ここから本文です

投稿コメント一覧 (915コメント)

  • カルナバイオを見て、導出したといっても黒字になったバイオすら増資が直撃すれば壊滅することがわかる。いわんや5,5億円で赤字継続のオンコリスである。
    そーせいやカルナバイオのようにオプション契約ではなく本物のライセンスで500億異常の契約をもってきたベンチャーをみて翻ってオンコリスをみてオプション契約(オプション権を行使すればそういう契約が結べるがオプション契約は歴史的にみて行使されることは極めて稀)で500億で5,5億円一時金って微妙やなと思う。
    そんな下げかもしれんね。
    いい加減下抜けしそうなチャート。

  • 導出ってイスラエルへのマイルストン1億の導出でもいいと思ってるの?んなわけないっしょ?
    ヤスオが約束してたのはマイルストン300億以上の契約。現時点でそれはなされていない。
    それ以上でもそれ以下でもない。

    あんたらはオプション契約というのを導出と同義のものと思いたいのかしれんがそういう事実は全くない。オプション契約というのは相手に導出を検討する権利を与えることであって、この権利は10に9も行使されることはない。ただ検討しているだけ。それ以上でもそれ以下でもない。

  • わっちの書き込みはじめたの↓こんなころやからねえ(笑)。現実をみなさい。わっちは4000円以上で今売らないと絶対に後悔する。命をかけて断言できるといいました。その日が天井でした。
    それだけのことでふ。

    今きてるのはデマによる相場操縦が行われているときだけ監視しに来てつぶしてるだけでふ。
    今週は、500億が日本台湾だけというデマ。
    先週は、先駆け指定の分科会の報告でなんか出るというデマ。
    その前はメルクとテロメライシンで提携するとかいうデマ(どうも聞いた話だとメルクと資本提携するかとIRに聞いてその可能性は0ではないという回答をもって煽ったらしいんだけどwwwwたぶんトヨタと資本提携するかと聞かれても同じ回答をするでしょうwww)。
    その前はレポートの3番せんじ。
    その前は先駆け指定の半年後に、何か出るというデマ。
    ここはデマの巣窟でふよ。まともな知性を持つ人間が1人もいなくなってる。
    オンコリスバイオファーマ(株)
    No.4437
    > カルナバイオ メガファーマ…
    2019/03/15 03:56


    > カルナバイオ メガファーマに導出したときの時価総額ピーク500億円
    > カルナバイオ 抗がん剤を300億円のマイルストンの契約をしたときの時価総額ピーク280億円
    > ラクオリア Askat社が1100億円にも及ぶ契約をしたときの時価総額ピーク650億円
    > オンコリス マイルストン300億円の契約を目標にかかげメガファーマと交渉しているが時間がかかることをご理解いただきたいといったときの時価総額560億


    半分でいいから時価総額600億いったら目つぶって売り抜けておきなさい。数年後あんたら絶対俺に感謝するから。これは俺の命かけて断言できる。今売り抜けなかった奴数年後、毎晩毎晩なんであの時少しでも売り抜けなかったんだと死ぬほどこうかいするよ。それが今のブライトパスやカルナバイオのホルダーがやっていることだよ。

  • わっちが19年春がありえないっていったのは、全世界で300億円以上のマイルストンの契約という社長がずっと約束してきたこと。
    ありえないといったのは会社の見解を垂れ流すだけのフィスコが導出は19年春っていうのを取り下げて19-20年、コーネルの結果を見極めないといけないと言いだしたから。
    そしてフィスコの見解通り、欧米の契約はされなかったし社長は300億以上のマイルストンの契約をもってこれなかった。

    それだけのことだよ。約束してた全世界の契約じゃなく日本だけ契約してきたうえに欧米はオプション契約とかいう10に9は本契約されない見せかけの契約でとりあえず本契約されたら500億以上っすって一文だけ入れるとかいうとんでもない裏技使ってくるとは想定外だったけどね。

