IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (357コメント)

  • スマホが売れていると言われると電子部品が軒並み上がりました。
    電動アシスト自転車が売行き好調と言われてもクラは上がりません。
    クラが電動アシスト自転車の部品を作っているなんて此処の掲示板を見ている人しか知らない事実ですからね。推測扱いされてる今は未だ無理でしょう。

  • コロナ騒動で従来の株に異変が起きてます。こういう時は次代を背負う技術株に
    利があります。再生医療に必須のバイオプリンターの本命はクラのパルスインクプリンタ―です。生きた細胞を吐出できるのは唯一クラのPIJです。バイオチップ
    を作成します。

  • 原油安は石油安でクラの材料費が低減されて行きます。前期の材料費は2憶4千万円弱ですから5%安でも1千2百万円のコストダウン、10%で2千4百万円のコストダウンが可能となります。原油は5割りを下回る下げですからそれ以上も充分に可能です。

    コロナが全て悪いと言う事でもなさそうです。

  • 夜明け前が一番暗いと言いますが今がその時でしょう。四季報を読むと
    何となく以前のクラとは違い前向きな積極的なニュアンスが読み取れます。
    2月末のコロナの衝撃を受ける最中でも採用を増やし設備更新を進めるというのですから来期の業績に自信をつけてのことでしょう。つまり、コロナがどうであろうと業績の改善は出来るとの自信です。メインの主要な取引先でもあるカメラ業界が依然として縮小する最中での自信は新たに開拓する分野での成果が見込めるからでしょう。この変化を読み取れる人が株式相場で成功する人です。

  • >>828
    コロナの影響で多くの社員が辞めさせられるケースが多発しているのにクラは3月初めに中途採用の募集をハローワークに出しています。四季報でも数名規模の
    工員増強を今後とも行うとも言っています。昨年に12名を雇って直も数名を
    必要とするのは半導体関連のニュービジネスがスタートするからとしか思えません従来のカメラ部品が落ち込む状況下では新たなリクルートは必要も無い事です。

  • No.785

    強く買いたい

    >>774 ニューヨーク…

    2020/03/21 12:42

    >>774

    ニューヨークの原油価格が遂に20ドルを切りました。クラには大幅な収益増をもたらす事になります。特殊樹脂メーカーであるクラの製品は全て石油が原材料ですから其の仕入価格も比例して下がります。18年ぶりの原油安はコロナショックが過ぎても産油国の市場争いが続きますから今年は勿論のこと来年も回復は見込めないとする専門家の分析です。イスタンブールさんの言う通りになります。

  • こんな大荒れ相場では花から花へと飛ぶ誰かの様な蜜蜂スタイルの投資法では利益は採れても小さくリスクも多くなります。クラの様なコロナ後の展開を見込める
    株を仕入れて置けば大きな利益を得ることができます。過ぎない嵐は無いのです。

  • 昨夜のニューヨークの原油価格は20ドルで6ドル安です。日経は17年ぶりの安値と伝えています。これはクラの製品の材料の仕入価格のコストダウンも大きくなります。コロナによる影響を受けないクラです。

  • 世界の人と物の動きが止まる状況になると原油価格は下がりつづけて
    回復には程遠い状況です。安い原油が日本に届けばクラの樹脂成型品の
    材料費も下がります。仮にも3%下がれば年間で3千万円前後のコストダウンが可能となり利益となります。今の利益の3倍です。コロナショックが過ぎれば原油安のメリットを受ける銘柄として見直されるでしょう。ショックが過ぎるのを待ちガチホールドする事です。

  • >>683

    イスタンブールさんの投稿によりますと7年前の原油価格が30ドル近辺当時のクラの売上高に対する材料費は3.7%だったそうです。クラの今期3Qまでの
    売上高の材料費は7.9%になるそうです。このパーセントを今期の売上高予想の893百万円に適用してみますと7.9%の材料費は70.5百万円で3.7%では33.0百万になります。その差は37.5百万円となります。来期も今期の売上高と仮定しての大雑把な試算ですが来期は原油安だけでも程度の差があれ利益増をもたらします。

  • 原油価格が26ドルまで下げて今後も下げそうです。コロナショックの副作用ですが材料嵩に苦しむクラには福音です。来期は材料安だけでも利益を増やせそうです。 どう見ても今の株価は超過小評価です。

  • >>699

    どうやらクラは長い停滞のトンネルを抜け出しそうです。四季報は積極的に採用をすすめ設備の更新を進めて攻勢に出た経営姿勢をうかがわせています。しかもクーリェは半導体の封止材としてクラが永年取り組んで来たものです。それが来期に貢献してくるというのですからヤット飛躍の時期を迎えることになります。
    中計が楽しみになってきました。

  • 四季報では:

