ここから本文です

投稿コメント一覧 (596コメント)

  • >>No. 823

    Maple Rock / モルガン・スタンレーMUFG は取引の翌日に報告し、他は翌々日の報告みたいですから、25日はMaple Rock / モルガン・スタンレーMUFG の売買は無し、他はいくらか売ってるのと違いますかね。

    それにしても今週は300万株以上売って機関の売り残は5300万株程かな。
    個人も入れると平成最後は6000万株を超えた。

    まだ有るか?もう無いか?判らんけど。いつまでもこんな事は続くはずがない。

    令和は買い戻しで大きく上げるしかない。

  • > 同じことを何度も・・・
    >
    > 「シティグループ証券では米グラフテックの投資判断を買い推奨から売り推奨に格下げしているもようで、グラフテック株は10%強の急落に。国内関連株もつれ安する展開になっている。2019年後半の中国輸出増加により、黒鉛電極の価格が圧迫されることになるとみているもよう。」
    -----------------------------------------------------------------------------------
    中国の黒鉛電極と日本・欧米の黒鉛電極は全く別物で中国がいくら増産しても日欧米は影響を受けないという事はシティグループ証券でも判っていると思う。

    こういうフェイクニュースで株価を下げて利益をあげようとする企業の汚い一面を見るのは腹立たしい。

    一方で、この4月から昭和電工なんかでは黒鉛電極の価格を10数%値上げしているとの事。
    東海カーボンも7月の価格改定ではこの4月の値上げに同調して10~20%値上げすると予想。

  • 最近の取引を見ていると、まだいくらかの売り株を持っているかもしれないが、売ったとしても、結果としてそれほど株価は下がらず、ただ売り残を増やすだけ、というのが見えていて売るというわけにもいかず、かと言って買い戻せば株価が上がり、全株買い戻すのは難しい。

    結局仕方なく、とにかく頭だけは押さえておこう、という事かなと思ってる。

    しかし、そのうち自社株買いが始まるし、一方で日銀が株をどんどん買っていくから市場に出る株がどんどん少なくなってくる。

    売り方は時間が経てば経つほど空売りを解消するのが難しくなっていく。
    これからどう脱却するか、俺には全く見当がつかない。

  • 容認出来る程度とは言えないでしょうが、容認せざるを得ない状況という事でしょう。
    とにかく、需給がタイトすぎて、値上げはけしからんと言って突っぱねたいけど、それじゃ他で買ってもらいます、と言われたら終わり。

    鉄鋼メーカーはメーカーで値上げとかで利益を模索するのだろう。

  • Good Ideaです。

    BREXITは当分落ち着いたし、アメリカの景気も悪くない。

    あとは中国ですが、直近の景気指標は景気回復を期待させるものだったし、連休中に出るPMIが良ければ、景気回復が鮮明になったという事で、日本の製造業も恩恵を受けるという事で、連休後の日経は爆上げかも。

    PMIが良くもなく悪くもなく、という可能性もあるけど。
    その場合は今までどうり、ぼちぼちかな。

  • 社長が株主に対して無関心・無責任というのは同感です。

    一方、日経もええかげんな記事を書くもんだと思います。
    社長の発言と言うのもいつの発言か判りませんよ。

    トヨタとかソフトバンクのような会社には毎日日参して情報を取りに行くと思いますが、東海カーボンはいわばマイナーな会社です。

    IRと話してたら、日経はもう数か月も来てないといっていました。
    過去に取材して得た情報を適当にアレンジして、空いたスペースを埋めるために、あたかもNOWな情報のようにして記事にしている事が多いと思います。

  • そういう問題じゃないと思う。
    異論があるなら内部で言えばいい話で、外部に向けて言ったのは大きな問題。

    麻生や菅や内部で消費税増税を支えてきた人たちから見れば、[お前、いつからそんなに偉くなったのか?総理大臣になったのか、ふざけるな]という気持ちだと思う。

    消費税増税は安倍内閣の大きな方針の一つで、これに不必要に混乱を生じさせたとか、そんなことで彼の首が飛んだとしても驚かない。

  • 債権の回収を早くしたいというのは、どこでも同じ。

    だけど、これは相手のある話。
    例えば会社Aが会社Bに150日手形を90日なり現金支払いにしてくれと言った時、会社Bだって150日手形を受け取っている。
    これをのめば会社Bはその分資金がショートする。会社Bは会社Cに150日手形を90日なり現金支払いにしてくれと言わざるを得ない。
    このように会社D、会社Eと業界全体に及ぶ話で、これが一斉に変わる事は無い。

    戦前から続いてきた手形文化はそう簡単には変わらない。

  • 納入月翌月末起算120日手形、150日手形なんてのは製造業の世界では普通の話、なにも東海カーボンに限った話ではない。許容範囲は2か月なんて世間知らずの馬鹿じゃないかと思う。
    特に鉄鋼業界なんて最も古い歴史を持つ業界。

    これが、株主還元とどう結びつくのか?ピントがずれてる。
    フォーミュラが債権の早期回収とは別問題でしょう。

    要するに、経営者の株主還元に対する意識が希薄なのが一番の問題点でしょう。

  •  萩生田の言ったことは、今まで安倍が言ってきた事(リーマン級)と全く違う。
    同じ内閣を構成する人間が、たとえ正論であってもこういう事を言うのは問題だと思う。

