ここから本文です

投稿コメント一覧 (452コメント)

  • 為替はドル高に動いている。そうせいグループの場合収入の多くはドルで支払われるの日々ドル収入の商売で無いけれどドル高は心理的にうれしい。今日は面白いぞ。素人が考えても株は所詮売った、買ったの心理ゲームであるので買い方有利の状況。株価は急カーブで上昇間違い無しの土俵は揃いましたね。

  • No.2447

    強く買いたい

    明日の0900における買い板、…

    2019/08/13 22:32

    明日の0900における買い板、売り板の状況がどうなっているかが株価を決めますね。買い板のアンダーが売り板のオーバーの50パーセント以上になるかがです。50パーセント以上
    なら株価は期待できます。

  • 分割前のそうせいグループと現在のそうせいグループを比なし較するに現在のそうせいグループを取り巻く会社環境が分割前
    とは全く異なっていると言って過言でありません。現在の
    そうせいグループの場合ノバリィテス社、ファイザー製薬、
    武田薬品等々世界に名だたる製薬会社と手を組んでおり
    4分割前の会社とは異質なものになっていることを理解せず
    今後の株価は語られないのではないかと思う次第です。
    だから5000、7000、10000とかの話しが出ると理解しないと大魚を逸しますよ。顧客は世界の健康を望む人々であり為替の変動とは無縁であり、巨艦はゆっくりながら右肩上がりにエンジン全開です。

  • 過去この銘柄で買い板が売り板の50パーセント以上の数字
    を示している場合かなりの確率て゛株価はプラスになると
    投稿したことがあります。本日は前場は終始買い板は50パーセント越え、株価はかなりのプラスになつています。 後場
    もこの動きが予想され買い方は全員プラスとなる嬉しい今日一日ですね。売り方の誘惑に負けずホルダー持続です。

  • 世に鉄砲も百射ちゃ一発は当たるの諺ありますが、2日間で
    100万儲けたいう投資法を紹介する会社がありがその会社の
    会員の方の頭の中身を見てみたいですね。豊田商事事件の二の舞に遭われないことを祈るのみです。そうせいグループの場合派手さは無いが確実に資産を増やせますよと教えてあげたいですね。

  • バイオの場合は株価に直接的に影響するのは治験の結果が
    思わしくないない場合ですが、そうせいグループの場合
    は過去を見るにすぐに株価は戻っています、なんの心配
    していません。そうせいグループの場合株価は発行株数が大
    で動きは鈍重でありやきもきしますが右肩上がりは不変
    であり安心して日々を過ごせます。他のバイオの場合は
    株価が行って来いで神経が休まりません。売買高、売買代金
    を見ても右肩上がりを止めようがありませんね。派手さは
    有りませんが確実に株価は戻り高値を継続中です。移動平均線を信じて行く他ないですよ。ほかに何を信じれば良いのですか。有ったら教えてくださいよ。ホルダー持続です。

  • 大局観で見るにそうせいグループは上がるほか考えられないのに下がると言う人がいる。その人は何処からか報酬をもらって投稿してこの場を混乱させているのでないか疑っています。
    そうせいグループは右肩上がり、間違い無しです。5000、7000を信じています。

  • ファンドは投資資金を休まず運用し利益を上げなければならない宿命です。為替の影響を受けない薬品株は絶好の投機対象ですね。ただし本物のバイオ会社でなければ投機は成功しません。さすれば本物のバイオ社で株価が右肩上がりのそうせいグループに資金は集中し大相場になります。そう信じています。

  • エーザイの投資資金は必然としてそうせいグループに向かう
    。資金を生かさなければならない、そうせいグループは受け皿としてさいこ

  • ペプシドリームとそうせいグループの夢比べ、ペプシドリームには夢がない、株価は頭打ちであるのに比べそうせいグループには世界のファイザー製薬、ノバリィテス社と言う
    そうそうたる会社がバックにあり株価の行方は上昇間違い
    無しです。ただし発行株数が大のため動きは鈍重で、じわりじわりです。そこを我慢すれば良いのです。株価は急降下無しです。資産株として最高ですよ、急騰を期待する人は保有株数を多くすれば精神的に安定しますよ。そう思いませんか
    株の恐ろしさは急落による資産の霧消です。低金利時代に
    一財産形成を狙っていたのにボロ株に手を出し資産がパー
    よく聞く話ですね、そうせいグループに限ってはありません
    ね。そうせいグループぐらいの会社のチャートに騙しは
    ありません。今チャートは右肩上がりです。つまり資産形成
    に最適の株です。売買代金、売買高、会社の中身、バイオと言うテーマ性どれとつても文句のつけようがありませんね。
    買うなら今ですよ。

  • 株価はまたもカップウイズハンドルの形成を形成しつつありますね。これは爆上げが近い予兆です。アナリストの西村氏は間もなく年初高値を迎えると予想している。外国証券の多くは目標株価は3000円以上を設定している。カップウイズハンドルの形成具合によりますがとりあえず3000円は8月初旬には達成確実となりましたね。嬉しい限りです。本日の動きは今後の株価の形成にあたり重要は節目になったと思っています。
    そうせいグループぐらいの会社のチャートは嘘をつきません。

