IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1987コメント)

  • 中国、テクノロジーに150兆円投資へ
    -米企業抜き世界の主導権狙う

    中国は1兆ドル以上を投じ、鍵となる技術で
    世界の主導権を握ろうとする取り組みを加速させる。

     習近平国家主席自らが支持した基本計画の下
    中国は2025年までの6年間で
    推定1兆4000億ドル(約150兆円)を投資。
    地方政府のほか、華為技術(ファーウェイ)など民間の
    テクノロジー大手に対し
    第5世代(5G)移動通信無線ネットワークの敷設やカメラ
    センサーの設置、自動運転や工場の自動化
    大規模な監視体制を支える人工知能(AI)ソフトウエアの
    開発などを進めるよう後押しする。


     この新たなインフラ戦略はファーウェイや
    アリババ・グループ・ホールディング
    商湯科技(センスタイム・グループ)など
    主に国内大手企業の振興に充てられ
    米国企業は蚊帳の外に置かれるとみられる。
    技術国家主義(テクノ・ナショナリズム)が高まる中で
    外国テクノロジーに対する中国の依存を減らすのが狙いで
    以前に打ち出された「中国製造2025」と目的は同じだ。


     中国IT企業の神州控股
    (デジタル・チャイナ・ホールディングス)の
    マリア・クオック最高執行責任者(COO)は
    顔認証のカメラとセンサーに囲まれた香港のオフィスで
    「これは中国が世界のテクノロジー競争に勝利しようとする戦略で
    このような戦略はこれまでなかった」と指摘。
    「今年から投資資金の流入を目にし始めるだろう」と述べた。


     このテクノロジー投資計画は22日に開幕する
    全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で承認される
    財政パッケージの一部。
    毛沢東時代以来の深刻な経済の落ち込みを背景に
    政府は最大5630億ドルの今年のインフラ投資を発表すると見込まれている。

  • >>米国企業やファンドからの抵抗に期待
    中国株の取り締まり案は、アメリカの企業やファンド、取引所から激しい抗議を巻き起こすことになりそうだ。

    例えば、アルファベットのグーグルとウォルマートは共にJD.comに大きな株式を保有している。投資大手のブラックロックとバンガードは、アリババとバイドゥの上位株主の一人である。150社以上の中国企業が米国の取引所で取引を行っており、それらの上場はニューヨーク証券取引所とナスダックに多額の収益をもたらしている可能性が高い。

    米国の取引所から中国株が大量に流出すれば、これらすべての企業とその投資家に打撃を与える可能性がある。そのため、法案が法制化される前に、米国政府が法案を大幅に縮小しても不思議ではありません。<<

  • >>No. 962

    ありがとうございます。感謝致します。


    > The Motley Foolの記事を和訳したものですが、ご自由にどうぞ。

  • >>No. 936

    wilさんの投稿、一部お借りしても宜しいでしょうか?

  • アリババのCFO、米法案を注視-米証券法規を順守できる

    5/25(月)
    中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの
    武衛(マギー・ウー)最高財務責任者(CFO)は
    米証券取引所から外国政府の管理下にある企業の排除を目指す
    米国の法案を注視していると述べるとともに
    新たな規制を順守できるとの見通しを示した。

    ウーCFOは「米国の証券取引所で証券を購入する投資家を保護し
    透明性をもたらすことを目的とするいかなる法律の順守にも努める」と述べた。

    米上院で20日可決された法案は、中国の上場企業を標的としており
    企業は外国政府の管理下にないことを証明する必要がある。
    中国企業は元の監査文書の提出を義務付けられる可能性があるが
    同国の法律は配布を制限しているため多少の課題が生じる恐れがある。

    ウーCFOは同社の四半期決算発表に関する電話会見で
    アリババが長年、米国の会計基準に則っており
    会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の
    香港部門の監査を受けていると説明した。
    同CFOはまた、2014年の新規株式公開(IPO)で
    アリババ株を購入した米国の投資家は大きな利益を得ている点にも言及した。
    同社株はIPO以来197%上昇している。

  • しかし、このビジネスモデルは凄い!
    1度使ったら、2度とは元には戻れないでしょうね。。。

  • 新しい「才能」と「刺激」に出会える場所
    —— 日本でのWeWorkは、起業家やアーティストだけでなく、伝統的な大企業、海外の企業などさまざまなグループが利用できるということですか。

    ヒル氏:そうです。すでにKDDI、みずほ証券、そして日経新聞が
        「メンバー」になっています。彼らはWeWorkにデスクスペースを
        持つことになります。世界的にはマイクロソフト、
        ゼネラル・エレクトリック(GE)、HSBCなどもメンバーです。
        シェアリング・エコノミーというのは一つの世界的なカルチャーで、
        そこに到達するための大きなシフトが起きています。
        人々はもう車なんか買いません。
        バックパック一つで空港に降りて、シェアリング・カーサービスで
        目的地に行き、コワーキングスペースで新しい「才能」と「刺激」に
        出会います。