    21年3月期は高耐熱固形型止材は半導体向け回復

    と書いてあるが、半導体とは初耳だが、かねてから言っている次世代型パワー
    半導体であろうか? 来期と言うからには今では無く来期から開始予定の
    新型パワー半導体と言う意味に取れる。ならばテンバガー級の大材料となる。

  • 本日の恐慌相場でクラを手放す事は愚の愚の最骨頂の行為となります。
    世界的な恐慌相場の連鎖で先行きの見えない不安心理が先行しての恐慌相場ですが
    本日が最も暗い日でしょう。株価は想定しうる最悪の事態を織り込んでさげとなっていますが一週間後一月後の株価は今日より高値にもどっているのは過去の歴史的な恐慌相場の後の推移をみれば歴然です。今日売り信用買残の売り返済がほとんどでしょうが既に今週前半で相当数量が売られているはずです。逆に28万株の
    空売り勢が支える役目をしてくれます。こんな歴史的な恐慌相場こそ大儲けの
    チャンスです。買えない人は我慢をして余裕のある人は買い増し買い増しでしょう。今後は技術をもつ会社が買われてゆきます。業績の回復は難しくなった
    状況では技術で相手のコストダウンや生産工程の短縮を提案する営業スタイルの
    クラが営業を伸ばしてきます。中計で来年は車載関連が新規に登場します。
    今日は売るはド素人丸出しの愚の愚です。

  • 無電柱化関連の本命とも言えるクラの樹脂碍子は成長期に入るのは確かな
    ことです。今夜の東テレのWBSでコロナの影響で消費スタイルが変わるとして野外でのバイキングの流行を予言しています。

    クラのレジャー分野の一角には釣具の電動リール関連がありますが大型イベントが
    中止されスポーツの観戦はことごとく停止されたストレスを野外で発散させる
    傾向が強まるとの説です。その意味で釣りも個人で野外で楽しめる事から
    世界的な電動リールの需要も高まりそうとも言えます。電動アシスト自転車も
    高齢社会の到来で年率2割の成長が見込まれる成長製品です。

    基本的にクラはコロナとは無関係で着実に成長する銘柄です。

  • コロナショックが先行き不安を増す中での逆行高は必ず根拠がある筈。
    原油価格の暴落はクラの原料仕入れ価格を大幅に改善するが遅効性の株価材料で
    来期からである。この材料で上げたのかも知れないが何か他の株価材料があるのではないか。思い当たるフシがある。それは東テレのBS夜の番組でベンチャーが
    開発した新コロナバイルスを検出するチップにはヒョットするとクラのPIJ
    が使用される可能性もあるのではないかと個人的に見ていた。全くの
    当てずっぽうであるが自分と同じ思いで見てた人もいるかと思う。
    飽くまでも個人的な期待の推測でしかないので悪しからず。

  • >>546

    3Qの決算短信には:

    樹脂複合材料の売上が増加しましたが、樹脂成型品にかんしては原材料の
    高騰と相まって依然として大変厳しい状況が続いています。

    原材料の高騰と書いている。これが7年ぶりの石油価格の5割強の下落で
    原材料の仕入価格で厳しい状況が改善する。利益の増加をもたらす。

  • 原油価格の急落が凄い。30ドル台で7年ぶりの安値だと言う。サウジとロシア
    の対立がもたらしたものだが価格の回復は当面望めそうもなさそうだ。
    クラの樹脂製品の原料は石油から由来する。長い目でみれば石油の下落で
    クラ製品の樹脂の原料の仕入価格が低下すれば利益は大幅にアップするだろう。
    クラの製品は全て樹脂製品で5%の仕入コストダウンでも数千万円の利益が
    アップする。但し、長瀬産業との仕入価格調整は来期からだ。

  • さて、コロナ恐慌相場も今が最も暗い時期で誰しもが投資に二の足を踏む
    状況です。虎穴に入らずんば虎子を得ずとの例え、今が投資の絶好の
    チャンスです。コロナ恐慌相場は必ず終息を迎える時期が来ます。
    その時にこそコロナに影響を受ける度合いの少ないクラは見直されて
    来ます。どこもかしこも業績は悪化しますがその度合いが低いのも
    クラです。下げは既に限定的です。上値の可能性に投資できる絶好の
    チャンスです。下げは限定的で上値は青天井です。

  • 明日は大波乱の幕上げでしょうが決して狼狽売りは禁物です。
    逆に買うべき絶好のチャンスで千載一遇のチャンスです。買うべきを売る
    真逆の衝動売りは大いに悔いを残す事になります。
    新型肺炎が落ち着けばクラの様な業績にあまり影響を受けない
    しかも小型株が先導して戻ります。株式投資を続けるならこれほどの大儲けのチャンスは滅多に来ないでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