業務のさらなるクオリティの向上と効率化を提案します。
     さらに医療用カメラシステムと放送用8Kカメラの開発で培った映像技術を駆使した医療用8K解像度カメラを出品します。


    *これが、どう評価されるかで、多少の変動があると思いますが。

  • 8Kカメラにこだわりますが、これが製品ラインに乗れば楽しめると思いますが。

  • 今日、TVを見ていたら、脳神経外科の手術で、内視鏡を使いながら外国からの留学生に様子を見せていた。

    手術に8Kカメラを使えば、より鮮明に患部が見えて判断し易いだろうから、早く池上が8Kカメラに内視鏡を使えるようにしたら、脳外科手術も進歩すると思う。

  • いくら8K医療カメラといっても、これから医療分野に進出するのは時間が必要と思うので、たとえばオリンパスなんかと提携すれば、内視鏡に8Kカメラを進出させるのが簡単ではないだろうか?

  • >>764だけど
    一般財団法人 NHKエンジニアリング のNEWSを見ていたら、2018年3月14日に「 8K技術の医療応用で世界初の臨床試験実施 」ということで、国立がん研究センターと一般財団法人 NHKエンジニアリングシステム、オリンパス株式会社、株式会社NTTデーター経営研究所 とが一緒になって作ったのが、新開発前の8K医療カメラじゃないかと思う。

    5月30日から6月2日まで、NESブースで展示される、今度、池上と新開発した8K医療カメラと2018年に作った8K医療カメラと並んで展示されると、IRによると、モニターに映る映像も新開発カメラが使いやすいとわかるから、少なくても国立がん研究センターのカメラは、新開発の8K医療カメラに取って代わられると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