ここから本文です

投稿コメント一覧 (613コメント)

  • >>No. 3483

    世の中の大半の人はOK握りなど必要としません、普通にブレーキもアクセルも使えます。

    世の中の大半の人は逆操舵など必要としません、普通に曲がれます。

    世の中の大半の人はみぞれまじりの日に大型オートバイにチェーンを巻いて走りません、走るのはバカだからです。

    世の中の大半の人はアクセル全開、全開と吠えません、吠えてるのは全開など出来もしない人ほど言うからです。

    世の中の大半の人は左足ブレーキなど必要としません、右足だけで操作出来るからです。

    アイルトンセナは右足の指をコンマ何ミリ単位で動かしアクセルをコントロールしたと聞きます。そのセナがストレートの向こうに神が降りるのを見たそうです、両足をバタバタさせるイワシにはストレートの向こうにMr.オクレ似の「貧乏神」が降りるのを見たんでしょうね(悲)

  • >>No. 1

    多少のお足が有るんなら赤羽の立飲みでメートル上げてればいいんですね。イワシの独り言は年中無休でやってくる黄砂と花粉みたいです(大迷惑)

  • >>No. 3529

    横レス失礼

    普通に使用していても五年も十年も持たない革製グローブ、手のひら側はグリップ、レバー等で一年も経てばとっくに塗装など剥げてます。

    そんなグローブを暖めたからと言って、対して寿命など変わらない。それとも何か、イワシのグローブはOK握りしていれば手のひら側も色は落ちないのか?

    イワシはグローブ痛むの嫌だから、表に裏に手の甲、手のひら、満遍なく使っている様です。

    アッ、もしかして軍手?

  • >>No. 3544

    おはようございます。
    名古屋、東京間の東名ならその距離約350キロくらいは有るでしょうね、その距離をチェーンを付けて気をつけながら時速30キロ以下で走れば、走るだけでも12時間近く掛かります。1時間おきに休息を入れれば丸々24時間近く、みぞれの中を走ったんでしょうかね?

    金属チェーンの弱点でアスファルトの露出した所を走ると、すぐに切れてしまいますね。350キロずっと積雪路でないとチェーンそのものを装着する意味がありません。
    みぞれ混じりでは寒いだけでチェーンは必要有りません、まさか脱着をその都度しながら走ったとでも言うんでしょうか。もしそれなら「名古屋から東京までみぞれ混じりの中、積雪路の部分はチェーンを巻いて走った」と書き直さなければいけませんね。

    チェーン巻いてエベレストにでも登れば金にも話題にもなりそうですが、東名走っただけで自慢されてもバカにされるだけです。まあ名古屋から東京までずっと積雪路なら東名、通行止めになるでしょうが(笑)

    バカ丸出し、ウソつき、誇大広告、掲示板でもJAROに訴えてやりたいくらいです(大笑

  • >>No. 3545

    海の色はと子供に聞けば「青」と言いますね、でも本当は灰色だったり、エメラルドグリーンだったり、夕日に燃えて金色だったりします。イワシにクルマの形はと聞くと子供に絵を書かせた様に、一つの形しか書けないようです。

    クルマと一括りに言いますが、バスにはバスの、乗用車でも軽には軽、ハイパワースポーツにはそれなりの必要とされているサイズのタイヤがつきます。知人の親族にGT500のチーム監督がおられます、話を聞くともちろん伊達や酔狂でレースはやられてません、当然ながら。

    最高峰のF1とラリーカーとGTではそれぞれタイヤサイズが違います、イワシ理論ではGTはカッコ狙いのアホになりますね。

    うちのクルマでは純正標準で前輪が255/40-19となります、これをあるメーカーの数値を出すと外径687mm幅271mmでイワシ理論の60扁平とすると235/60-19が近くなります。これは外径684mm幅238mmなんですが、ハイパワー大重量セダンを停めるブレーキが装備できなくなりますね。ちなみに幅を270mmで60扁平とすれば外径が異常に大きなヘンテコリンなカッコになりますが、イワシにはクールなんでしょう。

    扁平で絶壁頭の思考は、自分の持ち物が最高!自分の考え方最高!となるようですが、一般的には古本の間に住み着いた紙魚程度だとは気が付かないようですね。

  • >>No. 3583

    通り縋りさん、お帰りなさい。

    私はneoさん、通り縋りさんのような物理の話しは出来ません。読めば経験と照らし合わせてふむふむとなる物と全くちんぷんかんぷんな物も有ります。
    自分の知らない話しを興味を持って聞けるのも大事ですね、学生時代なら飛ばしてしまうのも、今ならわからない事を調べたり、聞いてみようと思えます。

