IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (77コメント)

  • ▲秋冬のコロナ第3波で、小型株のマルヨシセンターは急騰か▲


    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。
    「今年の8月は猛暑でしたが、それでも相当数の感染者が確認されました。
    もともと、新型コロナは秋・冬に流行するウイルス。
    これからは夏以上に流行すると考えるのが自然です」

    コロナの感染力と温度に関する香港大学の論文は衝撃的だ。
    ウイルスが感染力を維持する時間は、37度では2日だが、
    22度で2週間、4度で2週間以上と低温になるほど持続力がアップするという。

    気象庁によると、東京の平年の平均気温は、
    9月22度、10月17度、1~2月には5度台に低下する。

    「PCR検査の体制が十分に強化されないまま、
    流行の本番である秋・冬を迎えることになります。
    これまで以上の大流行が起こってもおかしくありません」(上昌広氏)。


    ■秋冬のコロナ第3波で急騰しそうなので、買いはお早めに■

  • ▲『四季報』、マルヨシセンターを絶賛▲


    【最高益】
    出店ゼロ(前期は出退店各1)。
    外出自粛傾向で内食需要依然強い。
    特売削減やグロサリー、日配品強化等の粗利改善策も奏功。
    下期集中の改装負担こなす。
    前号より営業益増額。
    最高純益。
    店舗減損ない。


    ■絶大な影響力を誇る『四季報』が絶賛しているから、買いはお早めに■

  • ▲秋冬のコロナ第3波で、小型株のエコスは急騰か▲


    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。
    「今年の8月は猛暑でしたが、それでも相当数の感染者が確認されました。
    もともと、新型コロナは秋・冬に流行するウイルス。
    これからは夏以上に流行すると考えるのが自然です」

    コロナの感染力と温度に関する香港大学の論文は衝撃的だ。
    ウイルスが感染力を維持する時間は、37度では2日だが、
    22度で2週間、4度で2週間以上と低温になるほど持続力がアップするという。

    気象庁によると、東京の平年の平均気温は、
    9月22度、10月17度、1~2月には5度台に低下する。

    「PCR検査の体制が十分に強化されないまま、
    流行の本番である秋・冬を迎えることになります。
    これまで以上の大流行が起こってもおかしくありません」(上昌広氏)。


    ■秋冬のコロナ第3波で急騰しそうなので、買いはお早めに■

  • ▲秋冬のコロナ第3波で、小型株の北雄ラッキーは急騰か▲


    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。
    「今年の8月は猛暑でしたが、それでも相当数の感染者が確認されました。
    もともと、新型コロナは秋・冬に流行するウイルス。
    これからは夏以上に流行すると考えるのが自然です」

    コロナの感染力と温度に関する香港大学の論文は衝撃的だ。
    ウイルスが感染力を維持する時間は、37度では2日だが、
    22度で2週間、4度で2週間以上と低温になるほど持続力がアップするという。

    気象庁によると、東京の平年の平均気温は、
    9月22度、10月17度、1~2月には5度台に低下する。

    「PCR検査の体制が十分に強化されないまま、
    流行の本番である秋・冬を迎えることになります。
    これまで以上の大流行が起こってもおかしくありません」(上昌広氏)。


    ■秋冬のコロナ第3波で急騰しそうなので、買いはお早めに■

  • ▲秋冬のコロナ第3波で、小型株のジュンテンドーは急騰か▲


    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。
    「今年の8月は猛暑でしたが、それでも相当数の感染者が確認されました。
    もともと、新型コロナは秋・冬に流行するウイルス。
    これからは夏以上に流行すると考えるのが自然です」

    コロナの感染力と温度に関する香港大学の論文は衝撃的だ。
    ウイルスが感染力を維持する時間は、37度では2日だが、
    22度で2週間、4度で2週間以上と低温になるほど持続力がアップするという。

    気象庁によると、東京の平年の平均気温は、
    9月22度、10月17度、1~2月には5度台に低下する。

    「PCR検査の体制が十分に強化されないまま、
    流行の本番である秋・冬を迎えることになります。
    これまで以上の大流行が起こってもおかしくありません」(上昌広氏)。


