ここから本文です

投稿コメント一覧 (303コメント)

  • >>No. 10153

    サンバイオと大日本住友製薬間の慢性期脳梗塞ライセンス契約には
    当然他社への譲渡禁止特約が入っているはずです。

  • 売り方が3910円下の毒饅頭4万超を食らったぞ!
    踏み上げだ!

  • 日本脳神経外科学会(10/9~12)が、TBIに係る年内最後の主たる学会として今週開催されます。
    TBIに係るSB623日米臨床試験結果を、今回の学会で報告することで、一応形の上では国内関係医療機関・医師全てに”お披露目させていただく手続き”が終了するということになります。
    先に報告がありましたように当局の承認申請受入れ態勢も整ってきたようです。
    サンバイオによる承認申請手続きがいよいよ目前に迫っていると
    考えます。

  • コンシェルジュの指導はあくまでも指導であって、
    申請書類の精査は各専門官がきめ細かく当たるのですよ。
    従来の申請案件は比較的手のかからないものが占めていましたが、
    これから出てくるSB623等は、従来の態勢では手に負えない
    膨大な書類の提出が想定されています。

  • >>No. 9992

    > 私の観立てでは、サンバイオのTBI承認申請の提出準備は既に整って
    > いると思います。恐らく当局筋から暫時提出を控えてくれとの要請があり、提出が遅れているのだと観ています。
    > 当局の審査に当たる陣容が不足しており(現在補強中であることは伝えられている)、先駆け審査対応能力が充分整っていない中で、
    > サンバイオから提出されると、当局が掲げる「早期承認制度」の実現が結果的にただのうたい文句に終わりかねなくなると判断している
    > のではないのでしょうか。
    > いま暫く待たねばならないかな?

    厚生労働省は1日付で、先駆け審査指定制度に関する業務に当たる「革新的製品審査調整官」のポストを新設し、先駆け審査指定制度の充実を図ります。
    TDI承認申請受け入れ体制がようやく整うようです。
    早ければ10月中にもサンバイオは承認申請できるでしょう。

  • 私の観立てでは、サンバイオのTBI承認申請の提出準備は既に整って
    いると思います。恐らく当局筋から暫時提出を控えてくれとの要請があり、提出が遅れているのだと観ています。

    当局の審査に当たる陣容が不足しており(現在補強中であることは伝えられている)、先駆け審査対応能力が充分整っていない中で、
    サンバイオから提出されると、当局が掲げる「早期承認制度」の実現が結果的にただのうたい文句に終わりかねなくなると判断している
    のではないのでしょうか。
    いま暫く待たねばならないかな?

  • 私の観立てでは、サンバイオのTBI承認申請の提出準備は既に整って
    いると思います。恐らく当局筋から暫時提出を控えてくれとの要請があり、提出が遅れているのだと観ています。

    当局の審査に当たる陣容が不足しており(現在補強中であることは伝えられている)、先駆け審査対応能力が充分整っていない中で、
    サンバイオから提出されると、当局が掲げる「早期承認制度」の実現が結果的にただのうたい文句に終わりかねなくなると判断している
    のではないのでしょうか。
    いま暫く待たねばならないかな?

  • kuritoriakiさんを強く支持します。
    冗談にも育ちがいいとは言えないハイミスなど相手にしないでいいですよ。
    他者からどのように受け止められているかわかりそうなのですが、
    これが不感症なんですね。困った方ですよ。

  • kurutoriaki さん投稿 3月11日 23:53 投稿

    「有意差あり」SB623TBI適用では、
    米国においては「21st Century Act(21世紀医療法)」トライでRMAT指定(再生医療先端治療認定)を受けられれば、迅速承認制度適用にてBT(ブレイク・スルーセラピー)適用となります。
    適用取得の可能性は高いと思いますし、サンバイオチームはトライするでしょう。
    欧州においてはライセンスアウトがこれから出て来る可能性が高いです。日本においては本承認の可能性もちらつかせてます。

  • サンバイオ 慢性期外傷性脳損傷を対象にした再生細胞薬 SB623 が 米国食品医薬品局の「RMAT」の対象品目に指定されたよ!

  • 売り方は貸株を証券会社等から借りて売り玉としています。
    証券会社に現物株を貸株として貸出して、金利を稼いでいるのは、
    主として個人現物株主です。
    もう市場には浮動株はわずかしかない中で、売り方に売り玉を
    供給しているのは個人現物株所有者なのです。
    言い方を替えれば、現物株所有者が相場を壊しているとも言えなくもありませんよ。

  • 売り方も買戻しの為に必死なのよ。
    この程度で「まいった仮面」では先が思いやられますな。

  • リスク管理した信用取引は全く問題ありません。
    有効な取引手法でもあります。
    信用取引即危険とか怖いとか迷惑かけるとか頭から否定される
    のはどうかと思いますよ。
    こんなこと言わずもがなですがね。

  • 2019/09/11 20:16

    Inchosensei 殿
    190で投稿したものですが、書き方がまずかったようです。
    私が伺いたかったことは、幹細胞そのものについてではなく、
    幹細胞の「投与方法」そのものについてのご見解です。
    よろしくお願いします。

  • 2019/09/11 19:42

    Inchosensei 殿
    この度のシューマッハ氏手術についてご教示願います。
    医師団は幹細胞輸血手術を施したと報道されています。

    輸血部位が脳より下部であれば、幹細胞が脳関門を通過して脳の障害箇所に到達するのは難しいですね。通過させるためにJCRファーマの特許技術を使うことで可能であったということでしょうか?

    または頭部へ直接肝細胞輸血手術を施したのであれば、SB623の定位脳手術とほぼ同じであったのではと考えていいのでしょうか?

  • 数日前の日経朝刊記事の中で、個人投資家取引の7割は信用取引が占めていると記載されていましたね。
    使い方によっては信用取引は大変有効ですよ。
    失敗談でよく語られているので評判が悪いようですが。
    一度やってみんしゃい!

  • >>No. 9755

    心臓領域も頭頚部領域も各種病因が似通っていることから、欧米では歴史的に「心臓外科」とか「心臓〇〇科」が、頭部外傷、脳内出血、脳梗塞とかの治療を所管していることが多いと聞いています。
    シューマッハもTBI関係ですよね。

  • 私は現物と信用で運用しています。
    金利が低いので信用は全て「無期限」を活用し、回して
    います。
    担保は、所有する多くの現物銘柄であり問題はありません。
    現物と信用を組合わせることで、機動的且つリスク回避の
    運用を心掛けています。
    投資の基本姿勢は利回り確保です。
    サンバイオへの投資は17年初秋からであり、サンバイオ
    経営陣を強く信頼して今日に至っています。
    いい結果が出ることを楽しみにしています。

  • Kruさんが女性とはこれ如何に?
    どうも信じられません。
    華さんが女性になりすましているのはすぐわかりましたがね。
    いや一体いかなる現象なんでしょうかね。

  • 土砂降り的な先を急いでるようなこの売りタタキ、
    どうも利鞘かせぎではなく、サンバイオの玉集めでは
    今週中に最低100万株位をねらっているのかな

本文はここまでです このページの先頭へ