  • 「WeWork Japan、20年度中に単月で黒字化を目指したい」
    ソフトバンク宮内社長
    「オフィスを分散させたいという需要とマッチ」

    ソフトバンクの宮内謙社長は5月11日の決算会見で、WeWorkの日本法人について「2020年度中に単月で黒字化を目指したい」と述べました。

    宮内社長によると、新型コロナウイルスによるリモートワークの広がりでオフィス需要が減退するなかでも、「オフィスを縮小したい」「オフィスを分散させたい」といったニーズにWeWorkが合致しているとのこと。

    また、他の拡大事業であるスマホ決済のPayPay、タクシー配車のDiDiについても、2020年度中に徹底的な収益化を図るとしています。

  • 勝てる人達と勝てない人達の比率が
     (1) :  (9)  である事は
    いつの時代も変わりはない!

  • 同意
    これじゃ絶対勝てそうにない!

    > >ここで勝てない人って
    > ひねくれ者が多い事が
    > 投稿見てると良く分かるわ〜!
    >
    > 同意
    > 物事の見方が素直でないわね
    > SBGは2兆5000億円の自社株買いをやるから株価が上がる
    > もっと単純に考えればいいと思うのだけど
    > ビジョンファンドの利息の支払いがどうのアリババの上場廃止がどうのオヨの経営がどうのと余計などうでもよいことをやたら気にするしね
    > 勝てないように勝てないようにわざわざこねくり回しているように思えてならないね

  • ここのアンチには、これが出来ない。
    だからいつまで経ってもアンチなのだ。


    >>バフェット氏は長年、総悲観の中で逆張りに動ける
    決断力と判断力を武器に高い勝率とリターンを得て来た。
    投げ売りされるグロース株をバリュー株のような
    バーゲン価格で買い、いずれ経済が正常化するまで耐えれば
    果実が得られる。<<

  • ここで勝てない人って
    ひねくれ者が多い事が
    投稿見てると良く分かるわ〜!

  • 来年の3月に自己株式取得が終わって
    取得株が全て消却されたとIRされた時
    SBG株は一体どうなるのでしょうか?
    今の株価など気にするよりも、そちらの方が余程気になります!
    じっくり待ちましょう。

  • しかし、アンチな人達が全員
    ここの5000株ホルダーだったら、どうの様な
    投稿をしていただろうね。
    考えただけで想像は付くが
    ホルダーの立場だったらアンチには今以上に相当酷いことを言って
    避難して来るだろうね。
    タイ気触れのアンポンタンを見て来たから良く分かる。

  • 含み損抱えて相当苛立ってるみたい。
    心配だなぁ!

  • 面白い事を言う人が現れたw
    火に油だとさ!!!

  • 昔からアンチな方々は、これが理解出来ない。
    10年経ってもアンチのまま。成長出来ないで居る。
    投資家として成長したくはないらしい!
    > 黒字企業でも、将来的な伸びしろは少ない。
    > 今からKKの業績が2倍に伸びることはないだろう。(大々的に買収でもすれば別だが)
    > ファンドでの出資先は今後数倍の価値(業績)になるものもあるだろう。
    > どちらに比重を置くべきかは自明の理。
    >
    > 売り方は常に過去、現在しか見ない。(評価損の赤字でもそうだが既に過去、コロナで業績が悪いのも現在)過去、現在は一度株価が下落し織り込まれてしまえば、それを理由に売る投資家は本来存在しなくなる。(そのニュースが出た時点で売らされてしまうので)でもここの売りに固執する人々は、織り込まれた材料で無理矢理何度も売ろうとする不思議な存在。
    >
    > 株は本来、半年後、1年後をみるものである。(評価損計上で簿価が引き下げられたのだから今後は評価益計上する可能性が高まる、今の業績が最悪期なのだから、今後はそれ以上には悪くならないだろう等)
    >
    > そもそも株は安い時に買って高い時に売るべきもの。
    > 株価が安い時は業績が悪い時、高い時は業績がいい時。
    >
    > でもここの投機家らは業績が悪いから売りだとおっしゃる。
    > これから底なし沼のように業績が悪化し続けるのならその理屈もありなのだが、
    > 常識的に考えてそうならない可能性の方が高いのは誰が見てもわかるはずである。

  • アンチらが自己株式取得で
    大分焦っている様子が
    ヒシヒシと伝わって来ます。
    その心情が投稿内容にハッキリと現れていますね!

本文はここまでです このページの先頭へ