  • No.1171

    強く買いたい

    PTSで当初2700でスタート…

    2019/07/18 17:57

    PTSで当初2700でスタートしました。なにか材料が出てのでしょうか

  • 株価のチャートは色々な思惑が集まった結果で決まりますね
    そうせいグループの場合は本日は出来高は1800萬株超、売買代金はあのトヨタ自動車を押さえてなんと市場第2位ですよ、チャートは右肩上がり、低く抑えられてきた株価は今後の業績から見ても戻り高値の最中であることは誰が見ても明らかですね。現在のそうせいグループ以外のバイオ各社の株価は乱高下が激しくチャートも自ずと乱高下しで株価は行って来いで何のため株をやっているか全く分からなくなりストレスだけか残ることが多々ありますね。バイオの場合は赤字決算が多く株価の値上がりが唯一の楽しみなのにね。そうせいグループの場合は株価は順調に値上がりし含み益が時間とともに増えて買って良かったとホルダーを安心させてくれます。と言うことでそうせいグループは他のバイオ各社と根本的に違うということを年頭において対応することが大事かと思います。そうせいグループのチャートは他のバイオ各社と違い信じられますよ。実績が物語っています。

  • 株売買の判断はすべて個人の責任です。証券会社の責任は
    一切ありません。株価の行方を判断する材料は結局チャート
    です。チャートを見ていれば売買の手掛かりが出てきます。
    証券会社が低く目標株価を設定したので早期に売ってしまい
    本日の爆上げの果実を得られなかったなんか洒落になりません。売ってしまった人は本日のPTSか明日の寄り付きで早期
    に買い戻ししばらく放置する。さすれば大きな利益を得られますよ。細かいことは判りませんが大局観はもっているつもりです。現在のそうせいグループは4分割後高値の6545に向かって戻り高値の最中ですよ。売り屋の甘言に惑わされず
    じっと我慢していれば大きな果実が向こうから転がりこんで
    きます。売ってしまった人は早期に買い戻してくださいよ。

  • そうせいグループは中味が他のインチキバイオと全く違う
    から先週金曜日にSMBCのインチキレーティングが出たとき世界的な規模と販路を持つ会社がバックにおりかつトレンドが右肩上がりだからホルダー持続が正解ですと投稿しました。短気は損気の通りです。そうせいグループは右肩上がりの理想的なチャートをしておりかつ週足を見ましたかカップウイズハンドルの形成真近ですよ。本日の凄い一言にすぎる会社発表を受け今利確しようと考えているホルダーの人がいたら特段の理由がない限り当分売却はやめた方が良いですよ。本当に本当10000が早期に実現しますよ。市場の資金はそうせいグループに集中し株足は上りばなっしで嬉しい限りです。

  • 株価のトレンドが右肩上がりは不変、出来高は大、これは
    今後の株価の行方を判断する当たり重要です。先だって目標株価3000といわれて急騰、今度国内証券会社が低目の目標株価を発表したら株価は値下がりと言った具合です。今後はどうか海外の証券会社を信ずるか、国内の証券会社を信ずるかですが海外の証券会社を信ずるのが妥当ですよ。何故なら資金力大の顧客層を相手にして商売しているので誤った判断していたら会社の存立にかかわります。トレンドが右肩上がり
    であることを忘れずホルダー持続です。

  • バイオ株の恐ろしさ別の言い方をすればその魅力は僅かの時間で巨額
    の利益を得られるか、失うかの誠にスリリングなところに有るところでしょう。バイオ株以外に連日ストップ高、ストップ安を演ずるところはそうありませんね。真に天国と地獄を
    僅かの時間で味わせてくれるところはそうありませんね。
    カルナバイオのPTS株価のストップ安近い急降下の数字を見てそうせいグループは安心してホルダー持続が正解のバイオ株であることを改めて認識させてくれました。何度も投稿させてもらいましたが株主構成が世界的に著名な会社が連なり、販路が世界的規模の会社と提携するなど会社の中身が
    他のバイオ会社とは全く違いますね。会社は世界的に著名でも株価は全く値上がりせず、むしろ値下がりするとか株価は上がったり下がったり何のための株式投資なのか嫌になってしまう会社がごろごろしていませんか。そうせいグループははチャートを見ても株価は派手さはないが上り調子であり、ホルダー持続していれば自然と資産が増えてゆくという株をやっていて良かったなあと思わせてくれる精神的に安心しておられる会社ですね。

  • 株価は連日下げ続けているのにPTSが上げている、不思議
    だなあと思っていたら機関が外資が昨日の目標株価を3000にレーティング引き上げたとの情報を早期に入手し無理矢理株価を下げたとの卓見、これで疑問解消です。PTSで購入された個人株主のお方に敬意を表します。本日の前場の板状況が楽しみです。

  • PTSがやたらと高いこれは何故ですか。明日こそ上がって
    もらいたい。前場が開いた段階でアンダーとオーバーの比率
    がアンダーがオーバーの50パーセント以上の場合その日は
    値上がりの確率が高いことがここしばらくの相場で明らか
    になつていますね。

  • 株価が上がってくれないと株を買っても意味ないですね。
    買った途端に株価が値下がりしたらアジャパーですね。
    急騰株によくあることです。そうせいグループは急騰は
    ないが、じわじわと値上がり派手さはありません。しかし
    急降下はありませんよ。安心して値上がり利益を得られますよ。最低300株を持っていればペプシドリームと同様な値上がり益を得られます。株価が3000、5000、10000は夢でないですよ。毎日の値上がり幅は小さくても株数を持つていれば夢実現です。チャートを信じてホルダー持続が正解です。
    仮に値下がりに移行してもじわじわと値下がりしますから
    利確決断容易です。急騰、急降下株は取り扱いが難しいです
    がそうせいグループはおとなしい株です。カップウイズハンドルの形成が何度も実現するそうせいグループはお宝株です

本文はここまでです このページの先頭へ