ここから本文です

投稿コメント一覧 (1393コメント)

  • ショートレポートは見てるけど

    詳しいレポート見ないと
    判りませんね?
    ライフサイエンス売上を密かに期待してた
    けどアカン

    従業員の半数がライフサイエンス
    どうにかせんとアカン
    横顔市立大学の発表 待ちかいな?

    三次元大量培養装置
    三次元創薬スクリーニング装置
    ヒト弾性軟骨デバイス装置

    同じ装置の改良版でしょ。

    何にしても半導体エッチング分野に
    期待してますよ🎵

    ライフサイエンスは?


  • シェアードリサーチ社レポートが
    最近は遅いですね。

  • 久々に見たら高値の1/4とは
    凄い😱
    底値?
    3600円で渋々 売った昨年だったけど。

  • ホルダーの皆様方は知ってると思いますが?

    次世代高精度ミラーの前加工は外注のファブレス方式で
    EEM 加工(特許)だけ自社工場で仕上げ加工🎵

    他社の多層膜ミラーを検索すると量産👀

    6nm世界一加工
    ファブレス方式で量産出来たら
    凄いですね👌

  • どえらい事になりそうな予感
    1nmレベルで精密な多層膜集光鏡を作製できる新技術を開発

    コンピュータシミュレーションによって作製した鏡の集光性能を予想したところ、約6nm(半値幅)までXFELを集光できることがわかりました(図3)。現在のところ、この値はXFEL集光における世界記録です。

    日本のXFEL施設であるSACLA※1ではこれまで、日本の得意分野である精密な集光鏡をベースとした、様々なX線集光システムが精力的に開発されてきましたが(1μm集光装置※5,50nm集光装置※6)、それらはX線の全反射現象※7を用いたX線集光鏡であったため、すでに理論的な集光の限界に達していました。従来の手法を踏襲する限りは、これ以上小さくX線を集光させることは不可能でした。

  • 高精度ミラーは世界に敵なしの
    10倍の精度 世界一
    多層膜ミラーも同様かも?

    放射光施設は日本でも2ヶ所だけ
    半導体露光装置は半端なく多大👌

  • 2018年11月28日 大阪大学

    X線自由電子レーザー※1を10nm以下まで集光できる多層膜集光鏡※2を開発。
    大阪大学大学院工学研究科の山内和人教授、松山智至助教、理化学研究所放射光科学研究センターの石川哲也センター長、矢橋牧名グループディレクター、高輝度光科学研究センターの大橋治彦主席研究員らの研究グループは、X線自由電子レーザーを10nm以下まで集光可能な多層膜集光鏡の開発に成功しました。

    新たな求人募集の
    半導体露光装置に組み込むミラーは
    多層膜集光鏡(別名スーパーミラー)
    みたいです‼

    半導体露光装置を検索すると多層膜ミラー
    が組み込まれてますね❗

  • 最大の半導体製造装置市場となった「ドライエッチング」

    エッチング加工の肝心要がプラズマ装置で
    プラズマRIE装置らしく

    (大阪大学)
    反応性イオンエッチング装置
    Reactive Ion Etching (RIE) Systems
    反応性イオンエッチングにより,高い再現性を有する基板の微細加工が可能です. 100ナノメートルオーダー(髪の毛の太さの1000分の1)の溝を基板に掘ることが出来ます.

    画像で見ると小さな装置👌

     なぜ、これほど、ドライエッチング装置市場が飛躍的に成長し始めたのか? そこには、2つの要因がある。

     第一に、ArF液浸の解像限界38nmを超えて微細化するために、マルチパターニングが使われるようになったことが挙げられる。マルチパターニングを行うにあたっては、露光工程は増えないが、マルチ化とともにドライエッチング工程が3倍、6倍、9倍と増えていく。それに応じて、必要なドライエッチング装置台数も増大する。そして、現在、マルチパターニングによって、10~7nmの微細パターンの形成が実現している。

