ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • ■システム開発や電子決済ソリューションなどを展開
     
     傘下のフライトシステムコンサルティングがシステム開発・保守などのコンサルティング&ソリューション(C&S)事業、および電子決済ソリューションなどのサービス事業、イーシー・ライダーがB2B向けECサイト構築パッケージなどのECソリューション事業を展開している。収益面ではサービス事業における大型案件によって変動する特性が強い。
     
     C&S事業では、ソフトバンクと日本IBMの「IBM Watson エコシステムプログラム」のビジネスおよびテクノロジーパートナーに選定されている。
     
     電子決済ソリューション事業では、スマートデバイス決済専用マルチ電子決済端末「incredist」と、スマートデバイス決済専用アプリ「ペイメント・マイスター」を展開し、電子決済事業に関して複数暗号鍵の切り替えに関する特許、無線を使った複数機器の設定に関する特許、複数加盟店の切り替えに関する特許を取得している。

  • 「トヨタ自動車の生活支援ロボット「HSR」を用いる競技とソフトバンクグループの「ペッパー」を使う競技があり、各チームは開発した人工知能(AI)をロボットに搭載し、性能を競い合う。」はフライトの株価にインパクトあるね。




    ロボ、AI活用し技術競う 名古屋で27日開幕
    2017/7/26 17:13

     ロボットの世界競技会「ロボカップ2017名古屋世界大会」(ロボカップ国際委員会など主催)が27日、名古屋市で開幕する。開会に先駆け26日、会場となる名古屋市国際展示場(同市)で本番に向けて慌ただしく準備する出場チームの様子が報道向けに公開された。

     「ペットボトルをつかんで」。キッチンやリビングなど家庭内を想定した会場で全チーム共通のロボットを操作する競技を今大会から新設した。トヨタ自動車の生活支援ロボット「HSR」を用いる競技とソフトバンクグループの「ペッパー」を使う競技があり、各チームは開発した人工知能(AI)をロボットに搭載し、性能を競い合う。

     制限時間内に指定された商品を取り出す種目では、25日に大会主催者側から対象となる商品26点が発表された。試合ではランダムにこのうち5点が指定される。

     食パンや野菜、シャンプー、ペットボトルなど実際に家庭内にありそうなものばかりだが、つかむためにはAIが画像を認識してアームを動かし、つかむ必要がある。対象物の形状の違いなどをプログラミングするため各チームは25日の発表直後にホームセンターなどに買い出しに走り、徹夜でロボットの動作を確認してきた。

     ヒト型ロボットによるサッカー競技も公開された。ロボカップは2050年までにヒト型ロボットがサッカーW杯チャンピオンに勝つことを目標にしている。サッカー競技で使うロボットは、ヒト型では大人並みの大きさから子ども並みまで3サイズに分かれる。このほかにも高速で動くサッカーロボットの種目など多種用意している。

     ロボカップは30日まで。世界40カ国から集まった388チームが出場し、サッカーのほか、家庭内、災害救助現場などを想定した競技スペースでロボット技術を競わせる。26日夕には名古屋市国際展示場で、開会式を開く。4日間で10万人の来場を見込んでいる。

  • フライトからIRが出るかもしれないね。

    アッハーハー。株価上昇間違いなし。

    http://www.news24.jp/articles/2017/07/19/06367370.html
    人の顔、無制限に記憶 新“ペッパー”登場
    2017年7月19日 16:03 日テレNEWS24

    ソフトバンクが、新たな機能がついたヒト型ロボット“ペッパー”を発表した。

     都内のソフトバンクの3店舗に置かれたペッパーは、顔の認証機能が強化された。これまで10人程度しか覚えられなかった人の顔を無制限に記憶できる。店内にあるコーヒーメーカーと連動して、注文した人の味の好みも記憶できるという。

     次に来店した時は、顔を認識して前回の味を覚えているほか、ほかの店のペッパーとも連動して同じコーヒーを提供する。

     ただ、ペッパーはまだ直前の味しか記憶できず、別のコーヒーにしたい時には自分で設定しなければならないという。

     ソフトバンクは顔の認証機能をいかして、将来、接客業に活用したいとしている。

  • ■株価は調整一巡して反発期待
     
     株価は6月の年初来安値926円から切り返し、1000円台を回復して調整一巡感を強めている。
     
     7月20日の終値1008円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS21円15銭で算出)は48倍近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS75円94銭で算出)は13倍近辺である。時価総額は約95億円である。
     
     週足チャートで見ると、戻りを押さえていた13週移動平均線突破の動きを強めている。調整一巡して反発展開が

  • (人工知能(AI)関連銘柄・ロボット関連銘柄・アップルペイ関連銘柄)

    として、フライトホールディングスが注目されている。

    アップルペイ関連銘柄としてやフィンテック関連銘柄として注目された銘柄だが、今度は人工知能関連・ロボット関連銘柄としても注目されるかもしれない。

    フライトHDの子会社、フライトシステムコンサルティングは、ジェナという非上場企業と業務提携することを明らかにしている。

  • 清水銀、スマホ決済対応 アップルペイで
    2017/7/19 7:00日本経済新聞 電子版

     清水銀行は自社発行のクレジットカードを米アップルの決済サービス「アップルペイ」に対応させた。同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」や「アップルウオッチ」を使い、現金やクレジットカードを出さずに決済できるようにする。IT(情報技術)と金融を融合した「フィンテック」の拡大でスマホ決済など非現金決済が増えることを見込んで決めた。