    その際はどうか教えてください、よろしくお願いします。

  • >>No. 1

    どの話も雑誌、新聞、他人の話を引用したのを、さも自分の話の様にしているだけか、自分の意見を強化したい為に利用しているかですね。テンシンの自工会と同じレベル。

    オリジナルはみぞれ混じりの東名チェーン履いて走破、OK握りくらいか。


    ホントにバカ丸出しですね。

  • >>No. 3590

    知識が少ない僕は経験したことで

    一時期入り浸っていたバイク屋さん、軽整備はショップのピットで重整備は工場でされていました。僕は工場の隅っこを借りて自分のを触っていましたが、入庫してくるエンジンを開けての整備が必要とされているバイクでシリンダー及びピストンリングが原因でと言うのは殆ど有りませんでした。

    まず殆どがヘッド周りの潤滑不足やオイル管理の不備によるものでした、その次がクランクのビッグエンドのメタルですね。メッキシリンダーになってからのシリンダー及びピストンは殆ど減りません。ここに傷が付くのは他の部分の破損や異物混入による場合、潤滑油を規定されたスパンを大きく越える使用によるものだと思います。4サイクルになってからの原付スクーターが多いでした要するにユーザーのミスです、オイルが減らない、足さずに済む、ランプがついた、しばらくしてバイク屋に持ってきた、全然オイルが入ってなかったという例が多いです。

    趣味で乗る事が多いビッグバイクなどでピストンやリングの交換はせっかくエンジン開けたからやっとくかと言うのが多い事例です。ましてやシリンダーのボーリングなどは言わずもがなですね。

    鋳鉄シリンダーに鉱物油の時代ならいざ知らずですが。

  • >>No. 3608

    do meさん、こんばんは。

    偉そうに大見得切ったオートバイ道とやらは、ネット掲示板だけでどうこうすることらしいですね。

    阿呆テンシンくんの時の様に例文でも作りますか

    私イワシビトは愛車のFTRでオートバイ道を実践するべく旅に出たんだな。行き先は雪の積もる北海道だ、私の若い頃は北海道のツーリングといえば冬に行くのが当たり前だった。夏の北海道などは軟弱者が行くところだろう。

    FTRは本来フラットダートを走る目的のマシンを元にしたのだから、リアをスライドさせて走る事が得意なバイクなのだ。アイスレースなどはスパイクをつけて走るが、現在は公道では不可なので、板チェーンをつけて行く事にした。

    もちろんグリップヒーターなどは必要ない、軍手を二重にしてエンジンで暖めれば革製の様に塗装も剥げる心配は無いので安心だ。寒くなれば防寒を兼ねて合羽を羽織れば済むことだ。

    OK握りと逆操舵を身に付けたおかげで不意のキタキツネの飛び出しにも回避できるだろう、寒さでバッテリーが心配だがニセモノロータスを売って不必要になったソーラーシステムを荷物の上に装備したので走りながらも太陽が出ていれば充電が期待出来る。


    これくらいやってるんだろうねぇ、オートバイ道の開祖様

  • >>No. 3613

    neoさん、こんばんは。

    真冬の北海道で、あのソーラーだといいとこ携帯の充電くらいですか(笑

    CS放送で懐かしいドリフの大爆笑を毎日放送しているのですが、研ナオコと志村けんのコントで、二人が夫婦役で給料日にまっすぐ帰ってこないでケンカすると言うのが有るんですよ。志村の役どころが「報道関係で付き合いが多い」というんですが、研ナオコが「報道関係、報道関係って新聞配達が報道関係かっ!」って

    僕も高校生の頃バイク買うお金を稼ぐのに配達してたのでバカにしているんじゃないですが。

    イワシのエンジニアだったは電球交換専門の電気屋くらいですかね(大笑

  • >>No. 3630

    do meさんの時代は授業でメッキなんてしたんですか(驚)カエルはフナでやりましたが、僕は水素の実験がエライ事になったのを覚えてます。

    先生が昔の蝶ネジでカバーを止めるタイプのクルマ用エアクリーナーケースに、発生させた水素を溜めて爆発させるというのですが、ご想像通りにチョぃと量が多かったようで、天井まで飛んで行ってしまいました。

    上から生徒の頭に蛍光灯の破片が降りそそいだんですが、今ならワイドショーにでも取り上げられそうですね。家に帰って親に言ったら「ヘー、怪我なかったんやろ」で終わり。時代が変わるとこんなになるんですか、、、、

    おっと、こんなこと言うと「蘇れ」学校道なんてことになりそうです(笑)

  • お日様パワーの充電器>パチモン7のバッテリー(エンジン始動でエアコンプレッサー始動)>超低性能発熱過大コンプレッサー>タイヤのエア充填>自称高級エアゲージ>充填時間過大タイヤ内、高コストエア放出