     第二に、NAND型フラッシュメモリが2次元から3次元構造に移行し、そのメモリセルの形成のために、途方もない台数のドライエッチング装置が必要になったことが挙げられる。
    https://eetimes.jp/ee/spv/1809/19/news007.html

    凄い事になりそうな予感🎵

  • EEM 特許加工独占の為に高精度ミラー同様
    世界一エッチング加工になりそうです‼

    <<大阪大学によると、PCVMによって十分な経常精度を得た後に更にEEM加工を重ねることで、極度に高い形状精度をもつ原子レベルで平滑な「完全表面」を創り出すことが可能という 。>>
    適用可能材料
    ミラー基板(石英ガラス、Si等)各種X線回折結晶各種単結晶基板(Si, SiC等)→ 新たなX線光学素子の提供半導体基板等の高精度化を実現

    高圧力(大気圧)プラズマ➕多電極数値制御により加工効率の格段の向上を目指す

    (出所:会社資料よりSR作成 )
    PCVM法:大気圧プラズマを利用したドライエッチング技術。高圧力雰囲気(主として大気圧のHe)中で電極周りに高周波プラズマを発生させ、高密度で反応性の高いラジカルを局所的に生成し、加工物表面原子を反応させて揮発性の物質に変えることで除去するという加工法。同法による数値制御加工は、加工量をプラズマの滞在時間で制御するため、機械制度等の影響を受けにくく、加工面の原子配列を乱さない。また、非球面形状も簡単に作成可能。工具損耗や加工面へのダメージなど機械加工のデメリットを排除しつつ、匹敵する加工能率と形状創生能力を併せ持つ。大阪大学によると、PCVMによって十分な経常精度を得た後に更にEEM加工を重ねることで、極度に高い形状精度をもつ原子レベルで平滑な「完全表面」を創り出すことが可能という!

  • 新たな求人募集には
    掲載期間:2019/4/19 - 2020/4/23
    ■X線集光ミラーの製造技術者
    (世界最先端の表面加工技術/理系限定/転勤無)

    今 後は半導体露光装置に組み込むミラーやマスク基盤など、その加工技術を 用いて事業を拡大。

    職務内容
    ■原子レベルで加工ができる世界最先端の表面加工技術を持つ当社にて、 集光ミラーや半導体露光装置に組み込むミラー加工をお任せします。■他 社にない製品の為、入社後は研修やOJTにてじっくり育成し、習熟度に応じて業務をお任せします。■現在の主要製品は世界各国の放射光施設 で使用される集光ミラー(誤差範囲は原子4個分程度の精度)ですが、今 後は半導体露光装置に組み込むミラーやマスク基盤など、その加工技術を 用いて事業を拡大していきます。■当社は産学連携による世界最先端技術 をもとに事業化に成功してきた珍しい企業です。会社の雰囲気は穏やかで あり、研究・開発に没頭できる環境です。

    ◎半導体露光装置に組み込むミラー

    何やら凄いかも?

  • 再生可能エネルギー「主力電源」へ レーザー核融合発電

    レーザー核融合発電には次世代高精度ミラーが
    必要らしく大阪大学が世界でも主力で開発中。

    世界最大級のレーザーで“ミニチュア太陽”を生み出す!

    高繰り返しの高パワーレーザー光で変形、損傷しないミラーなど光学系、4)数十分の1秒で爆縮後のガスなどを排気して再び精密照準が可能な真空に回復する技術、などである。どれも原理は難しくないが、技術レベルは極めて高く、今後相当の技術開発が必要である。たとえば、直径数十cmのレーザー光を直径1mm以下に集光するには超高技術でつくったミラーあるいはレンズが必要である。

    2030年には再生医療が本格的になり
    レーザー核融合発電も実現するかも?