    ■コロナ第3波で小型株のジュンテンドーは急騰しそうなので、買いはお早めに■

  • ▲ホームセンタームサシ久喜菖蒲店、ストア・オブ・ザ・イヤー2020に選定▲


    第3位にランクインしたのが、
    アークランドサカモト(新潟県/坂本雅俊社長)の
    関東初出店の店舗「ホームセンタームサシ久喜菖蒲店」。
    「超大型」を特徴とする同社の中でも、久喜菖蒲店は最大級の大きさで、
    2フロアの本館と平屋の別棟の合計売場面積は約7500坪。
    投資金額は45億円で、同社の旗艦店舗という位置づけだ。

    久喜菖蒲店の特徴は、広い売場面積を生かした圧倒的な品揃えと
    ファミリー層の取り込みをねらったおしゃれな空間づくりだ。
    とくに力を入れたカテゴリーがガーデニングとペット売場である。

    ガーデニング売場は、別棟にあるガラス張りの温室で展開。
    入ってすぐの場所には飲食事業を展開するグループ会社
    アークランドサービスホールディングス(東京都/臼井健一郎社長)が運営する
    カフェを初導入した。
    店内で焼き上げるマフィンとフルーツティーを販売する。
    飲食スペースは木目調のデザインにグリーンを加えることで、
    くつろぎの空間を演出している。
    ミストを定期的に噴出するコーナーや、
    グリーンとテーブル・チェアのクロスMDに取り組むなど、
    見せ方も工夫している。


    ■アークランドサカモトの更なる発展が、楽しみですね■

  • ▲ジュンテンドーの西舞鶴モール店、ストア・オブ・ザ・イヤー2020に選定▲


    第5位となったのは、
    ジュンテンドー(島根県/飯塚正社長)の「ジュンテンドー西舞鶴モール店」。

    売場面積は6158㎡で、同社最大規模の旗艦店だ。
    品揃えや利便性の高いサービスを充実させているのが特徴である。

    自社開発した大規模商業施設「西舞鶴モール」(総店舗面積1万604㎡)の
    核店舗として出店した。
    資材と園芸といった「HCならでは」の商材の売上高構成比を高めることで
    差別化を図っている。


    ■ジュンテンドーの更なる発展が、楽しみですね■

  • >>No. 743

    今のままでも、生き残れるとは思います。

    でも、DCMグループに加わったほうが、競争力は高まるでしょう。

  • ▲ジュンテンドー(9835)、TOBで急騰する可能性あり▲


    DCMホールディングスは今月18日、
    「島忠も含め、他社との提携・様々なM&Aの可能性を検討している」と発表。

    ジュンテンドーは、島忠よりも割安で店舗の重複も少ないので、
    DCMにTOBされて急騰する可能性あり♪


    ■ジュンテンドーはTOBで急騰する可能性があるので、買いはお早めに■

  • ▲ホームセンターのジュンテンドー、大幅上方修正で大幅高か▲


    ジュンテンドー(9835)が25日引け後に、大幅上方修正を発表した。

    具体的には、中間(2Q)の1株益は、158円。

    一方、25日の終値は1060円と、超割安である。


    ■超割安で大幅高の可能性大だから、買いはお早めに■

  • ▲ジュンテンドー(9835)、TOBで急騰する可能性あり▲


    DCMホールディングスは今月18日、
    「島忠も含め、他社との提携・様々なM&Aの可能性を検討している」と発表。

    ジュンテンドーは、島忠よりも割安で店舗の重複も少ないので、
    DCMにTOBされて急騰する可能性あり♪


    ■ジュンテンドーはTOBで急騰する可能性があるので、買いはお早めに■

  • >>No. 740

    TOBされる会社は、問題(=改善の余地)があることが多いですよ。

    事実、DCMは、そのような会社のTOBを繰り返し、
    TOBした会社の業績を改善させつつ業界最大手になりました。

    しかし、昨年度、カインズに抜かれたため、
    血眼になってTOBする会社を探しているようです。

    ちなみに、ケーヨー(8168)は、17年1月にDCMに第三者割当増資をした後、
    (株式数が20%も増えたにもかかわらず)
    株価が半年ほどで1.5倍に急騰しました♪


    ■TOBや資本提携で急騰する可能性があるので、買いはお早めに■

  • ▲ジュンテンドー、TOBで急騰する可能性あり▲


    DCMホールディングスは今月18日、
    「島忠も含め、他社との提携・様々なM&Aの可能性を検討している」と発表。

    ジュンテンドーは、島忠よりも割安で店舗の重複も少ないので、
    DCMにTOBされて急騰する可能性あり♪


    ■TOBで急騰する可能性があるので、買いはお早めに■

  • ▲かつや(アークランドサカモト系)、コロナ禍でも大躍進▲


    飲食業界を救うための「Go To イート」が始まる。
    何しろ、今年7月の売り上げが「パブ・居酒屋」で対前年同月比47・2%と、
    焼け野原のような状態なのだ。
    マクドナルドやケンタッキーなど、
    「テイクアウト特需」の恩恵を受けたところもあるが、
    さらにコロナ禍にあって逆に売り上げを伸ばしたのが、
    とんかつ店チェーン「かつや」である。