    このマイナス成長はイワシミクスとでも呼べば良いのでしょうか?(腹痛死)

  • >>No. 3759

    ああ、それもカーグラで福野さんが取材してたな。

    単一製品を製造する企業がそうなるのは他業種でも良くあることだ。

    全部受け売り、オリジナルは無し。

  • >>No. 3769

    do meさん、なんせ例のHPでは顔出ししてますからねぇ(恥)

    品性のカケラも無いとはこいつの事を言うんでしょう。

  • >>No. 3775

    まるで田舎の村長選挙ですね、嫌われ者が自覚なしに立候補、開けて見れば嫁、子どもまで投票せずと言った所で。

    頼みの支援投稿も最近はご無沙汰ですから

  • >>No. 3786

    通り縋りさん、返信しちゃいました。

    CBXのように幅の有るエンジンでバンクを深くすると当然クランクケースを擦ります。これを防ぐにはリーンインしか無いんですが、車体が大きくハンドル幅が有るバイクの場合にコーナーアウト側の腕が伸び切る為に必要な舵角がつかない場合があります。要するに曲がらないわけですね、これがコーナーの連続する峠になればどんどん合わなくなってきます。

    そのためにクイックに見える逆操舵を使い、初期の倒しこみを速くして辻褄を合わせていたんではないでしょうか?

    鈴鹿のシケインの様に低速で切り返しの必要なコーナーに限り、有効な場合もあると思いますが一般道では必要有りませんね。排気量が大きくパワーのあるバイクの場合に速く走るには立ち上がりにどれだけ大きくアクセルを開けて速度を乗せるかしかありません。進入での数キロの差などはリスクを考えれば無駄な努力でしょう。デカイ車体でハンドル振り回されたら、周りのバイクは恐怖ですから近づかなかっただけだと思います。

    motoGPではヒジをバンクセンサーにするのは常識になってきました、時代が変われば自分自身のアタマを切り替えていかないとダメですね。

    例のHPでバイカーズステーションの編集長の事を誉める部分がありましたが、今月号でのその編集長の言葉です。

    『若い頃の私は知ったかぶりですごく損をした〜中略 自分をマニアだと思っているアマチュアライダーの多くに知ったかぶりを感じる。早く卒業した方が良い。知らないというとバカにされると考えているのだろうか。相手が本当に優れた人なら、知りたいと思う我々にとても親切に応えてくれるものだ。』

    僕はこの雑誌と編集長には?なことも多々ありますが、この言葉には自戒を込めて深く感じるものがあります。

  • No.3788

    追伸

    2013/03/05 19:28

    僕はここに来られている方はみなさんがそれぞれに博識で、とても親切な人だと思いますよ。イワシも謙虚になればいいんですね。

    まぁ、それができればイワシなんて呼ばれないんでしょうが(含笑)

    お可哀想に、、、、、

  • 通り縋りさん、イワシはタイヤの皮むきも出来ないということですね。

    チェリー、、、、かな??

    相応しくない話題でございました(陳謝)

  • >>No. 3816

    そうですね、かつては単車などと言ってたぐらいですから、側車付きもそれなりに需要があったのでしょうが。アメリカなどはジープの様な四輪駆動車を大量生産できたので、軍用としてのサイドカーがさほど発達しなかったようです。

    どう考えても車載能力、走破性、耐候性は四輪が、機動性、隠密性は二輪が上ですから、今やコウモリの様な存在かと思います。

    最近ではトライクの様な余り品性や常識に欠ける輩が街中を走っておりますが、掲示板でのイワシを見ているとやはり三輪乗りは品性、常識等が欠落している者の乗り物のような気がしてきました。まあ大多数のサイドカー乗りはそうでは無いのかもしれませんが。

    三輪車にペダルカーといえば幼児の乗り物の代名詞だと思いますが、パチもんセブンにサイドカーと、どうやら幼児から抜け出せないのでしょうね。だから近所の子供を乗せて悦に入るのでしょう。

    子供くらいしかご近所で相手にされないイワシとは、裏切らないのはゼゼコしか無い悲惨な人生を歩んできたんでしょうね。

  • すぐに目を回すくせに旋盤なんかの回転する工作機械なんて話をするからボロが出るんですね。

    メガスポーツなら300キロを越える速度で走ったり、トライアルなら数mの高さから着地したり、ウォーマーを巻けば90度程度で何時間も保温されたりと、そんな環境でも数年から10年近く使用出来るのがバルブです。

    またどっかの受け売りで玄人はバルブコアにも気を遣うもんだなんて見ちゃったんでしょうね。

本文はここまでです このページの先頭へ