    トヨタ自動車も参入

    原発からレーザー核融合発電になれば
    安心ですね❗

  • 世界最高の表面加工技術を応用して半導体分野に進出

    半導体製造装置の市場でここ最近唯一伸びている分野がエッチングの分野です。
    エッチング部分が伸びている理由は、より高性能な次世代型半導体の出現によるものです。

    半導体が導く近未来はエッチング技術の進歩にかかっている。
    近年、半導体の製造工程で、最も技術革新が著しいのは、エッチングの領域だ。エッチングとは、ウェーハ表面に焼きつけた回路に沿って、不要な部分を取り除く工程のことである。半導体製造装置市場でも、エッチング装置の市場シェアがこの数年で倍増。

    プラズマCVM やらCARE 加工(光学素子の特許使用権)
    エッチング加工 楽しみです🎵
    スケベH加工と勘違い


    取りあえずは会社四季報の
    【増益歩調】【新技術】
    プラズマCVM利用の製造装置の試作成功、量産向け開発開始。

    これ期待してます。

    半導体製造装置へのX線光学素子活用の試作進む
    (水晶振動子)

  • 株式投資は将来性を見る👀
    先見の明が 肝心要

    売り方が どうたら
    買い方が どうたら

    株式投資じゃないパチンコ感覚
    アカン

  • 新規参入組はヒト弾性軟骨デバイス
    横浜市立大学
    三次元細胞大量培養装置やら
    三次元創薬スクリーニング装置やら
    何も知らず?

    出そうで出ないIR ?

    第3の事業 半導体分野
    J テックC 求人募集

    将来的には半導体分野における光学素子量産化の製造も担当して頂くことになります。

    どうやら自社工場製造みたいですね。?
    半導体分野は量産だけに期待してます。
    ファブレス方式かと思ってました。

    大阪大学より新人が多数 入社ならいいけど
    来期は従業員増が肝心要ですよね。

  • ここは長期投資に最適な銘柄でしょ🎵
    10年後は最低で10倍
    10~100倍を狙える銘柄だと
    思う 今日 この頃です。

    我輩はあの世 かも?

  • 世間様は10連チャン休み
    細胞培養センターがあるだけに
    連休は無理なんでしょう❗
    後 二ヶ月で6月末 高精度ミラーの方も
    休日返上で頑張ってほしいですね。
    研究者は休みより細胞観察の方が楽しい
    と思います。

  • 近々 何かしら
    愛R  出る?



    ➕材料はライフサイエンス
    試作成功 量産開始

    ストップ高で 信用売り?
    三連チャン ストップ高もあり
    難しいんでないの?

    very strong 何か漏れてるか?

  • Very Strong 💪 右肩上がり

    マザーズ指数高値 J TEC
    1/21 979  ↗3705円
    4/1 963 ↗4675円
    今日  938 ↗5040円

  •    <<ライフサイエンス>>
    外注先、仕入先の変化 自動細胞培養装置はファブレス方式で製造しており、外注先は約20社程度である。主要な部分の外注先は固定しているが、それ以外はコストを勘案して入れ替えを行っている。一方、集光ミラーに関しては特殊な加工および計測方法のノウハウの流出を防止するために外注委託は行っていない。

    三次元ips 細胞大量培養装置 IR
    毎日 期待してるけど
    出そうで 出ないですね?

  • 第3の事業は、オプティカル事業のコア技術であるnmレベルの加工・計測技術の用途開拓をすべく、半導体分野に用途展開を図ったもの。同社では既に半導体・医療向けのX線顕微鏡向けの光学素子の開発を手掛けており、更に半導体露光装置・基板評価装置向けに光学素子、フォトマスク向けでは新たな展開を狙っている。同社によると、既に大手企業との取組を始めており、短中期的に業績貢献も期待できるとしている。

    既に大手企業との取組を始めており?

    高精度ミラーは空きスペースを利用してミラー製造
    人員は足りずファブレス方式なんでしょうか?
    第3の事業は
    大手企業に 企画 設計図を渡し
    ファブレス方式では?

本文はここまでです このページの先頭へ