    「運営会社の『アークランドサービスHD』は、
    国内外に500店以上を展開しています。
    9月初旬に発表した8月の売り上げは、全店で対前年比123・5%。
    勝ち組と言われるマクドナルドが113%なので好調ぶりが分かる」
    (証券会社幹部)。

    同社はアークランドサカモトというホームセンターの子会社。
    「かつや」1号店は1998年開店というから意外に古い。

    「とんかつは揚げ方が難しい料理。
    それを特注のオートフライヤーで
    アルバイトでもサクサクに揚げられるようにするなど、
    まずコストを下げ、安い値段で出せるようにしたのです。
    たとえばロースカツ定食は、ごはん、とん汁がついて
    (お新香は取り放題)690円。
    それが当たり、上場以来、14期連続で増収増益を記録しているのです」(同)。

    コロナ対策も早かった。
    いち早く、肉がてんこ盛の「豚玉丼から揚げチキンカツ弁当」などの
    テイクアウトを出し、
    8月には新聞に大広告を打ってロースカツ定食を540円に引き下げた。

    「かつやは9割が郊外にあり、40代の男性がターゲットです。
    コロナでは駅前の商業ビルにあるとんかつ店が営業できなかったりしましたが、
    ロードサイド店が多い当社は影響が少なかったのです」
    (アークランドサービスの広報担当者)。

    機動力とロードサイドが二つのキーワードか。

    ためしに、「かつや」の秋葉原店を訪れてみる。
    フライヤーの前に立つアジア系の店員が、
    キャベツを敷いた皿に熱々のカツをのせると「オマタセシマシター」。
    しかし、注文からわずか3分、ファストフード並みの早さだった。


    ■アークランドサカモトの最大の子会社も好調だから、上がるよ■

  • ▲ホームセンターのジュンテンドー、大幅上方修正で大幅高か▲


    ジュンテンドー(9835)が25日引け後に、大幅上方修正を発表した。

    具体的には、中間(2Q)の1株益は、158円。

    一方、25日の終値は1060円と、超割安である。


    ■超割安で大幅高の可能性大だから、買いはお早めに■

  • ▲ホームセンターのジュンテンドー、大幅上方修正で大幅高か▲


    ジュンテンドー(9835)が25日引け後に、大幅上方修正を発表した。

    具体的には、中間(2Q)の1株益は、158円。

    一方、25日の終値は1060円と、超割安である。


    ■超割安で大幅高の可能性大だから、買いはお早めに■

  • ▲ホームセンターのジュンテンドー、大幅上方修正で大幅高か▲


    ジュンテンドー(9835)が25日引け後に、大幅上方修正を発表した。

    具体的には、中間(2Q)の1株益は、158円。

    一方、25日の終値は1060円と、超割安である。


    ■超割安で大幅高の可能性大だから、買いはお早めに■

  • ▲ホームセンターのジュンテンドー、大幅上方修正で大幅高か▲


    ジュンテンドー(9835)が25日引け後に、大幅上方修正を発表した。

    具体的には、中間(2Q)の1株益は、158円。

    一方、25日の終値は1060円と、超割安である。


    ■超割安で大幅高の可能性大だから、買いはお早めに■

  • ▲ジュンテンドーの理論株価は、1636円▲


    詳しくは、以下をご覧ください。
    ttps://www.kabutec.jp/company/fs_9835.html


    ■超割安だから、上がるよ■

  • ▲『四季報』、ジュンテンドーを絶賛▲


    【上振れ】
    出店1、退店ゼロ(前期各ゼロ、2)。
    柱の資材工具、園芸農業が巣ごもり需要追い風に想定以上に伸びる。
    家庭用品は除菌剤など感染予防品軸に好調。
    下期に店舗改修費かさむが、チラシ・光熱費削減も効き前号比で営業益増額。
    店舗減損減る。


    ■絶大な影響力を誇る『四季報』が絶賛しているから、買いはお早めに■

本文はここまでです このページの先頭へ