    オプション契約って別に本契約する義務ないし、10に9は非行使で本契約されないからね。歴史的にみて何の契約でもないんよね。

    2010年12月ラクオリア イーライリリーとマイルストーン総額172百万ドルのオプション契約 2014年解消
    2016年3月カイオム LIV-2008b ADCT社にマイルストン総額110億円のオプション契約 2017年解消
    2015年5月カイオム LIV-1205 ADCT社にマイルストン総額90億円のオプション契約 2017年本契約を締結したがまともな金はまだ入ってない。
    2017年2月DWTI H-1129 国内社にマイルストン総額73億円のオプション契約 2018年非行使決定。
    2016年4月DWTI H1337 Allystaに最大総額9700万ドルのマイルストーンフィーのオプション契約、2018年末非行使だと思われる。
    2015年4月 カイオム 子会社リブテックのLIV-2008がヤクルトと過去に結んでいた独占オプション契約を解消
    2015年 ナノキャリア 中外製薬と資本提携つきオプション契約締結ー2018年解消
    2017年 そーせい Mina社への3500万ドルの買収オプション契約 2018オプション権非行使決定
    2016年 オンコリス、HIV薬に関してBMSから返却されていた権利のオプション契約を結ぶ→行使されずFO

  • > いえ、最初から方向性は単剤から併用という方針ですし、患者集まりにくいとか、そういう指摘はナンセンス

    風説の流布はあかんよ。
    台湾の肝細胞がんの1相試験は上場直後の2014年初頭に始めたが、この時は併用のへの字も出してない。2016年ごろフィスコレポートでも単剤は2017年には終了とし、併用の検討を開始していると伝えている。
    メラノーマ同様、患者が全く集まらず大幅に遅延しているのは明らか。そして検討を開始したのは開始から2年半もたってから。
    いつまでたっても終わらない試験。今のところわっちの記憶している限りではメラノーマとは違ってお蔵入りは示唆されていませんが、メラノーマ同様、お蔵入りにならんかは注視しといた方がいいでしょう。

  • オンコリスは昨年の8月には18例中16例が終わったとしていて
    今年の2月には18例中17例が終わったとしていたが、まあものすごい鈍牛の歩みだね。
    おそらくは免疫チェックポイント阻害剤の登場で患者が集まらないのでしょう。だから併用を行わないとならないと。

  • 一体このIRをどう読んだら日本と台湾で500億円になるんだ。小学校出てるのかい。

    オンコリスバイオファーマ株式会社と中外製薬株式会社は、このたび、オンコリスが開発中のがんに対するウイルス療法である「テロメライシン(OBP-301)」について、日本・台湾における開発・製造・販売に関する再許諾権付き独占的ライセンスを中外製薬に付与すると共に、日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界における開発・製造・販売に関する独占的オプション権を中外製薬へ付与するライセンス契約を締結しましたので、お知らせいたします。

    ここから「ライセンス契約」=日本台湾の独占的ライセンス+日本台湾中国等を除く地域の独占的オプション権を付与する契約だといえる。

    中外製薬は、日本・台湾における再許諾権付き独占的ライセンス契約の契約一時金として 5、5 億円を支払います。また、テロメライシンの臨床試験において一定の効果が確認され、中外製薬が上記の独占的オプション権を行使した場合には、中外製薬がオンコリスに支払う本ライセンス契約総額は 500 億円以上になります。

    最期の文章から
    このオプション権を行使した場合の本「ライセンス契約(つまり日本台湾と全世界(中国除く)の契約)」の総額は500億円だとわかる。

    日本と台湾での契約だけで500億円とか何をどう解釈してそうなったの???なぜオプション行使が日本と台湾の契約に関係あるの??