     JCBのブランドで発行する「シミズウィズカード」を、スマホの決済…

  • 買収や出資によって様々な技術を集めるソフトバンクグループ。アームの設計する半導体は、世界シェア9割を握る携帯電話向けに加え、IoTや自動運転車、ロボットへの利用も期待できる。出資する米ベンチャーのクラウドマインズは人間の指示内容をAIに常時フィードバックし、いつでも最新のAIを使えるシステムを開発した。

    ボストン・ダイナミクスのロボット「スポットミニ」など最新技術を公開した
    画像の拡大
    ボストン・ダイナミクスのロボット「スポットミニ」など最新技術を公開した
     孫氏はこれまで繰り返し「(AIが人類の知恵の総和を超える)『シンギュラリティー』の時代がやってくる」と話してきた。ロボットやAIが人間から仕事を奪うという脅威論も出ているなかにあって、「単純労働から人々は解き放たれる。ロボットに超されるのではなく、一緒にいたい」(孫氏)。知性を持ち、人間に寄り添りながら働くロボットの重要性を指摘する。

  • ソフトバンクは携帯電話事業を始めたときに値下げをしかけ、NTTドコモなどと激しく競争してきた。だが、いまや価格競争は落ち着きつつある。孫氏が関心を寄せるロボット技術は、一朝一夕に確立できるものではない。買収した企業の技術を活用し、人間と共生するロボットを世に送り出せるか。ソフトバンクグループの総合力が問われそうだ。

  • 将来性のない会社から、三菱UFJニコス、三菱UFJ銀行がつきあうわけない。ソフトバンクもつきあうわけない。

    もし、将来性のない会社から、機器を導入したら、どのような結果になるでしょうか。金融機関にとって、最も大切な顧客への信頼がゼロとなります。

    フライトは非常に信頼があるから、三菱UFJニコスや、三菱UFJ銀行がフライトの機器を導入するのです。

    ソフトバンクの孫の意思決定で店頭から3000台のPCを撤去し、フライトの3000台のソフト、機器接続のiPadシステムの導入するわけない。PCからiPadシステムの新しい仕事の形態の導入と3000台導入だから、当然役員決裁、孫社長決裁が伴う。伺い書、決裁書には、フライトの技術、財務、経営者についてプロフィルなど記載され、途中で消える将来性のない会社とつきあうわけない。不具合などで、途中での撤去でもあれば、もしそのようなことがあれば、決裁担当した役員は首になること確実である。

    ソフトバンクは超一流企業、導入する企業、それもソフトバンクの店舗3000に、導入するフライトは徹底的に調査し、OKだから、フライトの株主にもなる。

    三菱系金融機関、VISAなどの大手カード会社からの信認、ソフトバンクがフライトの株主などは、将来性大でないと、つまり途中で消える会社など相手にしない。相手にすれば自ら信用毀損及びビジネスに多大な損害を被る。

  • フライトからIRが出るかもしれないね。

    アッハーハー。株価上昇間違いなし。

    http://www.news24.jp/articles/2017/07/19/06367370.html
    人の顔、無制限に記憶 新“ペッパー”登場
    2017年7月19日 16:03 日テレNEWS24

    ソフトバンクが、新たな機能がついたヒト型ロボット“ペッパー”を発表した。

     都内のソフトバンクの3店舗に置かれたペッパーは、顔の認証機能が強化された。これまで10人程度しか覚えられなかった人の顔を無制限に記憶できる。店内にあるコーヒーメーカーと連動して、注文した人の味の好みも記憶できるという。

     次に来店した時は、顔を認識して前回の味を覚えているほか、ほかの店のペッパーとも連動して同じコーヒーを提供する。

     ただ、ペッパーはまだ直前の味しか記憶できず、別のコーヒーにしたい時には自分で設定しなければならないという。

     ソフトバンクは顔の認証機能をいかして、将来、接客業に活用したいとしている。

  • 冷静な判断力に欠く人、人の声に耳を貸さない
    こういう人は投資に不向きです。

    いわゆるコンコルド効果というやつですね。
    自分の投資を意味のあるものにしたいという思いが強すぎて更に金をつぎ込む。

    まあ結果がどうあれ でっかい夢をみさせてくれる銘柄「フライトHD」に出会えたのはよかった
    でも夢じゃなく現実になると思ってますけどねー

  • ■株価は調整一巡して反発期待
     
     株価は6月の年初来安値926円から切り返し、1000円台を回復して調整一巡感を強めている。
     
     7月20日の終値1008円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS21円15銭で算出)は48倍近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS75円94銭で算出)は13倍近辺である。時価総額は約95億円である。
     
     週足チャートで見ると、戻りを押さえていた13週移動平均線突破の動きを強めている。調整一巡して反発展開が期待される。

  • ■システム開発や電子決済ソリューションなどを展開
     
     傘下のフライトシステムコンサルティングがシステム開発・保守などのコンサルティング&ソリューション(C&S)事業、および電子決済ソリューションなどのサービス事業、イーシー・ライダーがB2B向けECサイト構築パッケージなどのECソリューション事業を展開している。収益面ではサービス事業における大型案件によって変動する特性が強い。
     
     C&S事業では、ソフトバンクと日本IBMの「IBM Watson エコシステムプログラム」のビジネスおよびテクノロジーパートナーに選定されている。
     
     電子決済ソリューション事業では、スマートデバイス決済専用マルチ電子決済端末「incredist」と、スマートデバイス決済専用アプリ「ペイメント・マイスター」を展開し、電子決済事業に関して複数暗号鍵の切り替えに関する特許、無線を使った複数機器の設定に関する特許、複数加盟店の切り替えに関する特許を取得している。

本文はここまでです このページの先頭へ