  • 面白いことになっているように思う。

    日銀が東海カーボンの株11%を保有という事は約2400~2500万株。
    空売り機関が売った株の約半分を日銀が買ったという事と同じ。

    本来なら、株価を下げることで買った人が損切りしてきたところを買い戻して利益をあげるのが空売り機関の筋書き。

    ところが日銀は一度買った株は絶対に売らないから、どれだけ下げても空売り機関が売った株の半分しか市場に出てこない。

    要するに、買いの潜在株数と売りの潜在株数の需給バランスが大きく崩れてしまって、空売りを解消しようとすると、高値で買い戻すしかない。ということじゃないか。

  • ここ1~2週間は、信用買い残が大きく減っている。
    一時的に値段を下げたが、来週大きな反発を期待しよう。

  • 中国の経済指標が良かったからみたい。
    これで来週からの相場の流れが上向くと良いですね・
    ------------------------------------------------------------------------
    中国ドル建て輸出、3月は前年比+14.2% 予想上回る伸び
    [北京 12日 ロイター] - 中国税関総署が12日発表した3月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比14.2%増加し、市場予想を上回った。一方、輸入は前年比7.6%減少し、予想よりも大幅な落ち込みとなった。
    ------------------------------------------------------------------------------
    2019年04月12日(金)17時39分
    [NEW!]クロス円、しっかり 中国悲観論後退でダウ先物は150ドル超高まで急伸
     クロス円はしっかり。中国景気に対する悲観論が後退したため、時間外のダウ先物は150ドル超高まで急伸し、ナイト・セッションの日経平均先物も80円高となるなど株高とともに円安・外貨高が進んでいる。ユーロ円は126.58円、豪ドル円は80.01円、NZドル円は75.44円、カナダドル円は83.89円、スイスフラン円は111.80円までそれぞれ上値を伸ばした。

  • 配当の権利落ち日(26日)が近づいてくると、先物は日経の平均配当分(約170~200円)低くなります。
    27日にはその差がゼロになります。

  • ひょっとして、昭和電工は4月が黒鉛電極の価格改定じゃなかったかな。

    また10%ほど上がるのかな。

  • ありがとうございます。

    去年M&Aでお金を使ったので、自社株買いのためのお金があまりない。
    M&Aの効果が出てくる今年の後半になればお金ができるだろう。

    なんて言ったのか、救いようのないバカな社長やな。

  • 日経先物は2%弱の下げです。

    とすると、寄り付き30円程度は売られるとして、あとは戻すか更に下げるか、

    更に円高に動くか、戻すか、
    日銀も前場から買いに入りそうだし、
    上海がどう動くかにもよるだろうし、

    まあ景気後退懸念と言っても、懸念だけでアメリカ経済は依然好調だし、日本経済もそんなに悪くはない。

    一方的に下げる状況ではないと思うけど。
    上げたり、下げたりしながら、年末に向かって上げていくのと違うかな。

  • >>No. 6

    日経先物は2%弱の下げです。

    とすると、寄り付き昨日の下げ程度は売られるとして、あとは戻すか更に下げるか、

    更に円高に動くか、戻すか、
    日銀も前場から買いに入りそうだし、
    上海がどう動くかにもよるだろうし、

    まあ景気後退懸念と言っても、懸念だけでアメリカ経済は依然好調だし、日本経済もそんなに悪くはない。

    一方的に下げる状況ではないと思うけど。
    上げたり、下げたりしながら、年末に向かって上げていくのと違うかな。

  • 月曜日は厳しそうですが、それはどこも同じです。

    化学工業日報
    黒鉛電極 騰勢継ぐ
    2019年3月12日

     電炉に使用される黒鉛電極の価格が騰勢を継いでいる。電炉鋼へのシフトが中国や米国で発生して需給のタイトバランスが続いているほか、原料のニードルコークスがいぜん強含んでいることも黒鉛電極の価格を押し上げている。足元の国際市況は1トン当たり1万4000ドル弱とみられ、3~4年はタイトバランスが続くとの見方が大勢を占める。

  • 鉄鋼新聞 3/20(水) 6:08配信
     電炉用黒鉛電極の需要は2019年も好調に推移しそうだ。電極メーカーが加盟する炭素協会によると、普通鋼、特殊鋼向けの需要が底堅いのに加え、アジア地域を中心に輸出需要も堅調を維持する見通し。同協会は19年も好調な需要環境を背景に電極の出荷量は高水準を維持するとみている。
     炭素協会によると、電極の国内向け出荷量は昨年、前年比18・1%増の5万3700トンとなった。電炉メーカー向け需要の好調を映し、5万トン台を回復。2年前の16年に比べると3割を超える伸びとなっている。
     国内向け出荷が増加しているのは需要好調に加え、電極の輸入が減っているため。電極の需給は一昨年後半以降、世界的に極端な供給不足となっている。こうした需給環境が輸入の減少につながっており、国内の需給を一段と引き締めている。
     同協会は19年の需要環境について、国内向けを中心に好調が持続すると予測。18年で7万87トンあった輸出向け出荷についても底堅く推移するとみている。

本文はここまでです このページの先頭へ