    フェアリサーチももちろん500億とはオプション権行使で地域拡大してなされる契約全体の額のことだと述べている。

    オンコリスバイオファーマ社は、テロメライシンについて、日本・台湾における独占的ライセンス契約と日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界における独占的オプション権を中外製薬に付与するライセンス契約を締結した。ライセンス契約の一時金は5,5億円に過ぎないが、対象地域拡大というオプション行使で、マイルストーン総額は500億円程度、それに加えて、販売ロイヤリティ収入も見込むことができる。

    四季報ももちろん全世界で500億だといっている。
    今回の契約は日本と台湾に限られ、一時金5、5億円と限定されたものになるが、すでに中国ハンルイ社に導出済みの中国・香港・マカオ以外の全世界のオプション権が付与されており、行使されればライセンス総額は500億円以上になるという。

  • まだ二毛猫くんいたのww
    たった2か月で株価ほぼ半値。本当に1年2年持ってたらソフロンの二の枚だよw

    オンコリスバイオファーマ(株)
    No.4437
    事情通
    > カルナバイオ メガファーマ
    2019/03/15 03:56


    > カルナバイオ メガファーマに導出したときの時価総額ピーク500億円
    > カルナバイオ 抗がん剤を300億円のマイルストンの契約をしたときの時価総額ピーク280億円
    > ラクオリア Askat社が1100億円にも及ぶ契約をしたときの時価総額ピーク650億円
    > オンコリス マイルストン300億円の契約を目標にかかげメガファーマと交渉しているが時間がかかることをご理解いただきたいといったときの時価総額560億

    >半分でいいから時価総額600億いったら目つぶって売り抜けておきなさい。数年後あんたら絶対俺に感謝するから。これは俺の命かけて断言できる。今売り抜けなかった奴数年後、毎晩毎晩なんであの時少しでも売り抜けなかったんだと死ぬほどこうかいするよ。それが今のブライトパスやカルナバイオのホルダーがやっていることだよ。

  • それかいたの俺じゃないし。
    だいたい500億えんいじょうってIRってなんだよ。
    何も詳細は決まってないっていってるも同じやんけ。

    何度もいっているけど、
    オプション契約っていうのは歴史的にみて10個に1回しか行使されたことはないでふ。
    それで詳細も決まってないし、500おくえん以上って書いてあるって。
    都合いい契約だなーっておもいません??
    毎回こういう契約でくそ株が爆騰してで2年後くらいにフェードアウトしてんでふよ。

    それで中外にせよどこにせよ相手は一銭も払わなくていいんでふよ。こういうぼくのかんがえたさいきょうのごひゃくおくえんけいやくっていうばかげた画餅契約に。
    本当に都合のいい契約だよね。錬金術に等しいよ。

  • > RETさんのツイート 20:39 - 2019年6月26日
    > --
    > 理解力の乏しい方もいるみたいだけど、、、😇
    >
    > 連続ストップ高のカルナバイオは 導出一時金21億+マイルストーン最大500億+ロイヤリティ こちらは全世界での金額
    >
    > オンコリスの導出一時金5億+資本提携7億+国内2相治験費用(複数年)+国内マイルストーン最大500億+ロイヤリティ こちらは国内のみの金額
    > --
    >
    >  それ今年4月8日の当社IRと読み比べると、500億の国内・国外の認識がちょっとちがってる(国内独占的ライセンスと海外独占的オプション権の混同)けど、まあいいや

    よかないでしょう。
    午前中、オンコリスの国内契約のマイルストーンが500億だっていう虚偽の煽りであがってたんかな?懲りないねえ。
    そういう嘘の情報で煽らないといけないほどつかまってる人は必死なんだろうねえ。



    オンコリスバイオファーマ社の主力開発品は、テロメライシンという遺伝子を改変した腫瘍溶解ウイルスである。4月、オンコリスバイオファーマ社は、テロメライシン(OBP-301)について、日本・台湾における独占的ライセンス契約と日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界における独占的オプション権を中外製薬に付与するライセンス契約を締結した。ライセンス契約の一時金は5,5億円に過ぎないが、対象地域拡大というオプション行使で、マイルストーン総額は500億円程度、それに加えて、販売ロイヤリティ収入も見込むことができる。

  • 昨日かったやつは株やめた方がいい。

    風説あげで買うなんて最も愚かな買い。材料なしの買いよりアホ。

  • > 2回目ですが、テロメライシンが先駆け審査指定制度に指定されるから上がり始めたんですよね?
    > これって皆様知らないの?

