ここから本文です

投稿コメント一覧 (613コメント)

  • >>No. 1299

    こんな人生もあるんだなぁと思えてなりませんね〜

    クルマ、バイク、自転車と乗り物関係の知人、友人、仲間、とそれなりに居りますがこんな人間は見たことがありません。

    プロの方のご好意で色々と教えてもらい今に至りますが、いったいどんなモーターライフを送って来たらこんな人間になるんでしょうか(笑)

  • >>No. 1296

    リング部は熱をピストンに伝えて冷却されてる‼️

    よく読むとぷぷぷぷッ(笑)

    やっぱりジジィの頭の中では太陽は西から昇るってるんですね〜(爆笑)

  • あぁ、ジジィ。

    敬老の日に、もはや死に体。

  • 極まり返しだな、ジジィ(大笑)

    天ぷらや揚げ物の職人が指に衣を付けて、熱した油に指を入れて温度を測っても火傷をしないのは何故なんだ。

    アルミの融点よりも高い温度の燃焼温度にピストンが耐えられるの何故なんだ。

    熱境界層があるからだろ

    トップリング合口には、ピストンが上下に動く際に常に冷えたオイルが供給されているだよ。

    むかーし、見たドリフのコントで志村けんが「俺の仕事は報道関係だ!」って嫁役の研ナオコに言って「報道関係、報道関係って、オメェ、新聞配達だろ‼︎」って突っ込まれたなぁ〜

    ジジィの「俺はエンジニアだ!」ってどんなエンジニアなんだ(大爆笑)

  • 引導を渡すとしますか(笑)

    僕がお願いしているR&D(超有名)にここの事を話して、会社名は絶対に出さないでねって約束で話を聞きました。

    内容は

    「ピストントップリングの合口隙間にオイルは有るかとのお問い合わせですが、結論から先に言えば有ります。

    簡単な話で、エンジン内でオイルが存在する箇所でクリアランスが有れば必ずオイルは存在しています。と言うよりも存在しなくなればそのエンジンはやがて壊れます。

    まずシリンダーライナーの形状ですが、上から下まで同じ寸法では有りません、理由があって0,0数ミリの差で寸法が違います。

    次にトップリングの主たる役割のピストンの熱をシリンダーライナーに伝える為に、適正なテンションでライナーにオイルを挟んで密着させる為にも、リングにはスプリングと同じ様な働きをさせる為に合口が有ります。

    当然合口である限りクリアランスがあり、クリアランスがある以上はオイルが存在しなければ機能しません。トップとセカンドリングの間には常にオイルが存在し、トップリング溝にもオイルは存在します。

    燃焼室に面している(厳密には接してはいません)リング合口のオイルは燃焼するのかしないのかですが、ミクロ的に見ればごくわずかは変質しススの様な物質に変化しますが、オイルの交換サイクルの中で、その量は微々たるものでそれが理由でオイル量が規定よりも減る、汚れる場合は違う理由でなっています。

    よほどのオーバーヒートをしていない限りは、シリンダーライナーに接している部分はオイルが燃え出す温度よりもかなり下になる様になっています。

    以上の理由からエンジン内へのオイルの侵入(オイル上がり)の場合は、合口のクリアランスが規定値よりも広がる(ライナーが減る、ピストンリングが減る)ほど、走行距離が多いか何らかの理由でトラブルがあった場合に限られます」

    ってさ〜

  • ジジィはミジンコかミドリムシ程度の頭しか無い様ですね〜

    リングになぜ合口が存在するのかも理解出来ない様です(笑)

    合口にオイルが存在しないなら、クランクシャフトのプレーンメタルベアリングの間にもオイルが存在出来ないことになります。

    ジジィには是非、ぱちもん7の販売店で、自説を広めて頂ければ幸いでございます(大笑)

  • >>No. 1254

    こんな恥ずかしい事になったら、僕ならとっくの昔に病気になるか死んでいる事と思います(笑)

    ホントによく生きていると感心してしまいます。

  • クランクケース内の減圧が当たり前の時代に、クランクケース側から強制加圧でオイルを噴き上げるエンジン(ぷぷっ)

    新しい原理のエンジンですなぁ〜

    こりゃノーベル賞貰えるかも(ぷぷぷぷっ)

  • >>No. 11494

    アホか

    燃焼方向の圧力は下やろ

    トップリングとセカンドリングの間でオイルが燃焼するんか(大笑)

  • >>No. 1181

    白かシルバーのに乗って、覆面と間違えて急減速するのを愉しんでいたりかもですね。

    下衆の考える事は理解出来ませんね〜

  • >>No. 1175

    ジジィのアタマは35年前から下り坂を転げる様で、最新の技術は理解できない様ですね(笑)

