ここから本文です

投稿コメント一覧 (6コメント)

  • 1年で約8万枚、額面で2億8千万円にも上る優待券のただ取りを
    会社は指をくわえて見てるだけか。減らすために
    「優待は6ヶ月以上の保有者に限る」とするのはどうか。

  • IRが仮に大阪、横浜、長崎に決まりそれなりに成功すれば、
    次は北海道となり北広島は有力である。
    今回苫小牧が入れば平和株は暴落し、落選なら上がるかもしれない。

  • >>127
    どうも議論が合わない。
    平和の株を持っていないゴルフ好きの人が5年間は
    保有するつもりで買うときは実質15万円のものを、
    我々多くの400株株主が22万円で買いますか?(優待7万円)
    それなら他に投資しようとするのは当然で、このへんを
    会社は考える必要がある。
    400株で8枚減って28000円、株価にして70円の損。
    しかし平和株を買わない株主が喜んで買い増しするような
    工夫があれば、優待に無関係の大口保有者も注目し、
    株価はそれ以上上がるだろう。
    400株株主のなかには平和を応援している人も多いと思うが、
    更に投資したくてもしにくいのが現状だ。

  • >>118
    こんなに反対が多いとは思わなかった。
    それでは100株で4枚、400株8枚、
    1000株12枚、2000株16枚くらいではどう。
    いずれにしてもパチンコとゴルフの将来が
    決して明るくないことは誰もわかっており、
    その中で役員や従業員が頑張って利益を上げても
    株価に反映されないこと続けば、次第にやる気を失い
    いづれ業績も落ちて配当や優待どころでなくなるかも
    しれないのに対し、逆ならパチンコ、ゴルフに
    続く第3の柱を見つけ出してさらに発展させようという
    意欲がわこうというもの。
    株主には株価で還元するのが一番だし、会社も活気づく。


  • >>107
    平和は配当と優待が厚いからか株価の変動が小さく、
    我々小口株主には少々物足りないし面白くない。
    何かないか。
    IR北広島は惜しかった。
    カジノ、ホテル、ゴルフ、スキー、温泉、美術館、
    空港、新幹線、日ハム新球場、札幌、
    今でも最適地と思う。
    北海道庁の役人も「苫小牧でなく北広島なら勝てるのに」(これは想像)
    候補だけでも今頃株価3000円、本決定なら5000円越えは確実だったのに。

    増配や自社株買いは体力を奪うのでダメとすれば、
    ここはひとつ優待券の条件を変更したらどうか。
    100株で4枚を、例えば500枚で4枚にすれば、
    100枚あたり14000円が5分の1の2800円に価値が下がり、
    これくらいなら好決算時には優待券に関係なく買い増し
    する株主も増え(それも500株単位で勝ってくかも)
    株価と決算が連動する正常な形に近づく気がする。

  • 2019/02/12 14:45

    >>98
    すでに400株持っている人には優待券がないのでここは買いにくい。
    年間14000円は株価にして140円、長期保有者には140円×年数分
    とすればかなり大きい。
    大口保有者は株価の動きを見てれば好決算でも不安。

本文はここまでです このページの先頭へ