    指定されたのは4月の8日で、今日は分科会でそれを報告するだけです。
    何も起きません。何かが起きると勘違いした痴れ者が買い上げて、
    2年前も指定時は開示あったり株価があったりしたが分科会報告時は何も起きていませんよと説明されて、痴れ者が投げた。
    4月に指定された。半年で承認される。ちょっと早いけど製造販売承認なんだととんでもない勘違いをしている痴れ者もいました(先駆けは臨床試験後の審査を半年に短縮する制度ですがオンコリスはまだ最終臨床試験すら開始してません)。
    そんなとこではないでしょうか。

    まさに痴れ者たちの夢の競演フリークショー。

  • > > デマを絶対に許すな!!!!!!!!!!
    > > 今日は4月に決まったことの報告をするだけ。
    > > 2年前のセルシードやヘリオスの時も同じ。2月に指定し4月分科会に報告。
    > > 先駆けは試験後に承認審査期間を半年に短縮するだけ。オンコリスはその2相試験をまだはじめてすらいない。
    > > 2年前指定のセルシードは今年試験終了して失敗。ヘリオスは来年試験終了
    >
    > さ、あと10分。
    > わかりきった何もない開示をまって暴落するのをまつか。
    > まだバカが粘っているうちにバカにババをおしつけるか。
    > あなたの選択でふ。

    あと2分でふ。風説あげのババを逃げ切れるか。

  • > デマを絶対に許すな!!!!!!!!!!
    > 今日は4月に決まったことの報告をするだけ。
    > 2年前のセルシードやヘリオスの時も同じ。2月に指定し4月分科会に報告。
    > 先駆けは試験後に承認審査期間を半年に短縮するだけ。オンコリスはその2相試験をまだはじめてすらいない。
    > 2年前指定のセルシードは今年試験終了して失敗。ヘリオスは来年試験終了

    さ、あと10分。
    わかりきった何もない開示をまって暴落するのをまつか。
    まだバカが粘っているうちにバカにババをおしつけるか。
    あなたの選択でふ。

  • だからいったのにねえ。
    なんでこんな筋の悪い勘違い風説上げを買うバカがいるんだか全くわからない。
    誤解してたんなら風雪はとわれないだろうけど、はめ込むつもりでやってたなら通報とかした方がいいよ。
    あまりに悪質だから。

  • デマを絶対に許すな!!!!!!!!!!
    今日は4月に決まったことの報告をするだけ。
    2年前のセルシードやヘリオスの時も同じ。2月に指定し4月分科会に報告。
    先駆けは試験後に承認審査期間を半年に短縮するだけ。オンコリスはその2相試験をまだはじめてすらいない。
    2年前指定のセルシードは今年試験終了して失敗。ヘリオスは来年試験終了

  • ほれ、デマで踊らせれたバカはまだ2300円でうれっぞ。
    まだ、デマ買い上げをやるバカがいるならデマに踊らされバカはデマで買い上げバカに外れデマ券をおしつけとけ。

  • 先駆けは臨床試験の早期段階で指定するのでその後の試験で失敗するのはおかしくないといっているだけ。
    セルシードも失敗したし、サンバイオも外傷性で先駆け指定を受ける結果を出したがその後の慢性脳梗塞でも失敗してる。
    セルシードも指定後に導出してるし、サンバイオは指定前から導出してた。

  • 何をないことをあるようにしようが無駄。

    今日の分科会は4月に指定した品を報告するだけ。
    2年前も同じことやってる。企業の開示は指定時。2年前も同じ。今回もオンコリスは4月に開示してる。
    風雪流してるやつはがんがん金融庁に報告すべし。

  • 今年全世界のマイルストン300億円以上の約束されていたライセンス契約はありえないという話をしていたならわっちだよ。そして案の定ありませんでした。結ばれたのはそういう契約をすることを検討する権利を相手にあたえたオプション契約で、このオプション契約というのは歴史的にみて10に1つしか実際の契約に結び付くことはありません。

本文はここまでです このページの先頭へ