  • 別にジジィの事で楽しみにしていないんですがね

    効率で言えば、僕はロードバイクなら1日で200キロ走れるが、電気代は電動コンポとテールライトの充電分だけだから、ハイブリッドなんて興味ないな

    なんて事を書いてるのと同じなんだなぁ、ジジィは

  • >>No. 1172

    do meさん、こんにちは。

    ようやく日本でもモータースポーツを楽しむ事が出来てきたのかなと思います。それぞれの人がそれぞれの年代のレーサーやオートバイを持ち込んで走らせていますね、でも肝心の最新スーパーバイクでとかのレースは下火になっている様で寂しい限りですが。

    音楽でも60代、70代のロックな人が現役で頑張っている様に、おしゃれで元気なオトナが多くなっていると思います。

    ますますdo meさんの年代の方には憧れの存在でいてもらいたいですね〜

  • >>No. 11444

    マツダもロータリーを復活させる様ですし楽しみですね。80年代後半のdbシリーズやF1なんかの名フレームにエンジンを組み合わせてのオートバイは、日本製とは違った面白いバイクでしたね。

    今でもdb1なんかは欲しいですが、パンタエンジンを維持する事を思うと二の足を踏んでしまいます。

    レースでポイントを真剣にとなれば日本製のオートバイを使いたいですが、公道を楽しむのならば欧米のバイク(それもクセの強いの)も有りですね。

    私の周りではスパイダー系(ロータス7系レプリカ含む)を乗っている人は、オートバイは乗ってないなくてオープンエアでソリッドな感じを楽しんでいる様です、僕を含めてオートバイ乗りはあの手の車は中途半端な感じを覚えます。

    まあどちらも好みなんでどっちでもいいんですが(笑)

    ハイブリッド車(特にプリウス)は高速道路でも追越し車線を遅い速度で流れを乱しているのを良く見かけますね〜、ジジィの書いた内容でなるほどと合点が行きました。

    なぜかトヨタ車って車種ごとに乗ってる人物が似通っています、フルサイズミニバン系は威圧的だし、ハイブリッド乗ってるのは自分だけが燃費良ければいい様な運転、ハイエース乗ってるのも同じタイプ(笑)

    その中でクラウンハイブリッドってレクサスを行けるほどでもなく、それ以下では押しが弱いみたいな人なんでしょうか(笑)

    中小企業の社長さんの社用車みたいです(大笑)

    「ベンツでは偉そう、レクサスだと儲かっていそう、クラウンなら」って感じ。

    なんか自分の乗ってきたバイクやクルマを人に説明しながら乗るのって、カッコ悪って思えてくるんですよね〜

  • >>No. 11441

    こんばんは

    あぁ残念です、うちのXR1200レーサーで夏場限定なら使えるので欲しいんですが、この秋で退役させるんで仕方ないですね〜

    来年は新生ノートンコマンドを使ってレースに出ようかと思っています。

    今年50の僕の場合は免許を取ったのは34年前で、その後すぐに鈴鹿で125のレースを始めましたが、周りにはドカMHRとかCB1100Rとか普通に居ましたので、CB1000なんて別に、って感じなんですがねぇ(笑)

    CB1000でパイオニアなんですねぇ(大笑)

    高級車自慢していいなら書きますが、ジジィが半狂乱になりそうなんで止めときます。

    ジジィとは違って育ちが違いますので(大爆笑)

    確か聞かれてもいない投資話を書いていたのはどこのどいつでしたっけ

  • 出張、お疲れ様です。

    こちらもこの週末はミーティングが開催されて、全国から1年ぶりに旧交を温めに集まってきました。

    ハーレーなのに、セパハン、オーリンズ、ブレンボ、革ツナギ、と不思議な一団で、走りもヒザすりバンバンって(笑)

    今年は雑誌社の取材も入って、なかなか楽しい有意義な日を過ごせました〜

  • >>No. 1054

    do meさん、こんばんは〜

    ジジィって、「ツマンナイ」んですよね(笑)

    こちらでは「モッサイ奴やなぁ」って感じです。

  • >>No. 1050

    ジジィの理屈で行けば、ハイブリッド車がコーナー途中で、モーターのアシストをオン、オフ、したらどうなるんでしょうね〜(笑)

    さぁこれも答えて貰いましょうかぁ(大笑)

  • 聞かれた事には返答出来ない、でも怒る事だけはイッチョマエ

    どこかの白髪七三都知事候補みたい(笑)

  • 子供が小さい時にスーパーの身障者の駐車スペースに、頭の悪そうな家族がちょうど降りて来たんですね。

    「パパ、あそこは停めたらアカンのになぁ、なんで停めはんの?」と息子が聞いてきたので、聞こえる様に「頭の中に障害が有るんよ」と言ってやると、どアホ親父がつかみ掛かって来ました(笑)

    適当に相手をしていると、誰かが通報した様でガードマンに強制排除されて行きましたが(大笑)

    ジジィも世間様からどういう目で自分が見られているかが分からないんなら、neoさんのいうとおり「死ななきゃ直らない」んですね〜

本文はここまでです このページの先頭へ